今日のFatima

2013年09月29日

1年

一昨日、9月27日はふぁちまが亡くなってちょうど1年。

そう、一周忌でした。


1shuki























去年の一昨日、ふぁちまは突然逝ってしまいました…。
あの時の状況が鮮明に思い出されます。


あれから1年たちました。


もう1年…。

いや、

まだ1年…。


言葉になりません。
ただ、1年過ぎたことは事実です。

一周忌にあたり、みなさんにご挨拶したいと思っていたのですが
どう書いたらいいのかわからず、2日過ぎてしまいました。

27日当日、職場で「犬は…?」という話題が出ました。
なんと3人もの人がこの日、突然、愛犬の話題を持ち出しました。
なんで突然?ふぁちまの意思がそうさせた…??

実はこの時期、ちょうど生徒のスピーチコンペティション(弁論大会)なのです。
私はその実行委員で、毎年忙しくしているのです。
去年もふぁちまがなくなったのは、実はスピーチコンペティションの翌日でした。
だから皆も記憶に残っているのかもしれません。


jungle


















↑パパも参加。なんか…ジャングル…!?


ところで前回、ふぁちまは夢にも出てこない、、と書いたのですが
なんと、昨日、ふぁちまが夢に出てきました。

一周忌の夜、ふぁちまの遺灰を抱いて寝たのですが、その翌日
ふぁちまを抱いて寝ている夢を見ました。
いつものふぁちまでした。何も変らず、、でも布団が暑そうでした。
う〜ん、ぼちぼちNZは夏だもんね。気をつけないと…!


とにかくもう1年です。


1年…、私を真剣に支えてくださった方々に感謝したいと思います。

1年…、なんとか越すことができました。

悲しみが消えることはないけど、でも前向きに進んでいかなきゃね。


beautiful






















ありがとうございます。




にほんブログ村 犬ブログ シャー・ペイへ

にほんブログ村




kaobounz at 18:26|PermalinkComments(8)TrackBack(0)この記事をクリップ!

2013年09月16日

永遠のしるし〜日本最終話

またご無沙汰しております。
今年、2013年ももう9月…。もうすぐふぁちまが亡くなって1年です。

ペットロスの一番の薬は時…、と聞いた私は早く時が過ぎることを
真剣に願っていました。

そして、、。

実際にもうすぐ1年、、と思うとなんだか本当に不思議な気分です。
1年たとうがたつまいが、ふぁちまがいない事実は消せないし、悲しみも消せません。
思い出せば号泣だし、未だ、後悔してもしきれません。。

でももうすぐ1年…。

そう、もう、1年近くもふぁちまに会っていないんです。
夢にも出てきてくれないんです。
私は毎日夢を見て、いつもしっかり覚えている方なのですが…!!

どこかのペットロスのページで、死を受け入れられない限り、
夢には出てきてくれない…と読みました。本当なのかなあ??


flowerjuly


















ところで、日本は今日は敬老の日ですね。
なんだかんだと祝日が多い日本。うらやましいなあ。。
とはいえ、今、台風がひどいと聞きました。皆さん、どうかお気をつけて〜!


さて、日本への旅の話。最後の締めくくりです。(今更…!

日本の旅、最後は、、
もちろん関東。私の実家のある横浜、東京。

そして実は埼玉の岩槻(うちからはかなり遠い〜!)に足を運び
こんなものを作ってもらいました。


ringwyajirusi


















そう!指輪です!

とってもとってもわかりにくいと思うのですが、矢印の位置に
ふぁちまの毛が入っています。
さらに、「FATIMA」の刻印入りです。

株式会社 メモリアル工房、命のかけら さんに作っていただきました。
http://inochinokakera.com/



yubiwafati

















早速ふぁちまに報告。

ねえ、ふぁちま、これからも…


papamama


















パパとママとふぁちまと…。


ずーーーーーっと一緒だね!!



PS. メモリアル工房さんには今でもお世話になっており、次のすっご〜い作品を依頼しているのです。
   もちろん出来上がったら紹介します。楽しみ〜!いつできるかな??


にほんブログ村 犬ブログ シャー・ペイへ

にほんブログ村


kaobounz at 17:53|PermalinkComments(4)TrackBack(0)この記事をクリップ!

2013年07月22日

日本の思い出〜お初のシャーペイ

ご無沙汰です。
ニュージーランドは冬真っ盛り…のはずなのですが
このところ妙に暖かい日が続いています。


flowerJune1
























先日、あのしわ神公園に行ってきました。
久しぶりのしわ神公園。常連さんたちに会えました。

なんと、ガス君も、フランク君(ダルメシアン)も、でかい子(レオンベルガー)も、
皆亡くなったそうです。
それも、みんな7歳で!!

しわ神様ことアーニー君も、ふぁちまも7歳でした…。

7歳って、そろそろ注意が必要な年なのかもしれませんね。


flowerJune2





















さて、ニュージーランドの南島への旅の話が終わって
やっとやっと、忘れかけていた日本旅行の思い出話の続きです。


日本ではずっと会いたかったシャーペイに会うことができました。


香川県の、しろとり動物園にいるシャーペイです。
夢子さんの案内で、叶いました。


k





















Kちゃん(女の子)と…


j






















兄弟のJくん(男の子)と…



y


















Kちゃんの息子のYくん!

かっわいいぞ〜!


jk3


















こちらは、J & K のツーショット!
美しいよね!絵になっている〜!
この子達、性格も良かったです。
特にJ君はフレンドリーで。私とめっちゃ気が合いました。
うーん、ふぁちま、ママ若いボーイに惚れられちゃったよ〜!
どうする!?みたいな!あはは〜。

このお二人(匹)、かなり美しいシャーペイです。
でも、、皮膚がちょっとかゆそうだなあ…。

あと目も、専門医に見たもらった方が良い気がする。。
充血していたし、シャーペイ特有の眼瞼内反症は大丈夫かな?
しわが多くて美しい子は、まぶたのタルタルも多すぎて、目に入っちゃうんだよね。
ふぁちまもそうでした。だから手術しました。
手術しないと、最悪の場合失明するんです。怖いよ〜〜!

あれからもう6ヶ月たっています。
その後どうなったでしょう?
きちんとケアしてもらって、シャーペイの美しさがもっと際立っていればいいな!

動物園で過ごす…と言うことは、いろいろあると思います。
だけど、これは彼らの立派な仕事なんだろうね。

どうか、世間にこんなに美しい犬種がいるんだ…、ということを
アピールしてくださいね。日本代表だよね!
いつまでも元気で…。応援しています。


また、絶対会おうね!



にほんブログ村 犬ブログ シャー・ペイへ

にほんブログ村




kaobounz at 20:42|PermalinkComments(6)TrackBack(0)この記事をクリップ!

2013年06月02日

南島へ〜1

大変ご無沙汰しています。もう6月ですね。
日本はぼちぼち梅雨入りの気配でしょうか?
ここ、ニュージーランドはすっかり冬になり、寒い毎日が続いています。


aprilflower
























日本への旅の報告、まだ終わっていない、完結させたい…、と思いつつ
全然ブログ更新できませんでした。ううう…。

実は、4月のホリデーを利用して、南島に行ってきました。
ご存知のとおり(?)、ニュージーランドは北島と南島に別れており
私の住むオークランドは北島です。
同じニュージーランドでも北島と南島は全く雰囲気が違うんですよ〜。

ここで一旦、日本の旅のお話を休憩して、まずは南島の旅の報告です。


tosouth






















いかがですか?ふぁちまさん。
初めて飛行機に乗る感想は…??


chch


















最初の観光地はクライストチャーチです。
クライストチャーチの地震は、日本でも記憶に新しいと思います。
東日本大震災の直前に起きた地震です。

あの、華やかだったクライストチャーチはすっかりなくなっていました。
Kao坊、クライストチャーチは少なくとも5回は訪れています。
あそこでディナーしたのに…。あのホテルに泊まったのに…。
もうお店もなくなってしまい、ホテルも閉鎖されていました。
南島で一番の都会の観光地だったのに。もう全然見るとこないね…。


お次は…


tekapochurch


















テカポ湖。
善き羊飼いの教会。


tekapo























と、、すばらしかったシープドッグ(牧羊犬)たちの銅像。
ふぁちまより、ずーーーっとお利口のワンコたちだよ〜。
この銅像は、昔活躍したシープドッグたちを称えて作られたそうです。
書けばきりがないですが、ここも昔からの伝説(?)の話があります。
興味ある方は、ネット検索してくださいね!(手抜き!?)

この辺、ニュージーランドではものすごく有名な観光地です。
ここに来たら、絶対に見るべき…と言うところ。
ってか、他に見るものないんだけど。あはは〜。


cook

















反対側から見るテカポ湖と、マウントクック…の近く!

ニュージーランドの南島で、絶対はずせない観光地だよ〜。


というわけで、今日はとりあえずここまで。
はじめての、(ミニ)ふぁちまと一緒の南島の旅であります。



にほんブログ村 犬ブログ シャー・ペイへ

にほんブログ村



kaobounz at 18:16|PermalinkComments(5)TrackBack(0)この記事をクリップ!

2013年03月27日

半年たちました。

すっかりご無沙汰していますが、今日は27日。

ふぁちまが亡くなって、今日でちょうど6ヶ月、半年です。

flower3


















半年の記念日。
今日はちょっと、乙女チック、、でもビッグなお花にしてみました。


ふぁちまが亡くなって、早半年。

「早」と書きましたが、正直、早いのか遅いのかわかりません。
だけど、半年たちました。1年の半分終わってしまいました。


半年たつとどうなるのかと言うと…、


はっきり言って私はあまり変っていません。

昨日は泣かずに済んだと思ったら、今日は号泣、、みたいな。

ある日ふとしたスイッチが入り、何もできなくなるんです。
号泣する以外に何もできない。そんな日が今でも続いています。
ベッドに入っても眠れない…、いろんな夢を見て、現実とごっちゃになる。。

夜中に「ふぁちま!」と叫ぶ。ふぁちまが亡くなった日のことを思い出す。
そして自責の念にかられる…。

翌日、腫れた目で仕事に行く。。
目が痛い、頭も痛い、、でも何とか一日終わらせた。。

そんなことの繰り返しです。

前回までのブログ記事、日本への旅について、まだ完結していません。
書きたいのに、書けない。書く気がしない。
今日は比較的時間があるのに、気分じゃない。
明日は時間がない。。


う〜ん、困った。。


flower2


















ポジティブなことといえば、ふぁちまの新しい居場所にお花がいつもあること。
素敵な匂いがいつもすること。。そしてその匂いで、ふぁちまの存在を
忘れずにいられること…。

お花を買うのが趣味になりました。
この6ヶ月、お花を欠かしたくありませんでした。
今日はどんなお花にしよう、、少しでもふぁちまらしいお花が良いな。
どうすればきれいに見えるかな?活け方も工夫しなきゃ!
…なんて、いろいろ考えています。

近所のお花屋さん(2箇所あるのですが)とも、もうすっかり
顔見知りになってしまいました。


flower1























ペットロス、いろいろあると思います。
いろいろな人がいて、いろいろな感じ方があって…。

いろいろな克服方法があるんでしょうね。

でも、一生克服できないこともありかな?と思います。


私は一生、ふぁちまのことを思って生きていきます。


でもいつか、彼女を失った悲しみばかりを語るより、
彼女と過ごしたすばらしい日々を、笑顔で語れるようになりたいと思っています。



PS. 金ちゃんも明日、一周忌のはず…。お祈りいたします。



にほんブログ村 犬ブログ シャー・ペイへ

にほんブログ村





kaobounz at 16:14|PermalinkComments(10)TrackBack(0)この記事をクリップ!

2013年01月05日

泣かないように…。

年が明けて、2013年ですね。

ところで、今日、1月5日は、ふぁちまの「百箇日」です。

百箇日ってどんな意味があるのかな…?と調べてみたら、

百箇日は卒哭忌(そっこくき)とも言って、

 「哭」 は、 声をあげて泣きさけぶ
 「卒」 は、終わる

…という意味なんだそうです。


そうなんだ…。

もう、泣くのはおしまいにしなきゃいけない時期になったんだね。


fatima


だって、これからもずっと一緒に、ふぁちま号と走っていくのだから。
もう泣く必要ないんだよね。


ふぁちま、ちゃっかり乗り込んでるしね。


drive


(↑2012年6月撮影)

さーてお嬢さん、今日はどこに行きますか?


incar


(↑2012年6月撮影)

運転しっかり頼むよ〜!
って、なんか嫌そうな顔してるけど…。


みなさん、昨年は大変お世話になりました。
全く予期しなかったあまりの辛い出来事に打ちのめされて、
どうしたら良いのかわからずにいました。
胸が張り裂けそうで…、何もしたくないし、何もできないのです。

そんなとき、皆さんからのたくさんの励ましの言葉やコメント、メール…
どんなに救われたかわかりません。

まだまだ辛いけど、もう100日たってしまいました。

これからはできるだけ泣かないように…。
ふぁちまと出会えた運命、一緒に過ごした楽しかった日々、
そしてふぁちまが与えてくれたもの、教えてくれたこと…、に感謝しながら
前を向いて歩いて行けるようにしたいと思っています。


ありがとうございました。

今年もよろしくお願いします。



にほんブログ村 犬ブログ シャー・ペイへ

にほんブログ村




kaobounz at 13:57|PermalinkComments(5)TrackBack(0)この記事をクリップ!

2012年12月27日

ふぁちま号、ゴーゴー!

毎月27日は思い出の日です。

ふぁちまは生まれたのも、亡くなったのも27日であります。
うーん、わかりやすいね!

それにしても、あれからもう3ヶ月だよ。早いね。。



himawari


皆様、クリスマスはいかがでしたでしょうか?

私は今年のクリスマスは、パパにすごいプレゼントをもらいました。


fatimastair


ん!?これ、なーんだ!?

ふぁちまがいつも登っていた、寝室へ行く、階段のど真ん中にて撮影。


off



あれれれれ…??


ってなわけで、もうお分かりですよね。
新しい車のナンバー、申請しました。

いつもKao坊と一緒に乗っていた、非力のマーチ。
パワーがないので遠出は無理だけど、ママと二人でお散歩に行くときは、
いつもこのマーチだったよね。
このマーチの後部座席はふぁちま専用、指定席です。
どんなに掃除しても、いつでもふぁちまの毛だらけだったマーチです。

新しいナンバー取り付けようね。
ミニふぁちまも見守っています。


fatimaf


おおっ!すごい!


fatima


かっこよすぎ〜〜!!

ふぁちま号の誕生です!


ふぁちま、これからもずっと一緒だよ。
ママが行くとこ、どこでも一緒に行けるよね!

「しわくちゃ犬と歩くニュージーランド」…じゃなくて、「走る」ニュージーランド、だね。


「ふぁちまと一緒に走るニュージーランド」

…だね!

ふぁちま、これからもよろしく頼むよ。

ママとずっと一緒に走ってよね!


ふぁちま号、ゴーゴー!



にほんブログ村 犬ブログ シャー・ペイへ

にほんブログ村




kaobounz at 16:52|PermalinkComments(9)TrackBack(0)この記事をクリップ!

2012年12月19日

素敵なプレゼントとシャーペイレスキュー

前回、AAの言葉でいろいろ考えさせられたKao坊、
皆様からもいろいろなコメントを頂き、さらに深く考えております。

本当に暖かいコメントをありがとうございます。
前向きに歩いていく力になっております。


と、そんな折、AAファミリーから素敵なプレゼントが届きました。

present


ああ、すごい…。。

もちろん手作りです。

暖かいです。うれしくて、また涙が止まらないよ〜!


早速飾ってみましょう。


flower


お、いいね〜。美人だね〜。


wme


あははー。ママと一緒の仲良しさんだね。
ちなみにこのとき、ママの洋服はどろどろだったんだけどね〜。


santa


うーん、やっぱり今の季節、これが一番かな!?
サンタふぁちま。超似合ってるよね〜。


AAからこんな素敵なプレゼントを頂いたり、みなさんからも
いろいろなコメントを頂き、ふぁちまは本当に愛されたんだなあ、、と
つくづく思います。

私もいっぱいいっぱい愛したし、いや、これからもずっと愛し続けます。
肉体はなくなっても、愛は消えないものね。

ふぁちまは皆に愛され、きっと幸せだったと思います。
もう少し、この世にいたかったんじゃないかな?と思うし、
今でも悔やみ始めればきりがないのだけど、
きっと、これも運命だったのだと思うのです。

そもそも私とふぁちまが出会ったのだって、ものすごい偶然で、
でもそれもきっと運命で、ずっと前から決まっていたのでしょう。

だってふぁちまは、私たち夫婦に会うために、わざわざ白い靴下を
はいて生まれてきたんだもんね!

(私たちの出会いの詳細は「I Love Shar-pei!」を見てください。)


ふぁちまは愛された…。そしてこれからも愛され続ける。

でも、世の中には愛を知らない子もいっぱいいる…。

そう思ったとき、シャーペイレスキューのページを検索している
自分がいました。

シャーペイは日本では超珍しい犬ですが、海外では
比較的見かける犬です。そして
「シャーペイレスキュー」という、団体があちらこちらにあるのです。



phoenix



ふぁちまにちょっと似ているこの子は
フェニックスくん。レスキューシャーペイです。

詳細についてはまた改めて書きますが、
興味があったら、ぜひ覗いてください。

http://www.sharpeirescue.com.au/

オーストラリアのシャーペイレスキュー団体です。



にほんブログ村 犬ブログ シャー・ペイへ

にほんブログ村




kaobounz at 12:05|PermalinkComments(3)TrackBack(0)この記事をクリップ!

2012年12月04日

AAの言葉から…

先日、日本のシャーペイフレンド、殿くん、姫ちゃんから
素敵なプレゼントが届きました!


ame


べっこう飴細工のふぁちまです!
すごい〜〜〜!

乾燥剤を頻繁に変えれば2−3年は持つとのことで
大事に飾っておきますね!

わざわざNZまで送っていただいて、本当にありがとう!
(きっと送料の方が高い!?!?)
梱包も超厳重で、あたたかさを身にしみました。
割れずに無事、届きましたよ〜!
本当にありがとうございます。

こんなに愛していただいたふぁちまは、幸せ者です。

早速Kao坊とふぁちまの部屋に飾りました。
ふぁちまの弟子(?)のシャーペイズの隣です。


ames



さて、AA(ふぁちまの実のお母さんのヌシカの飼い主さん)から
心がこもったメールを頂き、いろいろ考えさせられたKao坊ですが
正直、毎日毎日、いろいろな考えに翻弄されてわからなくなっております。

でもやっぱり、一番利いたのは、AAの言葉。。


今は無理だとわかるけど、近い将来、また犬を飼いなさい。
ふぁちまのことを思い

「あなたと過ごしたことが本当に特別で幸せだった。
また同じ思いがしたい。だから、他の犬を飼う。」

と言うことは本当にすばらしい。

ふぁちまはあなたと会えて本当に幸せだったし、とても愛された。
あなたには愛がある。その愛を他の犬にも注ぎなさい。
あなたのその愛は与える相手が必要だし、どこかにふぁちま同様
「あなた」 を必要としている犬が、必ずいる。


……絶句です。


日本では比較的、次の子を受け入れるのは消極的になる傾向にある気がします。
だけど、ここNZでは、私が最愛の愛犬を亡くした…というと、


「次の子を迎えなさい」


といろんな人が、結構普通に言ってきました。

それが、ペットロスに利く、一番の癒しであることはもちろんですが、
いわゆる”代わり”として、次の子を迎えろ、、と言っているわけではなく
なんと言えばいいのか、、「愛」の対象を持ちなさい、と言っている?というのか…。

それが最大の供養だよ!と言ってきた人もいます。

私が犬を愛することができる人間であるなら、”その愛をもっと使え!”と
言っているようです。

世の中には不幸な子がいっぱいいるのです。
その子のためにも、積極的に「愛」を使え!と。
犬を飼える環境と余裕があるなら、かわいそうな子を救うべき。。

日本で有名なムツゴロウさん、彼も愛犬が死んだとき
「次の犬をできるだけ早いうちに迎えなさい」と言っているようですね。

犬はつながっているから。。縁があるから…。
せっかく愛があるのに、それを閉じ込めないで。。みたいな。


ものすごく納得したのです。。


正直、今はまだふぁちまのことでいっぱいですが
せっかくの愛、少しでも前向きに使えるように、
今できることを少しずつ始めて行こう…と思っているところです。



にほんブログ村 犬ブログ シャー・ペイへ

にほんブログ村



kaobounz at 18:56|PermalinkComments(12)TrackBack(0)この記事をクリップ!

2012年11月22日

前向きに歩くということ

ふぁちまが亡くなって49日も過ぎ、もうすぐ2ヶ月になろうとしています。

未だに辛くて悲しくてどうしようもなく、仕事もあまりやる気がせず、
なんとなく適当に毎日を過ごしている私ですが、先日ブリーダーさん
(正式にはふぁちまの実のお母さんのヌシカの飼い主さん)から
暖かいメールが届きました。しかも、ふぁちまのパピー時代の
写真付きで…。(号泣しました!!)


fatima baby-2


彼女は("AA"とします)は本当に私の気持ちを
理解してくれているというのが良くわかりました。

彼女はふぁちまを生後6ヶ月まで育てた人なので、ふぁちまのことも
良くわかってくれています。

そしてAAは私がふぁちまのことを深く愛していたのと同様に、
ヌシカのことを本当に愛しており、本当に特別に思っていたそうです。


ヌシカは1年半ほど前に、心臓病のためもう少しで11歳という年で
亡くなりました。

悲しくて苦しくてたまらない。だけど、どうしようもないことで
受け入れなければならない。遅かれ早かれ、絶対にこの日は来るのだから…
と言っていました。



もちろんそんなことはわかっていました。
「I Love Shar-pei!」のサイトにも書きましたが、犬を飼うということが
どんなに大変か、そして別れのときがどんなに辛いかも想像できました。
でも、こうして、ふぁちまのパピー時代を知っている彼女から言われると、
その重みがものすごく伝わるのです。



hajimete

↑はじめて会った日のふぁちま


そして
「ヌシカは絶対にふぁちまを虹の橋で待っていたと思う!今頃仲良く走っているよ!」

と言われて、がーーん!ときました。


nushnfati-run


そうか、、ふぁちまは実のお母さんに会えたんだ…。

ヌシカは明らかにふぁちまのことを愛していました。
会うたびにふぁちまにやさしく接してくれたし、別れるときは
いつも寂しそうでした。(ふぁちまはわがまま娘でしたが



nushwfati1


 
ヌシカはふぁちまと一緒に暮らしたかったのかもしれません。
人間の事情で無理だったけど、今、ようやくその夢がかなった…??
そう思ったら、なんか、なんと言えばいいのか…。

いつまでも悲しんでいるのは私のエゴ??みたいな。

 
AAは、
「私たちには見えないけど、ヌシカやふぁちまには私たちが見えているよ」

とも言っており、もしそれが本当なら、やっぱり泣いてばかりいる私を
見るのは、ふぁちまも辛いかなあ?なんて思ったりして…。




nushwfati-out



毎日いろいろなことを考えて、頭が混乱しています。

いろいろな人がいて、いろいろな考え方があり、
いろいろな意見を頂きました。

ただわかるのは、どんなに泣いても悲しんでも、
ふぁちまは帰ってこない…、ということ。

でも、私自身、これについてどう考えて良いのかわからないでいます。

初めての犬。。しかも本気で娘と思い、愛した子です。
その娘の死をそう簡単に受け入れられないのが当たり前です…。


まだ気持ちが動揺するのですが、少しずつ前向きに
歩いていかないといけない、、と思うこのごろです。




にほんブログ村 犬ブログ シャー・ペイへ

にほんブログ村




kaobounz at 18:50|PermalinkComments(9)TrackBack(0)この記事をクリップ!