2012年01月23日

家族で別れ

赤ちゃんとの別れの時
つるりんと出てきた赤ちゃん。
かなりお腹も出ていたので500gはあるだろうと思っていたけど
204gの小さな赤ちゃんだった。
その後出てきたと思った胎盤は血腫で
胎盤が出るまで大量の出血となり、分娩室へ移動後まるで手術室みたいに
医師、スタッフがバタバタした状態ですぐに赤ちゃんと対面することを
希望していたけれど、病室に戻っても目も開けられないほどフラフラしていて
2時間後くらいにようやく旦那さんと二人、ガーゼにくるまった小さな赤ちゃんと
対面できた。
枕元に置かれた赤ちゃん
目も鼻も耳もあって、手もあって・・・・
観音様のようなやさしい表情をした男の子だった。
よくがんばったね。
ありがとう
って言いながら涙が止めどなく溢れてきた。

2人も自分たちより先に見送ることになるとは・・・
本当に辛すぎるけど、旦那さん、ゆうひと支えあって
いつか戻ってくるかもしれない子供のためにも幸せにならなくてはと思う

ゆうひに「赤ちゃんは?」と昨晩聞かれて
「ねんねしてるよ」 「お空にいるよ」
って言うと
「もう起きた?」
と聞くゆうひ。

「ずーっとねんねだよ。お空から見てるかなあ」
と言うと不思議そうにしていた。

天国にいる元太くん
いつまでも私たち家族と一緒だからね。
お母さんのお腹にきてくれてありがとう



kaori0703 at 14:39│Comments(4)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Sおばちゃん   2012年01月26日 13:06
電話で聞いた時に心配していましたが 悲しすぎる結果になってしまい何と声をかけてよいのかわかりません お産は楽な人もいればこんなに難しい人もいるなんて もう一度元気な赤ちゃんになって 貴女のところに来てくれるようただ祈ることしかできません 早く元気な体になってくださいね 
2. Posted by りんご   2012年01月29日 14:20
>Sおばちゃん
温かいメッセージありがとうございます。
体調が戻ったら、クリスマスも年末もなかったので家族でどこかへ出かけたいなあと思っています。
春になったら畑の作業もあるし・・・
しばらくはのんびり、ゆっくりとした時間を過ごしたいと思います
3. Posted by のむ   2012年01月29日 16:35
久しぶりにブログを見て悲しい出来事を知りました。心身共につらかっただろうなあと思うと、なんとコメントしていいか分からなくて・・・。しばらくはゆっくり休養して、また元気になったら仕事や育児、畑作業などバリバリ頑張ってね。
天国に行ってしまった赤ちゃんに、また会えますように。
4. Posted by りんご   2012年02月05日 13:10
>のむさん
コメントありがとう。
今はべったり甘えてくる息子との時間を
のんびりゆっくり楽しんでるよ。
今日も久々に冬の畑に一緒にお散歩に行ってきたところだよ。
また更新するね♪
ありがとう

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔