今はまだはじめての途中 ★ ガヴォット第44番ホ長調

人生は1回だから誰もがはじめての人生。ホ長調の音楽とともに60年を振り返ってみたい。



1960年代の後半に絶大な人気があったビートルズなんですが
小学校高学年から中学校にかけては純粋なクラヲタだったので全く興味がありませんでした。

高校生になって同じクラスに後のT-スクウェアの 安藤まさひろ がいたんですが
ロック系の音楽にやたら詳しかったですね

他にもいろんな機会があって洋楽に接する機会が増えたんですが
当時ビートルズはすでに解散していてそれぞれソロで活動していました。
だからこの人がビートルズのメンバーだったことを後から知りました。

FM愛知もこのころ開局して 洋楽や日本のフォークなどが
耳に入りやすくなってきた時代でした。



2001年に ホ長調のHP を gaiak に作ったときにも紹介していました。

 What is life? (美しき人生)  ジョージハリスン 

at 2001 02/27 16:25

失恋して自暴自棄になってるような歌詞なのに

なぜは邦題は 美しき人生

このころの洋楽の邦題には 悲しくもないのに

やたら 悲しき とかついてるものが多かった


1971年には かぐや姫 が新メンバーになって
青春 という曲でデビューしたんですが 
この曲は当時ほとんど耳にすることなく
ずっと後になって  LP はじめまして や かぐや姫フォーエバー で知りました。
さらに2003年になってCMに使われたので
このとき知った人も多いかもしれません

メンバーが変わる前の 酔いどれかぐや姫 は何度か聴いたことがありました。

 青春  (かぐや姫)    

at 2001 02/24 11:51


♪やりたいことをやるのさ

 なぜそれが悪いのか

 俺たち若者だけに

 今できることがあるのさ

やらなければならないことを

やりたいことよりも優先させるひとは

充実した人生をおくることは

できないばかりか

その理由を他人のせいにして

ぐちばかりこぼしているようだ

自分の人生なんだから

主体的にいきようよ



歌詞も説得力あるんですが
ステージでのアドリブが絶妙ですね。
観客との妙な一体感は
洗練された80年代以降のライブやコンサートにはない。
いわゆる商業音楽にはないものが感じられます。


1969年には中学校3年の15歳
東大安田講堂事件のあった年
そしてアポロ11号が月へ行った年

あとすごく個人的なことになるんですが
学校で教卓からダイビングして着地に失敗 両腕を骨折
2学期は試験も受けられませんから見込み点しかもらえず
成績は散々なことになりました。



では 2001年のgaiaxのHPに書いたものから 60年代後半から1970年までの曲


想い出の渚 (加瀬邦彦ワイルドワンズ) 

at 2001 07/17 13:04

f:id:shuyo:20090319101152j:image

♪波に向かって叫んでみても

 もう帰らない あの夏の日

夏の定番ソング といったところでしょうか




 私たちの望むものは (岡林信康

at 2001 03/08 14:25

♪私たちの望むものは

 あなたを殺すことではなく

 私たちの望むものは

 あなたと生きることなのだ

 今あるふしあわせにとどまってはならない

 まだ見ぬ幸せに今飛び立つのだ

   (中略)

 私たちの望むものは

 あなたと生きることではなく

 私たちの望むものは

 あなたを殺すことなのだ

 今ある幸せにとどまってはならない

 まだ見ぬふしあわせに今飛び立つのだ

いまだにこの歌詞の意味がわからない



 生きがい(由紀さおり)  

at 2001 02/26 15:20


♪今あなたは目覚め タバコをくわえてる

 早く起きてね バスがくるでしょ

 お茶さえ飲まないで 飛び出してゆくのね

 体にどくよ いつもそうなの

 ああ あなたとわかれた今でも

 ああ 私はあなたと生きている

 


平凡な日常のひとこまが

おそろしいほどあざやかに浮かぶ

声もすんでいて この時期の歌謡曲

なかでは際立った存在だった

ところで 生きがい って何だろ

そう考えると すごく深い意味

考えてしまうし 重い内容 なのかな

2011-06-29


今でもいろんなところで耳にしたりする曲ですが
なんと 1962年  8歳の頃です。




Now the only girl I care about has gone away.
Looking for a brand new start!
But little does she know that when she left that day.
Along with her she took my heart.
思いを寄せてたたった一人の彼女が去ってしまった
新しい出逢いを探しているけれど
彼女は知らない 去って行ったとき
ボクのハートも持って行ってしまったことを




60年代の洋楽の邦題にはやたら 悲しき がつきますが
この曲の本来のタイトルは 
RHYTHM OF THE RAIN
ですから 直訳すれば 雨のリズム なんですが
歌詞の内容からすると 悲しき雨音 でも悪くないですね
とても説得力のある歌詞で
50年以上歌い継がれているのも当然でしょうか

ジャケットはいろんな種類があるみたいです。







1962年にはTVがまだそんなには普及してなくて
音楽の主たる媒体がラジオだったから 洋楽も邦楽も
歌詞やメロディーで勝負する傾向が強かったのかもしれません
70年代の後半あたりから音が厚くなるとともに
振り付けやダンスなどの視覚的要素が強まっていきました


東芝の 電気炊飯器 が登場して
電気で御飯を炊くようになったのもこの頃からでしょうか
扇風機や電気冷蔵庫電気洗濯機などの家電製品も増えていきました。

TV番組で ズバリ当てましょう というのがあって
値段をズバリ正解すると家電製品が全部もらえる といのがありました。
それくらい電化製品が高嶺の花だった時代です。
車もまだ高く全国の道路はガタガタ道でした。

このページのトップヘ