2005年09月29日

近況などなど4

昨日は思わず石鹸を二本仕込みました。

ひとつは米油と椿油の石鹸と、もう一本は初チャレンジの廃油石鹸。
廃油…。天ぷらや揚げ物に使ったものがけっこうたまっていたのでつい…。
洗い物のときに使えればいいかなーと思って、実験的に作ってみました。ネットで調べてみると、廃油を石鹸にする場合は分量とかも意外と適当のようなので、鹸化率ほぽ100%で計算してみました。あとやっぱり油の臭いが気になるので、はっか油などで香り漬けをしました。見た目は普通の感じの石鹸に仕上がったので、使い心地が良かったら、また廃油で作ってみる事にします。さて、どんな石鹸になるやら。

「LOVERS」小説、読み終わりました。

映画は大変美しく、ドラマチックなラブストーリーでしたが、小説の方はもっと暗く陰鬱で、悲惨な男の失恋の話でした………。

とにかく悲惨だぁぁぁ!! アンディ・ラウの役どころである劉が!!!
んもー最初っから最後まで、悲しい人生でしかない一人の男の回顧録! く、暗い。暗すぎる……!!
どうにかならないのかってほど暗い…。読み終わってどんよりするほど。
可哀想とも言えるけど、これはもうどうしようもない閉鎖感。誰にも誰かを救う事が出来ない状況でのラブストーリーほど悲惨なものはない。本当に容赦がない。

というか、この話は主人公にする役を間違ってるんじゃないだろうか…。
いや、映画ではちゃんと愛し合う二人が主役だったから正しいんだけど、小説の暗さはどうだろう。
小説としては物語の裏舞台がしっかりわかって、映画を見てから読むとさらに面白さは倍増するんだけど、そして劉は描きようによってはものすごくカッコいい役どころなはずなんだけど、テーマがまったくシビアでロマンのかけらもないところにかかっているので、そっち側から見たら劉はただのモテないオッサン状態に描いてある…。

中国のドラマは お そ ろ し い……。

みもふたもないっていうか、本質突き過ぎ。そこまでホントの事知りたくない、って気持ちがちょっと判った気がします。痛すぎます。人の多いお国柄なせいか、人間関係がキツすぎて、自分の自由になるところが少ないドラマが多いです。日本でよく見る、自分の選択によるドラマ、というのがあまりありません。物語の設定にないのかもしれません。縛りがキツいほうがドラマチックにはなるのですが、日本での環境の縛りというものは、もうほぼ存在しないのでしょう。

そういうわけで、自由ボケした自分には、かなり窮屈で痛い物語でした。ダイレクトに辛いという意味では感動はあるんですけども。
これ、日本で漫画化してもウケないだろーなああ…。

物語の切り口(演出)というものには、深くて暗い溝が存在するなと思います。アジア映画の演出には独自の個性があって、中国、香港、韓国、日本とそれぞれ特色があるんですけど、私は韓国ものが一番性に合いますね。(それもどうか)


kaorisaki228 at 22:25|この記事のURLTrackBack(0)日常 

2005年09月26日

近況など5

合宿終了しました。あ〜楽しかった〜〜!!

さすがに帰ってからは、疲労&筋肉痛でボロボロで、片付けも大変でした。(山のような洗濯物が)

もう何度目か合宿旅行に参加してますが、最初の頃を思い返すと、ちょっとは上達してるし、体力はついたし、個人的には大満足です。(ハードルは低く)このまま故障せずにゲームを楽しんでいけたらもう御の字ですね〜。もちろんうまくなれるのにこしたことはないんですけど。

いろんな人と久しぶりに会って話して、ゲームもたくさん出来て、充実してました!!
本当ーに楽しかった。


さて。
帰ってきたら、急に涼しくなってきていて、石鹸熱が再燃。
今年は自分の使う分だけで、多くは仕込まないつもりだったんですが、ついアレコレと作りたくなってしまいました…。一応自制しますが。

今日はハーブでホホパオイル入りのマルセイユ石鹸と、プレゼント用にオリーブオイルとスイートアーモンドオイルの石鹸を仕込みました。うーん楽しい。


続きを読む
kaorisaki228 at 23:37|この記事のURLTrackBack(0)日常 

2005年09月22日

明日は4

一泊二日のバドサークルの合宿です。

元体育会系の人は、「合宿!?」と、最初はものすごくイヤな思い出がよみがえるらしいですね…。
朝から晩まで特訓につぐ特訓、基礎練に走り込み、吐くまで練習して夕食も食べられなくなる、というのが本当の合宿のようですが、社会人になってからの合宿は、仲間と一日楽しいゲーム三昧なのですヨ。

もちろん巧くなるために練習するんですが、そこはまあ、個人責任てことで。
私はバドを始めてから、「自分で考える」という力が以前よりついた気がしますねー。

バドは始めてから最初の一年が、ものすごく辛いです…。
とにかくからぶりはしょっちゅうだし、打ちたいところに打てないし、ローテーションも全然わからないし、ナニがなんだかわからないうちにゲームは終わるし、とにかく難しい!!難しすぎる…!

動きながら考えなきゃいけないというのが、とにかく大変なんですよね。はっきりいって最初のうちはそんな余裕はまったくないです。わけがわからなくてパニクります。めちゃめちゃストレスです。周りが巧い人ばかりだと自己嫌悪もひとしおです。ゲームの邪魔になるしラリーは続かないし。

それでも続けるのは、やっぱり打ち合うのが楽しいという感覚だけですね。
頑張って一年間ほど続けて上達していくと、バドミントンの奥の深さにどんどんハマって、更に楽しくなってきます。けっこう研究熱心な人向きかもしれないです。オタク向きというか。

あ、いや、反射神経のいい人にも向いてます。その上器用で細かくて瞬発力があればもう、やるしかないって感じですね。更にパワーがあったら完璧、言う事なしです。

私はそれまでスポーツ経験なしの純度の高いオタク生活を送っていたので、素質はゼロどころか、マイナスから出発しているのですが、とにかく考えてなんとかゲームをこなせるようになりました。
(まあそれでもどうしようもない下手さ加減は否めないんですが)
それでも楽しむことが出来るのが、バドミントンのゲームなのです。

確かに始めるときの敷居が高いスポーツのところはありますが、打ち合うのは楽しいのでみんなにやってほしいなーと思っているのですよ。やっぱり自分でプレーしているゲームが一番面白いし。

なにはともあれ、明日は楽しんできます。わーいわーい。






2005年09月21日

発売日です2

後編が発売です。

……。
ここのところなんだかあまりしゃっきりしないのですが。

もちろんいろいろ気になる事はあるんですが、なんかそう深刻にもなれないっていうか。

私の場合、心配ってのは考え事のうちに入らないのですよ。
なのでこうしてただ待ってる間というのはむしろ何にも考えてないってことで。

一週間の間に部屋を片付けたり掃除したりしてました。細かいアレやコレとかも。
で、まだいろいろやることはあったりするのですが。

なんというか……。

刺激が足りないっていうか…。

つまり、

退屈してきたのですよ!!

うあー。ダメだ。なんつーかこう、プレッシャーというか、大変きりきり舞いというか、なんかそういう刺激的な目に合ってないと、頭が働かない…。危機的状況じゃないと動かない。実際そうなってみると辛くてしょうがないくせに、この難儀な性質はどうしたらいいものか。

退屈したくないので仕事をする人も多いに違いない…。
続きを読む
kaorisaki228 at 22:59|この記事のURLTrackBack(0)日常 

2005年09月20日

明日はマガジン発売日3

明日は「ラブオールプレー」の後編が掲載されている、週刊少年マガジンの発売日です。

今のところ私は「明日は明日の風が吹く」さーとばかり、のんびり過ごしてます。
これでアンケートが良くないと連載出来ないとか、本当はラブコメを描かなきゃならないのかとかゆう、現実の問題はどうでもいいんです。今日のところは。

今日まではね。(笑)

ここ一週間はけっこうエンジョイしていました。
遊びに出かけたり、本を読んだり、部屋の片付けしたり。
たまった録画を観たり。

THUTAYAでレンタルを開始した「トゥルー・コーリング」というドラマがありましてですね。
それがずっとテレビでやっていたので、毎回録っておいたんですよ。
仕事が終わって一息ついたので、毎日何話か続けて観てたんですね。

これはすごいテレビドラマで、伏線とドンデン返しととにかく濃いエピソードが詰まった、息もつかせないスピードのエキサイティングなドラマで、初めて見たときは「アメリカのテレビドラマはとうとうこんなところにまで進化したのか!」と本当に驚きました。(「マイアミ整形外科医」を観たときもそう思ったけど)

久しぶりに熱中して観ていたドラマなんですよ。
素晴らしい謎が何層にも重なった複雑なストーリーだけど、主人公の動機は至ってシンプル。
この先どうなるんじゃー!と素人丸出しの感覚でドキドキワクワクしながら観ていたのに。

のに…のに……!!

26話で打ち切りなんだそうですよ!! 

26話を見終わって、予告が無かったのにたまげてネットで検索しちゃいましたよ。だってもんのすごい話中途なんですよ? なんにも解決されてないのに!

お話も佳境で、これから悪との闘いが始まるっていう、その矢先に………!

なんてこった!!!

ジャックとオヤジの悪行三昧の動機と理由は!? トゥルーはどうなるのさ! 母親との関係はー!? 弟は? お姉さんはどこいったのさ! デイビスはーー!?

そ、そんな、全部うっちゃって終わりだなんてあんまりだーーー!!!

…。

ERはかなりグズグズになっても続いてるから、トゥルー・コーリングが終わるって思ってなかったんだよ…。
うーん。やっぱり複雑すぎるストーリーなのが敗因なのかなあ…。謎を引っ張りすぎてたとか。バトルを明解にするべきだったのか…。面白いのにーうーん。

あーもー!!終わってもいいからジャックの正体が知りたかった!!それだけが心残りだ!!!

現在 最大の衝撃はコレですね…。平和っちゃー平和ですよ…。

kaorisaki228 at 23:25|この記事のURLTrackBack(0)漫画 | お仕事

2005年09月19日

石鹸5

26deb0aa.JPG朝晩はすっかり涼しくなってきましたね。

今年は実験的に作る石鹸もないので、必要最小分だけ作ろうと思っているのですが、ひとつ仕上げたらまた次のを仕込みたくなってきました。
これぞ石鹸マジック…!

ハマると止まらなくなるのですよ。
いや、今年は頑張ってセーブします。毎年毎年作り過ぎ。

でも、友達にプレゼントすると喜んでもらえると思うと、やっぱりついつい作りすぎてしまうんですけどね。続きを読む
kaorisaki228 at 23:24|この記事のURLTrackBack(0)

2005年09月16日

週刊少年マガジン発売5

2b507ab8.JPG発売日と翌日は出かけていました。

とうとう前編掲載号が発売…。感慨深いです。
バドミントンにこだわり続けた結果がとうでますか。

そして今日はいい加減散らかってきた部屋を徹底掃除。
やっぱり掃除は溜めたらダメだなー。けっこう大変でした。
kaorisaki228 at 17:29|この記事のURLTrackBack(0)漫画 | お仕事

2005年09月12日

石鹸の季節5

80d460f0.JPGまた石鹸の季節がやってまいりました。

本当はもう少し涼しくなってからの方がいいんですが、つい辛抱たまらず作ってしまいました。

去年もしこたま作ったのですが、そのほとんどを友人に配ってしまいまして。
自宅用にしていたものの在庫がほとんどなくなってしまったんです。
いやー。評判は上々。
そりゃー、前田京子さんレシピですからね。当然です。

今回作ったのはオリジナルレシピ「ぶくぶく石鹸」。
米油、スイートアーモンドオイル、ひまし油、ココナツオイル、パームオイルの配合で、
少々柔らかめですが、ものすごく泡立つ石鹸です。
笑いが出るほど泡立ちます。
このレシピはなんだか随分気に入っていて、毎年作ります。

石鹸に使えるオイルは、ほとんど試しに作ってしまったので、今年はお気に入りのものだけを作ろうと思います。私はマカダミアナッツオイル、椿油、ククイナッツオイル、ヘーゼルナッツオイルの石鹸が好きですね。
(ものすごく贅沢なレシピ)さっぱりして軽いのに、保湿がしっかり残るところがいいです。

お風呂に、市販の石鹸を置いていても、手作り石鹸の方がよく使われて早くなくなります。
そういうわけで、石鹸を年中作り置きしてるのです。


kaorisaki228 at 20:43|この記事のURLTrackBack(0)日常 

2005年09月11日

わかった!の深さ3

「こういうことだ」とか「そうだったんだ」と、「わかった」を発見すると、楽しい。

本を読んでとか、テレビを見ててとか、誰かの発言とか行動を見てとか。
アレとコレは同じ意味なんだとか、この行動の原理や動機はここだとか、こういう現象はこうして起きるんだとか。

そういうことに気づいたときは、すごく面白い。
新しい発見をしたような、パズルを解いたような気分になる。

そういうことは自分の中に情報が集まってくると、自然につながったり理解出来たりするものなんだけど、まるで自分がひとつ賢くなったような気分になれるのが楽しい。

でも。

今まで山のように「わかった」ことを積んできて思うのは、それらはただの現実だってことだ。
もともと存在していたのに、自分の目に入らなかったものを、さも今、発掘したかのような錯覚。
それがとても充実感を持つものだというのは判るけど、それらはただの事実確認なんじゃないの? 
と最近思う。

つまり「わかった」ということは、今までどれだけ自分が無知だったかという確認なんだ。

もちろん最初から全知全能の人間はいないので、その階段ひとつひとつはとても大事なものなんだけど。

じゃあ、本当に「わかる」ということは何だろう?
きっとそれは未知なもので、自分にしかわからない、時間がかかるものなはずだ。

と思うと、やはり「自分自身を知る事」なんじゃないかと思う。

自分がどんな人間か、何が出来るのか、何がしたいのか。
自分に対する理想像は誰でもあるけど、事実としての「自分」は、結果でしかわからない。
時間がたって、たくさんの人と交流して、いろんな事をその都度決定して、行動して。
「こうしたい」という実感を重ねて来て、初めて結果としての自分の事実がわかる。
何が自分の事実なのかを知るのだ。

「自分を知る」ということには、驚くほどたくさんのエピソードが必要だ。
仕事、恋愛、趣味、ありとあらゆる材料が要る。
どれも「やってみないとわからない」ことばかりだ。

つまり、他人との交流で初めて「自分」という原理や動機が浮き彫りになる。

一人で「自分はこういう人間だ」と名乗りを上げても、それを事実確認する他者がいなければ、そんな人間は存在しない。確認出来なければ事実ではないのだ。

結果による事実確認だけが「わかった」ことにつながる。
勉強して、情報を集めてわかることはたくさんあるが、自分のことは自分が行動してみないとわからない。

理想の自分を存在させたかったら、目標を立てて努力するしかない。
でも事実による結果はシビアだから、自分にとって認めたくない事実はたくさん出てくる。
葛藤や拒否感もたくさん生まれるし、見たくない自分を見て落ち込む事も多くなるのだが、事実だから仕方がない。事実を否定していたら、「理解」が出来ない。
「わかる」ということは好き嫌いの感情は関係ないのだ。

認めたくない自分がいても、受け入れて初めてその対処が出来る。外の世界とつながれる手段がとれる。
それが自分を知ることであり、世界がわかる、ということにつながる。
本当に判りがいがあるのは、「自分自身」であると思う。


kaorisaki228 at 14:32|この記事のURLTrackBack(0)分析 

2005年09月10日

休日4

3e33cb5b.JPG携帯が壊れました。
メールを打つときのボタンが動かなくなっただけなのですが、ショップに行って直してもらおうとしたら、
新機種にした方が安く上がると言われまして。月曜にでも買いに行こうと思います。

今日は少しぼんやりしてました。
そして、何か楽しいことを考えようとしましたが、なかなか浮かれる気分にもなれず。
こういう時は、インプットが足りないのかなと思いましたが、
たぶんインもアウトもしようと思っていない感じなんでしょう。
こういう感じを「覇気がない」というんですかね。
インとかアウトとかの感覚が激しくなってるときに、
「生きてるー!」みたいな実感が強くなるんじゃないでしょうか。

だとすると、何も出し入れする気のない今日みたいな日は、生きてる実感に欠けてる気がしますが、
情報の出入りが激しくなって気が上がっていて、自由時間なんかなくてストレス満杯の日なんかには、
こういう感じの日を待ちわびてたりするんですよね。
 
今日はのんびり読書でもして寝ます。

kaorisaki228 at 22:44|この記事のURLTrackBack(0)日常 

日記4

本日、本屋に行ってバドをしたら、大変疲れました…。

一ヶ月原稿ばっかりしていたら、体力落ちてますよ…。
久しぶりにくたくたです。
いやーそれでも原稿中、週に一回はバドの練習してたんですけどねえ。
今週に三回やったら、疲れがとれない。
いやもう歳だなあという感想は、今まで何万回も感じてるので、歳はどうでもいいんですけど。


続きを読む
kaorisaki228 at 02:06|この記事のURLTrackBack(0)日常 | 分析

2005年09月08日

来週4

b0a87a00.JPGとうとう来週発売です。

今日は気合いを入れて、徹底的に掃除しました。
あー すっきり。

それから本屋に行って、本を大量仕入れに。
とにかく来週まで自由時間を楽しみます。

「コンスタンティン」観ました。ネタバレあり。続きを読む
kaorisaki228 at 22:36|この記事のURLTrackBack(0)日常 | 漫画

2005年09月07日

予告4

今週発売の週刊少年マガジンの予告ページに、読み切りの告知が載っています。

うぞっ!
と自分でびっくりしたりして。

この間描き上げたばかりだというのに…。
週刊誌の時間の速さは恐ろしいですね…。時間の消費量が半端じゃないですよ。ありえない…。

で、本日。
後編の原稿を編集さんに渡しました。
実際は二日前あたりに出来上がっていたので、ついついその間ぼーっとしてたんですが。
これも再来週はマガジンに掲載されるんですねえ。

速すぎですYO!!

今まで私が粉骨砕身頑張り抜いた時間をもう消費するなんて〜!!
本当に恐ろしいところです。週刊誌というところは。

やれることはすべてやりました。
只今少々燃え尽きておりますが、願わくばバドミントン漫画で連載をしたいところです。


kaorisaki228 at 20:47|この記事のURLTrackBack(0)漫画 | お仕事

2005年09月06日

またか…5

台風ですよ 台風!!

以前にも書いたとおり、台風が来ると気圧の変化でダルいんですよね!
まったく迷惑千万だ! ダルくって散らかりまくったトーンを片付けるのにえらい時間がかかってしまったじゃないか! まだ片付けきってないし!

だいたい原稿の仕上げは終わりました。あとは細かいチェックだけー
ということろで、アシさんもいないし、時間もあるしでダレまくっております。
コピーとらなきゃいけないけど、コンビ二に行くのに雨の中に原稿を持ち出したくないので、明日でもいいかなーと。

「原稿頑張ったねー」
と、出来上がったモノを見て言う相方に
「はっは! ちょろいね!!」
と言ってみました。 もちろん嘘ですけど。
言ってみたかっただけです。

いやーでも実際、ネームのダメだしで直し続けるより、ずーっと楽しかったですよー。
スタッフもいて賑やかだし、チームワークが素晴らしい。

ネームは孤独でねぇ…。
考えれば考えるほど、何が面白くて話を作るつもりだったんだかわからなくなるし、どうすればいいんだかわからなくなるし、本当にこの話でいいのか信じられなくなるし、そもそも自分の描くものが(ドツボ)

アッパーズがなくなって10ヶ月、ネームを本格的に煮詰めて半年、随分描きました。あの手この手でアイデア出してその度にカウンターパンチ喰らってダウン、の繰り返し。まあタフにならざるを得ませんね。
今まで随分と楽して描いてきたんだなーと反省してしまいました。
いえ、今までの方が今回描いたときより、辛いとしょっちゅう愚痴りながら描いてたんですが。
その分精神力がついたんだなーと思います。

あとはその頑張った成果が、きちんと読者に伝わればいいなと願うばかりです。

kaorisaki228 at 07:26|この記事のURLTrackBack(0)漫画 | お仕事

2005年09月05日

もうすぐ上がり

今日は一人で仕上げをしていました。

アシスタントさんたちには昨日までで引き上げてもらいました。
つまりもうだいたい出来上がってきたということです。
なのでニュアンスを出すための仕上げをちまちまと一人でやってました。

というわけで。

ここにきてちょっと気が緩んで
どっと疲れが…。

というか、ぼーっとする感じとでもいいますか。

いやーしかし。
この一ヶ月、仕事中はめっちゃくちゃ頭を使いました!!
しかもフルスピードで! 

面白かった…。頭を使うというのは体を使うのと同じくらい面白いことですね。

どんな事を考えていたかということは、時間をみつけてボチボチ書いていきたいと思います。

kaorisaki228 at 00:04|この記事のURLTrackBack(0)

2005年09月03日

大詰め5

いよいよ原稿も仕上げに入っています。

8/31には前編を完成させ、9/1には担当さんに渡しました。
前編のギリギリの〆切が9/6だったことを思えば、ものすごく良好な進行でした。

今、後編の原稿の仕上げをしていますが、12日の〆切には余裕で引き渡せそうです。

こんなによゆーとか言ってると、何かが増えそうで恐ろしいですが。

ともかく「間に合わなかったヤバい!」という、とんでもないストレスから解放されているので
とても楽な気持ちです。あーもー本当に良かった!!

それもこれも優秀なスタッフたちのおかげ…と感謝していますが、それはまた仕事が終わってからまたじっくり振り返りたいと思ってます。

では取り急ぎ報告まで。

kaorisaki228 at 09:41|この記事のURLTrackBack(1)漫画 | お仕事

2005年08月26日

掲載雑師

今日の朝、台風がひどかったら仕事をお休みする予定でしたが、無事去って良かったです。

さて、そろそろ予告していいと担当さんに言われたので告知します。
今までずーっと描くのが大変だと言い続けてきた読み切りの掲載誌は

週刊少年マガジン 42号(9/14日発売)43号(9/21日発売)です。


←バドナビへ飛ぶと、カラーの表紙が見れます。是非どうぞ。


原稿の大詰めに入り、何とか〆切に間に合わせようとやってます。
この調子だと間に合うんじゃないかなー。
やっと気持ちに余裕が出てきました。

「油断しちゃダメですよ!」とアシさんに言われてるんですが。
kaorisaki228 at 23:29|この記事のURLTrackBack(0)漫画 | お仕事

2005年08月24日

台風が

台風がきてますね…。

最初は全然気づいてなくて、おかしいなーなんだか集中出来ないなーと思ってたのですが、天気予報を見てわかりました。

思いっきり台風が近づいてるじゃないですか!

気圧が…うう…頭がぼーっとする…。体がダルい…。


それはともかく。
前編が大詰めでそろそろトーンに入ろうという感じなので、10ヶ月ぶりにトーンチェックをしたら、全然在庫がありませんでした。アシさんにトーンチェックしてもらって、自転車で買いに行きました。

が、これがとんでもない店になっていたんです……。続きを読む
kaorisaki228 at 10:13|この記事のURLTrackBack(0)お仕事 

2005年08月23日

仕事三昧3

昨日と今日とモーレツに描きまくってます。

集中が切れずに朝から晩まで描いているともう夜にはぐったりです。
でももうストレスとか肩こりとか感じなくなってきました。何故ならもう日常だから!
朝起きて、夜まで描く!
この原稿が終わるまでどうにも何にも出来ないという諦めがついたようです。

しかし。人物のペン入れがもう少しで終わる、というところで描けなくなりました。
なんつーか、人間描くのに飽きたというか。
連載中は24ページでしたが、今まで作画中にこういう感じになったことがなかったのでちょっと驚いてます。
描こうとしても気合いが入らない感じ。こういう状態で描き続けると絵が崩れるので、少し作業をストップして仕上げをしたり、ホワイトを入れたり、背景描いたり、違う作業をしてます。

今回の原稿で、私の場合だいたい延べ人数500人を超えると描けなくなるということが判りました…。

でもまあかなり進行はいいと思うので(楽観)、落ち着いて描いてます。
復活してきたらまた人物描かなきゃー。

kaorisaki228 at 00:38|この記事のURLTrackBack(0)お仕事 

2005年08月20日

気分転換4

6cd937bd.JPG今日はアシさんたちの予定が重なったので、いったんお休みにしました。

で、私は当然しっかり作画を進めなきゃいけなかったのですが、ちょっと調子が出ず…。
まあ仕方ないかーと思ってのんびりやりました。
あんまり自分で追い詰まってもストレス溜めるだけだしー。

スイカを食べたついでに、うちで飼ってるジャンガリアンハムスターにもあげたら、ものすごく美味しそうに食べてました。
いやーハムスターって可愛いですねえー。毎日見てるのに、毎回新鮮な可愛さがありますよ。なんつーかいつまでたっても損なわれない無垢な可愛さといいますか。しぐさとかたまらんです。このあいだ名前を呼んでかまっていたら、二足歩行をしていて驚きました。人間!人間なのかお前!!(違)

夜はバドミントンの練習に行き、(キツかった…)久しぶりにみんなとファミレスで夕食。
あーもー貴重に楽しい時間ですねー。今までも何度も楽しくしてますが、なんつーかキビシイ環境こそ、真の価値が判るというか、非常に幸せな気分でした。これからは当たり前だと思っている事に感謝して生きよう…。

明日からまたアシさんたちが来てくれます。頑張ろう。
kaorisaki228 at 23:25|この記事のURLTrackBack(0)日常 | お仕事