~夢のつづき~Ⅱ

夢のお城(たからづか)に心奪われる私、kaoriyaです。 日々のことや観劇感想を綴りたいと再々出発。

年末、押し詰まってきました。

今年もあと2週間と2日となりました。

来週の金曜日はタカスペを観に行きます。
それを思うだけでドキドキ。
滅多に遠征しないので、毎回ドキドキします。
日帰りなのであっという間の遠征です。
こんな経験は2度と出来ないかも知れないので楽しみにしています。
そして、宝塚歌劇の今年の見納めです。







東京散歩 その2

今日の東京は日中は暖かくてずっと青空でしたね。
本日、東京散歩2回目行ってきました。

まずは東京駅下車。丸の内側に出て駅前の広場を見ようと行ったら、なんと馬車列に遭遇。10年ぶりだそう。
西アフリカの新任ペナン大使を載せた漆塗りの偽装馬車だったそうです。
NHKニュースの映像に映った人たちの後方で見ていました。(だから映ってません)
偶然ですが、東京駅からまっすぐ皇居へむかう貴重な光景を見られました。
今後はこの光景を見る事が増えますね。

そして、テクテクと上野へ向かい、上野公園内の「上野の杜 韻松亭」にてランチ。
また歩き出してかっぱ橋、浅草、南千住へ。
そこから電車を乗り継ぎ帰宅。
でも、ランチでビールを飲んだのがいけなかったのか、前回よりも疲れましたわー。(飲んじゃダメ!)
そうそう、「怖い絵」展覧会、とっても混んでましたよ。チケット持ってる人が110分待ち。
入場制限しているのでしょうね。その並んでいる人達を横目に見て過ぎてきました。

上野でのランチを目的に13000歩歩きました!
次は来年かな・・・


ところで、
箙かおるさんの退団のニュースが出ましたね。
サロンコンサート日付けでの退団。
私は、久々の全ツでのお姿が最後となりました。
大劇場大階段を下りずに卒業。残念ですね。
それにしても専科さんがどんどん減っていきます。どうなるの?どうするの?


追記
ホテルグランドパレスの横も通りました。
としちゃんのミュージック・パフォーマンスだなと思いつつ。(^^)


20171211_100141




















20171211_121039

月組全ツ

市川で鳳凰伝・クリスタルタカラヅカを観てきました。

鳳凰伝は過去に一度だけ観ています。
その時は、ただただお花さまの衣装が豪華で気高くて圧倒された覚えが。
彼女ありきの作品だったと思います。
今回、ちゃぴちゃんだからこそ再演できたように思いますね。
たまきさんは、たかこさんの時にも感じましたが、ツーランドットに惹かれた様子がイマイチ伝わらず。
と言うか、バラク自身が良い人だけどかなり強引でね・・・ところどころの台詞でも頭の中に???が浮かぶ。説明不足な気がする・・・。
あんまり深く考えず流れを観れば良いのか?
うーん・・・やっぱり私はキムシンが苦手だと思いました。

他国の王子たちへの謎かけが省略され全ツ向きに演出が変わっていました。
あとね、ちゃぴちゃんとたまきさんの歌声のトーンが違うのねぁと強く感じましたね。
たまきさんの声はハスキーだからね。

ショー・クリタカは、冒頭から懐かしさ全開。ついつい身体でリズムを刻みたくなります。
あー、あの位置にちなつちゃんが・・・とかばっかり。(^_^;)
オールバックのからんちゃんの横顔が一瞬ちなつちゃんに見えたり。(ちょっと似てますから)
男役さん達は、靴のヒールが低いのかな?全体に小さく見えた・・・気のせい???
プロローグの客席下りでは、ちゃぴちゃんが一階席かなり後方まで来て手を伸ばしてタッチしていましたよ。
サービス精神大なり(^^)/
たまきさんは安定感抜群。そして美人さんでした(^^)
れいこちゃんは、歌声が力強くなったみたい。お芝居良かったです。こちらも初演の水様を思い出して~。
フィナーレではれいこちゃんとゆりちゃんが肩羽根?を垂らしていました(^^)
千葉出身者紹介は、市川出身の綾月せりさんでした。(知らなかった)

感想らしい感想になってませんね(^_^;)
月組さんへの懐かしさも薄れてきたのかな?(^_^;)








私信

11/16の記事に拍手コメントを送ってくださった泉さん、コメントを有難うございました。
冬星さんを追加しました。
今頃になって拍手コメントに気付きました。ごめんなさい。m(__)m


キャストボイス更新

ちなつちゃんのボイスが出ました。

以下公式より 
「一幕が出来あがり、二幕のお稽古も始まりました。
二幕は宝塚歌劇の舞台ならではの場面もあり、私が演じさせていただくクリフォードもドラマティックで宝塚らしいナンバーに出させていただいています。
“人間らしさ”とは何か…考えさせられる毎日です。
生き生きと演じられるよう、残りのお稽古も頑張ります!」

ジャンって、もてもての若きドクター、色男であっても、
その時代のバンパネラに対して最たる考え方を持つ人として描かれているように、原作を読んだ時に私は感じました。

また、つかさ君は
「舞台のセットも、盆やセリ、階段をふんだんに使っていて豪華なので、私達も舞台での完成がとても楽しみです!」と書いています。

色々と妄想が始まりますね~(笑)



自己紹介
宝塚ファン
関西出身
関東在住
記憶に残る初観劇はS36年ごろ
(途中お休み期間あり)
観劇回数は年々減少中。
東京公演は各組1回は観たいと思っている。
今までの贔屓はあの人、この人、色々と(男役)
現在は鳳月杏さんがお気に入り
最新コメント
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: