~夢のつづき~2

夢のお城(たからづか)に心奪われる私、kaoriyaです。 日々のことや観劇感想を綴りたいと再々出発。

掲載記事

スポニチ関西の今朝の朝刊にちなつちゃん記事が載っているようです。関西だけかな?
あ、東京も売っているようです。

また、サンケイエクスプレスにも同じ写真が(大きく)載っているようです。

必要以外の外出は控えているので、いずれもこの目で確かめていませんが・・・


ちなつちゃん松倉さんは更に怖くなっているようですし、中詰のチャラさも増しているとか。
これも東京公演まで確認はお預け。

でも、今夜9時からのナウオンステージはTVの前に座って見ようと思います。

突撃レポートは来週放送かな?これは出演されるかな?????


毎日宝塚脳で、こんなんで良いの?と自問する毎日。
暑いから他の事に意欲的に取り組めません。(-_-;)
でも、この楽しみだけは奪われたくない。。。。ですよね。





いろいろと・・・

暑い!もうそれしか出てこない。
必要以外は外出しないので、リビングのソファに根付いちゃっています(笑)

ところで、元気印の亜蓮くんが今日から怪我のため全休演です。
新人公演も出られないようです。
残念ですね。どの程度の怪我か分かりませんが、早く治して復帰して欲しいですね。


それから、「あかねさす紫の花・サンテ!!」のDVDは、9月上旬、ブルーレイは10月に発売予定とのこと。
AB両パターン収録だから時間がかかるのでしょうね。
やっぱりブルーレイが本命だから、待ち遠しい・・・


「ジラされて熱帯」をyoutubeで見てはあのシーンを思い出そうとしています。
思い出せるのは、あの銀橋センターでスポット(?)浴びて登場された時の事。(わぁ~、きゃぁ~)
あとは初日映像・・・・もっと長く見せて欲しかったなぁ。


松倉さんも強烈な登場シーンだけは覚えていますが、その他のシーンはあやふや・・・(^_^;)

21日のナウオンステージが待ち遠しい


追記
公式に舞台の写真がアップされました。綺麗。
https://kageki.hankyu.co.jp/revue/2018/messiah/gallery.html#photo

それから、かいちゃんDSの発表もありました。(11/11.12.14.15)
メンバーがなんとなく・・・・何かを感じる。。。。

ちなつちゃんもいつかできると良いな・・・・


色々と情報


花組公演ゲネプロレポート(ショーの舞台写真1枚あり)
http://spice.eplus.jp/articles/198466

2017年度年度賞
優秀賞 明日海 愛希
努力賞 美弥 天寿 彩風 柚香 和希
新人賞 暁 有沙 華
奨励賞 秋音 朱紫

団体賞
花組『ポーの一族』公演全体と出演者全員
雪組『SUPER VOYAGER』
第3章「OCEAN-海に浮かぶ月-」該当場面出演者





オマケ(^_^;)

ジラされて熱帯 歌詞
https://www.uta-net.com/movie/26710/

ポツポツと思い出し

昨日から、よそ様のブログの感想を読んで思い出しています。(苦笑)

順不同で記します。

まずは海賊の場面は必要だったのかな?
流れついたのにボロボロじゃない。その流れついた所から始めても良いのでは?
流れついて助けられる。これじゃ普通過ぎる?
あすかちゃんの将軍がお似合いでなかなか良かった。
あのやや長いシーンをマイティとたった二人でお芝居するのは良い経験となるでしょう。これから進化するでしょうね。
子どもの華ちゃんや瞳ちゃんが可愛い。
あきらさんの渡辺は熱血でまっとうな人。
私はクリスチャンでは無いので詳しくは分かりませんが、「ハライソは無い」と言った時には「え?なんか変?」と思い、「神は自分の中にある」と言われると「なんとなく納得」と思ったのです。長きに亘って信仰されてきたのに、四郎のあの言葉を「うんうん、うんうん」と頷けないのでは?
四郎が崇め奉られるには説得力が足りないのでは?
ちなつちゃんの苛政ソングがロック!!(それだけでもえっ!?と注目する)やっぱりこの登場スタイルが素敵です。

ショー、れいちゃんの傘のシーンでタソ君がタンバリン持って軽く振ってる。
邪魔しない程度に振ってるんです。(タンバリン芸人存在!)
ショーのオープニング、あれ?明日海さん居ない!と思ったら上空ゴンドラに(気づかない)
れいちゃんの傘のシーンの瞳ちゃんとのダンスが似合ってる。
ちなつちゃん、お芝居が凄味効かせてるのでショーははんなり、ソフトテイスト。
まとまり無いと言えばそうだけどゴチャゴチャでも様々なシチュエーションで楽しめる。(贔屓組故の贔屓目?)
全体的に色彩の使い方が大人っぽくて(アナスイ風味?)新鮮。
野口先生の新しい事へのチャレンジ(スペクタクルなショー)を感じます。
それにJポップの使い方も選曲が良いと。
華ちゃんの踊っていてもクルクルと変わる表情が好きです。

以上、思い出し思いつくままに。


追記
メサイアの始まりですが、
四郎の海賊シーンを入れてリーダーとなり得る男らしく勇敢な人の見せる為に必要だったのかなと考える事にします。
れいちゃんは流雨に気持ちがあるようなのに、そこには触れず中途半端だなと。
また、任では無いように感じるので、役の幅を広げるための配役なのかなと。(からくち?)


この二日間

猛暑、きついですね。

この二日間、東西の墓参に出かけていました。
そして、ちゃっかりと花組公演を観てきました
だから初日映像に触れる事もできませんでした。
では、感想を。

メサイア
松倉さんの登場が・・・・まさかの花道すっぽんのセリ上がり。気づいたらセリ上がってました。
そして、堂々と歌いながら銀橋を渡るのですよ。それもセンターで止まる。(ここは初日ニュースで放送)
豪華な衣装に吊り上った目と眉、そして、可愛らしいお髭。可愛らしいと言ったら怒られるかな?
でも、思わずニヤケテしまいました。ロック調苛政の歌、怖い歌詞ですよ。悪い。でも品は失わず。
それがちなつちゃんよね!と思います。
物凄いインパクトです。皆さん、忘れられないでしょうね。
でも、その後、松平信綱の前では媚びてうろたえる松倉さん。
そして、四郎との闘いで傷つけられすごすごと退散。
颯爽とカッコいい登場だったのになんともカッコ悪い退場。(笑)

友人と話していたのですが、「怪演」ではなくて私は「快演」だと思いましたね。
悪役でも気持ち良いの。清々しさまで感じる思い切りの良さ。小気味良いと言うのかな。
たとえ出番的には少ない登場でも、邪馬台国とは違いました。
悪政を人々がただ語るだけでは得られない効果的な登場でした。

ちなつちゃん語りだけで終わってしまう(苦笑)

実際は長い期間の争いなのですが、舞台では早い展開です。
だから、四郎がキリシタンの頭領となっていく過程の描き方が足早だなと。
でも、ラスト前の盛り上がりと舞台大階段に表れた人々の十字架には独創性がありました。
ただね、ラストにキリシタンの人々の中央にキンピカの衣装で四郎と流雨が現れたのはちょっと大げさかなって。周りと同じそれまでの衣装で十分だったと思いますね。

ビューティフルガーデン
プロローグの構成が新鮮でした。どんどん若手が歌い継ぎます。男役も娘役も。
ちなつちゃんはしろきみちゃんと組んで銀橋で歌います。

次の場面はマイティの蜜蜂さん。彼女の技術力の高さに拍手。横にはおとくりちゃんと華ちゃんが。(かわいい)
そしてロケットへ。

続いてパリの花々はれいちゃんの場面。舞空さんがお相手で踊ります。

次はアンダルシアの赤薔薇。フランシスコちなつちゃんが登場し語り歌います。彼女の声が魅力的。時々出ては引っ込んだり語ったり。その度にピンスぽを浴びて。マイティが牛さんです。

いよいよ中詰・渚の花々。あきらさんから始まります。パーンと照明が明るくなり目がくらみそう。
アロハなシャツにカラフルピカピカのインナー。新鮮なトロピカル。
夏の曲がメドレーで。客席下りは、ちなつちゃんはセンター最前列前の通路です。
そして、場を締めるように銀橋センターに一人残るちなつちゃん。娘役を従えて「ジラされて熱帯」を歌います。
まだ初日開いて間が無いのでもっと弾けて欲しいなと。これはどんどん変化されていくのでは?
でもね、センターで一人。こんなの初めてですよ!!

次はローマの百合。明日海さんに美女のれいちゃんが絡みます。踊り難そうなれいちゃんお衣装。
れいちゃんに女役させる意味有ったのかな?(でも、男役の女役は不可欠なのかも)

ニューヨークのカーネーション。ゆきちゃんが男役を従えてホットパンツスーツで軽快に歌い踊ります。
こういうの、ゆきちゃんに似合ってますね。

I Got Rhythmはハットにケーン。黒燕尾で、マスゲーム的な雪組さんとは違ってました。
銀橋に出てくるところは、れいちゃんが居ないので、上手に明日海さん、下手がちなつちゃんで向かい合って進んできます。にこやかで嬉しいシーンですよ。これもまた初めての事。
ここの最後に明日海さんがケーンをポンと投げて横のちなつちゃんがキャッチ。

そして、若手の場面。れいちゃん、マイティ、若手の11人がストリートっぽい振り付けで歌い踊ります。
ここの衣装は私(おばさん)にはちょっと疑問。でも元気いっぱい。

そして大階段中央に明日海さんで始まるフィナーレ群舞。男役はラベンダーカラーの変わり燕尾。
ちなつちゃんの顔ばっかり見てたようで振りを覚えてない・・・^^;

パレードでも、1人で歌い下りてきます。これもミーマイのジャッキーで1人で下りましたが歌ってなかったです。

ショーは盛りだくさんです。現代的なシーンがあれば次はオーソドックスなパステルカラーシーンもあります。
マイティの活躍が目立ちましたね。
そして、ちなつちゃんに限って言えば、初めての起用が多くて興奮しました。
博多座で頑張ったご褒美でしょうか?
原田先生、野口先生に感謝ですね。

一回の観劇なので十分ではありませんが、ざっとの感想でした。

千秋楽までどんどん変化し進化していくと思えるシーンが沢山ありました。
私は、もう東京公演まで我慢ですが、楽しみに待ちます。



追記
松倉さん、慈悲も何もない人なんだけどそんなに厭らしく感じないのはちなつちゃんが演じるから?
専科さんが演じるともっとドスを効かせるんでしょうが、そこまででないのは、スターが演じるから?
それとも演出上そうなってるの?どうなのかな?
松平さんに対してコロッと違う態度で媚びて逆らえずムッとして退場するところがうまく小物感を出していますよね。
東京まで観られないから、確かめることはできませんが。



スポーツ紙によると

日刊スポーツによると、ちなつちゃん松倉さんは「怪演」と書かれています。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00267132-nksports-ent


なんだか、凄いですね



花組大劇場公演

初日、おめでとうございます。


まずは公演スチールが出ましたね。
https://www.tca-pictures.net/quatre/bromide/1807011.html
並んでいるタソ君とちなつちゃん。右手と左手の違いはあれど同じポーズです。
同期だものね・・・(^^)
タソ君、最後にクサク映っています。勿論、ちなつちゃんもクール&アダルト。
あー、見つめられてます
組長さんからしてクサーイ!!
衣装の色合いからも大人っぽいショーだと感じ取れます。

星組さんじゃないけど、ワクワク~ドキドキ~♪そして、ハラハラ


そして、公演のナウオンステージは、
初回放送7月21日(土)21時から
出演者は、明日海さん、ゆきちゃん、れいちゃん、あきらさん、ちなつちゃん、マイティ。
少し先ですが、楽しみですね。




追記
大劇場へ行っている知人より
プログラムのちなつちゃんは前よりも大きい写真でインタビュー付きとのこと。
わぁぁぁぁぁ、ついにインタビュー付きになられたのですね。
嬉しやなぁ、嬉しやなぁ
確実にステップアップされています

そして、エトワールは、タソ君と若草さん。
若草さんは、MY HEROでナイスバディ―でコミカルに演じてたお芝居上手な方。
そして、タソ君、おめでとうございます。彼女の今までの活躍が引き寄せていますよね。
素敵





自己紹介
宝塚ファン
関西出身
関東在住
記憶に残る初観劇はS36年ごろ
(途中お休み期間あり)
観劇回数は年々減少中。
東京公演は各組1回は観たいと思っている。
今までの贔屓はあの人、この人、色々と(男役)
現在は鳳月杏さんがお気に入り
最新コメント
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: