2007年01月10日

日記はMIXIをご覧ください

ここしばらくは、超私的なものとなりそうですので、日記などはMIXIのほうをご覧ください。  
Posted by kaoru_o at 15:30Comments(0)TrackBack(0)

2007年01月02日

母、永眠いたしました。

胸が痛いといって、救急車で運ばれて、わずか数時間でありました。

わたくしの友達からも、こよなく愛された人でありました。皆様方に感謝いたします。

どうぞ、彼女の平安を共に祈ってくださいますよう…。  
Posted by kaoru_o at 13:55Comments(4)TrackBack(0)

母、倒れる。

突然のことで、現在手術中です。心臓の血管らしいです。
明日1月2日のフライトが取れたので、急遽福岡に向かいます。

今日の午後、母と電話で長話をしていたところ、急に「胸が痛い…」と言い出し、息遣いだけが聞こえる状況。父は家にいるのですが耳が遠いので気づかないかも。NewYorkの親戚にCellで電話して、福岡のいとこに電話して「救急車を呼んでもらって!」と叫ぶ。

従姉妹が救急車を呼び、病院に同行してくれています。意識はなくさなかったようなのですが、心臓の周りに水が溜まっているか、何とかいう心臓の血管が悪いとのこと。緊急手術中です。

どうか、無事手術を乗り越えられますように。

Confort and heal her who suffer in body; give her courage and hope in her troubles; Load hear our prayer.

【追記】大変に難しい手術だそうですが、本人は比較的元気だとのこと。その調子で頑張って!

[連絡事項]
Seattle→San Francisco ANA7327/UA977
San Francisco→Nagoya ANA7081/UA831
Nagoya→Fukuoka ANA235 1月3日午後7:50着
緊急連絡先などは、はぎさん(BellevueスクエアのKenneth Behm Gallaries)、ゆかりさんにもお知らせしておきます。
  
Posted by kaoru_o at 11:32Comments(2)TrackBack(0)

2007年01月01日

Happy New Year!

P1050379M  
Posted by kaoru_o at 20:40Comments(4)TrackBack(0)

2006年12月31日

ねこ☆ねっとわーく集会

__A-07-Leo2_SS.jpg本日、2007年猫カレンダー完成記念、ねこ☆ねっとわーく集会にお集まりいただいた方々、どうもありがとうございました!
年末に、ひと時の楽しいPartyタイムでありました。【写真は、猫カレンダーより、Leo君】


P1070303ss.jpgP1070306ss.jpgひだりは、さやかさん作成のケーキ。しっかりとテーマに沿っていますねえ。自分で作った型だそうですよ。
はい、筑前煮は博多(=筑前)では、がめ煮といいます。  
Posted by kaoru_o at 15:35Comments(6)TrackBack(0)ねこ友

2006年12月30日

死海文書&判じ物鮨

パシフィック・サイエンス・センターにて死海文書Exhibition。この混み様はなんなんだぁ?まあ、シアトルにはめったにまともな展覧会が来ませんからねえ。

本物の死海文書は、最後の方にちょこっと展示されているだけですが、これを見られるのは一生に一度の機会でしょう。見て感動するというよりかは、一応見たぜ〜というタイプかなあ(そのころには、すでに疲れていた)。そこにいたるまで、クムラン遺跡や死海文書修復の話など、オーディオ解説を聞きながらみっちりの2時間コースでありました。

ほとんどが一応知っている内容でしたけど、初めて耳で聞くと、「何だっけ??」という単語も幾つか。パネルの文字を確認して、前後を読んで、「あ、あれかぁ」。
  “さっじぇしぃず”→”Sadducees→サドカイ派
  “えっしーんず”→Essenes→エッセネ派
  “ぱぱいらす”→papyrus→パピルス

その後、Iファミリーと共に、珍しいもの見たさにイサカの「I Sushi」へ。
P1070299ss.jpgさて、これは何でしょう?
まずは揚げ出し豆腐と思ったんですがね。さもなくば、チーズの揚げ物かなと…。回答はコメントを参照ください。

P1070301ss.jpgアメリカで発達を遂げた巻物系であります。イサカロールと名づけられておりました。偽キャビアが載っていたりして。この、上に載っている赤いのは当然ながらサーモンと思いきや…  
Posted by kaoru_o at 15:41Comments(4)TrackBack(0)Northwestの日常

2006年12月29日

雑記

P1070294ss.jpgいや、今朝は寒かったですね〜。ごらんのように、庭は霜で真っ白。ちょいと樹氷風になっていた楓の木です。明日の朝も凍って事故が多そうだとのこと。気をつけなきゃね。

最近、ブログをサボっていたので、しょうもないネタをいくつか…
P1070287ss.jpgまずは季節ネタで、クリスマスイブの夕刻に撮った写真を。運転中に見つけた変なもの…。いやはや、結構笑えます。

P1070290ss.jpg今年のEve深夜礼拝はSt.Mark's Cathedralにもぐりこんでおりました。あそこのフルートとハープは流石でしたが、コーラスではTrinity Parishの方が良いかなあ。また大聖堂に人があふれかえっているので、今ひとつ落ち着かなかったですね。夜の10時からはじまり、終わったのは1時。St.Jamesカトリック大聖堂の3時間半には負けるものの、かなりの長丁場です。
私的には、Episcopal派大聖堂の聖餐式に参加する意義はありましたけれど、人を誘って行くほどのことはないかな…と。

P1070229ss.jpgP1070227ss.jpgこれは先週の停電の折に撮ったもの。はじめの数日は、蝋燭の灯りで写真を撮ってみたりして、遊んでおりました。でも、停電4日目くらいから、気分的にも体力的にも辛くなりましたね。その後はしっかり風邪かアレルギーでしばらく参っていました。
まあ、ようやく回復したかなというところですね。さて、今年も後数日だ。  
Posted by kaoru_o at 19:07Comments(2)TrackBack(0)Northwestの日常

2006年12月27日

猫フォトストーリー

Jiroねこ☆ねっとわーく2007カレンダーの猫たちで、PhotoStoryを作っちゃいました。どうぞお楽しみくださいませ。

【猫PhotoStory】 (8MB)
注:巨大ファイルですので、ダウンロードに時間がかかるかと。また、Macでは、Codecの都合上、見られないかもしれません…。  
Posted by kaoru_o at 20:56Comments(1)TrackBack(0)ねこ友

2006年12月21日

ついに電気復旧!

水曜日の夕方、ついに電気が回復いたしました!
停電になったのが、先週木曜日の夕方ですから、1週間かかりましたね。
P1070276mss.jpg

でも、まだ電気が回復していない知り合いもあちこちに…。

まずは、ご報告まで。
  
Posted by kaoru_o at 19:28Comments(14)TrackBack(0)Northwestの日常

2006年12月19日

大停電、5日目

とりあえずは、無事に生きています。昨夜、サマミッシュの友人宅に避難させていただいて、木曜以来始めて暖かい夜をすごさせていただきました(感謝)。
我が家の近くは根本的な問題があって、復旧まで時間がかかるかも…という予測が出ています。クリスマス前1週間で、これですからね〜。

友人宅のPCで数日振りに近況をUPしております。とりあえずはご報告まで。  
Posted by kaoru_o at 01:56Comments(4)TrackBack(0)Northwestの日常

2006年12月13日

あのIraq Study Group Reportが聞ける

例のThe Iraq Study Group Report(Unabridged)の音声版がAudibleから、Freeでダウンロードできるようになっているんですね。12月20日までの期間限定ですが。
ちょいと聞いてみたかったりして。
  
Posted by kaoru_o at 17:05Comments(1)TrackBack(0)Northwestの日常

迷走する猫カレンダー

猫カレンダーの注文状況を追っていたら、昨日VistaPrintに続いてShutterFlyからも発送された模様。思ったより早く着くかも、どきどきとしていたら…

DHLによれば、MIミシガンから、INインディアナに行って、OHオハイオ…?
DHLの迷走。卓上カレンダーの行方は?

案の定、地図上にプロットしてみたらこんな感じ。どういうルーティングをしているのだろう。今後も楽しみではある。

さて、Shutterflyはカリフォルニアだからすぐ着くだろう。こちらはUPSね。2個に分かれているそうだ。一つ目は、現在Redmondの集荷場、よしよし。2つ目が…ルート間違ったんですって!!
UPSの迷走。壁掛けカレンダーよ、どこへ行く?

まあ、正直にそれをトラッキング情報に載せるUPSってのもおもしろい。

ああ、ちゃんと届いておくれよ、荷物たち。これ以上迷わずに。  
Posted by kaoru_o at 13:34Comments(1)TrackBack(0)Northwestの日常

2006年12月11日

Italian Advent

本日は、St.James Cathedralで、Italian Adventのコンサート…。この時期、音楽三昧だね〜。

【オルガン好きの方へ】Trinity Parish Churchは、12月も水曜日にお昼のミニコンサートを開催中のようです。100年物のオルガン、いいですよ。  
Posted by kaoru_o at 16:39Comments(10)TrackBack(0)Northwestの日常

猫カレンダー発注

猫カレンダーは無事12月7日にオーダーしました!
壁掛けが12/15 - 12/21、卓上カレンダーは12/15頃に届く予定です。
カレンダーの手渡しをかねて、久々に『猫☆ねっとわーく』集会をやりましょうね〜。皆様のご都合をお知らせくださいませ。  
Posted by kaoru_o at 09:36Comments(4)TrackBack(0)ねこ友

2006年12月09日

アドベントの夕べ

エピスコパルのシアトル大聖堂、St.MarksのTranquil Advent Eveningに行ってきました。いや、渋いですね。

labyrinthアイリッシュハープが静かに奏でられている中、ラビリンス(迷路)を歩く。
そして、フルート、朗読、サイレンス…チャント、朗読、サイレンス…の繰り返し。
基本的に瞑想の夕べですね。フルートも、チャントもなかなかに良くって、心に染みてきます。

St.Marks、お昼のオルガンコンサートに行ったときには、なんて風情のない大聖堂なんだ?という印象を持ったのですが、夕闇のなか、暗い照明ですと、実に印象的でありました。こんなに違うものなのね。  
Posted by kaoru_o at 18:12Comments(1)TrackBack(0)Northwestの日常

2006年12月08日

Butoh Workshop Performance

P1070106ss.jpgP1070096ss.jpgP1070097ss.jpg

First Thursdayは、アート・ウォークの日。ダウンタウンのパイオニアスクエア周辺には、みょーにアートっぽい人達が群れておりまする。今日のお目当ては、舞踏のワークショップ発表会。一ヶ月稽古した人達のお披露目ですね。まあ、彼らの綺麗な身体には舞踏って、ちと合わない面もあるのですが…、途中からは夜の街中に繰り出して、大騒ぎ。これは盛り上がって楽しめましたね〜。
写真は、片手持ち1/3秒くらいで撮っているから、こんなもんだろう。  
Posted by kaoru_o at 17:01Comments(0)TrackBack(0)Body works

2006年12月07日

The Iraq Study Group Report

イラク問題に転換期が来ている感触がある。

おやと思ったのは、11月末か今月初め。ラジオを聞いていると、イラクの現状が「Civil War」にあたるかの大論争。どうやら、Civil Warとなると、USがその戦争に関わる必要がないと推論されるらしい。ブッシュは、Civil Warと呼ぶ人やマスコミを、「国を不要に混乱させる」と非難。さらには「我々の勝利以外に、戦争の終わりはありえない!」という迷言をぶちあげる。盛り上がる拍手の嵐のバックグランド付き。(でも、ありえないで済めば、幸せですよね〜)。一方、メディアでは次第にCivil Warが定着してくる。

数日後のトップニュースでは、『ゲーツ氏、イラク戦争でアメリカの勝利を否定』。このとき、ついに風向きが変わったか?と感じました(ブッシュはアメリカが勝っていると言い続けていましたから)。ホワイトハウスが指名した次期国防長官候補が、議会での信認を問う諮問会で、この発言をしたというのは意味深長。今にして思えば、うまく布石を打ったな。

そして今日、イラク研究会の報告書を受け、ブッシュがついにこれを深刻に受け止めるとの発言。

虚偽の季節が終わりつつあると信じたい。  
Posted by kaoru_o at 15:54Comments(2)TrackBack(0)

2006年12月05日

猫☆カレンダー注文受付中

見返りKooper参加者の皆様には、メールが行っているかと思いますが、2007年猫☆カレンダーもほぼ固まってきて、現在オーダーをとりまとめています。参加者のほかにも、欲しい方が居られましたらお知らせくださいね!大歓迎ですので。

年末には、久々に我が家で『猫☆ねっとわーくParty(2007カレンダー完成記念)』でもやりましょう!

今年の猫写真はこちらからもご覧ください。これにあと、2枚ほど追加されます。  
Posted by kaoru_o at 12:21Comments(8)TrackBack(0)ねこ友

2006年12月04日

ようやく穏やかな天候に…

P1070082ss.jpgP1070078ss.jpg  
Posted by kaoru_o at 18:10Comments(2)TrackBack(0)Northwestの日常

2006年12月01日

4日目下山なるか?

P1070047SS.jpg午後1時、だいぶ解けてきました。この分だと大丈夫でしょう。
気温も3℃に上がったし、まあ、も少し待ってから…だな。

【追記】3時ごろには我が家の前も路面が全部出てきたので、4日ぶりに食料を求めて下山いたしました。ウチのコミュニティーの急な坂を昇るところには、通行止め!の標識が立ててありました。あちゃ、通行止めのところから出てきてしまったよ…。今まで通行止めだったんだ。どおりで静かだったわけか。
帰ってくるときには、もう標識も取り払われていましたけどね。DOTか警察がこんな時間も回っているんだ。えらい。  
Posted by kaoru_o at 05:43Comments(5)TrackBack(0)Northwestの日常

2006年11月30日

山篭り3日目

ああ、今日も我が家の近くまで昇ってくる車はほとんど無し。道路は、わだちの後も無く、雪と氷に厚く覆われています。明日も下界に降りられるかどうかは微妙なところ。

P1070046ss.jpg山篭り3日目ですので、話題も無くなってきました…。ずっと同じ雪景色。新鮮な緑色野菜とフルーツが切れた。白菜とキャベツはあるのだが。

Yさんが持ってきてくれた日本のコシヒカリ米を炊いて、頂いた奈良漬と一緒に食べています。久々にこんな食事しますが、美味しいですね〜。ご飯がいけますね〜。てもこれが続くとせっかく少し痩せだしたのが元の木阿弥に。やはり、雪が溶けてもらわないことには困るか。  
Posted by kaoru_o at 10:47Comments(6)TrackBack(0)Northwestの日常

2006年11月29日

Snowy Day(2)

-7℃!昼の12時でこの温度ですよ!
本日もこのあたり車は全く走らず。山篭りです。学校・会社はほとんど閉鎖されている。静かな一日です。
「よっぽどの用事が無い限り、家を出ないでください!」とラジオで連呼している。昨夜は、家に帰り着いたのが朝の4時とか6時とか言う人も多かったようだ。「帰りの渋滞と朝の渋滞が一緒に来ています」だってさ。

P1070032ss.jpgP1070037ss.jpg  
Posted by kaoru_o at 05:42Comments(3)TrackBack(0)Northwestの日常

2006年11月28日

Snowy day

A snowy day at Woodinville 2006/11/27A snowy day at Woodinville 2006/11/27昨日の朝は、このあたりで初雪。その後いったん溶けたものの、夕方からまたかなり降りしきる。今日の午前中も降っていたが、温度が上がってきたのだろう、我が家の前の路面は、溶けてしまった。これで降り込められないですむ。

今夜の最低気温は23度(−5℃)、明日は19度(−7℃)との事ですから、寒波襲来ですね。

【追記】この雪、思った以上に大変になってきました。
○我が家の前の坂では、子供たちが橇遊びをしています。
○午後6時時点で、Woodinvilleの気温は−3℃。雪は道を完全に覆って、降り続けています。我が家から見る限り、この近くに上がってきた車は皆無!
Traffic ○SR522は、SR9の東から、悪天候のため通行止め。おっと、ラジオによれば、今I405とSR522を接続するランプがすべて閉鎖されました。
○事故は、もうあちこちで。405とか、全レーン閉鎖の事故が何箇所か…。
○交通情報のWebは、Trafficが多すぎて表示されません!ニュースサイトもかなり重くなってきました。

明朝は完全に凍りますね。明日もこの状況は悪化こそすれ、良くなりそうにないとか。こんなにひどい雪はここ数年ありませんでしたね。

【追・追記】22:30時点で、Woodinvilleは−5℃
KOMOラジオではLiveで、いまだに家に帰り着けずに車を走らせている(渋滞の中にいる)人々との電話での会話を放送しています。その人の目的地に合わせて、閉鎖されている道路とか、どこは事故で無茶苦茶混んでいるから、こちらから回る方が良いだろうとか…。
路上で既に5時間を過ごしている人も。シアトルの史上最悪の交通状態ですって…。

【追追・追記】深夜1時時点で、−6℃。いまだに数箇所で、大渋滞、というかほとんど動いていない。
つい、KOMOラジオに聞き耳を立ててしまいます。7時にクロスロードの職場を出て、いまだにMill Creekにたどり着かない人。4時過ぎにTukwilaを出た○○さんが、ついにBothelの家に着きました、Conguratulation!ですって…。  
Posted by kaoru_o at 07:34Comments(9)TrackBack(0)Northwestの日常

2006年11月27日

感謝祭の週末

ホリデーウィークエンドの最後は、雪となりました。日本から、昔の知り合いが来てくれて、実に活発に動き回ったホリデーでした。ハイライトを少しご紹介しましょう。

【Thanksgiving Day】朝7時に、Yさん到着。まずは一休み…、とBellevue方面へ。とすると、チェックするしかないでしょう、巨大クレーン転倒の痕を。いやはや、すさまじいものです。
それにしても街は異常な静けさ。日本の正月以上ですね。人っ子一人いないような。Barns&Nobles脇のスタバのみが開いています。お客さんはポリさんと、あと一人くらい。いや、こんな日におまわりさん頑張っているんですよ。空港からBellevueまでの間に、スピードガン抱えて測定しているのに2箇所も遭遇しました。

○Thanksgiving礼拝:9:30からは、St. James シアトル大聖堂のThanksgiving礼拝なんぞに、もぐりこみます。コーラス、パイプオルガンなど、お見事。日ごろ当方が慣れている、Episcopalの礼拝式文と似ているところ、違っているところが面白いんだなあ。式典はとっても荘厳、と同時にFatherが話すところはとってもカジュアル!?なんなんだぁ…

○ターキー:Thanksgiving Dinnerはなんと動物園!
泳ぐ、かわうそWoodland Zooは感謝祭も開けているのね。雨が降ったり止んだりする中、ほとんど人のいない動物園を歩き回るのは、なかなかに貴重な体験かも。動物たちの居心地を重視しているため、見えないことも多いと言われるこの動物園、人がいないからか普段よりは見られる率が高かったような。狼も初めて目撃!でも、なんだか、むしろ狼から観察されているような気がします…。

動物園のターキーディナーここの七面鳥ディナーは、妙に健康的な味付け。減塩・低コレステロール…ってそれじゃアメリカ家庭の味は出ないよな〜。野菜の付けあわせが色々あったのは嬉しいけど。でも、思ったよりはきちんとした雰囲気でしたね。子供連ればかりでもなかったし。


【Black Friday】アメリカらしさを味わうのなら、セールに突撃!でしょう。
○朝からセール:というわけで、初参加してみました。朝の6時より、まずはWoodinvilleのEddie Bauer Outlet⇒Target⇒Staples⇒(Maltby Cafeで朝食、中休み)⇒Molbak's⇒T.J.Maxx。本当に6AMから客が入っているわ〜。確かに、Eddie Bauerのセールは凄かった。Woodinvilleって本当に穴場ね。

○シーフード:この季節の旨いものと言えば、牡蠣。Yさんと私はヨーロッパに行くたびに食べあさったものだ。この際是非Northwestの牡蠣の旨さを堪能して欲しい!
牡蠣めにゅーメインのレインボートラウト悩んだ挙句に予約したのは、まだ行ったことのないMcCormick & Schmick's Harborside Restaurant。確かに、この夜景は絶品。ユニオンレイクや高速を走る車の光が、一面のガラス張りから180度見える。また、レストランのクリスマスイルミネーションが凄まじくキラキラしている。「食ってやるぞ!」モードの2人だったが、ここで災難が襲ってきたのだ。それも個別に…。
Yさん、何故かおなかの調子が悪くなって、それも一度じゃ済まない。最悪の想像は、牡蠣に当たった⇒もう一生牡蠣を食べられなくなる。それは哀しすぎる!
当方、ひどい頭痛、めまい、吐き気で、目を開けていられない。視界の中で何かが動くとくら〜っと気分が悪くなる。これはもしかして、Migraineという奴?ならまだしも、もっと悪い想像だって…。もしかすると、イルミネーションが原因なのかと疑ったり。
2人してほうほうの体で帰ってきました。もちろんそのまま、撃沈。
というわけで、まともなレストラン評価はできませんけど、確かにサービス・店のつくりなどのランクは高いでしょう。素材の味を生かすという趣向で、意外性とか感動とかは無かったなあ。デザートはきわめて月並み。

【11月25日土曜日】Yさんの希望でPort Townsentに行く予定でしたが、昨夜の不調から回復はしたものの怖気づいて、近場周りに変更。

St Edward ParkSpudのFish&Chips○公園歩き:St. Edwords State Parkよりも、ちっちゃなDenny Parkのほうが良かったりする。ワニタ湾のフィッシュ&チップスは意外に好評。私も好きなのだ。本場イギリスで一緒に食べたのより、格段にいけるね。マッシュルームを揚げたのも、ジューシーで旨いんだな、これが。
○ショッピングモール:ま、ベルビュースクエアも押さえてみました。一言ひどい人ごみ。
○締めくくりは、IZUMIで鮨:はい、大満足しました。感激モノです。最後の夕食をここにして正解。

そして、最後の日の朝は、雪!紅葉がまだ残っている木々に雪が積もっているのは珍しいかも。短期間でしたけど、いろんなことがびっしり詰まった感謝祭でしたね〜。  
Posted by kaoru_o at 17:56Comments(3)TrackBack(0)Northwestの日常

2006年11月23日

Taken & Open

最近はFlickrという写真サイトを良く利用しているのだが、そこのプロファイルの選択項目が、なかなかにおかしい。
Flickrプロファイル
[1] Gender:この点は最近だいぶ進んできたが、Flickrでのチョイスは、{女、男、その他、無記入}である。「その他」といっても色々ありそうだが…

[2] Singleness:いわゆる既婚・未婚の欄だが、なんと{Single(独身)、Taken(もう駄目よ)、Open(もってけ)、無記入}。ん〜、こういうのは通常、無記入以外の選択欄は、排他的になっているはずなのだが。

通常の独身がSingle、既婚はTakenだとすると、わざわざ作ってあるOpenってなによ?
SingleでないOpenとか、SingleだけどOpenでないとか、妄想が広がるよなあ。

明日からは、東京の友人が数日こちらに滞在します。面白いイベント、ご存知の方居られましたら、お教えくださいね!特にBlack Fridayの情報、求む!  
Posted by kaoru_o at 17:26Comments(2)TrackBack(0)Northwestの日常

2006年11月22日

山海塾「KAGEMI」の光

山海塾「KAGEMI」いやあ、山海塾は世界に通用するアートですね、今日の公演を見てつくづくそう思いました。まるで夢を見ているように綺麗でしたよ。はぁ〜。[左は、パラマウント・シアター、山海塾シアトル公演のポストカード]

何がいいって、…もう『照明』が最高なんです!単純に白、ただ、場面によって、色温度の低い白(微かに黄味がかった)と、少し高い白。ただそれだけ。後ろの真っ白いスクリーンにその照明、で、一部は光が弱いので軽くグレーに向けてのグラデーションになっている。それが、もうこの色しかないでしょう!って色を出している。で、人物それ自体が芸術みたいに陰影がついて、浮かび上がっているんですよね。
きわめて色調を抑えた、夕焼けを見ているような感動です。そして、じわ〜っと光量を引いていったり、あるいは光のクレッシェンド。(あえて音量で盛り上がりを作らない所が、凄いわ)
ああ、一生に一度でいいから、こんな光の中で踊ってみたいわ。陶酔でしょうねえ。

これに比べたら、ベナロヤホールなんてまるで素人の照明、ケッって感じです。もちっと頑張れ!。そういえば、昔カザルスホールでも、最高!って照明のときがあったなあ。

山海塾って、奇抜な動きとかはそんなに無いけれど、動きと在り方自体が美しいですよね。それが、数人同期してコヒーレントに来ると、ぞくっとしますよね。アメリカ人だと、なかなかこんなにシンクロナイズ出来ないんじゃないかなあ。形が、じゃ無くって雰囲気がシンクロするのが醍醐味だもんね。

舞踏って、カーテンコールが最高だったりする。これが、また優美なんだなあ。踊り終えたときって、瞑想のそのまた向こうまで行っちゃってるからね。至福のときなんだよなぁ。

ところで主催者の天児牛大さんは、もう何歳なんだろう…。

KOMO Newsより【付録】今日の天気は、晴れ⇒スコール(雷&突風&雹付き)⇒曇り⇒大雨でした。左は、KOMO Newsよりの画像です。スペースニードルにも雷が落ちていますね。

我が家でも、西の方が真っ暗になった!と思っていたら、見る見る寄せてきて、すさまじい雷雨が。もう、電気もふらふらして、どきどきモノでした。

KOMO-TVニュース: このページにある、"Watch the video"もお勧め。  
Posted by kaoru_o at 17:12Comments(4)TrackBack(0)Body works

2006年11月21日

猫撮影隊が行く

2007猫カレンダーに向けて、Mさんちに撮影に行ってきました。猫撮影グッズ持ち込みで…(白い毛布、箱「産地直送」、ラッピングペーパー、猫じゃらし、生花)
いや、それにしても暗くなるのが早いこと!2時に到着してさっそく撮り始め、2時半にはもう撮影限界の暗さに…。で、やっぱり雨になりましたね。

モザイク

1. May(5), 2. Mugi-1, 3. 箱入りMay(2),
4. 大あくび、May(1), 5. May(3), 6. Mugi-2

だめもとと、1/6秒あたりで撮ってみた(#1、#5)のが、ぼけてなかったのでビックリ。

ん〜、どれがいいかなあ。悩んでおります。皆様方の投票をお願いしますね!  
Posted by kaoru_o at 13:44Comments(9)TrackBack(0)ねこ友

2006年11月20日

夕空&1万マイル

P1060750ss.jpgP1060747ss.jpgP1060749ss.jpg恐れていた「次の大嵐」、午前中はかなり雨に降られましたが、特に被害も無く、夕方にはちらりと日没も見えました。今日は面白い色に染まりましたね〜。嵐の後って、夕空が凄いんですよね。


1万マイル!いっぽう、OUTBACK君は、ついに1万マイルを突破!6ヵ月半で、というのは…やはり、はやい!?
  
Posted by kaoru_o at 16:06Comments(3)TrackBack(0)Northwestの日常

2006年11月19日

舞踏ワークショップ

山海塾のシアトル公演を前に、今日はSeattle Theatre Group主催の舞踏ワークショップに行ってきました。
まずは1時間弱のワークショップ。先生は、Seri Brownハルコ ニシムラ。久しぶりに身体を動かしました。エクササイズとか出来ない私ですけど、こんなのは良いですね。ちょっと考えてみようかしらん。

レクチャーの後、4組のデモンストレーションがありましたが、ん〜言っちゃ悪いけど、アスベスト館の生徒発表会なんかのほうがよっぽど心動かすものがありました。

なんていうのかな、舞踏の『形』だけを真似しているような。西洋人の美しく伸びた身体には舞踏は合わない、と言い切っちゃいけないのでしょうが(日本人の短足・蟹股と共に発生したとは言われていますが)、人間の身体が人間の身体でなくなるようなそんな非日常の瞬間が無いのが、残念なところ。
わめいたり、身体を無茶苦茶に動かしたり…と言った、非美の方向に行くならもっと徹底して打ち壊して欲しい。でなければ、聖なる身体といった方向を追求するか。

抑制と真摯さの迫力が足りないんですよね。それが舞踏の魂だと思うのですが…

ちなみに、パラマウントシアターの山海塾公演案内は、なかなか気合が入っています。一見の価値あり。  
Posted by kaoru_o at 14:58Comments(0)TrackBack(0)Body works

2006年11月18日

がらがらへび湖、嵐の後に

Rattlesnake lake - 11/16/2006昨日は、『嵐の後だ!』っと、いつものRattlesnake Lakeに。日没が4時半ですので、3時半に現着、すぐに空の色が変わり始めます。
いやあ、この日没は凄かったです。撮っている方が圧倒されました。これは、ヨーロッパ版画の世界みたい。

もううまく選べないので、こちら、Flckrからご覧ください。

あるいはRattlesnake Lakeスライドショーででも、どうぞ…

Rattlesnake lake - 11/16/2006 Rattlesnake lake - 11/16/2006

Rattlesnake lake - 11/16/2006 Rattlesnake lake - 11/16/2006
  
Posted by kaoru_o at 11:44Comments(2)TrackBack(0)写真をおひとつ