今年はSBI証券が主幹事で躍進しており、当選コメントも多くなっています。
ただし、寄せられるコメントを元に検証を行っていくと、実情とのギャップも見えてきました(o゚~゚)oホエ?

過去に翻って状況を確認していたのですが、SBI証券での当選コメント数は2017年だけ抜き取れば1位です。

・・・が、他の証券と比べると同じ人の当選が目立ちます。
資金面がある人が有利なので当然なのですが、重複人数を1つにしてしまうと3分の1くらいまで減ってしまいます( ; ・`ω・´) ナ、ナンダッテー!!

それに加えて、個人投資家の投資用資金は300万以下の割合が約半分を占めます。これを勘案した場合は、5位以内も難しいかもしれませんΣ(○゚Д゚)マジデッカ!?

さらに、当選率ということで口座数も考慮すると・・5位以内は絶望的になります(ネット証券最大手SBI証券の口座数は350万以上で圧倒的)。

ただし、「じゃあ、SBI証券はダメだね」という結論も簡単には出せません。SBI証券は落選した時にチャレンジポイントが貰えます。\_(・ω・`)ココ重要!

ポイントを貯めれば資金が少なくても当選できる点は、現在の激しい競争率の中では大きなメリットです。

ちなみに、資金と競争率を勘案してコメント集計した場合はSMBC日興証券大和証券の期待値が高くなりました。続くのがマネックス証券みずほ証券です。

あとは大型IPOに限定した場合、ネット証券ではカブドットコム証券が圧倒的に当選報告が多いので、東京メトロみたいな期待銘柄では大注目です(今年来て~)。

皆さんからコメントのおかげで、検証材料が増えてきました。生の声があると世間一般で言われている事と実情が対比できるので面白いですね。Σd(・∀・)ナルホド!!

注意:当ブログへのコメント集計と独自考察から記事を書いているので、別の集計方法では違う結果になる可能性があります。

kaoruでした。

読んでくれて((ヾ(o゚∀゚o)ノ☆゚+.ァリガトゥ♪
皆さんの応援が、ブログ更新の励みになってます!
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ 

当選報告1位 
SMBC日興証券

(2014年~2016年10月迄、ブログ読者の当選報告を集計)
★SMBC日興証券の詳細はコチラ⇒証券会社の詳細・抽選ルール

●IPOの主幹事数と取扱数は業界でも最高水準
●リートIPOがネットから申込み可能!
●ネット枠は完全平等抽選で誰でもチャンス有り



全ての投資家に公平!100%平等抽選の3社

【抽選ルール・詳細】
カブドットコム証券
【抽選ルール・詳細】

【抽選ルール・詳細】