心はいつまでもアマチュアで

「写楽〜しゃらく〜」“加藤 薫”の日常

2017年05月

 その時、そこには2色の色をまとった者がいた。ゴッホのような?黄色?をまとって、そこに行く前には僕の心はすっかり虜になっていた者。方や、黒装束で、言ってしまえば、そこに行くまではまるで葬式のように陰気臭く感じた...それはもしかすると、その時の自分の位置や気 ...

↑このページのトップヘ