2009年09月13日

秋の虫の音

13c 002
 夏が終わると、じわじわと賑やかになってきたのが、虫の声。
 鳴いてるな、気持ちいいなと思うだけで、きちんと見た事はありませんでした。

 今日訪ねてくれたのは、虫の大好きな方方。虫網みと虫かご持参で、やって来てくれました。
 
 うちの裏には、刈った草の山(が腐ってきてじめじめしてるやつ)やら、廃材(が腐って朽ちてきてるやつ)やらがほうぼうにあり、刈り損ねた雑草もボウボウと茂り、、、人の暮らす環境としてはやや難アリですが、虫達には最高の場所のようす。

 コオロギやキリギリスの仲間が数種類、バッタや大きなカミキリムシなんかも捕まえて、カゴの中へ。改めて、こう眺めてみると鳴いている時の様子がわかって、とっても楽しい。虫が好きな人の気持ちが、少しだけわかったような気がします。

 トノサマバッタやクワガタの季節にまた来たいなあと、虫達をリーリー言わせながら、帰っていかれました。帰りの車の中は、大層賑やかだった様子。また、虫を教えに来て下さいね。

kapibaram
posted at 00:30

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字