2009年09月06日

むぎゅう

05c 004

 どんなに狭かろうが、窮屈だろうが、暖かさに勝るものはないようです。
 おなかの間に手を差し込むと、とっても温かくて気持ちよいです。 

 釣りに出かけた両親が持ってきてくれた新鮮な魚を食べて、大満足の猫達。
 食っては寝て、幸せなやつらです。

 夕食に刺身とビールをいただいた私達も、負けてないかな。

kapibaram
posted at 23:54

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字