デンマークでは「血中のアルコール濃度が0.02以上検出されると、車が自動的に没収され売り飛ばされる」という記事がブログにあり、一部で話題になっています。「日本でもこれぐらいの厳罰を」という声が上がっていますが、これには注意が必要です。以前にも、他の場所でコメントしたことですが、行方不明なので、自分のブログに残しておきます。

この投稿には、アルコール濃度の単位が書かれていないのですが、0.02%と推定されます。リンクされている元の記事はこれです。EUの最新の情報では、デンマークでの飲酒運転は、0.05%以上とあります。つまり、ブログでは、わずかな飲酒でも車が没収されるように書かれていますが、これは正しくはなく、泥酔状態の場合のみのようです。

また、飲酒運転の定義ですが、日本では呼気中アルコール濃度が0.15%で、血中濃度0.03%に相当します。日本では350mlの缶ビールを1缶飲んでもダメです。一方、欧米では、これより緩い基準で、デンマークを含めた欧州では0.05%、米国やイギリス(スコットランドを除く)では0.08%です(いずれも血中濃度)(Wikipediaに詳しい)。0.08%なら、欧米では、体格のいい男性の場合、350mlの缶ビールを2缶飲んでも、飲酒運転にはなりません

しかも、欧米などでは、プロのドライバーか一般のドライバーか、年齢、運転免許取得後の年数などで、飲酒運転の基準が違います。これは、欧米では、一般のベテランのドライバーは、少しの飲酒は許されていることの証左です。つまり、欧米では、缶ビール1本や2本なら、飲酒運転にはなりません。

(私は、一口でもお酒を飲んだら、決して運転はしません。飲酒運転を擁護する意図はありません。各国の制度を客観的に述べただけです)