健康経営とは、従業員の健康保持・増進の取組が、将来的に収益性等を高める投資であるとの考えの下、健康管理を経営的視点から考え、戦略的に実践する経営のことです。企業がこの経営理念に基づき、従業員の健康保持・増進に取り組むことは、従業員の活力向上や生産性の向上等の組織の活性化をもたらし、結果的に業績向上や組織としての価値向上へ繋がることが期待されます。経済産業省が日本再興計画としてこれに力を入れています。経済産業省のプレゼンテーションはここ

 

健康経営という言葉はNPO法人健康経営研究会の登録商標です(しかし、なぜ岡田先生は商標として登録したのでしょうか?このおかげで「健康経営」という言葉を簡単に使うことができなくなりました。商標権は半永久的な権利だそうで、それを使用するには対価を払う必要があります)。

これは、もともとは1980年に米国のロバート・ローゼンという臨床心理学者が「ヘルシー・カンパニー」として提唱した概念で、従来分断されていた経営管理と健康管理を統合的に捕らえようとするアプローチです。米国ではそのようなシステムを構築している企業が多くあります。たとえば、米国IBMでは、副社長の一人は産業医でした。他にも、産業医が経営幹部にいる会社は珍しくはありません。優れた健康経営をしている企業に対する賞もいろいろありますが、Corporate Health Achievement Award (CHAA)やEverett Koop Awardなどが有名です。各企業の健康経営度を点数化したものにはHero scoreがあります。

 

経産省は、東証と共同で、健康経営度調査基準委員会を作り、2015年から毎年、健康経営をしている企業を、原則1業種1社銘柄を「健康経営銘柄」として選んでいます。コモンズ投信の渋澤氏、レオス・キャピタルワークスの藤野氏も委員です。藤野氏のプレゼンテーションはここです。具体的に選定された銘柄は、2015年が22銘柄、2016年が25銘柄、2017年は24銘柄です。

 

さて、健康経営銘柄は、労働生産性が高いと思われる企業なので、株価のパフォーマンスもいいことが期待されます。Fabiusは、毎年CHAAを受けた企業の株式からなるポートフォリオのリターンは、S&P 500よりいいことを実証しました。

The Link Between Workforce Health and Safety and the Health of the Bottom Line: Tracking Market Performance of Companies That Nurture a Culture of Health

Tracking the Market Performance of Companies That Integrate a Culture of Health and Safety: An Assessment of Corporate Health Achievement Award Applicants 


他にも、Everett Koop Awardでの研究でも、受賞企業の株価リターンがいいとされていますが、将来受賞する銘柄を過去にさかのぼって買い付ける方法で、非現実的です。「Everett Koop Awardは少なくても過去3年間にわたってすばらしい健康経営をしているということが受賞の条件だから」というのが著者の説明ですが、このポートフォリオは実現不可能で、投資家にとっては意味がありません。

 

投資信託では、従業員にとって働きやすい環境の大企業の株式を選ぶParnassusEndeavor Fund (PARWX)というアクティブ・ファンドがあります。これは下記の通り、すばらしいリターンを実際に出しています。

 
PARWX
 

日本では、レオス・キャピタルワークスの藤野氏が、2015年に選ばれた健康経営銘柄22銘柄からなるポートフォリオの過去10年間の株価リターンはTOPIXよりよかったと述べていますが、過去の時点では2015年にどの企業が健康経営銘柄に選ばれるかわからないので、これも実現不可能で、投資家にとっては無意味です。

健康銘柄PF
 

 

そこで、2015年と2016年の健康経営銘柄からなるポートフォリオのリターンを調べました。各年(ここでは2年だけ)受賞銘柄を入れ替える方法(I)と追加する方法(II)で調べました。具体的には、2015年受賞銘柄を受賞が発表された翌日(2015年3月27日)の始値で、各受賞銘柄を等金額(100万円)で買い付けます。株数が小数点以下まで買います。次に、2016年受賞銘柄が発表された翌日(2016年1月21日)の始値で(I)と(II)の方法で、各銘柄を等金額で買い付けます。配当は無視しました。結果は、2015年3月27日を100とすると、2年後に(I)は107、(II)は100、TOPIXは99というリターンになりました。(I)の追加方式は期待が持てそうです。もちろん、まだ2年しか経過していないので、これでリターンがいいとか悪いとか言うことはできません。今後の展開を待ちたいと思います。