米国証券会社

オプション取引の税金

IB証券やFirstrade Securitiesなど米国証券会社で行うオプション取引は総合課税(雑所得収入)になります。高額所得者やオプション取引で儲けた人は、地方税と合わせて税率55%です。株式との損益通算も損失の翌年以降への繰り越しもできません。このような不利な面はありますが、流動性や呼び値の細かさの点では、圧倒的に米国市場が有利です。


米国証券会社でオプション取引した時は、確定申告が必要です。まず(1)CSP(現金確保プット売り)でプットが権利行使されて株式を所有し、(2)続いてカバード・コールを組み、コールが権利行使されて株式を売却した場合、損益をどのように計算するかを示します。


次に、(3)でオプションがexpireするか、反対売買でポジションを解消した場合の税務処理を示します。


(1)CSP(現金確保プット売り)で権利行使された場合


IB証券でCSPをする場合を見ましょう。312日と13日に、満期日が420日、権利行使価格が93ドルのプット・オプション(IWM 20APR13 93.0 P)を100枚ずつ売り、合計200枚のプット・オプションが満期日前日の419日に権利行使されたとします。その結果、20,000株の株式(IWM)を1株当たり93ドルで取得します。


この場合、IWMの取得費はいくらになるでしょうか?まず、312日プット・オプションを1.600ドル/枚で100枚売って、15,922.87ドルを得ています(手数料控除後)。313日プット・オプションを1.660ドル/枚で100枚売って、16,522.86ドルを得ています(手数料控除後)。


IWMの取得費を計算するには、1,860,000 (=93×20,000)ドルを計上し、次にプット・オプションを売った時に得た約定料金32,445.73(=15,922.8716,522.86)ドルを引きます。株式取得の手数料はありません。計算すると、取得費は 1,827,554.27(=93×20,00032,445.73)ドルになります(一株あたりの取得単価は、91.37715ドル)。419日のTTS1ドル=99.29ドルなので、181,457,863円です。


(2)CCW(カバード・コール)で権利行使された場合


株式を20,000株取得したので、422日に満期日が518日、権利行使価格が93ドルのコール・オプション(IWM 18MAY13 93.0 C) 0.51ドル/枚で200枚売ったとします。10,200(=0.51×20,000)ドルを得ます。手数料を控除すると、10,055.23ドルです。


このコール・オプションが満期日前日に権利行使され、株式は93ドルで売却されたとします。売却額は 1,860,000(=93×20,000)ドルです。517日のTTB1ドル=101.29円なので、188,399,400円になります。 


なお、この株式の売却には手数料が掛かっているので計上します。この場合、41.66ドルなので、517日のTTS 1ドル=103.29円で円換算すると、4,303円です。


以上より、IWM 20,000株の売却益は 6,937,234(=188,399,400181,457,8634,303)円になります。CSPのプットとCCWのコールは、いずれも権利行使されたので、実現損益は0です。


(3)権利行使されなかったオプション取引の税金


オプションがexpireした場合、あるいは反対売買で清算した場合、オプションは実現損益になります。本来は、その日々の為替で円換算すべきですが、この部分のオプション取引については、年間報告書(アクティビティ・ステートメント)に記載されている「オプション取引の実現損益」を年最終取引日のTTBで円換算することを認めてくれるようです。


以上は、私を管轄する税務署の見解です。すべての税務署でこの方法が受理されるかは不明です。また、今後もこの方法が通用されるかも不明です。


FATCA(外国口座税務コンプライアンス法)

FATCA(外国口座税務コンプライアンス法)が7月から施行されます。私は金融機関に勤めているので、医師(産業医)であってもインサイダー取引など最重要のことに関しては、ネットで研修とテストを受けなければいけません。正直言って、FATCA(外国口座税務コンプライアンス法)がインサイダー取引と同じぐらい最重要なことだとは認識していませんでした。


FATCA(Foreign Account Tax Compliance Act)
は、米国()人による海外の金融機関を利用した租税回避を阻止するため、米国街の金融機関(FFI)に、顧客口座の米国()人への該非確認や該当した場合、米国内国歳入庁(IRS)への報告義務を課す米国税法ですが、「所得に対する租税に関する二重課税の阻止及び脱税のためのアメリカ合衆国政府と日本国政府との間の条約」により、すべての本邦内金融機関がFATCAを遵守することが求められ、遵守しない場合、懲罰的な課税が課せられます。残高5万ドル以下の低額口座は免除、100万ドル以上の高額口座は所定の追加書類の徴収などが必要になります。

 

具体的なタイムラインは、2014年に氏名、住所、米国納税者番号(TIN)、口座番号、実質的米国保有者氏名(法人)、口座残高(価値)、米国源泉FDAP所得支払額、2015年にそれらに加え、歴年中の口座への支払い総額(利息、配当など)2016年にはさらに、売却・償還額、2017年にはさらに米国源泉の利子、配当金を含む資産の売却額、償還額が報告されます。
 

相互主義に基づき米国の金融機関もこれを遵守することが求められ、IB証券もこれに従うと述べています。日本の当局が米国金融機関に同等のことをすぐに要求するかどうかは知りませんが、要求されれば報告されます。特に100万ドル以上の高額口座の方はご注意を。

本の訂正・補遺 

皆様からの指摘で、間違いが見つかりました。
  • p51の3行目、「コール」→「プット」
  • p96の中段の囲みの中の「Raw RIE」→「Raw RU 」
  • p161の下段の表の2行目、左から4列目の「3%OTM」→「3%ITM」
  • p228の2行目、「シティ銀行」→「シティバンク銀行」
  • p229のIB証券への入金方法は、IB証券は非公認で不確実です。IB証券のWeb siteの方法に従ってください。
以上です。
 
_SL500_AA300_


前著が72,000円で取引されているのには驚きました。記念に、キャプチャーしました。

f25eca9e





Farewell to Firstrade

Firstradeへ完全移行するため、Firstradeの口座で保有していたTFSSXとCTVAXを売却した。

Firstradeは手数料も安くて悪くはないが、 良くない点を記そう。

まず、市場が開いている時間にアクセスしても、アクセスできないことが何回かあった。これは、相場の急落時や第3金曜日(オプションの清算日)に多い。

次に、株式を売買しても、それがWeb上に反映されるのが遅い。1,2日遅れることは珍しくない。同じ日に、違う銘柄を買っても、なぜか同じ日に更新されないことがある。また、保有資産の総額の表示はかなりいい加減だ。時々とんでもない数字が表示されることがある。

売ってしまって、既に保有していないはずの銘柄が翌日も、Web上のポートフォリオに残っていることも時々ある。勿論、Webでの表示が間違っているだけで、実際の保有資産が間違っているわけではない。試しに、売却した銘柄がそのまま表示されていたので、その銘柄の売り注文を出したら、さすがに拒否された。

しかし、株式をもっていて、Web上もそうなっている銘柄に対し、Covered callを売ろうとしても、「原資産がありません」という表示が出て、コンピュータが注文を受け付けてくれないことが、何回もあった。試しに、その保有している銘柄に売り注文を出したら、「売却注文に対する十分な株式がありません」という表示が出て、拒否された。保有している株式が、画面上は正しく表示されているが、Firstradeのコンピュータはそう認識していないらしい。そこで、どうしてもその日のうちに売買したい場合は、電話をかけることになる。電話をすれば、すぐに訂正してくれる。電話しなくても、1,2日後には自然に治っている。

Firstradeのセールス・ポイントの一つはDRIP(配当金自動再投資)だ。これは自動的に手数料なしで、配当金で株を買い付けてくれる便利なシステムだ。例えば、ある銘柄を2000株買ったとすると、いつの間にか、配当金自動再投資で2008.324株に増えている。さて、この株を売るときはどうするか。2008株売却のオーダーを出せばいい。2008株が売れれば、端株はその1日か2日後に自動的に手数料なしで売却される。しかし、これも必ずしも、いつもそうなるとは限らない。何故か、端株が売却されないで、いつまでも残っていることがある。不思議なことだ。

さて、今回、IB証券への完全移行を前に、売却されないで残っていた端株があったので、どうなるか観察しようと思った。昨日まで、端株は残っていて、保有資産総額は約10ドルと表示されていた。今日、それを見るために、米国市場が開いている時間に、Firstradeにアクセスすると、何とアクセスできない!時間を置いてアクセスしても、アクセスできない!これには驚いた。端株はFirstradeのものになってしまったみたいだ。僅かな金額であるが、これには納得できないものがある。しかし、私の英語力では交渉するより、泣き寝入りしたほうがよさそうだ。確認はしていないが、おそらく、そういう規則になっているのだろう。交渉しても、無駄だろう。

後日、Firstradeにアクセスしたら、出来た。10ドルも没収されていなかった。Firstradeに悪い印象をもたれた方がいるとしたら、お詫びする。 しかし、何の予告もなく、突然アクセス出来なくなることがあるということだ。

それと、Statementを見ることは殆どないのだが、たまに見ると、Firstradeのミスで、訂正されていることが結構ある。 Firstradeのミスで、間違って取られた金額が返されているということだ(会社のミスと明示されている)。

こういうことは日本の証券会社ではまず起こらないと思うので、米国証券会社に口座を開設しようと考えている個人投資家に「情報」としてあげておこう。

さて、IB証券はどうか?今のところ、とくに問題は見つかっていないが、何か問題があったら、報告することにしよう。

Interactive brokers証券の口座開設と株式移管―続き

無事移管も終わり、FirstradeやIBにも問題なくアクセスできていたが、昨日、Firstradeにアクセスすると、"Too many failed attempts"との表示が出て、ログインできなくなった。「電話しろ」とのことなので、電話すると、すぐログインできるようにしてくれたが、途中で、"Wait a moment"を連発し、私の履歴を調べていたようだ。結局、5分ぐらい待たされたが、Transferの規模が大きかったのと、無効な発注を多くしたので、「怪しい」と思われて、ロックされたとのこと。それにしても、何で、今頃かという疑問もあったが、アンロックされたので、ま、いいか。

聞くところによると、米国ではクレディト・カードも「非日常的」な使い方をすると、すぐロックされるとのこと。「資産家」が米国の証券口座やクレディト・カードを使うときは、気をつけたほうがいいかもしれない。 しかし、こういう面倒くささを補って余りあるメリットが、米国市場にはあるので、是非米国市場にトライして欲しい。

Interactive brokers証券の口座開設と株式移管

米国の証券会社に口座開設を考えている人も多いと思うが、参考になるかもしれないので、ここに記録を残しておこう。私が一番に推奨するCCW(Covered call writing)をするには、米国の証券会社に口座開設することが必須だからだ。

CCWをするのに、私は今までFirstradeしか使っていなかったが、Firstradeのoptionの情報はあまりにしょぼい。bidとaskの値しか表示されず、しかも自動更新しない。情報が多いからと言って、必ず儲かるわけではないが、Interactive brokers証券が日本在住の日本人口座開設が再開されたので、これを機にInteractive brokers証券の口座開設およびそこへの株式移管をしようと思った。最初これは簡単で、すぐできると思っていたが、これが意外に大変で、申し込みをしてから全部が終わるまで2ヶ月近くもかかってしまった。

Interactive brokers証券の口座開設は、確かにweb上で完結する。パスポートなどのコピーもPDFで送れるので、便利だ。私が今まで使っていたFirstradeは、口座を開設したのは5,6年前のことなので、今とだいぶ事情が変わっていると思うが、当時のFirstradeはパスポートのコピーを郵送しなければならなかった。それでも、1週間ぐらいで口座開設できた。

今回のInteractive brokers証券の場合、現住所を証明する書類のPDFを送る必要がある。そういえば、パスポートには現住所の記載がない。日本の運転免許証でもOKとのことなので、これのPDFもメールした。それですぐに口座は開設されるものと思っていたが、1週間たっても何の連絡もない。2週間ぐらいたって、Interactive brokers証券の日本支社から(日本語で)、webでの申請上、1箇所不備があったとのこと。そのまま電話で訂正し、完了。これで口座開設も完了かと思っていたら、1週間後ぐらいに「本人受け取り限定郵便(特)」という郵便が送られてきた。自宅でそれを配達してくれた郵便局員に返した。この後しばらくしてやっと口座開設は完了した。

次にFirstradeにある証券をInteractive brokers証券に移管することにした。これもwebだけですむ。ほかのブロガーのブログを見ても、簡単にできたと書いてある。さっそくwebにアクセスし、移管の手続きをした。プルダウンにoptionやshort positionの項目もあるので、これらも移管できるみたいだ。short positionのoptionは、制度上(理論上)移管期間中にexerciseされることもありうる。そういう場合はどうなるのだろうと思ったが、short positionのoptionを選択しても、何の警告も出ない。その時は証券会社の指示に従えばいいと思って、取り敢えず、stock, option(short position), mutual fund, cashを全部移管することにした。全部の場合は、「all」の一発ですむので、楽チンだ。

2日後ぐらいに、

Please be advised that we have received an outgoing account transfer request from Interactive Brokers. 

Please note that your account trading privileges have been suspended in order to expedite and reduce any delays during this transfer process. Any open DAY or GTC orders that may affect the transfer of these securities will be canceled.

We sincerely hope that we still can serve you with your needs of online brokerage services.

Please give us a call or reply this email to confirm this transfer out request. We also appreciate if you could tell us the reason for leaving.

If you have any questions regarding assets transfer, please also feel free to contact us.

Once again, thank you for giving us the opportunity to provide our services to you as a valued customer of Firstrade Securities. 

とメールが来た。「移管の申し込みをしたことは間違いがない」と返事を書くと、

May we also ask the reason for transfer.

としつこい。ちゃんと理由を書かないと、移管に同意してくれないらしい。返事を書いたら、

Account transfer out in progress

とメールが来た。これで、完了と思っていたら、

Dear IB Customer,

Your recent Funds & Banking request #9160005 for account XXXXXX has been rejected for the following reason:

Submitted to NSCC Rejected by IB: IB COULD NOT ACCEPT: TFS CAP INVT TR SMALL CAP FD, CATALYST FDS VALUE FD CL A

Third party broker or bank:

Firstrade Securities Inc.

とメールが来た。「そうか、IB証券はこれらの投資信託は扱っていないのか」と思いながら、それ以外のものを再びwebで移管の手続きをした。

Partial account transfer out in progress

とメールが来た。これで終わりだと思ったら、

Dear IB Customer,

Your recent Funds & Banking request #9183129 for account XXXXXX has been rejected for the following reason:

Submitted to NSCC Rejected by Your Transferring Broker: Contra broker did not send all assets as requested. DOCUMENTATION_NEEDED (Additional documents needed): Please re-submit with the correct information.

Third party broker or bank:

Firstrade Securities Inc.

とまたメール。 DOCUMENTATION_NEEDEDってなんだと思って、Firstradeに電話すると、やはり、基本的にshort positionのoptionは駄目とのこと。それなら、最初から、移管の注文ができないようにして欲しいところだ。そこで、optionを除いたstockだけの移管手続きをした。

ところが、2日後に、

Dear Trader,

Our Clearing Department has noted that your transfer request from Firstrade Securities has been rejected due to the following reason...

- Branch Approval Required

Contact Firstrade directly to obtain their approval. Once you have, you may login to Account Management - Funds Management - Position Transfers - ACATS - US Broker Transfer to resubmit your request.

If you need assistance, feel free to contact our Funds and Banking Department at 877-442-2757 Opt. 3 and refer to the ticket number noted above.

Regards,

Interactive Brokers Customer Service

とのメールが来て、口座がロックされてしまった。それで、またFirstradeに電話して、事情を話し、ロックを解除してもらった。

Partial account transfer out in progress

とメールが来て、本当にこれで移管ができると思っていたら、

Dear IB Customer,

Your recent Funds & Banking request #9287111 for account XXXXXX has been rejected for the following reason:

Submitted to NSCC Rejected by Your Transferring Broker: Contra broker did not send all assets as requested. SS_TAX_ID_MISMATCH (Tax id does not correspond to carrying organization's): Please re-submit with the correct information.

Third party broker or bank:

Firstrade Securities Inc.

The latest status of all your deposit, withdrawal, and transfer requests can be found by logging into Account Management from the top right corner of the Interactive Brokers' website. Select Funds Management, then select Transaction History . If you have further questions, please contact Customer Service.

Sincerely,

Interactive Brokers LLC

とのメール。何で、これを最初に言わないのか!!どうもIB証券の口座開設の際にTAX IDを空欄にしていたみたいだ。000-000000...と記入し、再度(何回目だろう?)移管の手続きをした。

これで、本当に移管が完了した。予想外に面倒だった。

移管ができないものは、申し込みの際に警告を出して欲しい。また、小出しに申し込みの不備を指摘するのではなく、最初から全部言って欲しいところだ。

米国に証券口座を開設するのは、ほとんどの場合、簡単で、英語を話す必要もないが、たまにこういうこともあるということだ。

Interactive brokers証券を使ってみての印象だが、TWSは私のような月1トレーダーには「猫に小判」だが、すごい。そして圧倒的に、安い。
最新記事