2008年08月

2008年08月31日

ドライブインで味わった満腹感




未だカッパ画人なんて誰一人認めて貰えない時代だった。


私はソニーのサービス会社の社長の紹介も有って

その頃には高級オーディオ、テープデッキメーカーで

有名だったティアックのサービスの仕事を二年程

携わった経験がある。


現代の自動車にはオートエアコンが装着されているのが

常識の様に成ったが当時はエアコン等は高級車か

特別仕様の自動車のみにしか付いていなかった時代だ!


サービス用に使用しているクルマにはエアコンは

装着されていないから夏の暑い日差しの街中でも

ウィンドガラスを閉めて涼しげに運転しているクルマは

まるで別世界のクルマの如くに見えたりしたものだった。


私のサービスエリアは千葉県全域であり、

担当者は私一人である。


東京、神田のティアック東京営業所から毎日、内房、

外房、柏方面等と地域を決めてテープデッキが故障して、

機械も、お客の心もトラブッている処へ修理に行った。


機械はマニュアルに従って部品交換や調整をすれば

修理完了となるが、なかにはお客の気持ちが治まらずに

少々テコズル場合があった。


私もティアックの看板を背負ったプロであるから、

「ハイそうですか」とは引き下がれない。


結構ノドが渇く仕事である。


何とか、お客の心も治してクルマに乗り込み、エンジンを

スタートすると途端にヒリヒリとノドが渇いて冷たい物を

グーッと一杯やりたく成るが、この時代はコンビニが無かった。


街道へ出るとドライブインが現代よりも何件も有ったので

ドライブインの看板目指して飛ばしたものだ。


田舎のドライブインには三ツ矢サイダーが置いてある。

ガラスビンの冷たいサイダーを一本飲むとノドの渇きも

疲れも、アノ強烈なゲップで消えてしまった。


若さとは単純なもので良い事である。


昼飯刻は殆どドライブインで食事をした。

地方に行けば行くほどに家庭料理の定食が有ったのも

ドライブインの思い出である。


鰺の塩焼き、秋刀魚の炭火焼き、鮪の切り身や

カレイの煮付け等だが、海辺では鰺の叩き定食は

アサリの味噌汁付き、刺身定食等思い起こせば切りが無い。


毎日の車で出掛ける仕事が、ドライブインがそこらじゅうに

有ったお陰でドライブ気分で楽しい日々を送ることが出来た。


そして二年の月日はアッと云う間に過ぎ去った。


ティアックのサービスの仕事は二年でスッパリと辞めて、

カッパの幸せな世界へと私は旅に出た。


幸せを探す旅は現在も進行中である。

未だ見えない遠い夕日の影に

小さな幸せの卵が有るか無いか楽しみである。






なめたがれい煮つけ5袋セット




るるぶ千葉房総(’08)




【Asahi】三ツ矢サイダー 200ml瓶×24 送料無料




kappa_gallery at 01:17|Permalink 昭和の風景 

2008年08月30日

鮮魚売場から突然消えた鮎




鮎の解禁直後から、我が家が買い物に行くスーパーは

鮎を始め、イワナやニジマス等の川魚が並ぶ。


ムシムシと湿度の高い夏の始めから真夏の暑い盛りでも

鮎の塩焼きとアサリの味噌汁はサッパリとして食事が

楽しくなる我が家の夏の定番メニューだ。


イワナは若干クセがある味なので、毎年一度か

二度程しか家では食べない。


ニジマスは近年までドライブに出掛けた先の旅館で

よく出されたものだ。

山間地の旅館で昼食をとると何故かニジマスの塩焼きが

お膳にのっていた。

おそらく、私が山間にドライブするのは辺鄙な所だからだろうか?



遊びとは云っても写生や撮影の仕事も兼るので料理には

どうしても恵まれないのは仕方がないが、旧い大きな旅館の

囲炉裏でジックリと串に刺して時間をかけて焼いた清流で獲れた

川魚は口に入れ、前歯でカリッと咬むと格別の香と味がある。


帰りには顔馴染みになったお婆さんが囲炉裏の天井に

ぶら下げてあるイモリの薫製をお土産に呉れる。

「此れは精が付きますヨ」と、毎度の其処のお婆さんの

メッセージ付きである。

イモリを食べ過ぎて、車を運転すると山間部の道路では

無理してヒドイ目に逢ったら困るので程々にしておく。



行きつけのスーパーは毎年、八月のお盆前後から

サッパリと鮎の入荷が無くなってしまい、

代わりにイシモチ等が並ぶ。


今日も僅かな期待をかけて鮮魚売場を覗いたが

鮎は無かったので、冷や奴にする事にした。



私は現在、運動不足に成りがちで困ったものである。

時間に不規則なカッパ画人は腹ボテカッパに成りそうだ。


その点、大判カメラを担いで山歩きでもしていれば

運動になるのだが、未だ気に入った大判カメラの

ボディーは見つからない。


急がば回れかなァー。








日本一の鮎王国岐阜の中でも特に美味しいと評される根尾川で釣り上げられた天然鮎を抜群の鮮度...




炭火鮎(やき鮎姿煮)




鮎茶漬け





kappa_gallery at 01:12|Permalink 雑談 

2008年08月29日

ハチャ・メチャ・老人は異星人?




小雨降る中を都内のアトリエへと愛車で向った。


靖国通りに出た頃には雨は一時的に止んでいた。

その日の私は体調が優れず、自宅で好きな本でも

読んで居たい気分だったがアトリエに仕掛かりの

絵が気に掛かり、体力に不安は無いが車を

何時もより超安全運転に気を使いながら

靖国神社方面へと進行していた。



交差点で信号待ちをしながら歩行者へと目を向けたら、

ひと際背の高い婦人が横断歩道を歩いて来た。

黒い婦人帽子を深々と被り、黒いレースの

7分袖のブラウスを着て超ロングスカートだ。


黒い其のスカートは大胆な総レース模様で裏地が白だ!


ここ迄なら取り分け珍しくもないが車の前方へと

近づいてきたので其の長身の顔をフロントガラス越しに

見上げて私は驚いた!


鼻の下には立派な髭を蓄えているではないか。

それも長さは上唇を覆う位まで、鼻からスッキリした

台形に灰色の髭はカットされているではないか!

近くで見れば立派な老人男性である。


後姿で靴を見たらヤッパリ老人用?の

スニーカーを履いていた。


半世紀近く東京都内に私は通ったり住んだりしていたが、

この老人のファッションは珍しい!


繁華街には其の時代や年代のニューファッションを

身に纏ったりしている人々の姿も見続けてきたが、

それらは皆、それなりの無言の決まりと言うか

ジャズ的にも見えるがこの老人のファッションは

理解に苦しむ近年の日本語の歌詞の発音みたいだった。



無事にアトリエに着いた私は運転と珍妙なファッションに

神経が敏感に反応していたのか、カッパの手足の動きも

新しい動きを生み出すことに成った。



先程のヒゲ付き、お婆さんは地球人か?


いや、あれは宇宙人か?と一人で笑って

一人可笑しい日であった。






図説異星人




kappa_gallery at 01:13|Permalink 雑談 

2008年08月28日

サトイモ畑




一昨日は都内のアトリエで頑張った。


昨日は自宅の庭で携帯イーゼルを立てて

アクリル画を描き始めたが、アクリル絵の具は

油絵の具と異なり乾きが速い特徴が有る。

それが又、物足りない気もする。


一時間程キャンバスに向って描いていたら

表を歩きたく成ってきた。


先日から行けなかった里芋畑に写真を撮りに行く事にした。

愛機であるライカM3にレンズは35ミリのズマロンを装着して

家を出発した。


友人宅裏の畑には色々な野菜や柿の木、無花果等、

季節の花も咲いている。


早速、畑に入らして頂きシャッターを切り始めた。

広い畑や雑木林には、私が好む被写体が無数に有る。

人様の屋敷内であるが、今日はご夫妻は留守である。

留守番の子供?さんに里芋の葉を写真に撮らせてと

言ったら快く「どうぞ!」と言ってくれたので

私は気軽にどんどん奥の方迄も入っていった。


畑と林の間の雑草地で穴に何かの理由で捨てられた里芋達が

元気強く何本もの茎から沢山な葉を出していたのを見て

殊更に生命力の強さに自分を写し見た。



里芋



















フイルム二本を写し終わり、丁度霧雨も降ってきて

雲行きも怪しく成ってきたので撮影は切り上げて

汗を拭きながら気が付いた。

腕や足や首が虫に刺されて何個所か赤く腫れていた。

不用意な事であった。



若い頃の苦い経験が甦ってきた。


活力も湧いてきた良い一日だった。







【送料無料!】《中古並品》Leica M3 (102万台)




kappa_gallery at 01:23|Permalink カメラの話 

2008年08月27日

ガソリンスタンドの1円戦争




東関東自動車道、四街道インターを四街道市街に向かうと

進行方向左側と少し先の右側にガソリンスタンドがある。



私は左側のS石油で十数年ガソリンを入れている。

四街道市内のガソリンスタンドのガソリン販売価格からみれば

決して安くは無いし、それとてサービスが良いとも思わないが

強いて言えば、入り易いのだろうか?


自分でもよく分からない。

右側に新しく最近開店したM石油は店が広く明るいのだが、

道路からの入り口が分かりずらく、私には入りにくいので

未だ一度も入った事はない。


S店が混んでいても、M店は比較的空いているので

便利だと思うが、やっぱり実際に入るのはS店に入って

先客の給油が終るのを馬鹿な顔して待っている有様だ。


この斜めにお互いが向き合ったガソリンスタンドが

又、愉快な値段合戦を遣っているので面白い。


東京のアトリエや成田門前画廊への通勤の際に、

二軒のガソリンスタンドの前の道路を通っては

何時もの単調な運転席で一人含み笑いをしている。



昨今、ハイオクガソリンは1リッター180円以上で

何円かを上げたり下げたり、毎日の様に変動していたが、

この二軒は1円を上げたり下げたりして競争している。


リッターあたり五円、10円の事なら気にも成るが、

リッター180円の1円では値段を下げたとしても

客は、だからといって1円安い方に車をワザワザと

バックはさせやしないと思うのだが ?


暇なご人はやるだろうな!


世の中、そこらへんが傑作である。








男の夢のガレージキットセット(サービスステーション)




アメリカンブリキ看板 シェルオイル ガスポンプ&クラシックカー





kappa_gallery at 01:18|Permalink 雑談 

2008年08月26日

自動洗車機と愛車との戦い




近年のガソリンスタンドには何処にも

自動洗車機が設置されているが、

この洗車機がくせものである。


私は自動洗車機が登場した初期から愛車を

洗っていたが此迄は何の洗車時のトラブルは無かった。


だが、最近とんでもない事が起きてしまった。



行きつけのガソリンスタンドで何時もの様に

愛車を自動洗車機で洗ってから車のトランクの

乾拭きを始めたら、後部のナンバープレートが

取り付けビスから後方向へ垂直に曲がってしまって

いる事に気が付いた。


金属板で出来ているナンバープレートは一度

曲がってしまったら元通りの形や強度には戻らない。

ガソリンスタンドの店長も出て来て「珍しい自動洗車機の

トラブルだ、直ぐにメーカーを呼んで原因を調べさせます」

との事であった。


後日の回答は洗車機に異常は見つからずとの事。


変わった事を言うメーカーも有るものだ。

何らかの洗車機に異常が無ければナンバープレートが

曲がったりはしない。



其の時、私は思い出した。

私の知人に自動洗車機メーカーの社長がいた。

小型は自動車から大型は電車の自動洗車機まで

受注生産をしている会社であると本人は自慢していたが、

この社長の負けず嫌いは、人一倍強い。

まあ、経営者だから負けず嫌いは良いとしても

人の何十倍かのオッチョコチョイだ。


彼の会社の製品なら洗車時のトラブル有るべきして、

有ってもしかるべきと其の知人のオッチョコチョイ社長の

顔が目に浮かんだ。


その社長は人懐こく、可愛らしい笑い顔をする

オジサンタイプでもあり、誰もがこの社長が早とちりや

ミスを犯したとしても憎めないで笑って許してしまう

特な性格を持ち合わせている。



私は再度、曲がってしまった愛車のナンバープレートを

見つめながらその自動洗車機メーカー社長の笑顔を

思い浮かべ、仕方なく私はナンバープレート交換費用、

一万数千円を出費する事にした。



この日から私の洗車料金は、

全て半額のサービス料金になった。








カーダスター◆愛車のお手入れ、大変だと思っていませんか?




【ポイント10倍】02)アイリス高圧洗浄機KS-701車や家の洗浄に!【0825祭10】




低価格・多用途・高性能!家庭で使えるパワフルな洗浄機!洗車や外壁の洗浄などラクラク作業で...






kappa_gallery at 01:18|Permalink 雑談 

2008年08月25日

里芋の葉っぱが好きなカッパ




毎年、春先から初夏迄と今頃から晩秋にかけて

畑のある道を散歩する。


自宅から四十分程ブラぶら、キョロキョロと

辺りを見回しながら歩くと知人の家の前に着く。


知人宅の裏には日当たりの良い平らな畑が広がっていて、

この時期は里芋の葉が元気良く育っている。


畑の中で知人ご夫妻が畑仕事をしている時に出会うと、

私が里芋の葉を絵に描く事が大好きなのを知っている

奥さんは、早速に形が面白い里芋の葉を何本も

鎌で切ってくれる。



この奥様も日本画の絵描きさんである。

表現方法が新しく、物事のとらえ方も超現代的で

私はそれらの作品を観るのが好きである。

日本海の総ての様子が破壊の芸術として

表現されている作品は珍しい。


そしてご夫婦で仲良く趣味の畑仕事を遣っている

二人の背中も楽しそうで美しい。

私は邪魔しては気の毒とは思うが、ツイツイ声をかけて

時季の作物を見物しながら、作物ではなく立ち話に

花を咲かせてしまう時がある。



今年は近日中に何とか時間の都合をつけて里芋畑へ、

二十数年振りに私の手元へ里帰りしたライカM3と

ライカの交換レンズを携帯して写真を撮りに行こうと

思っている。


本当は大昔のダゴールのレンズで撮影したいが

ボディーが未だ納得出来るものが見つからない・・。







秘薬秘具事典




ずいきとは里芋の茎を天日干ししたもの高知産(もしくは徳島産 ずいき)100g




京都の手作りお惣菜・無添加里芋煮1袋




★1袋あたり122Kcal★ほっくり里芋、芯までやわらか!国産いか&上庄さといものコトコト煮物【...





kappa_gallery at 01:23|Permalink 雑談 

2008年08月24日

検見川送信所の新聞記事



今朝の読売新聞・京葉版に掲載された検見川送信所の記事。

クリックして拡大してご覧ください。


検見川 読売




















 

 〜〜〜検見川送信所・イベントのお知らせ〜〜〜



第3回目のイベントとなる『検見川送信所、文化遺産宣言』が

8月30日に開催されます。



開催日時    2008年8月30日 土曜日 
 
         午後3時開演(開場は午後2時30分)


開催場所    検見川公民館

        千葉市花見川区検見川町3丁目322番地の25


参加費     無料です。


        

参加希望など詳しくは検見川送信所を知る会HPをご覧ください。




kappa_gallery at 13:49|Permalink 検見川送信所 

裏庭の無花果は完熟・蟻が入っていた




先日、通信販売で送ってきた産地直送と

ラベルが貼られていたイチジクを食べた。


無花果






















形が良く、皮を剥いているとプーンと

イチジクの匂いが鼻先をかすめた。


丸ごと、パクリと食べてみた。

イチジクの香りはするが、甘味は薄い。




少年の頃に自宅の裏庭に有った大きなイチジクの

木の枝には沢山の実がなっていた。

茎の付近まで皮が赤く色づいた完熟した実を採ると

皮がスルスルと剥けて、実の中はジャムの様に熟している。

木で完熟した果物はイチジクに限らずトロリとしていて

甘く、香りも豊で美味い。


たまには甘い蜜を食べに蜂が飛んできたり、

熟した実の中に蟻が入っていたりした。



私の住宅環境も現在は変ってしまったので

少年の頃の思い出が昨今の様に目前をかすめた

夏の夕暮れ刻であった。







【全国送料無料!】【朝採り完熟♪】あま〜い無花果は京都府城陽市産の[完熟いちじく]【きょう...




kappa_gallery at 01:12|Permalink 食べ物の話 

2008年08月23日

毒をもってドクを制す・ライカ病  後編




〜〜昨日の続き〜〜



それで暫くの間はライカとハッセルを使っていたが

プロ用の大きなハッセルの交換レンズは

梅雨に入ると保管に大変な手間ヒマがかかる。


ライカのレンズ群は常用レンズのみをガラスケースに

出して、他のレンズは湿度計付きの保管箱へしまうが、

プロ用大型レンズは簡単にしまい込む訳にもいかずに

ガラスケースと湿度計付きの保管箱を往復していたが、

その内に私は本業の絵の仕事が忙しく成るに連れ、

ハッセルやライカ、リンホフのレンズ群の手入れが

面倒臭くなり、邪魔に成って来た。



思いたったら行動が早い性格な私は当時カメラ雑誌で

現在ではカメラ買取り名人等と云われている男に電話した。


まだ名人になっていなかったその男は買取に遣って来た。


遣っては来たが、現在のカメラ買取名人も当時は

まだ素人がナニガシの小銭を持って歩いている様な

感じを与える男だった!


名人になる前の当時の彼は、私のコレクションしていた

カメラやレンズの買取価格が全くわからず、彼が現在得意と

称しているライカやローライのスタンダードな種類以外は

先輩の中古カメラ店へ電話で尋ねては値踏みをする始末だ。



売るのは断念とも思ったが、慣れない道を折角尋ねて来て

呉れたのだから、私は断腸の思いで彼に安く買い取らせた。


今の偉そうな顔した買取名人なんて、眼鏡をかけた

写真を見るにつけ、笑いが何時も込み上げてくる。


しかしながら、その男は努力家であるし、

又意地があり、商売熱心だ!



ある時、私の新品同様なハッセルのクロームボディーと

交換レンズ群数本に付属品やアクセサリー群を彼に

売却した時の話だが、なんと彼には買取り資金が無くて

紙切れ同然の先付小切手に成る始末であった。


その時、私は現在の買取名人を信用して

現品先渡しをしてやった事がある。


彼は私のお陰で利益が上がり、その後は

資金繰りが良く成った様である。


彼も私と初めて逢った当時は心身共に苦難の時期でもあった。

彼は愛妻を何処ぞの爺さまにとられてしまった直後であり、

夜は自分の気を紛らす為にもDPEの夜中の集配を遣ったりしていた。


彼が此処まで発展出来た事は男の意地も有ったろうと推察する。

カメラ一筋、立派な商人である。



話は関係無い男?に反れてしまったが、

とにかく現用機以外は全て売却して、

気も心もカメラ菌から解放された。

抗体も精神的に出来た!



それから二十数年、ライカ病からは遠ざかっていた。

十数年前にコンタックスとニコンF4等を数機種、

新品で買って使った程度だった。



ドイツ製、ライカのカメラとレンズ群との戦いは

私の中では忘れかけた(忘れていた)が、

あの私のコレクションだったライカM3と四本の

交換レンズが汚れ果てて、二十余年の旅から私の手中に

帰って来てから状況はガラリと変わってしまった。



毎日、絵の仕事は棚上げにしては、この暑い最中にも

平気な顔してライカ片手に出掛ける始末。

近頃、又またカメラ屋に出入りしだした。



大判カメラの骨董レンズ、ダゴールを取り付けられる

大判ボディー何ぞを物色している有様だ。


一度、この病に感染したら終生完治せず。

ライカ病、カメラ病は恐ろしいが

ライカを手放すと不幸が遣ってくる。

実証済みだ。


ライカを酷使しているとラッキーな日々に成ってくるなアー。



次は大判か6×9だ。


旧い建物、例えば検見川送信所の荒れ果てた

コンクリート建物の本当の良さを今に写すには

やはりデジタルカメラではなく、大判カメラを

三脚に載せてバシャリと遣るに限ったりして?

此れは一マニアの幻覚だが、何時か私は撮りたい!

現状をだ。






ライカ R9(ブラック)




【送料無料!】【ショッピングクレジット12回金利1%!!】《新品》LEICA(正規品) R9 ブラック




【送料無料】ハッセルブラッド 503CW標準セット(クローム)




【送料無料!】【ショッピングクレジット12回金利1%!!】《新品》Rollei ローライフレックス2.8FX




【送料無料!】【ショッピングクレジット12回金利1%!!】《新品》Rollei ローライフレックス6008...




kappa_gallery at 01:20|Permalink カメラの話