2008年09月

2008年09月30日

売れないと云われた紅いカッパの絵




もう十六年以前の話である。


個展に出品する作品の1枚に紅いカッパが

緑色のデッカイ瓜を抱えて、ギターよろしく

指先で瓜を弾きながら、機嫌良くカッパの歌を

歌っている油絵を描いた。


この絵は私も一杯やりながら頭の中に浮かんできた

カッパをそのままキャンバスに描いた。

当然、絵の中のカッパも酔っぱらって真っ赤になった。



この油絵を持って馴染みの画材店に額縁を買いに

行ったところ、店主も店長も店に居合わせた私の

直ぐ上の兄も、こんな紅いカッパの絵は売れるはずが

無いから他の絵に差し替えた方が良いと皆に笑われた。


だが、家人は気に入って呉れていたので

皆の意見は無視して立派な額縁に入れた。



やがて二週間にわたる個展が始まった。

前夜祭では人気は一応は有ったが、

私は敢えて売ろうとはせずに他の作品を

お客さんに買っていただいた。


その週の水曜日の夕方、画廊の前に

金色のベンツが止まった。


ダブルの背広の紳士と金縁眼鏡をかけた

上品でスタイルの素晴らしい御夫人が

車から降りて画廊に入ってきた。


私はその時は誰だか一瞬分からなかったが、

先方から話かけられてはじめて懇意にしている

社長夫妻と分かった。


何時もは会社で仕事着の制服を着用した姿だったので

初めて夫妻のお洒落姿を見たのだった。


それからが私は一人楽しかった。


画廊の社長も紅いカッパには目も触れずに他の油絵を

この社長夫妻に売り付けようと作品を案内したが、

社長本人も金縁眼鏡の夫人も一向に興味を示さない。


一回りして私の立っている前でやっぱり一番最初に

気に入った絵が良いと、紅いカッパを指さして

「この絵が気に入った!」

是非今度オープンした新しいドライブインに飾りたい。

そして御夫人が水彩画も数点買い求めてくれた。



この社長夫妻は俺の真の芸術が解ってくれた。


私はその夜は嬉しくて、紅いカッパの画を前に

画廊の社長とスタッフとで樽酒を朝方まで飲んでしまった。

シマッタと思った時は東の空が明るく成ってきた。



この紅いカッパの油絵は現在も千葉県成田市の外れ、

国道408号線沿いに在るドライブイン&土産物店の

店内、神棚の隣に飾られている。


来月あたりに、今年も紅いカッパに逢いに

ドライブインに行くつもりでいる。


知人にも声をかけたいが、彼達は

季節がら忙しいだろう?


私一人で紅いカッパと店の自慢の

定食でも食べて来ようかな。








牧場直送「紅アズマ」!ふぞろいのさつまいもたち♪




過激な牛乳ピーナッツバター




新作誕生♪牧場ヨーグルトとメープルシロップの絶妙なコラボ!超原乳メープルヨーグルト3本セッ...




kappa_gallery at 01:20|Permalink 雑談 

2008年09月29日

2009年の手帳が並んだ




ホームセンターへ買い物に出掛けた。


店内は冬支度の商品で溢れかえっていた。

電気ストーブの売場ではもう品物が

欠品になった商品もあった。



数年前まではこの時期になると気の早い会社や

商社が来年の手帳を持って来てくれた。


年末に成る頃には何冊もの大、中、小の手帳や

日記帳が名入りの白い紙袋に入ってアトリエにも

積み重ねて有ったものだが、近年は銀行も取引先の

画材メーカーや、その他の商社も手帳や日記帳を

作らなく成ったのか誰も持っては来てくれなく成った。



現在でもエリートコースを歩いている方々には

以前と全く変わりなく、高級な手帳や日記帳等が

先方から寄って来る!


私が毎年楽しみにしていた新年度の大きな手帳は

友達の本屋さんが出版社からの戴き物を取っておいて

私にくれた物が使い易く重宝したが、ここ数年前からは

出版社も手帳は減らした様である。



自宅では日記や雑記帳に相馬屋の原稿用紙を使っている。

私のペリカン万年筆で書くとスラスラと気分壮快に成るからだ。









MOLESKINE(モールスキン・モレスキン)2009年版ダイアリー RED COVER ディリー ラージ




石原10年日記




<ペン先交換サービス特典付>ペリカン スーベレーン M400 万年筆【ボトルインクセット化粧...




kappa_gallery at 01:28|Permalink 文房具・画材 

2008年09月28日

青い森の国から届いたケーキ




ケーキ5





















青い森の国から届いた素敵なお菓子。




ケーキ1






















青森県に住んでいるお菓子の先生、ひろみさんに注文した

バースデーケーキが昨日の昼下がりに届いた。


家内の誕生日だ!




ケーキ3




























昔のトランヂスターグラマー?


老年に成っても誕生日のケーキや家族からの

贈りものには何時にも増した笑顔が嬉しそうである。




ケーキ6




















このケーキは、今迄、私の住む市内で一番美味しいと

評判のケーキ専門店の物より旨い!


市内で一番評判の良い専門店も不味いのではない。


店の経営を考えれば、個人商店でもあるので

多少の事はとは思って買いに行ってはいたが、

青森のお菓子の先生は全部自分で作るので

全てに手抜きがない。


夏期の冷凍されたお菓子も解凍してから食べる時間に

至までの細かな気遣いがうかがえる。


今まで買いに行っていた市内のケーキ専門店は

「ただ早く食べて下さい」との注意だけだ。


少なくてもケーキ屋の店主よりは年上の私は

馬鹿にされた気持ちで店に買いに行く毎に

不愉快極まり無かった。




ケーキ2


























青森のお菓子の先生は輸送用の箱や

梱包等に人の心が滲みでている。


ケーキやその他のお菓子の味にも旨さと作り手の心が

融合していて、実に一口食べる毎に美味しさと微妙な

満足感が口の中に広がってきて、食べる人を何とも

幸せにする味である。





ケーキ7





























三時のおやつに早速一緒に送って貰ったクッキーを

家族で食べながら、今年のクリスマスケーキは此の

青森の先生自ら作る生クリームケーキを早めに注文しよう・・ 

なんて話をしながら楽しい一時を満喫した。



郷土作家展、出品作品の裏書きも出来て、

ほっとした一日だった。


青森からは必ず箱の空いたところに、

おまけのお菓子を入れてくれる。




ケーキ4





















おまけ・・は年老いた私にも子供の頃の感動が

よみがえって来る。


近年は懐かしい言葉、「おまけ」。


今年もクリスマスが待ち遠しいなァー。








貴婦人が愛した食卓芸術




加藤千恵のバラのお菓子




藤野真紀子のエレガンス・テキスト






kappa_gallery at 01:56|Permalink 食べ物の話 

2008年09月27日

コンテッサネッテルとトライX




大昔のレンズ、コンテッサネッテルとコダックのフイルム

400TX(トライX)の組み合わせで写してみた。




コンテッサネッテル 吉岡 1



















コンテッサネッテル 吉岡 2





















旧いのに現代でも良く写るコンテッサネッテル、

コダックのトライXは昔から好きなフイルムだ。

kappa_gallery at 14:15|Permalink カメラの話 

デジタル一眼レフ




私は現在、デジタルカメラはコンパクトのみを持っている。


数年前からデジタル一眼レフカメラを買いたいと

カタログ等を集めて検討している間に

新型デジタル一眼レフカメラが発売される。


何ヵ月か過ぎると私が欲しいと思っていた

デジタル一眼レフカメラが通販等で馬鹿安値で

売られたりしていると、早く買わなくて良かったと

思っているうちに、何時の間にか市場から消えて

買おうと思う気が無くなってしまい、結局今だに

買わずじまいに成ってしまった。



デジタルカメラは写したその場で写り具合を

見られるが、フイルムカメラは撮影の結果が

分かるまでにそれなりの時間がかかる。


現像が出来上がって、やっと撮影の成果が分かる。


撮影してからフイルムの現像、試し焼きが

出来上がる迄の時間や日数の待ち遠しさと

写した手応えに安易な期待もある!


出来上がってきた作品を見ては何時も自分の

撮影の未熟さに腹立たしい思いもするが、

時には想像以上な出来栄えに家族で乾杯する楽しみは

又、格別で幸せな刻でもある。


そんな訳で、その内にデジタル一眼レフを

買おうとは思ってはいる・・。






[3年保険付]【高ISO感度・低ノイズで撮れる2110万画素】キヤノン EOS 5D Mark IIデジタル一眼レ...




[3年保険付 即納]【中望遠域までの18-105標準ズームセット】Nikon D90 ニコンデジタル一眼レフ1...




★代引手数料・送料無料!アクセサリーもお買得価格!★ソニー α900 ボディ《10月23日登場》



kappa_gallery at 01:20|Permalink カメラの話 

2008年09月26日

月に願いを




夜空に輝く月は満月にしろ、三日月にしろ

美しいものだ。


月が美しく見える時は自分自身が

充実した日々を送っている時である。


月は私のその時の精神や健康、そして外観では

分からない生活の環境等の内面を正直に写しだす。

私だけの感じ方なのか?



二十数年以前だが、まだ画家専業では

生活が難しい時代だった。


週二回程度だが、青果市場へ加工食品を卸していた。

朝七時に自宅を出発して加工工場で商品を車に

満載にして、柏、松戸、市川、築地、葛西、船橋、

千葉と七ヶ所の各青果市場に商品を納品して

帰路につく頃は日付が変わって、午前一時を

過ぎる事も何度と無くあった。


月の出ている夜ばかりではないが、

今頃の季節の月は美しく見えたものだ。



ある深夜、この日は朝から道路事情が最悪で

私は最後の仕事が終った段階で身も心も

疲れ果ててしまった。


帰路に何気なく車窓から天を仰いだ。

其処には丸い十三夜の月が、ニッコリと私に

微笑みかけていた。


その時、私は丸く微笑むお月様に向って

 「早くこの仕事から解放され、カッパ画人に

 成り切りたい、お月さま」と小声で唄った。


それから何年かは不思議な事が起こり始めた。


思いもしない画廊の経営者から個展をウチで

やらないか?とか、其処の画廊に寄った人が

偶然に私のカッパファンに成り、色々なジャンルの

人達に私を紹介してくれたりと、お陰様で私は

ツキにつきまくる日々となった。


そして誰とはなしにカッパ画人と人からも

云われる様に成ってしまった。


私もカッパ画人を自称するゆえ、カッパだけを描いている。

成金趣味の実業家や商店主は私に自分の似顔絵等を

描いてくれと直ぐに申し入れをしてくるが、

私はカッパだ、貴方の似顔絵は上野公園の階段にいる

似顔絵専門家に描いてもらった方が良い顔に

描いてくれると教えてやる事にしている。

私はカッパ以外の絵は描きたくないから描かない。



昔の唄の一節では無いけれど、青い満月に

約束をかなえて貰った様な気持ちも何と無く

絵筆の先に在るからである。







幸せのかっぱのカップ180ml 3本 セット箱入り




【福を呼ぶ】幸せのかっぱ 「福来る」720ml3本セット1本1本が無ろ過の限定酒 




kappa_gallery at 01:14|Permalink 雑談 

2008年09月25日

今は牛の居ない小さな草原?




久し振りの秋晴れだ。


キャンバス担いで乳牛を写生に原っぱへ行った。


自宅から車で十五分の現在は小さな草地に

何頭かの牛が長いロープにつながれて

遊んでいたり、草を食べていたりしている。


今年の春に此処に来た時は確かに牛は居た!

だが、今日は居ない。


牛舎はもう荒れ果てている。

モー、牛は此処には居ない、辺りに引っ越ししたのか?

今日は見当たらなかった。


近くに喫茶店らしき洒落た店があった。

私は肩を落として帰って来た。


牧草が荒れた土に僅かに育っている中に

壊れかけた厩舎、モノクロ写真で記録しておきたい風景・・。


近い日にキャンバスをライカM3に替えてまた行こう。


あの洒落た店でその時はコーヒーを飲みながら

牛の消息を尋ねてみようと思っている。






【送料無料!】《中古並品》Leica M3 (87万台)




【送料無料】レンブラント油絵セットラグジュアリーボックス12色セットS




水彩画どこがおかしい?どうなおす?




【当店ポイント2倍】河合商会 箱庭シリーズ 1/100 牧場【税込】 カワイハコニワボクジヨウ [カ...




kappa_gallery at 01:16|Permalink 日々の出来事 

2008年09月24日

松茸ご飯に赤飯が続く




松茸の季節。


台所から松茸ご飯の独特な香りが漂ってきた。

多古米の新米で炊きあげた松茸ご飯は旨かった。

家族で腹一杯食べた!


私はここ数日、絵描きの仕事に追われて

大分運動不足気味なので、普段のご飯は

腹八分にしているが、松茸ご飯は満腹に

食べてしまった。


しかし、混ぜご飯は飽きるのも早い。

やっぱり白米の飯に刺身か焼き魚に胡瓜か

茄子のヌカミソ漬けで食べたくなるものだ。


今日は白米の飯でサヨリの干物か奴豆腐で

食べたいと思っていた処へ電話が掛かってきた。


親戚の人が新米のもち米を貰ったので、

赤飯を蒸かしたから今から持って行くとの

電話の内容であった。

その親戚の作る赤飯は美味い事では

兄弟中に定評がある。


他の料理も上手で味も良いので、我が家の献立は

急遽変更となり、親戚が作って届けて呉れた

出来たての赤飯中心の献立に変更した。


昨日の松茸ご飯に続き今日は赤飯を家族が

それぞれ満腹に食べてしまった。


赤飯は沢山食べられるが後が大変である。

腹もちが良く今度は腹がなかなか空かない。


日が暮れてから近所に散歩に出掛けて

運動してきたが、今だに腹は空かない。


美味い混ぜご飯や赤飯でも毎日続くと

尚更の様に白い飯が食いたく成るものだ。


明日は白飯に冷や奴の献立を

愛妻に注文しておいた。







松茸ご飯の素




【送料無料】アルミイモノ 羽釜(炊飯釜) (カン付) 28cm




知る人ぞ知る幻の米【多古米】千葉県香取郡の最高級コシヒカリ!!【20年産新米】千葉県多古産...





kappa_gallery at 01:15|Permalink 日々の出来事 

2008年09月23日

ライカは人の魂迄もを呼ぶ




台風が去った。


暑かったこの夏に酷使した愛車のエンジンオイルを

早めに交換しにディーラーの整備工場に持ち込んだ。

電話で予約を申し込んだ際に、本日は込み合っているので

60分程待ち時間があるとの連絡があった。


ポカーンと待っているのも退屈なので、フイルムカメラの

ライカM3を持って行く事にした。


待ち時間にディーラーの社員達と写真を撮っていたら

恰幅のよい老人が遠くから「良いカメラですね」と

声を掛けながら近ずいて来た。


そこに居た営業の社員達は一斉にその老人に直立不動で

挨拶をしてから、私に「当社の社長です」と紹介された。


社長はニコニコ笑いながら、

「ライカは遠くから見ても良いですね」と

M3を覗き込んでいたので、どうぞと手渡した。


手渡されたライカを見る社長の手の動作は

可成り自分でもカメラを手懸けた様子だ!


そして体格の良い古タヌキ風女性事務員に

私と社長さんのツーショットを撮ってもらった。


やっぱりシャッターの感触とシャッター音が

何とも言えない良さだと感嘆していた。


社長とは挨拶もそこそこに、二人で

カメラ談義をしてしまった。

側で営業所長やベテランセールスマンも

私たち二人の話に聞き入っていた。


帰りがけに成田門前画廊のPRも真面目に

社長は聞いてくれた様だった。



ライカとは不思議なカメラである。


昔、東京神田明神のお祭りや浅草等の祭りを始め、

出掛ける時にライカをぶら下げて行くと知らない人から

声を掛けられて、中にはその後カッパファンとなり、

長年友達付き合いをしている人も何人かいるが、

国産カメラの高級機をぶら下げていても誰もが何も言わない!

反面無口で歩ける。



ライカとは物理的な被写体だけでは無く、人の心までも

ボディーやレンズで引き付ける楽しいカメラである。








【送料無料・大特価】ワコーズ 4CR-40 5W-40 (4L×1缶)




【送料無料!】《中古新同品》Leica M3J




【送料無料!】《中古並品》Leica M3 (99万台)





kappa_gallery at 01:17|Permalink カメラの話 

2008年09月22日

酒蔵の杉玉




先日、成田山門前の酒蔵、鍋店さんの

不動伝心館の軒下から杉の葉で作った

大きな杉玉が消えているのに気が付いた。


元来は杉玉は「酒蔵で今年の新酒が出来ました」との

お祝いと、お客様へ報せる合図に酒蔵の軒下へ

下げる物だったが、何時の時代からか酒蔵の

シンボル的な縁起物と成ったそうである。



不動伝心館





















私の絵を展示している成田門前カッパ画廊

この店の二階に在るのだが、何時も私は

鍋店本社から店の奥の階段を昇り、二階の画廊に

直接来てしまうので、店の軒下に吊してある杉玉が

片付けられたのに気が付くのが遅く成ってしまった。



そう云えば、少し前に同じ成田の小さな地酒屋の杉玉が

何者かに放火されて火事に成ったと誰かに聞いたが、

別に気にも留めなかった。



その成田の小さな地酒屋の店員に、私のファンが

成田に来て、画廊の在る酒蔵を尋ねたら、

「此処です、参拝の帰りに寄って下さい」と

言われたので、帰りにワザワザ寄ったら、

デタラメでとぼけられたと怒っていた。


困った酒屋も有るものである!


私の出入りする鍋店株式会社とは商売仇なのか?

会社の規模が違うから、鍋店さんでは相手には

無論してはいないが、商売仇のトバッチリを

その小さな地酒屋には何度も私は被害を被った。



縁起物の杉玉も被害者に成ってしまった。


狭い門前通り、みんな仲良く参拝者の良い思い出を

作れば良いのにと私は思うけれど、それは何百年も戦う

お不動様の街の土地柄でもあるのだろう。



酒蔵の軒に大きな杉玉が吊される平和な日は

何時に来るのか楽しみである。







杉玉45センチ+杉皮張笠+〆縄セット [全国送料無料]




やっぱり美味しい蔵元の酒ケーキ 花柄のすてきなパッケージ 【プチギフト】




仁勇 甘酒の素 【麹の甘酒】 漬物づくりもプロ級に 【常温配送】



kappa_gallery at 01:11|Permalink 成田カッパ画廊