2010年02月

2010年02月28日

アマチュア無線は趣味の王様




現代はインターネットや携帯電話の普及で

趣味の世界もすっかりと様変りした。


昔、アマチュア無線は趣味の王様と言われていて、

これを趣味にしている者は変わり者扱いされるか

お金持ちと一目置かれたものだが、何れにせよ

国家試験合格者の特権みたいなものだった。


近年では資格も免許も不要で使用できる携帯電話や

インターネットが通信手段として手軽に使えるので、

アマチュア無線局の数も伸び悩んでおり、本格的に

開局するには外部アンテナ設置用のスペースが必要で

手間隙と資金もかかる。



平和な時には携帯電話やパソコンは仕事に趣味にと

一石二鳥、いや何通りにも使えて便利この上もないと

思っている。


しかし、自然界は平和な顔から狂気の顔が

一気に出てくることが無きにしもあらずだ!


仮に大災害が発生した時、携帯電話もインターネットも

基地局?が破壊的ダメージをうければ、通常便利な

携帯電話やパソコンは無力化する!


こんな時こそアマチュア無線の出番になるが、

これもアマチュア無線を傍受している無線家が

何処かに居なければ駄目である。


普段はヒッソリとした趣味の王様は

過去の災害時には役に立っている。


目には見えない電波であるが、

見えない処で大活躍もしている。







初級アマチュア無線予想問題集(2010年版)




究極のアナログRF技術と最先端デジタル技術の融合で誕生した。【034】アイコム アマチュア HF...




機多機能オール・イン・ワン200Wバージョン【339】スタンダード アマチュア HF・50MHzオール...


kappa_gallery at 00:35|Permalink 雑談 

2010年02月27日

ブログ「四街道一人歩き」




先日、2010年2月21日に書いたブログ記事、

「四街道市議はもっとネットを活用すべき」について、

「四街道一人歩き」というブログを書かれている方が

補足してくれましたのでお知らせします。



kappa_gallery at 13:32|Permalink 日々の出来事 

現代の医者




現代の医者は何かと諸経費が膨大にかかる。

検査用の機器も高性能になって価格的にも

償却が大変だ。


病院なり医院の経営を考えれば、医者であり

経営者で、また商人にならなければ、患者に

好印象を持たれない。


近年のお医者さんの中には患者に健康指導を

する以前に、先ずは検査?その結果、高価な

クスリをドッサリ出す。


ところが、このクスリが問題である!


渡された新薬を医者に言われた通りに飲んだら、

どうにもクスリを飲まない時の方が体調が良い

なんて事はよくある話だ。


食べ過ぎで運動不足の患者にクスリ漬け!


患者側にも自分自身の健康管理に問題はあるが、

アレヤコレヤの不必要と思われる大げさな検査、

クスリの投与をする商人医者、それに輪をかける

製薬会社の営業マンは患者と患者の診察の合間を

縫って、カタログと一緒に何だか理解出来ない薄く

小さな包みを診察室に持ち込む?


誰だって察しはつくと思うが、これが問題化して

辞職に追い込まれた某大学教授が近年いたという

風評を耳にした。


人の命も近年では一個の金儲けの

商品になる事さえあるのか?


魂を出世欲や商魂に売り渡したようなお医者様とは

人の命の重さなどゴルフボール一個ほどの重さにさえ

満たないだろうよ?


鬼ごっこの様な近代ではあるが、私は少しだけ

お医者さんには恵まれている!


それは、私が現在は元気すぎるからである・・笑。






ひと目でわかる最新医療機器業界




医療機器が一番わかる




医療機器の歴史

kappa_gallery at 00:33|Permalink 雑談 

2010年02月26日

本屋と万引き




どこの街でも本屋の閉店が相次いでいるようだが、

先日、私が行きつけの本屋も閉店した。


この本屋で私は月刊誌や文庫本まで数に入れれば、

十二年の間に何百冊もの本を買った。


店主とは何故か気が合って、何度も一緒に本屋の

近くの鰻屋や焼肉屋で食事したり、酒好きな店主と

小料理店で酒も酌み交わしたりして、それは楽しい

日々であった。


ところが、数年前、この本屋の近くに買取り専門の

本屋がオープンした!


その店が開店すると、間も無く行きつけの本屋の

店主の顔色が冴えなくなり始めた!


店主が店番をしている日は万引きの被害は殆んど

無いのだが、アルバイトの店員や店主の奥さんが

店番をしている日には、一度に一冊や二冊ではなく、

ゴッソリと十冊近くの本を万引きされてしまう!


確かに、この本屋は店番のいるカウンターからの

死角も多いが、その分、盗難防止用ミラーや防犯

カメラにモニターも数台設置してはあったのだが、

万引きをする奴は巧みに、それら店側の防御を

潜り抜けて仕事をする!


本屋の店主と万引き軍団の攻防戦は数年間もの間

続いていたが、気が短い本屋の店主は遂に頭にきて

店を閉めてしまった。


閉店に際して店主の話しによれば、そこそこの売上と

利益も上がっていたが、万引きが流行りだしてからは

時には売上金より万引きされたほうが多かったりして、

とても馬鹿らしくてやっていられないとのことだった。


この本屋の店主の本業は貸しビル業だから、所詮は

本屋の経営には性格的に不向きだったのだろうと私は

感じたが、私の描いているカッパ絵の良きファンであり、

お客さまでもあり、数少ない親友の一人でもある。


今年は暖かくなったら海釣りに行く約束をしている。






SALE %OFF アウトレット 収納 書斎 本棚 文庫 書庫 書棚 シェルフ ひとり暮らし CDラック DV...




期間限定円高還元!BookDarts - ブックダーツ 125個入り「赤ラベル」 【付箋 ふせん】【事務用...




日本製 日本のお土産 彫金(ちょうきん)海外(外国)への贈り物として喜ばれています。海外向...


kappa_gallery at 00:39|Permalink 雑談 

2010年02月25日

銚子の苺




先日、私が夜遅くアトリエから自宅へ戻ると

親戚の家から春を知らせる千葉県銚子市産の

イチゴが1ケース届いていた。


イチゴ自体は別に珍しいものではないが、

この銚子の苺については、元銚子市長を務め

全国でも有名な河童の収集家でもある友人が、

ある時、私の個展会場へ来てカッパの油絵を

お求になった時の話であるが、銚子には大きな

漁港があり漁業の街であるから、畑では小魚等を

肥料に使い美味い苺が出来ると自慢話をしていた。


それは、私も銚子のイチゴやスイカ畑の周辺を

クルマの窓をあけて走っていた時に酷い激臭に

襲われて、そのニオイは耐え難い悪臭であった

ことを憶えているが、この臭い魚の肥料で出来た

銚子のイチゴは水っぽくもなく、サクリ、ジワリと

味が濃くて美味いイチゴである。



早速に食べたら、一日の疲れが半分ぐらいは

癒されたような幸せなイチゴの味がした。







銚子と文学




ストロベリーポットL




イチゴ 女峰 ポット入苗 3株


kappa_gallery at 00:39|Permalink 日々の出来事 

2010年02月24日

旧龍角散ビル




深夜に仕事をしていたら「ゴホッ、ゴホッ」と

何度か咳が出たが、熱もなく体調も悪くない。

こんな時は何時も咳止め薬のクララで治っていた。


ところが、常備薬のクララが無くなってしまったので、

翌日、市内の薬屋を四軒ほど回ってみたが、どこの

店にもクララは売っていない。


薬屋の店員に尋ねても「今は在庫してない」との

冷たい返事だった!


仕方が無いのでクララは諦めて帰りがけの道筋の

脇をヒョッコリ見ると何やら潰れそうなドラッグ

ストアーの剥げかけた看板に薬と書いてあった。


もしかしたら、売れ残りで埃がオマケのクララが無いかと

店内に入った処、うらぶれた薬剤師らしき店員がいたので

「咳止め薬のクララはありますか?」と尋ねたところ、

「現在クララは販売が中止になり、代わりに龍角散ダイレクト

という薬になりまして、こちらに御座います」と陳列棚まで

案内された!


この龍角散ダイレクトのパッケージを見れば、これなら

前の四軒の薬屋にも置いてあったではないか。


全く、認識不足とは一度しか無い時間を無駄にする。


さて、「ゴホンといえば龍角散!」

私にはゴホンといえば、東京神田の靖国通りに面して

建っていた旧龍角散本社ビルだ。


現在は建てなおされた龍角散本社のビルだが、

前の旧龍角散ビルは印象的な何とも古めかしい

風貌で堂々と建っていた。


その旧龍角散ビルを目にしながら、私は目の前の

靖国通りを何十年も仕事で通っていたので、以前の

古めかしいビルをどうしても思い浮かべる。


旧龍角散ビルは靖国通りを初めて通った人でも

必ず目に入る強烈なインパクトがあった。


そして、この旧龍角散ビルは長年の間、年中無休で

二十四時間、龍角散の宣伝にどれだけ多くの貢献を

したのだろうか?


新しくなった龍角散のビルについては、靖国通りを

クルマでよく走っている私だが、未だ私の記憶には

残らないビルに成り果てた?


これは失礼!

あくまでも私の思い入れである。






龍角散 のど飴




新聞広告美術大系(第11巻(昭和戦前期編(昭和元)


kappa_gallery at 00:58|Permalink 雑談 

2010年02月23日

和良比はだか祭り




今年も恒例の「和良比はだか祭り」が行われる。

四街道市に古くから続くお祭りだ!


このはだか祭りは、昔から地元民の間では

「どろんこ祭り」とも言われ、現在では

テレビや新聞のニュースで全国的に有名な

奇祭となった。


私も数年前までは、このはだか祭りの日には写真を

撮りながら屋台で買い物をしたりして、のんびりと

一日を愉しんだものだが、この神聖な「はだか祭り、

通称、どろんこ祭り」の裏には泥だらけの話があった!


当時、四街道市内でも名を知られた悪徳神主が、

はだか祭りにも関わっていた。


この神主は事もあろうに、はだか祭りの最中に

酒の勢いも手伝って、とんでもないバカ話を

大声で喋りながら自慢していた!


その内容とは前年の祭りの最中に神主は自分の

不注意から足の爪を剥がしたそうだ!


それで、後日に掛かり付けの医者へ行き、自分に

都合が良いように、いい加減な診断書を書かせて、

さらに自分の親戚が代理店をしている保険会社から

多額な保険金をせしめて大儲けした!と、神様の前で

得意満面な笑顔で自慢話をしていた。


それを大勢の観客は聞いたそうだ!

私はこの話しを聞いてから、あまりのバカバカしさに

少しの間、はだか祭りへの興味は薄くなった。


その後、神聖な神殿を汚した悪徳神主は神の怒りに

触れたのか?病気になって大変苦しみ、もがきながら

死んでしまったそうである。


今では誰しもが、この悪徳神主の生存していたことすら

否定している。



神聖な神とは、悪い奴が堂々と罷り通るからこそ

ロウソクの焔に輝くもの。



世の中の常理であるが、殆んどは、その神仏の

名に於て司る輩に言葉巧みに騙されて?泣いたり

後悔したりして一生を終わって、あの世とやらで

自分自身に大笑い・・。






日本の奇祭




神の国の歩きかた




図解神道がよくわかる

kappa_gallery at 00:41|Permalink 雑談 

2010年02月22日

四街道に望むもの




四街道市の市長選挙が近づいてきた。

今回の選挙は何人かの候補者がいるようだ!


これからの四街道市の活性化を望むならば、

商業施設やレジャー産業を発展させなければ

四街道の未来は難しい。


だが、商業施設やレジャー産業が増大したなら

犯罪が増えるだろうし、交通渋滞も酷くなって

騒音値も上がり苦情を言い出す人も居るだろう。


また、四街道に暮らす住民が市内の商業施設を

どれだけ利用する客になるかは大いに疑問である。


昔から四街道の街で商売をするのは非常に難しいと

言う人が、今までに何人もいた。

恐らく、高価なもの等は千葉市や東京都内へ行って

品揃えと商品の回転が良い超大型店や現金問屋などの

激安店で買ってしまうだろう?



本当に住民が望んでいるのは、昼も夜も静かで

平和な街なのかもしれないが、この平和と言う

二つの文字を未来永劫に保つことは世界的な規模で

考えたとしても、理想的志向が強い言葉である。


しかしながら、誰でもが望むものであることだけは

確かである。





桃源郷ものがたり


kappa_gallery at 00:35|Permalink 雑談 

2010年02月21日

四街道市議はもっとネットを活用すべき




四街道市の市議会議員の皆さんはインターネットで

日々、街の出来事や防犯情報、四季折々の出来事、

市政への考え、その他雑談等をもっと発信されたら

よいのではと思っている。


何故なら、四街道は昔からサラリーマンが多く

暮らしているベッドタウン、市内で働く人よりも

早朝から都心等の遠方へ通勤して、夜遅い時間に

帰ってくる会社勤めの人が沢山いる。


市議の方々はそれぞれホームページやブログ、

または流行のツイッターで四街道市の情報を

発信すれば、遠く離れた仕事場でも昼休みや

休憩時間、移動中の暇な時間にパソコンや

携帯電話で街の様子を知ることが出来る。


また、出張先でも自分の街の様子を把握出来れば、

市議と住民との一体感もより深まり、四街道市議と

住民の疎通も速やかになるだろう。


他の市町村の議員はホームページやブログ、ツイッターで

あらゆる情報を発信しているが、我が街の四街道市議は

何故か殆どやらない!


本職の仕事が忙しいからだろう!

それとも副業の議員職の手当ではそこまでは出来ないのか?

可笑しな話しである。







140文字でわかるツイッター入門




【送料無料】EMイーモバイルD25HW(Pocket WiFi)新規ご契約にねんM【クオカード5,000円プレゼン...




【送料無料】【5000円キャッシュバック】ポイント10倍Deta-stick D31HW【イーモバイル】データ...


kappa_gallery at 00:47|Permalink 雑談 

2010年02月20日

うずめ飯




この間は雪が降ったりして寒い日だった。


私は深夜過ぎまで画用紙に筆と絵具で闘っていた。


腹は空いていたが、何だか食欲がない。

こんな時には、サッパリしていてバランスが良く、

体も温まる「うずめ飯」に限る。


材料は冷蔵庫に有った木綿豆腐と野菜カゴに

残っていた椎茸、それに人参を細かく刻み、

鍋に水を多めに入れて火にかけ、湯を沸かして

昆布で出汁をとり、刻んだ野菜と豆腐を入れて

少し煮る。


この時に具はタップリとしたるように水は多めにして

出来上がったら丼に飯を盛り、その上から煮上がった

汁と具を飯が埋るほどになみなみと掛けて、あとは

三つ葉と揉み海苔をのせ、山葵を汁にまぶして食べる。


うずめ飯は喉ごしも良く味も良い。

特に寒い時には腹の中から温まる。


このうずめ飯を作る時、味のポイントは昆布のだし汁だ!

良質の昆布で出汁をとらないと折角のうずめ飯も

その美味さの本領を発揮できない!


お酒の後に食べるお茶漬けの代わり種に、寒い日に

残り野菜で簡単に作れて推薦できる「うずめ飯」です。






京型土鍋「半掛」7号(1〜2人用)還元焼成の魅力&雰囲気がたっぷり表現されています。【生産工場...




★【日本製】『食楽工房』 純銅製田舎鍋26cmセット




郷土料理大図鑑

kappa_gallery at 00:42|Permalink 日々の出来事