2010年08月

2010年08月31日

北総サイダー




カッパ画人の記念館、成田門前画廊がある

清酒仁勇醸造元、鍋店株式会社の直売店、

不動伝心館で、この夏から『北総サイダー』

販売している。




北総サイダー



























この北総サイダーは不動伝心館のすぐ近所に

製造所があり、千葉県内では唯一の地サイダーで

大正12年から製造を始めたそうである。


夏期は一部分が水性でもあるカッパ画人は

成田門前画廊には暑くて姿を現せないので

不動伝心館のネット通販係の方に1ダース、

12本と、その他の清酒5本をヤマト運輸の

代金引換便で自宅まで送っていただいた。


無事に昼一番で到着した北総サイダーを

早速、飲料水専用にしている冷蔵庫に冷して、

夕刻になり、よく冷えた北総サイダーを

グラスに注ぐと、白い泡がものすごい勢いで

「ジュジュッ」と溢れた。


一口、二口と冷えた北総サイダーを飲んでいると・・・

何ともノスタルジアな味わいだ!


成田山新勝寺門前近くの食堂等で鰻の蒲焼きや

天婦羅蕎麦など比較的味のコッテリとした食事には、

きっとこの北総サイダーは歓ばれているのだろう!


一度目より二度目、また三度目と地サイダーの

味わいは、昔からの年表でもあった。









kappa_gallery at 00:49|Permalink日々の出来事 

2010年08月27日

去りゆく夏




アァー、今年の夏も年中行事の

盆踊りと花火大会が終った。


夕焼け空も静かに日暮を迎えている。

巷では新米の収穫の話がチラホラと聞こえてくる。


例年ならば、この時季には夜になると

多少は快い涼しい風が吹いてくるのだが、

今年は夏の行事はもう終ってしまったのに

まだ夏の暑さは一向に去ろうとせず、

深夜でもアトリエで仕事をすれば汗だく!

寝ても覚めても汗だくだ!


部屋のエアコンだけがフル回転で涼しい風を

送り続けてくれている。


しかし、食欲だけは食欲の秋である。

食事が進む昨日今日、飯が美味くて少し太りました。







kappa_gallery at 16:29|Permalink日々の出来事 

2010年08月24日

三里塚物産




昔風と言うか、田舎風と言ったら良いのか?


とにかく旨いらっきょう漬けが食べたくて

探していた処、日本の空の表玄関である

成田国際空港(成田空港)の側に近辺の

畑で採れたらっきょうを百パーセント使用して

漬け込んだ純粋な国産らっきょう漬けの

工場が在るとの情報を得た。


成田国際空港は私の描いたカッパの絵を

展示している成田カッパ画廊からさすがに

歩いては行けないが、クルマならばわけなく

行ける場所だ。


そこで早速、らっきょう漬けの工場、

三里塚物産へとクルマを走らせた。


三里塚物産は空港の近くも近く、空港建設予定地内の

畑の中にポツンとただ一軒ある漬け物工場だ!



  三里塚物産の周りは長閑な畑
東峰2



















この辺、昔は機動隊が警備していて、三里塚物産へ

行きたいと言えば、すぐに不審者扱いされ警察署に

連行されてしまってもおかしくない場所である。

関係部外者等は寄付けなかった所だった。


しかし、現在でも場所柄か、部外者、よそ者である

私のクルマは大通りから空港へ続く道へ曲がると

早くも空港警備の監視カメラに捕捉されたらしく、

全くクルマの走らない様な畑道だが、私の前に

何処からともなく窓に金網を張った機動隊が数人

乗り込んだ警察の車両が現れ、赤色灯を回して

付かず離れずこちらの様子を伺いながら走っている。


お陰様で結果的にこの機動隊の車両の案内宜しく、

道に迷わず三里塚物産へ到着出来た。




  三里塚物産の正面入り口
東峰1





















三里塚物産の向い側の空地へクルマを駐車して

三里塚物産へ買い物に入って行くと、空かさず

今度は空港警備のパトロールカーが見廻りにきた!




  三里塚物産向い側の草地
東峰3




















こんな所、普段は一日数台の地元のクルマが

来るか来ないかであるのに部外者のクルマが聖地?に

入って来たので、一体何者か!と思ったのか?


だが、私は人畜無害な絵描きのカッパ画人、

職務質問はされなかった。


漬け物工場で買い物をしていたら代表者らしき人が

出て来て、わざわざ此処まで買いに来てくれたからと

とても喜んでオマケをしてくれた。


工場を出てくると旅客機の尾翼が空港の見学ロビー等で

見るよりも大きく、すぐ近くを走り去って行った。


そして帰り道、記念に東峰神社を見物した。



   東峰神社へ続く道路、両脇にある塀の中は空港の敷地 
東峰4





















  東峰神社の佇まい  
東峰5



















今度は超低空を飛ぶ飛行機のジェットエンジンの

轟音で髪の毛が千切れる様な感触には驚いた!

飛行高度は頭上約40メートル程度との事である。


自宅に帰り航空写真で見たら東峰神社は

滑走路の延長線上僅か数十メートルに在る。

神様はさぞかし大変だろう・・。





  黄枠が東峰神社、赤枠が三里塚物産
東峰6




























近代化された成田国際空港施設の中にほんの僅に

残る小さな畑や雑木林、そして小さな漬け物屋の

工場等の見物は暑い夏の日の小さな旅だった。


買って帰ったラッキョウの漬物は噂に違わず美味い。

美味い、私は又々体重が増える夏の日々である。








「成田」とは何か

「成田」とは何か

価格:819円(税込、送料別)





抵抗する自由

抵抗する自由

価格:1,890円(税込、送料別)





成田空港

成田空港

価格:2,000円(税込、送料別)



kappa_gallery at 00:05|Permalink散歩 

2010年08月20日

紫蘇ジュース




夏の暑いこの時期に田舎の家を訪ねると

冷たい紫蘇ジュースをご馳走してくれる。


この紫蘇ジュースは何処の家でも自家製だ。


街では、こだわりの食料品店やスーパーで既製品の

紫蘇ジュースが販売されているが、田舎の自家製

紫蘇ジュースは赤紫蘇のサッパリした味に甘味が

チョッピリあり、新鮮な紫蘇の香りに一時の涼をとれる。


田舎の家では、庭や家と隣接している畑には

青紫蘇や赤紫蘇が必ず何本か生えていて

その元気な姿を見るのも私は好きである。


私が暮らしている四街道も、昔は街の中で

自然に生息している紫蘇をよく見掛けたが、

近年は目にすることが少なくなった。







kappa_gallery at 00:19|Permalink雑談 

2010年08月17日

新し物好き




我が家の家系は先祖代々新し物好きである。

だからと言って骨董や旧い物が嫌いではなく、

骨董品にはかなりの投資をして収集している

兄弟縁者がいる。


私は基本的には骨董品よりも新しい物を好むが、

カメラとオーディオ機器に関しては別人になったように

旧くても良い物は苦労を惜しまずに収集する。


最近の新しい物好きと言えばipadだ!

予約注文までして、発売日に即手に入れて

気分爽快だ!


ところで、今年のお盆のお墓参りには今話題の

ノンアルコールビールをご先祖様の眠るお墓に

お供えしてきた!


恐らく、ご先祖様の中でもアルコールを余り好まず

新しい物好きは悦に入っているだろうが、酒好きな

ご先祖様方も我が家系には大勢いらっしゃるので、

この方々は「何だ、このビールはアルコールが

抜けているではないか!・・バカ者・・」と

怒り狂っていることであろうが、仏様の中には

子孫の為にもお酒は厳禁と言っている人もいた!


何れにせよ秋のお彼岸には美味い冷酒でも

持参して、お墓参りをしようと思っている。


真新しい新製品の酒が蔵元で発売になれば

良いのだが、この時期は難しい時季である。









iPadを快適に使いこなす基本&活用ワザ150

iPadを快適に使いこなす基本&活用ワザ150

価格:1,050円(税込、送料別)




kappa_gallery at 00:15|Permalink雑談 

2010年08月13日

敗戦の屈辱と当時の遊び




八月と言えば日本人には敗戦の屈辱と

終戦記念日がある。


これは考え様によっては国民性の

変革のスタートだった。


さて、あの頃の子供の遊びには現代では

想像もつかないものもあった!


終戦後に日本の軍隊が放置していった板火薬と

呼ばれていた物や匂いガラスとか、また進駐軍に

破壊された飛行機や戦車の残骸から取り外された

望遠鏡?、無線機等だが、それら一つ一つを

取りあげれば切りがない。


さらに危険極まりない爆発物も時には

無知な子供たちの玩具となっていた。

特に四街道という土地は軍隊の街として有名で、

終戦後は火薬などで悲惨な子供の事故もあった。



当時と比べれば、現代の子供の遊びは

夢の天国だろう!


ゲーム1つにしても無料でダウンロードが

出来るものもあり、安全性も確保出来ている。


しかし、夢の天国で安易な気持ちで遊んでしまえば

その上は無いかも知れない。


私、カッパ老人は天を見上げた。







昭和16年夏の敗戦

昭和16年夏の敗戦

価格:680円(税込、送料別)





彗星特攻隊

彗星特攻隊

価格:620円(税込、送料別)





【送料無料】NHKDVD「B29を迎撃せよ 幻の戦闘機・震電」/ドキュメント[DVD]【返品種別A】【smtb...

「B29を迎撃せよ 幻の戦闘機・震電」

価格:2,835円(税込、送料込)





kappa_gallery at 00:32|Permalink昭和の風景 

2010年08月10日

石炭殻




夏のこの時期、夕刻に表を歩けば何処からともなく

風に乗って盆踊りの太鼓や歌が聞こえてくる。


昔、私が子供の頃、テレビも放送されていない時代、

夏休みの夕べの退屈さもあり近所の子供たちと一緒に

町内や近隣の神社やお寺の庭で催している盆踊りに

遊びに行った。


さて、盆踊りと言えば必ず炭坑節が何回も踊られる。

調子の良い炭坑節は盆踊りの雰囲気をいっそう

盛り上げさせるが、私はこの詩に出てくる炭坑の

実際を見たことが無い。

話や映画、雑誌で見たり読んだりしただけだ。

身近なところで印象に残っているのは石炭殻だ!


その頃は狭い路地に限らず、大通りでも未舗装が

多かったが、砂利の代用に石炭殻を道に撒いてあった。


撒きたての石炭殻は大小様々な大きさだが、元来が

燃えかすであるから軟らかく直ぐに小さく砕けてしまい

砂粒となるが、この石炭殻が道に撒きたての時は下駄の

歯と歯の間に石炭殻が挟まって足首をコロリと捻り転んだり

膝小僧を擦りむいたり、最悪は軽い捻挫をしたりと歩くには

細心の注意をした。


現代では平な舗装路をクルマや障害物に注意力を注ぐが、

当時は足下に気をつけて歩いたものだ。


今、もし石炭殻を敷いた山道が近辺にあったとしたら

子供の頃のように下駄を履いて歩きたいものである!


足元で「パチッ」、「カツン」、「ガサゴソ」と

石炭殻の割れる音をさせなから・・・


あれから半世紀以上過ぎている。

捻挫ならまだよいが、私は転んだら骨折しても

おかしくない老人絵描きのカッパ画人だ。


静かにキャンバスに向かい合い、冷や水でも飲みながら

猛烈な勢いで筆を走らせる。


蒸気機関車のように!休むことなくである。




ダルマストーブの燃料に、、、石炭 20kg

ダルマストーブの燃料に、、、石炭 20kg

価格:2,604円(税込、送料別)





石炭殻の道

石炭殻の道

価格:1,470円(税込、送料別)





【送料無料】/盆踊りの音楽 ベスト

【送料無料】/盆踊りの音楽 ベスト

価格:2,518円(税込、送料込)



kappa_gallery at 00:28|Permalink昭和の風景 

2010年08月06日

香ばしいソース焼そば




近頃、私はソース焼そばを自分で焼いて

たまに食べている。


先日、買い物でシマヤ酒店に行ったら駐車場から

店の中まで香ばしいソース焼そばの匂いが漂っていた。

このシマヤ酒店さんには成田門前カッパ画廊や

河童ラベルのお酒でお世話になっている。


シマヤの社長、敬称オヤジさんには酒店に買い物に

行った時は毎回、挨拶方々お邪魔してコーヒーを

御馳走になりながら雑談をするのが常々だが、

今回はオヤジさんが焼そばに凝っていた!


オヤジさんから焼そばのウンチクを聞いていたが、

常日頃からやる事なす事すべてに豪快で太っ腹な

シマヤのオヤジさん!焼そばも本格的な設備だ。

焼そばを焼くために業務用のコンロと鉄板を買い、

専用にガスの配管工事までして、焼そばの具も

肉やウインナー、野菜などを豪快に入れてあり、

見るだけでも美味そうだ!


実際にシマヤ酒店、国道16号店で店長を

されている林さんという方も、社長が作った

焼そばは美味いと言っていた。

それも本当だろう。


林さんも、オヤジさんの手料理を毎回ワンサカと

食べているのか、最近は太ってきた。


ゴッテリ造り上げた豪快なシマヤのオヤジさん特製

ソース焼そばは社員はむろん、オヤジさんが酒屋の

隣で販売している英国のスポーツカー、ロータス等の

お客さんや、近隣の友人、知人までもがご相伴に

あずかるとのことである。



さて、この豪快できらびやかなソース焼そばから一転して

カッパ画人である私の焼そばは簡素そのものである。


自宅の台所は夏は暑いから、私は庭のテーブルで

ホームセンターで買ってきた安物のカセットコンロに

フライパンで用をたす。


焼そばには肉やソーセージ等は全く入れない。

具はキャベツ、またはモヤシだけしか入れないで

麺が少し焦げる程度まで炒めて出来上がりだ。

味は素朴なソース味である。


食欲の減退した暑い日の間食には芳ばしい

ソース焼そばを頬張って、経済的に貧乏絵描きな

カッパ画人はとても小さな幸せを感じている。












ユニオン やきそばソース 1.8L

ユニオン やきそばソース 1.8L

価格:662円(税込、送料別)



kappa_gallery at 00:17|Permalink雑談 

2010年08月03日

黒い皮の西瓜




黒い皮の西瓜、種無しスイカ、

黒いと言っても濃い緑色だ!


西瓜の中身は真っ赤で、種無しと言えども

何粒かの白い種はあった。


この種無し西瓜、千葉県産も、ある程度の

限られた範囲で出回っている。


毎年、一回か二回位は味見程度に食べていたが、

今年の夏は飽きる程に黒い皮の種無し西瓜を

食べようと産地直売店まで買い出しに行ってきた。


そして、一番大きいサイズの黒い西瓜を直売店に

売っているだけ買ってクルマに積み込んだ!


クルマから降ろす時は結構重くて大汗をかいてしまった。

西瓜は余り冷さない方が美味いので、先ずは常温の

西瓜を包丁でバサリと切って一口パクリと食べた。

サクリと上品な甘さと西瓜の青臭さが口の中に広がり

「あぁ、旨いなー」と、またまたパクリ、パクリと

家族で腹一杯食べた。


種無しスイカは年寄には種を吐き出す手間暇や

神経を遣わず、食べる事だけに専念出来て都合の

よいスイカではあるが、西瓜をパクリと食べて口の

中で種を舌に乗せて口先を尖らせ、「プイッ」と

種を吐き出すのも西瓜を食べる儀式みたいなものだ!



種無し西瓜か種あり西瓜か、どちらでも人それぞれの

楽しいスイカを食べる一時の涼である。












kappa_gallery at 00:22|Permalink雑談