2010年09月

2010年09月28日

麹の注文と秋祭り




朝晩快い風が吹き始めた。


今頃の季節になると思い出す昔の出来事と

言えば、丁度、田圃の稲刈りも終って

十三夜を迎える頃には秋祭りが始る。


その前に何処からか田舎のお婆さんが

甘酒用にと麹の注文を取りに駒下駄を

履いて歩いてやって来た。


麹の単位は一枚二枚と言っていた。

一枚は一升だと母親から聞いたことがある。


昭和廿年代は青年団の元気な若者達が

お神輿や山車、素人演芸など賑かで楽しい

祭りを開催していたが、年々お神輿も古くなって

壊れてしまい、お祭りになっても神輿も山車も

現れず、静な祭りとなってしまったが、自家製の

甘酒だけは毎年変わらずに母親が作ってくれた。


仕込み甕を布団で包んで作る甘酒は何年かに

一度は糖度が思ったように上がらず、お祭りの

最終日頃にやっと何時もの甘さになる年もあったが、

保温用に電気式のジャーを使うようになってからは

甘さも毎年均一化されたものの、失敗をクリアーする

祭りの楽しみは半減した。


大鍋で沸かした甘酒を家族揃って飲みながら

遠くに聞こえる神社の境内で誰が打つのか

大太鼓の音を聞いていた時代は麹売りの

お婆さんの下駄歯の音と共に消えてしまった。



現代の甘酒は殆んどが酒粕をお湯でといて、

砂糖で甘味をつけている!

麹と、もち米入りのご飯で作る自家製の

甘酒は砂糖等入れず自然の甘さだ!

だが、時には失敗すると全然甘くなく、

不味くて飲めたものではない。


酒粕か麹の甘酒か、どちらが美味いか?

好みの分かれる風味とその甘さである。

















kappa_gallery at 21:25|Permalink 昭和の風景 

2010年09月24日

ユーカリが丘




千葉県佐倉市は東京方面から来れば

私が暮らす四街道市の一つ先になる。


その佐倉市の田舎?辺りの雑木林や田畑の

一角に突然現れるユーカリが丘の街だが、

見かけもガッチリとした高層マンションが

何棟も建ち並び、そこは一寸した都会派的な

風景でもある街だ。


数年前は四街道には売っていない食料品等を

買うためによくこのユーカリが丘まで買い物に

来たものだが、先日は久し振りに別の用事で

ユーカリが丘に行って来た。


実はこのユーカリが丘には私が描くカッパ絵の

ファンが今でも百人以上は住んでいる。

少し時間があったので暫くユーカリが丘の街を

クルマで彼方、此方と散歩した!


ユーカリが丘は以前と変わらない街並みだが、

何故かお年寄りが多く見うけられた!

この現象はどこの街でもお馴染みな風景なのだろう!


高層マンション際の横断歩道で帽子を被って

ステッキを軽く握り、信号待ちのハイカラなご老体!


このユーカリが丘の街に溶け込んだ油絵のような

人影の姿が印象的だった。





佐倉特産!ハーブソース

佐倉特産!ハーブソース

価格:650円(税込、送料別)




kappa_gallery at 16:41|Permalink 雑談 

2010年09月21日

クロメダカ



スーイスーイと、水槽の中に入れた水草を

上手く避けながら、大人のメダカも産まれて

間がない子供メダカも仲よく元気に泳いでいる。


残暑酷しい中にも、このメダカの泳ぎを見ていると

一抹の精神的にも涼を感じさせてくれる。


現在は小さなガラス水槽の水もキラキラと

光輝いて透明感も出てメダカが生息しやすい

環境になり落ち着いた。


当初、メダカは通販でせっかく購入したのに

まだ水が十分に出来ていなかった為なのか、

一夜にして全滅してしまった。


其処で、もう一度水槽と濾過フィルターを

きれいに掃除して、今度は格好のメダカの

環境作りに成功した。


今、我が家で飼っているメダカは千葉市に在る

野菜販売の千城直売所から20数匹入手したものだ。


 
  千城直売所の店主(写真、左)と雑談、後方に見える水槽ではメダカ、タナゴ、小鮒、
  ヌマエビ、水草などが売られている。また、メダカ用のエサや川砂も売っている。

千城直売所






















この千城直売所で売られているメダカは店主が

自家繁殖させたもので、とても元気良くエサも

盛んに食べる。


千城直売所の店主も元気だが、取り扱う商品も

地元の農家で作られた物の直売で、そのどれもが

こだわりの一品である。






▼クロメダカ(12匹)

▼クロメダカ(12匹)

価格:700円(税込、送料別)










kappa_gallery at 22:02|Permalink 千城直売所 

2010年09月19日

過ぎた夏




とにかく、今年は暑い夏だった。


そんな夏のある日、今となっては一世代前になったipod nanoで

撮影した動画をPCを使わずに直接ipadに取り込んで、夏らしい

一コマをいくつかスクリーンショットしてみたら、その画像の風景は

油絵のような雰囲気となった。


加工したのはサイズの縮小のみである。

おもしろいナァー


撮影場所は四街道市内と佐倉市内の一部です。



写真1





















写真2





















写真3






















写真4





















写真5





















写真6





















写真7





















写真8





















写真9





















写真10





















写真11





















写真12
























写真13























写真14























写真15























写真16
























写真17





















写真18
























iPad最新活用ガイド

iPad最新活用ガイド

価格:1,050円(税込、送料別)




kappa_gallery at 01:32|Permalink 散歩 

2010年09月17日

芝刈り




自宅玄関脇の約一坪、畳二畳程の小さなスペースに

以前から芝生が根を張っていて、それが玄関入り口の

コンクリート迄延びてきてコンクリートの破れ目から

ボウボウと生えてしまった。


最初はさほど気にもとめなかったが、最近では

その芝が鬱陶しくなりだした。


しかし、芝刈りをするにも連日の猛暑だった!


やっと雨上がりの涼しさに紛れて芝刈りをした。


外の作業はまだまだ暑い。

作業終了近くには芝生を刈り取り、ようやく顔を

見せたコンクリートの表面には額や顔から玉の汗が

ボタボタと落ちて水玉模様の跡をつけていた。





芝庭づくりと手入れ改訂版

芝庭づくりと手入れ改訂版

価格:945円(税込、送料別)




芝庭つくりコツのコツ

芝庭つくりコツのコツ

価格:1,500円(税込、送料別)



kappa_gallery at 21:55|Permalink 日々の出来事 

2010年09月14日

鈴虫の声




現在、私が住んでいる町内では

農家出身の方々が多く、庭や空き地に

伸び伸びと育つ多種多様な草を見ると

敵愾心がムラムラと湧いてくるのか?

鬼のような顔になって草むしりをしている。


仕方がないので、私も自宅の庭の

草むしりをしている。


お陰様で町内は清潔ではあるけれど

スズムシやコオロギ等の住処が無くなり

自然を愛する虫の歌声は消えてしまった。


昔、住んでいた所は近所の家でも鈴虫やら

小鳥等を楽しむ人達がいて、秋の今頃には

それぞれが爽やかな空気の中にコオロギや

鈴虫の歌声を聞きいていたものだ。


当時は自宅でも鈴虫を飼っていた。

毎年、時期になると鈴虫の飼育ケースの

砂の中から可愛い赤ん坊が顔を出して

チョロチョロと動き回っては、やがて

大きくなって鳴き始めた。


そして冬がやって来る頃になると、縁の下に

飼育ケースを置いて置くとまた翌年には鈴虫が

元気よく産まれ育った。


何年もスズムシの歌声は続いていた。

仕事から遅く帰ってきて自宅の廊下から

響きわたる鈴虫の声を聴いては残暑での

疲れを随分と癒されたものであった。



何れ鈴虫やコオロギの歌声が聴かれる場所に

住みたく思っている。







kappa_gallery at 21:02|Permalink 雑談 

2010年09月10日

魚屋の刺身




刺身を買うのに金物屋や文具店に行く人は

さすがに居ないだろうが、最近ではこの魚を

買う為に魚屋ではなくスーパーマーケットの

鮮魚売場で用を済ませる人達も多かろう・・


マグロや白身魚、あとは貝類などの刺身が

好きな私の家族を代表して、私は片道、約10

キロメートルの道程をクルマに保冷用バッグと

保冷剤を入れて隣町にある専門店の魚屋まで

買い物に行く。


その魚屋の店員さんも親切に品物の

吟味の相談にも応じてくれている。

気持ち良く買い物が出来れば、買った

品物が一段と味も旨く感じるものだ。



また、私が昼下がりの暑い日差しの中、片道

10キロもの距離をわざわざクルマを運転して

魚屋迄買い物に行くのは其れなりの理由もある!


特に魚専門店のマグロや他の魚介類等の刺身は

普段行き付けの大型や中型スーパーマーケットで

販売されている品物とは味も風味も一段も二段も

違っていて、何とも深みのある味わいで美味い。


老いた私には、この残暑を元気に乗り切るのに

自分の好きな美味い物を食べるに限ると、クルマの

助手席に乗せたクーラーボックスの中のマグロの

中トロ、アオヤギの刺身に舌鼓を打ちながらの

夕飯が楽しみである。


喰いたい物も喰わずに長生きだけに神経を使うのも

人各々の人生であるが、私はその時々に食べたいと

思った物を食べている。


精神衛生上最高!


健康にカッパ・河童流の作家活動を続けている

自分なりに愉快な毎日である。





通にはたまらない!!青柳舌切り100g  10P02aug10

通にはたまらない!!青柳舌切り100g  10P02aug10

価格:1,050円(税込、送料別)



kappa_gallery at 15:06|Permalink 雑談 

2010年09月08日

防災訓練




防災の日を前にしたある日、

私は某所の大きな建物で行われた

防災訓練を見学することが出来た。


その建物の関係者や係の人達は、この日の

防災訓練に先立ち一週間ほど前から綿密な

計画書を作成して建物内に配ったりしていた。


さて、防災訓練の当日に建物内で裏口付近が

一望に見渡せる窓辺で私は偶然にもこの様子を

見学する機会を得ることとなった。


先ずは館内放送に続いて非常ベルが鳴り、

そして訓練開始となった。


建物の裏口から大型の梯子車が進入してきた!

処が、ここで予期せぬ出来事が起こった。

裏門の入り口が狭くて消防署から来た梯子車が

大き過ぎて入れない・・・


何度も何度もバックや前進を繰返しながら、

ハンドルを切り返し、やっとのことで裏門を

何とか通り抜けられた。


民間の荷物を運ぶトラックの運ちゃんならば

少しぐらい門柱を擦ってトラックのボデイに

擦り傷が付いても知らん顔だろうが、こと

消防自動車は少しでも擦り傷をつけたなら

始末書ものだろうから、運転者のハンドル

操作も慎重、また慎重と硬くなるのだろう・・


そして、今度は梯子を伸ばす為の駐車スペースの

問題があり、結局、防災訓練の時間は予定よりも

大幅に延長戦となってしまった。


もし、此が訓練でなく実際の火災だったら

建物が酷く被災していただろうし、私も煙に

まかれていたかも知れない?


防災訓練は大事である。

しかしながら、実際とはかけ離れている場合もあり、

消防の方々も大変だ!


素人の考えではあるが、大体が大きな建物の

表側(正面)は玄関やロビー等で、火の手が

上がりやすいのは裏側が多いと思うが、殆どの

大きな建物の裏門や住宅の裏口等は防災上から

見たら貧弱なようである。


これを予算が少なく土地が狭いからだと言って

終えば、仮に事故や事件が発生したとしても

残念ながら諦めざることとなる。






二酸化炭素消火器 CO2−5YA型

二酸化炭素消火器 CO2−5YA型

価格:23,226円(税込、送料別)





防災非常用の頭巾大人用防災ずきん【3979】

防災非常用の頭巾大人用防災ずきん【3979】

価格:1,310円(税込、送料別)



kappa_gallery at 00:13|Permalink 日々の出来事 

2010年09月03日

夏休み・子供の昼飯




今年も夏休みが終った。


特に今年は暑かった夏休みだった。

何処の家の子供達も例年の如く真っ黒だ。


この真っ黒に日焼けした子供達にも

チョッとした時代的な異変?が起きている。


昔、夏休みに子供が食べる昼飯と言ったら冷麦や

素麺を母親がエアコン等が無くて蒸し暑い台所で

汗水を流しながら作ってくれたものだが、現代の

子供達の生活環境は昔とは大分違うようである。


今の子供は自宅では昼食はとらずに外に出て

ハンバーガーショップやファミリーレストラン、

またはラーメン店やらコンビニの弁当等が好きらしい!


色々な面で、母親自身の持てる自由時間が増えて

良い時代になってきた!



さて、話は我が家の近所に住んでいる小学校低学年の

幼い姉妹!!


夏休み中、この姉妹は毎日午前11時30分になると

必ず子供用の小さな自転車を引っ張り出しては

何処かに出掛けて行き、12時30分過ぎには

元気良く帰ってくる!


これが、この姉妹の夏休みの日課だったようだ。


何日か前に、この姉妹が乗る自転車のタイヤの

空気が抜けてしまい自分達で空気入れで空気を

入れようとしていたが、錆び付いた空気入れは

背の低い子供では思うようには動かず、姉妹が

途方にくれたような顔をして私に助けを求めてきた。


私は壊れかけていた空気入れで取敢ず騙しだまし

小さな二台の自転車のタイヤに空気を入れた。

ホッとして嬉しそうな姉妹に「毎日、何処に行くの?」と

尋ねたら、「ラーメン屋さんにお昼御飯を食べに行くの・・」と

笑って答えた。


そのラーメン屋さんは1キロメートル位離れた場所にある。


この姉妹の話によれば昼時前のまだ店内が空いている時に

ラーメン屋さんに行って自分達の何時もの気に入った場所の

テーブルに座り好きな食べたいものを注文して、ゆっくりと

小一時間、エアコンの効いた涼しい店内で昼休みをして

来るそうである。


最近の子供は度胸もあり、要領も良いものだと

可笑しな感心をした。


やがて、この娘達が大人になって未婚の母親にでも

なったなら、台所には電子レンジに小さな片手鍋と

幾つかの器が有れば此で調理はOKだ。


人、其々だから、合理的な生活と理解しておく事にする。









ラーメン屋vs.マクドナルド

ラーメン屋vs.マクドナルド

価格:714円(税込、送料別)





ラーメン手帳

ラーメン手帳

価格:800円(税込、送料別)



kappa_gallery at 00:27|Permalink 雑談