2013年10月24日

フレックスライト




フライフィッシングを愉しむ釣り人に

根強い人気がある小道具、白熱球で

何ともマニアックなフレックスライト。


先日、現在は数少くなった貴重な

新品の一つが手元に届いた。

時代の流れでLEDに代わり、残念な事に

製造終了となってしまったこの昔ながらの

フレックスライトには色々な思い出がある。




Flex Lite 2























今から三十数年以前に高級釣具の

輸入を生業としていた友人がいた。


本人の話では小学生時代から、一流大学生の

時代まで常に主席だったそうである。


見るからに頭の良い顔をして人柄もよく、

何をするにも手際が良かった。


友人3人で毎朝、千葉駅で特急に乗り換えて

東京駅迄行き、東京駅近くの珈琲店でモカを

一杯飲みながら20分〜30分程雑談をして、

各々自分の会社に出勤するのが日課だった。



ある時、その友人がサンプルで輸入した

フレックスライトを私にくれた。


当時としては大変珍しく、私も興味を持ち、このライトが

きっかけとなって輸入業務の実務をこの友人から色々と

アドバイスを受けたり、海外のオーディオ機器メーカーや

総代理店への商談や有名美術館などにも足を運んだもの

だったが、其から数十年、仕事の内容も変わり大切にして

いたのだが、このアメリカ製のフレックスライトは壊れだすと

修理のしようもなくなり、廃棄するはめになった。



この十数年、私は絵描き仕事の忙しさと

その遣り甲斐のある楽しさの中で、この

真鍮のフレックスライトのことはすっかり

忘れていたが、先日、倅が幼い頃の記憶に

残っていたフレックスライトを見つけ出して

買い求めてくれた。



何とも手触りが懐かしい青年実業家時代の

思い出が宿るフレックスライトである。



居間のテーブルの上に置いては、ロウソクの

炎のような暖かみのある色合いで、見ていて

心が癒されるフレックスライトを時々点けたり

また、消したりしながら元気と夢に燃えていた

若き時代を懐かしく思い出している。














 ハーディー ブルックバッグ

 ハーディー ブルックバッグ
価格:13,703円(税込、送料別)



kappa_gallery at 00:13│ 雑談