昭和の風景・四街道の昔話

2012年09月21日

四つ角の電器店




我が街の四つ角とは、四街道十字路である。

大木の榎が傷つきながら痛々しく、現在も

辛うじて健在だ!


四街道市の名称発祥の地である。



今から五十数年前に榎の側に

掘っ立て小屋風な電器店が出来た。


当時流行りのマジックアイ付き

六球スーパーヘテロダインの

真空管式ラジオが五台か六台と

小型レコードプレーヤーとアイロン、

その他小物類、白熱電球に乾電池が

並んでいた。


この時代のラジオは普通の家庭では

大きな買い物の部類だった。


四街道の住人の殆どは千葉や東京の

秋葉原の電器店で買っていたようだ。


おのずと四つ角の電器店ではラジオの

修理が大半だった。


この店主は、私の家の近所で昔からの

知人だったから、中学生だった私は

よく店に遊びに行った。


その頃、送信管の807ppトランス結合の

出力100ワットのアンプをここの店主は

苦労して作った。

後にこのアンプは春日神社の秋祭り等に

貸出されて町民にも重宝されたものだった。


時を同じくして、四街道にも映画館が誕生した。

この映画館の幕間の休憩時間に鳴らす

音響装置一式をこの店主が請け負い

既製品のアンプケースに組み立てた。


少ない予算で製作したのだろうか、

どう贔屓目に聴いても、音質など隣街の

封切り映画館とは比べ物にならないほど

貧弱だった。



四つ角の電器店も一時は繁盛したものの、

時代はテレビへと移り、ラジオの修理も

閑散となり、店主は店をたたみ都内の

何処かに勤めた。


その後、電器店の何も無くなった蝉の

脱け殻のような建物は、巨大な榎の

下に佇んでいたが、やがて解体されて

跡地にはガソリンスタンドが出来て

現在に至っている。


兄弟の多かった電器店の弟さんと私は

竹馬の友で、現在もこの街では数少ない

親友の一人で、年に何度かはとびきり美味い

コーヒーを飲みながら日の暮れるのも忘れて

話に花をさかせている。


ラジオ店主だったこの親友の兄さんは、

十数年前に高齢と病で他界した。


私達の子供の頃は、榎のある四街道

十字路は空地で紙芝居が来たり、小さな

子供達が遊べる小さな公園であったりと、

時代の流れと共に変貌してきた。


思い出深い榎の下の小さな日陰である。


子供の頃は広く感じた四ツ角も、

現在は狭苦しい十字路である。
















kappa_gallery at 00:02|Permalink

2012年08月31日

ご当地鶏肉専門店




JRの四街道駅近くには昔から

鶏肉専門店がある。


先日、その店へ久し振りに手羽先を買いに

行ってそれを炭火で焼いて食べた処、やはり

スーパーで買う鶏肉とは一味も二味も違って、

肉の風味が豊かに美味かった。


この鶏肉店と我が家は先代からの

付き合いがあった。


九歳年上の兄と先代の店主が懇意にしていた。


私が小学校低学年の時、学芸会で鳥の羽が

必要になり、同級生と一緒にこの顔馴染みな

鶏肉店へ羽を貰いに行った記憶がある。


鶏肉屋さんは子供にも優しくしてくれて、鶏の羽は

少し小さいからと美しいアヒルの羽を六本、大事に

飾ってあった花瓶から抜いてくれた。


受け持ちの先生や仲間には大いに喜ばれた。



当時、母親は時々この鶏肉店で買い物を

していたが、私は其から何十年もこの店を

訪れる事は無かった。


ある時、仕事とは僅でしたが仲の良かった

飲み友達の画商さんの娘さんが、この鶏肉

店の後取り息子さんと結婚されていると知り、

世の中の不思議な縁を感じていた。



鶏肉店の若旦那の話では、画商の父は

高齢ながら元気で暮らしているとのことで、

遠方に引っ越されてから、私もお会いする

機会も無く、鶏肉店に買い物に行っては

思い出話に華を咲かせている現状である。



涼しい秋になったら特注した若鶏を丸ごと焼いて、

むしゃぶりつこうかと、美味しくてこんがりと焼ける

調理鍋をあれや此やと家族で検討している最中である。













kappa_gallery at 00:13|Permalink

2012年07月06日

四街道の歴史




私が学生時代、四街道駅に降り立つと

「お帰りなさい」と四街道の街の空気が

軟かに出迎え、心身共に癒してくれた。



あれから半世紀以上、四街道も立派な家々や

大きなマンション等が建ち並び、田畑も山林も

原っぱも造成されて住宅地となった。


平日に街を歩けば、年配の男女が

大勢闊歩している健康的で生活も

豊かな街である。



半世紀前は家路を急いで歩いている時も

体と靴音とが静かな夕靄に吸い込まれて

しまいそうな閑静な町だった。


私の思い出話は今までに色々と書いているので、

今回は貴重な四街道の歴史を探訪できる新刊が

販売されている、『四街道の歴史』と言った立派な

書籍を四街道市で発行された。




四街道の歴史




先日、市役所の分室へ買いに行ったら、

随分昔から私と知り合いの職員の方が

出世されて部屋の奥に座られていたが、

私の顔を見るなり笑顔で迎えてくれて、

暫し四街道の昔話やら、その他の文献も

紹介された。


昔馴染みの知人とは何年振りに再会しても

昨日の続きのような話題になるのが嬉しい

限りである。



住んでいる街の歴史を知ることは、新な発見も

楽しさも倍増されるのではかなろうかと思っている。

















kappa_gallery at 00:11|Permalink

2012年06月08日

せんよう




昭和の終り頃、四街道に在った高級料亭の話!


店の名前を漢字で『千葉』と書いて『せんよう』と

読ませる高級料亭が、以前に私が住んでいた

自宅近くに開店したことがある。


この高級料亭は駐車場から門まで表通りを

少し歩いて、門扉を開けると飛び石を敷いた

露地が玄関まで続き、美しく手入れをされた

立派な和風庭園を眺めながら食事が出来る

間取りになっており、当時、四街道の街では

一寸洒落た店だった。


この店は一体、何処の誰が経営をしていて、

また、どの様な客層が利用していたのかは

知らないが、新し物好きな人達で一時期は

毎晩繁盛していた。


そして暫くすると、今度は裏の方を改装して

『お食事処』と書かれた立看板も出した。



私も自宅からすぐ近所だったので、家族揃って

この『お食事処』の方へ天婦羅定食を食べに

行ったところ、昼の店内に客は少なく、静かに

食事を愉しむことが出来た記憶がある。


料亭の方は夜のみ営業だったから、私はその後、

この料亭には食事に行く機会は無かった。



この店、後日に調理場で天ぷらを揚げている最中に

天ぷら鍋に火が入ってしまい、火災を起こして屋根が

抜け落ちるほどの大惨事になったが、改装工事をして

再度開店した。


その後は昼夜食事処も営業するようになったり、

敷地内に洋食レストランを建てたりして悪循環な

経営の迷走が始まり、何時しか閉店してしまった。




今、時代は変わり、その高級料亭の跡地には

マンションが建っている。














kappa_gallery at 00:04|Permalink

2012年04月20日

四街道小学校校歌




四街道小学校は我が母校である。

そして、その四街道小学校の校歌

作詞されたのが川島茂先生だ。


この川島茂先生、私が小学生の頃は

元気のよい教頭先生だった。


未だに私は四街道小学校の校歌を口ずさむと

川島先生のことを懐かしく思い出す。


当時、川島先生は夏休みになると希望者を集い、

稲毛海岸まで潮干狩りに連れて行ってくれた。

現代からみれば、昔気質の小学校の先生だった。


川島先生は、私の一番上の絵描きの兄のことを

気に入ったのか、親父の話す海外の話題に感心を

持ったのか、とにかく川島先生は放課後の暇な時に

私の家へよく遊びに来た。


先生は結構お酒も強く、帰りの千葉行き

終列車まで父や兄と何やら談笑していた。


私が子供の頃の先生全般は恐いと言った印象を

持っていたから、自宅に自分が通学する小学校の

教頭先生が遊びに来ているとが嫌では無いが、

何となく堅苦しい様で落ち着かない時を過ごした。


其から二年後に川島先生は転勤となり、

暫くの間は音信が途絶えた。


そして十年近く経ったある日に、私の直ぐ上の兄と

二人でベロンベロンに酔っ払い私の自宅へ夜分に

立ち寄った。


その時、この直ぐ上の兄は、日本で有名な

児童合唱団の千葉市での公演に力を注いでいた。


川島先生は、兄が小学生の時の恩師だった。

千葉市内の料亭で川島先生に偶然に再会して、

彼方、此方とハシゴ酒をして来たと云っていた。


其が縁で川島先生も「児童合唱団の前売り券の

販売を手伝ってやる!」と、男気?を出して兄の

仕事を応援してくれることになった。


人の好いと云うか、世間知らずの兄は何回となく

高級料亭に仕事の関係者や先生を御招待して

労をねぎらったりしたそうだが、他人様を誇大に

評価過ぎて、いざ蓋を開けたら見事に結果は散々

足るものであり、馬鹿な兄は大金と時間を費やし、

この時の後始末で親父が所有していた佐倉市内の

土地の一部が売却された。



若い時の私は、四校校歌には夢と戒めの

想いを持ったものだった。















マルシン 潮干狩り4点セット

マルシン 潮干狩り4点セット
価格:450円(税込、送料別)



kappa_gallery at 00:01|Permalink

2012年03月27日

すずかけの下に来るパン屋さん




私が、まだ小さな子供の頃、大太鼓の音は

当時住んでいた家から近かった春日神社の

お祭りと小学校(現在の四街道小学校)の

校庭で運動会の応援に打ち鳴らされた音を

自宅の庭で微かに聴いていた。


小学生になったら、当時は太鼓の音で

授業が始まり、太鼓の音で授業は終る。


今に思えば戰みたいである。



そんな背景の中に校庭の端の方に何本も

植えてあるすずかけの木の下へ自転車で

お昼にパンを売りにくる年配の人がいた。



自営業者の次男坊だった同級生の一人は

何時もチョコレート入りのパンを一つ、この

自転車のパン屋さんから買ってきて昼飯に

食べていた。


だが、ほんの数ヵ月すると何か不都合でも

有ったのか、校門の外のやはり木の下で

商いをするようになった。


何故か木の下が好きなパン屋さんだった。



後日に私は先生から頼まれた急ぎの使いで

文具店まで行くの為に東側の校門を出ると、

自転車で売りに来たパン屋さんには数人の

子供が群がるように菓子パンを買っていた。


私はその時、子供ながらに商売繁盛で

良かったな〜と横目でそのパン屋さんを

見ながら、脇を通り過ぎた。


私がこのパン屋を見たのは其が最後だった。


間もなく、すずかけの枝に小さな黄緑色した

新芽が育ち始めた頃に私も卒業式を迎えた

からである。


当時、昼飯にチョコレート入りの菓子パンを

一個買って食べていた同級生は、それから

十数年後に街中でバッタリ会った。


双方が、学生服から背広姿に!

数秒後に「ヤー!」。


当時は私も細身だったが、その次男坊は

小学生時代と変わらずに細かった。


まさか、今でも昼飯に菓子パン一個の

少食なのか?と思わず微笑んだ。




あれから数十年が過ぎた・・・。


先日、我が家にヤクルトおばさんが、バイクで

乳酸菌飲料を売りに来るのを自宅の車庫から

偶然見掛けた。


遠い昔に自転車の荷台に木箱をくくりつけて

売り歩いていたパン屋さんの思い出と重なり、

懐かしく思った。













kappa_gallery at 00:02|Permalink

2012年02月24日

昔の選挙違反裏話




四街道は市議会議員選挙で連日賑やかである。


今は知らんが、昔は選挙が近づくと

アレコレ色々あったそうだ!!


これは選挙違反と言っても、何処の土地でも

昔から習わしの選挙風景だったかも知れない。


例えば、一つ目は普段地味に汗水を流して重たい

食料品や燃料等の配達をしたり、それらの代金を

集金して歩く仕事を低賃金にもかかわらず、本人は

毎日真面目に働いていたが周囲の人達から見れば

何となくうだつの上がらない風体だった。


だが、そんな男でも街の人々に顔は広く知られていた。


選挙屋が、この顔の広さに目をつけて利用すると

普段うだつの上がらない渋い顔が急に生き生きと

輝きだし極端に愛想まで良くなって人柄が変貌する。


まァー、此処までだったら許せるが、問題は選挙日

当日になると投票を誘いに来る。

恐らく何人もの有権者を投票所へ連れ行くことにより、

その数で選挙屋が何かしてくれていたのだろう!



そして、二つ目は選挙前に街の小料理屋等、飲食店に

有権者が前もって小宴会を予約しておくと、何と宴会の

当日には議員の名前で日本酒やビールがケース単位で

ドッサリと届けられていたりする。


これは店屋か、そこで働いていた従業員が宴会の

予約の情報を議員の周辺に流していたのだろうが、

派閥が異なると逆に違和感が増したようである。



三つ目は今や携帯電話の普及によりテレホンカードは

殆ど無用になったが、当時の市会議員候補者の中には

名刺代わりですと当然のようにテレホンカードを配ったり、

また自分の家がある町内に軒並に折り畳み式の雨傘を

一本ずつ持って挨拶回りしていた議員もいたようだ。



大都会や新開地は別としても、まだまだ地方の部落では

親戚縁者と部落民から応援されなければ、先ずは個人の

公約の良し悪しよりも、その前に当選圏から外されてしまう

こともあったりするので議員諸氏も結構人気取りには創意

工夫で頭を使っていたのであろう。



これらは昔、昭和時代に自称選挙屋と自負していた

人からの裏話であるが、この自称選挙屋も、コウモリ

傘配りも配達人も今では他界してしまい、閻魔大王の

世界で青鬼や赤鬼の役員選出にいい加減な論理でも

振り回しているか三途の川の川岸あたりで地獄選挙の

ビラを配っているのかもわからない・・・・爆。




【送料無料】選挙違反の歴史

【送料無料】選挙違反の歴史
価格:1,785円(税込、送料別)









【祝酒】 祈必勝ラベル 1.8L

【祝酒】 祈必勝ラベル 1.8L
価格:2,037円(税込、送料別)



kappa_gallery at 00:08|Permalink

2012年01月27日

一万円のラーメン




四街道市内でラーメン屋の話が出ると

国道51号沿いにあるラーメン屋さんの

味が旨いの不味いのと話題になるけど、

過去には短い期間だったが、少しばかり

変わったラーメンを食べさせてくれる店も

市内に存在していた時期があった。



時代は平成になったばかりの頃だったけど、

廿数年前に四街道市内にも一杯の値段が

壱万円のラーメンがメニューに載っている

高級中華料理店が開店したことがあった。



本格的な中華料理の場合、食材にフカヒレや

干したアワビなどの高級品を使えば、限り無く

メニューの値段も上がり、壱万円のラーメンでも

その位は当たり前となるのだろうが、残念ながら

四街道市内と近隣の街には一杯が壱万円もする

ラーメンがメニューに載っているような高級店へ

頻繁に通って食事をする客は少なかった様である。



当時、私とよく連れだって飲み食いした町会役員の

一人が、近所に高級中華料理店が開店した義理で

この壱万円のラーメンを食べに行った。


その後日、ラーメンの味については何も語らず、

他の人を誘うことも無く、我々仲間達の間でも

話題にもあがらず、何時か、この中華料理店の

存在すら忘れ去られた。


その建物の外観や内装までが大変立派な店は

華やかに開店して、間も無く閉店していた様だが、

其すら大分後日になってから気がついた。



あれはいったい何だったのだろうか。


もし、近年にこの様な高級な飲食店が四街道市内で

営業していたら、街中に溢れる高額年金受給暮しの

老人達が喜ぶだろう?


但し、確かな味とそれに相応しい雰囲気の

店屋であればの話である。



残念ながら、私は貧乏絵描きなので

東京下町で仕事の合い間に老舗の

美味い料理を探索するのが良い。





卯月流懐かし味の中華そば

卯月流懐かし味の中華そば
価格:280円(税込、送料別)











kappa_gallery at 00:01|Permalink

2011年12月23日

駅前旅館





何処の街にも駅前には旅館がある。


私の住む四街道にも、昔は四街道駅前通りと

その周辺には何軒もの旅館が軒を並べていた。


戦前は旅館も料理屋も軍隊があったので

四街道駅前は繁盛していたと聞いている。


私が中学生の頃は、確かに木造二階建ての

旅館が何軒か看板を掲げてあった。


私が中学生の時、担任の先生は

その中の一軒の旅館に下宿をしていた。


これは旅館の泊まり客が減ってしまい

下宿人を置くようになったのだろう。


当時、私は師走の日曜日に仲間数人で

先生の下宿屋へ遊びに行った。

旅館の二階へ上がる階段は一足上る毎に

「ギシッ、ギシッ」と音がした。


先生は広い座敷のまん中にポツリと置かれた

大きなテーブルを前に一人であぐらをかいて

僕らを待っていてくれた。


此処は居心地も良くて食事も美味い等と

他愛ない雑談をしていたら、その旅館の

お手伝いのお姉さんが、お茶碗と大きな

急須に落花生を持って来てくれた。


昔は家族的な雰囲気があったものだ。


先生が話すには、夏休みは実家へ帰り

留守にするから後の事は分からないが、

師走に入ると毎晩忘年会や飲み会を

大広間で開くので笑い声だのダミ声が

夜遅くまで騒々しくて、この時ばかりは

特に朝の早い教職は寝不足になることが

あると言っていた。



其から間も無く、街には貸家やアパートが

チラホラと建ち始めて、私が東京の高校に

通学する頃になると、その先生も何処かに

引っ越をした。



現在は木造二階建ての旅館などは無くなって

ビルが建ち並び、駅前から昔の面影は消えた。


また、交通の便も良くなったので、観光客や

ビジネスマンも千葉市内のホテルや佐倉市とか、

成田市のホテルや旅館を利用した方が効率が

良いので四街道に泊まる客も無くなり、代わりに

四街道はダンプカーや大型トラックの近道として

利用される四つの街道となってしまった。






喜劇 駅前旅館(DVD) ◆20%OFF!

喜劇 駅前旅館(DVD) ◆20%OFF!
価格:3,780円(税込、送料別)









【送料無料】駅前旅館改版

【送料無料】駅前旅館改版
価格:420円(税込、送料別)



kappa_gallery at 00:01|Permalink

2011年09月20日

深夜のステーキ




現在、私が暮らしている四街道市には

深夜営業のファミレスが何軒もある。



丁度、今から三十年位前、夏の終わり頃に

初めて四街道に深夜迄営業をするファミリー

レストランがオープンして、それまでは暗くて

寂しかった夜の街が少し賑やかになった。


この店は当時、私の住んでいた自宅からも

歩いてすぐの近所だったので夜遅くまで絵を

描いていて小腹が空いてくるとこのファミレスを

利用したものだ。



その頃はスナックにもよく飲みに出掛けた。


そして、近所のスナックで知り合った我が街でも

人が善いと言われていた顔役さんとも何軒かの

スナックや居酒屋を飲み歩き、途中でどちらかの

腹が空いてくると、このファミレスに入って先ずは

メニューを開き、当時、三千円程度の値段ながら、

薄くて不味いステーキを店員に注文して、後から

色々な料理や飲み物を矢継ぎ早に注文しては、

この顔役さん、飲み過ぎると「マダか、マダか」と

急き立てたりする。


ファミレスのスタッフも、一言ぐらいは言い返したいのは

やまやまだけれど、普段はニコニコと穏やかで町内での

人望も厚い上御得意様であるから、ファミレスの店長を

はじめ、店員さんたちも黙って言いなりに従っていた。


貧乏絵描きの私にも、何隔たりもなく、チョイチョイ

アトリエに顔を出しては飲みに誘われたり、深夜の

ファミレスにステーキを喰いに行こうと誘いに来た。


飲み仲間の話では、この顔役さんは戦前に陸軍の

学校を優秀な成績で卒業していると聞いていた。


確かに頭の回転が良い人で、酒は万能で強いこと

強いこと、当時、男盛りの私も、ブランデーをボトル

一本、一晩で空けたりしていたが、とてもとても、

そんな程度のアルコール量では足もとにも及ばなかった。


肉料理は顔役さんも私も大好物だったので、

何度かは東京まで一緒にステーキを食べに

繰り出した事もあった。


しかし、深夜に飲食を楽しんだこの顔役さんも

突然倒れて帰らぬ旅人となり、今は閻魔大王や

その仲間達と仲良く何を酌み交わしているのか

私には分からない。



思い出の四街道で最初に開店したファミレスは

その数年後に客足が減り、閉店してしまった。



私も近年は深夜のステーキは敬遠している。






【送料無料】ファミレスは進化する!

【送料無料】ファミレスは進化する!
価格:1,680円(税込、送料別)











kappa_gallery at 00:01|Permalink