食べ物の話

2008年12月21日

一足早いクリスマスケーキ




昨日、我が家にクリスマスケーキが届いた。



クリスマスケーキ2




























このケーキは青森県でお菓子教室の先生をしている

『青い森の国から』のひろみさんにお願いして

無理を言って送ってもらった物だ。


届いたケーキは昨日が食べ頃と書いて

あったので早速食べた。


旨い!


まだクリスマス前だが、もう一切れも残らず

すべて腹の中である。



クリスマスケーキ1




























我が家まで数百キロの旅をしてきたケーキは

丁寧に梱包され崩れる事も無く、家族揃って

美味しく戴く事ができた。



手作りのケーキは心がこもっている。

ありがたい、幸せな事である。








X'mas2008♪クリスマスケーキ ストラップ




イチゴの大ヒット商品 博多あまおうをたっぷりと♪大粒あまおう4パック入り産地箱




シマヤ地下セラーにて低温管理中[1999]年ドンペリニョン 白【化粧箱入】正規品 750ml

kappa_gallery at 01:24|Permalink

2008年11月13日

海軍カレー




通販で注文した海軍カレーが届いた。


これは靖国神社、遊就館の売店でも

売っている商品だ。



海軍カレー






















このカレー、香りも良く美味しい。




懐カシイ、嗚呼旨イ。天下無敵ノ味!神奈川県産牛肉使用!横須賀鎮守府發 「よこすか海軍カレー...



kappa_gallery at 14:12|Permalink

2008年09月28日

青い森の国から届いたケーキ




ケーキ5





















青い森の国から届いた素敵なお菓子。




ケーキ1






















青森県に住んでいるお菓子の先生、ひろみさんに注文した

バースデーケーキが昨日の昼下がりに届いた。


家内の誕生日だ!




ケーキ3




























昔のトランヂスターグラマー?


老年に成っても誕生日のケーキや家族からの

贈りものには何時にも増した笑顔が嬉しそうである。




ケーキ6




















このケーキは、今迄、私の住む市内で一番美味しいと

評判のケーキ専門店の物より旨い!


市内で一番評判の良い専門店も不味いのではない。


店の経営を考えれば、個人商店でもあるので

多少の事はとは思って買いに行ってはいたが、

青森のお菓子の先生は全部自分で作るので

全てに手抜きがない。


夏期の冷凍されたお菓子も解凍してから食べる時間に

至までの細かな気遣いがうかがえる。


今まで買いに行っていた市内のケーキ専門店は

「ただ早く食べて下さい」との注意だけだ。


少なくてもケーキ屋の店主よりは年上の私は

馬鹿にされた気持ちで店に買いに行く毎に

不愉快極まり無かった。




ケーキ2


























青森のお菓子の先生は輸送用の箱や

梱包等に人の心が滲みでている。


ケーキやその他のお菓子の味にも旨さと作り手の心が

融合していて、実に一口食べる毎に美味しさと微妙な

満足感が口の中に広がってきて、食べる人を何とも

幸せにする味である。





ケーキ7





























三時のおやつに早速一緒に送って貰ったクッキーを

家族で食べながら、今年のクリスマスケーキは此の

青森の先生自ら作る生クリームケーキを早めに注文しよう・・ 

なんて話をしながら楽しい一時を満喫した。



郷土作家展、出品作品の裏書きも出来て、

ほっとした一日だった。


青森からは必ず箱の空いたところに、

おまけのお菓子を入れてくれる。




ケーキ4





















おまけ・・は年老いた私にも子供の頃の感動が

よみがえって来る。


近年は懐かしい言葉、「おまけ」。


今年もクリスマスが待ち遠しいなァー。








貴婦人が愛した食卓芸術




加藤千恵のバラのお菓子




藤野真紀子のエレガンス・テキスト






kappa_gallery at 01:56|Permalink

2008年08月24日

裏庭の無花果は完熟・蟻が入っていた




先日、通信販売で送ってきた産地直送と

ラベルが貼られていたイチジクを食べた。


無花果






















形が良く、皮を剥いているとプーンと

イチジクの匂いが鼻先をかすめた。


丸ごと、パクリと食べてみた。

イチジクの香りはするが、甘味は薄い。




少年の頃に自宅の裏庭に有った大きなイチジクの

木の枝には沢山の実がなっていた。

茎の付近まで皮が赤く色づいた完熟した実を採ると

皮がスルスルと剥けて、実の中はジャムの様に熟している。

木で完熟した果物はイチジクに限らずトロリとしていて

甘く、香りも豊で美味い。


たまには甘い蜜を食べに蜂が飛んできたり、

熟した実の中に蟻が入っていたりした。



私の住宅環境も現在は変ってしまったので

少年の頃の思い出が昨今の様に目前をかすめた

夏の夕暮れ刻であった。







【全国送料無料!】【朝採り完熟♪】あま〜い無花果は京都府城陽市産の[完熟いちじく]【きょう...




kappa_gallery at 01:12|Permalink

2008年06月30日

昔、アジの煮付けは旨かった




昔、年老いた母の料理でアジの煮付けを

思い出すと旨かった。



温かいご飯と醤油色したアジの煮付けだ。

私はアジの煮付けは出来たての温かい物より、

冷めて魚の身に煮汁がタップリとシミ込んだ物を

温かいご飯で食べるのが大好きだった。


私は自分なりに煮付けのアジを食べる時には

決まりが有った。


まず、アジの身の部分を骨からきれいに剥がして

食べて、頭の肉や頬肉はその時は、その儘に

箸を付けずに残しておく。


ご飯を一通り食べ終わった後で空いたお椀に

アジの食べ残った頭から骨迄、全てを入れて

刻み葱とか三ッ葉等、その時にある野菜を

ほんの少し入れ、沸かしたての熱湯をお椀の中の

鰺の骨に向かって威勢よく注ぐとアジの骨スープの

出来上がりとなる。


スープの濃さは其の時々の気分で鍋に残っている

アジの煮汁を加えて、好みの味加減に整えた。


アジの煮付けの骨スープは現在思い出しても

あの味は旨かった。


熱いスープを啜りながら椀の中で軟らかくなった

アジの頭を箸で崩して頬肉等を食べる。

又アジの白く成ったメンタマ(目玉)も珍味である。



現代のアジの煮付けは塩分控えめだ。

昔、食べたオフクロのアジの煮付け!

今日、食べたら随分塩辛いだろう?




アジ

















思い出したら家族で食べたく成ってしまった。

近日中に活きの良い小アジが魚屋に有ったら

昔風に濃口醤油と砂糖を多めに使って特別料理を

家人が作って呉れる事に決まった。


明日から手頃な大きさで活きの良い鰺に

町の魚屋で出会えることが楽しみである。







朝獲れぴちぴち鯵 1kg 小〜中サイズ



しゅう酸 錦鍋 24cm 日本アルミツルマル





kappa_gallery at 01:12|Permalink

2008年01月12日

アラビヤン焼きそば




アラビヤン焼きそば




















スーパーに買い物に行ったら懐かしい物を見つけた。

「アラビヤン焼きそば」粉末ソースが香ばしくて旨い。

このヤキソバは中々奥の深い世界があるようだ、

ファン倶楽部まであった。



サッポロ一番 アラビヤン焼きそば (30袋)
 







kappa_gallery at 13:47|Permalink

2007年12月21日

たこ焼き屋さん




絵を描いていると腹が減るので何か食べるのだが

その一つにたこ焼きがある。


いつも行く店は「たこ辰」さん。

以前は四街道で営業していたが今は隣町に引っ越した。

それでもクルマならすぐなので買いに行く。


店主は面白いオヤジさんで私の河童の絵にも

理解がある。

たこ焼き屋の店内は昔ながらの駄菓子が並んでいたりして

小さな昭和の風景が広がっている。


そして、焼きたてのたこ焼きは美味くて

こだわりを感じる店である。



たこ焼き



kappa_gallery at 14:36|Permalink

2007年12月15日

おもち




お餅




















今日は良い日だ。



土曜日の午後なので家でゆっくり寛いでいたら宅配便がきた。

愛知県のお米屋さんからの贈り物だ、つきたてのお餅を送ってくれた。


この方はもう何年も今頃になると必ずお餅を送ってくれる

私のカッパの大ファンだ、有り難い。


この餅が来るといよいよ正月モードに入ってきたなァ−。

忙しい・・。






kappa_gallery at 17:20|Permalink

2007年12月09日

峠の釜酒



所用で群馬方面に行ったので横川で

峠の釜めしを土産に買ってきた。



釜めし











お漬物は小さな容器に
5種類も入っている、旨い!
釜めしの漬物














週末は成田門前画廊に出掛けようと予定していたが

急用が出来て画商の社長と急遽、群馬方面へ

夜のドライブと成った。


あまり恵まれた天気では無いが道辺の落葉樹はすっかり

裸に成った処も有り、それなりに楽しい旅にもなった。


翌日は午前中に用事を済ませて昨夜はホテルに

遅い時間に着いたので簡単な天麩羅だった。

山菜の天麩羅は風味が有ってそれなりに旨かったが

明日は用事も有るのでと熱燗を三人で徳利五本程で

つづきは明日の楽しみにしておくことにした。


ホテルに帰って特別献立で昨夜の分まで地酒を呑んだ。

画商の車の運転手は酒は飲めないから料理を

二人前程食べて我慢していた。


頬っぺたは膨らまずに済んだが腹はだいぶ膨らんで見えた。

顔見知りのホテルだから我儘も聴いてくれるが地酒の味は

飲み慣れた千葉県成田市の地酒の老舗、鍋店で

特別限定の(検見川送信所月見酒、カッパのラベル)が

さっぱりした喉ごしで最近は私には飲みやすい。

そんなところで良い気分で帰途についた。


途中、横川に寄って「峠の釜めし」をお土産に買って来たが、

彼方こちらと見物したので予定より遅くなり、

釜めしの消費期限がギリギリとなってしまったから

急いで杉並の画商の店で我々の帰りを首を長くして

待っていた社員と皆で食べた。



旅の疲れを癒す為とか理由をつけ、徳利代わりに

空に成った釜に酒を入れ、酒の釜茹で「横川の釜さけだ」

なんて冗談を言いながら又飲んでしまった。

酒が足らなく成って社員が一升瓶を買って来た。


好きな物は止められない、しかし釜酒飲み過ぎたな。





(N)人形 駅弁売り(峠の釜めし・おぎのや)



【メール便で送料無料】峠の釜めし(プチマスコット)


kappa_gallery at 21:48|Permalink