タバコ

2013年11月07日

トニーノランボルギーニ




先日、知人の一人が珍しく

私のアトリエに寄った。


仕事中の私は無愛想である。

しかし、この知人の挨拶と笑顔には

一時の安らぎさえ感じさせる。


私もつられて笑顔で迎えた。


彼はカバンからタバコを出して、韓国製の

「トニーノ ランボルギーニをどうぞ!」と笑った。


確かに煙草のパッケージには自動車メーカー、

ランボルギー二の赤いマークがあった。



トニーノランボルギーニ






































私は韓国産の煙草は好きではないので

吸いたくはなかったが、ランボルギー二と

あるから、どんなものかと一服することにした。



知人の話しによれば、韓国を旅行中に

田舎のリンゴ園を見学したそうである。



韓国のリンゴ園については、私も子供の頃に

父親から話を聴いたことがある。



私の父は、戦前は実業家だった。


その事業の一部には朝鮮半島で鉱山や農地、

牧場等を所有していた。


日本国内とは土地の購入単位が異なり、

当時の朝鮮では、一つの村の田地田畑を

一単位として国から買い取った。


鉱山は山脈の尾根一本が一単位で、

それを購入していた。


一村単位で農地を幾つも買う中には

当然リンゴ園等も含まれていた。


収穫されたリンゴの出荷先は日本の

大手酒造会社と契約していた。


地主の父がスポーツとしていた狩猟用の

猟銃を肩に馬に乗って、朝鮮人の通訳や

番頭を連れ歩く姿が想像された。


髭を蓄え、明治生まれで精悍な父親を

思い出し、私はトニーノ ランボルギーニに

火をつけ一服した。



このタバコは韓国で発売当時に

大変な人気だったそうである。



私は、終戦後の昭和25年頃に小学校の近くの

文具店の片隅で販売されていた駄菓子の中に

ハッカいりの紙巻きたばこ型の駄菓子があって、

一度、親には内緒で買った事があった。


それを口にしたら、いやにハッカが辛くて

不味くて捨てた事があった。


この折角のお土産の煙草も、韓国料理やキムチを

食べた後等で辛さに舌が麻痺している時や、カルビ

焼きを大量に食べたあとには、このキツイ、ハッカの

タバコはお似合いかも知れない!



私は、知人が近くて遠い隣国から煙草好きな

私の為に買ってきてくれた優しい心の香りを

プカリと胸一杯吸い込んで、窓の外の秋空に

向かい大きく煙を吐き出した。


海の彼方のリンゴ園に届くことは無いけれど。









ランボルギーニ ムルシェアゴ:楽オク中古品

ランボルギーニ ムルシェアゴ:楽オク中古品
価格:13,000,000円(税込、送料別)







kappa_gallery at 00:33|Permalink

2013年10月08日

アルカポネ・葉巻煙草





このアルカポネという小さな葉巻煙草を

知ったのは、朝日新聞大阪本社ビルの

地下街で新聞社からの依頼でカッパ絵の

個展を開催中、新聞社の方々と道頓堀へ

出掛けた帰り道に寄った煙草店で偶然に

見つけた。


アルカポネと云えば、テレビドラマ等で

数十年前にたいへん人気があった悪人の

代名詞なような名前である。


この名前の葉巻が、小さな黒い箱に

ギュッと十本詰まっている。




アルカポネ



















味も香りも、小さな煙りの中からスーッと

出てくる辛さや苦味は、山椒は小粒でも…

と言ったことわざ通り、吸っていて其なりの

葉巻煙草の充実感がある。



その時以来、時々大阪でのやり甲斐のあった

カッパ絵の個展成功の歓びと、大阪に在住の

友人や知人と毎晩のように北に南へと飲食に

歩いて、その時々に色々な楽しかった思い出と

共に、名前は大きいが、小さくて可愛らしいこの

葉巻を吸っている。


一寸渋い葉巻である。


















kappa_gallery at 00:03|Permalink

2013年06月11日

ピーターソン・シャーマイン 『ブルーサファイヤ』




高級洋菓子のような香りと甘さがある

パイプ煙草のピーターソンシャーマイン、

ブルーサファイヤ。




ピーターソン・シャーマイン ブルーサファイア


























この煙草の葉が卓上に置いてあるだけでも、

甘く漂うこの香りは疲れを癒される。


煙草のケースの色や形のデザインも

落ち着いた上品さがある。


私は常用のドイツ製のパイプに

確りと詰めて、一服した。


梅雨時とは言え、今年は天気が良く

カラリとした空気だ。


パイプの煙は、よどみなく広がって行く。


きめ細かい煙草の味の終りには、

上等な洋菓子を食べた後のような

香りと甘さがある。


銀色に美しく残る燃えた灰にも

優雅な姿があった。


しかし、このパイプ煙草は、残念ながら

今回買った分で終りだそうだ。


私の好きだったパイプ煙草が、また一つ

この世から消え去った。


煙草の煙も、最後は空気の中に溶け込むように

消えて終うものだから、ファンに惜しまれながら

この煙草も消えた。


















kappa_gallery at 00:07|Permalink

2013年05月28日

老舗の嗅ぎ煙草




この処、本業の絵描き仕事と、

その他の雑用に追われる日々に

明け暮れしていた。


絵描きは楽しくもあり苦しくもあり、

生まれながらの天命のようである。


雑用が一番苦手でもあり、

心身共に重労働だ。


しかし、生きていく以上避けては

通れない事でもある。



仕方が無いのは煙草である。

いくら喫煙席でも葉巻やパイプ煙草は

煙も大量に出るから、辺りを煙だらけに

してしまい困ったものだ。


ある日、吸いたくても我慢をしている最中に

遠い昔の洋画のシーンを思い出した。


嗅ぎ煙草を遣っている画面だ!

当時は、殆どの場所で喫煙が出来たので、

嗅ぎ煙草などは気にもとめなかったが、

現在のように至るところが禁煙やら禁煙の

人々がやたらと多いと喫煙者は周辺に気を

付けながら喫煙しなければならない。



嗅ぎ煙草



























こんな世の中では、嗅ぎ煙草は素晴らしく

満足感を与えてくれる。


喫煙に煙は出ないし、香りは葉巻の香りの

ものもあるし、病院での延々と続く診察の

待ち時間などには老舗の葉巻の香りのする

嗅ぎ煙草は、頼りになる逸品である。



この嗅ぎ煙草を携帯することから、

ストレスも無くなり、病魔も去って

元気を取り戻した。



まあ〜、良いことだらけの陰には煙草の害が

人体を蝕んで要るのかは私には分からない。




煙草を始め、好きなものまで我慢して

命乞いをするのも、その人の生き方、

カッパのように水陸両用に生きるのも

一生である。
















kappa_gallery at 00:01|Permalink

2013年04月23日

ダビドフ・ブルーミックスチュア




パイプ煙草も各々特長があって、

最大限にその煙草の持つ良さを

引き出すために自分なりの工夫を

するのもパイプ煙草を吸う魅力だ。



日頃常用しているフランスのパイプで

『ダビドフ・ブルーミックスチュア』を

何回か喫煙した。




ダビドフ




















この煙草は香りも味も良いのだけれど、

もうひとつ気に入らない。


あれや此やと実験しているうちに

以前、買い置いて、未だ一度も

使っていないドイツのパイプで

吸ってみた。


パイプのエージングも終り手や唇に

馴染んできたころから、この煙草の

味と香りがズシリと落ち着き、きめの

細やかな香りが一層豊かになってきた。


其からは、自宅で一日を過すときには

暑さや寒さに関係無く庭のテーブルで

プカリ〜…、プカリ〜…と煙りが、空や

樹木の間へ風で流され散って行く様を

楽しむことにする。



優等生のパイプ煙草であるから、

取分け此れと言った癖も無く、

然りとて、飽きない香りと味を

持ち合わせている。


















kappa_gallery at 00:33|Permalink

2013年04月09日

サミュエル・ガーウィズ  ベストブラウンフレイク




サミュエル・ガーウィズの

ベスト ブラウン フレイクを

ドイツ生れの黒いパイプで

思いきり吸ってみた。



ベストブラウンフレイク


















無添加のこの煙草は、細い帯状で

缶に入っている。


それを自分の好みの大きさに指で

千切ったり、細かくほぐしたりしながら

パイプに詰めて吸うことが出来るから、

その時の気分次第で色々に楽しめる。



自然な白い煙りと枯れ葉のような香りは

昔の落ち葉焚きを彷彿させる。


どの様にパイプに煙草を詰めようが、

簡単に火が着くのも嬉しい限りだ。


春は満天青空でも、風は冷たい。


私は庭のテーブルの冷たい合金の椅子に

ドカリと腰掛けてプカリ、プカリとこのベスト

ブラウン フレイクの煙りを口の中一杯に

吸いながら、寒さや風の冷たさをすっかり

忘れて、無添加なこのタバコで昔懐かしい

庭の焚き火で落ち葉の燃えるような匂いを

連想して、パイプからの白い煙りの香りを

存分に満喫した。


クセの無い吸い易いタバコである。



















kappa_gallery at 00:04|Permalink

2013年03月26日

トレジャラ−、ラグジュアリー・ゴールド




舶来の新製品で既製品の紙巻き煙草、

トレジャラー、ラグジュアリー・ゴールドを

吸ってみて、辛い、苦い、渋い、これが

この煙草を吸った時の私の舌の感触だ。




トレジャラー ・ラグジュアリー・ゴールド1























日頃から葉巻やパイプタバコは

仕事場か自宅の庭で吸っている。


主に仕事中や、一息ついた時に

ぷか〜り…プカ〜リとやっている。


その他の時は手巻き煙草を吸って楽しんだり、

嘆いたり、喜怒哀楽を煙草の煙とともに空に

舞い上げたり、風にのせたりしている。


既製品の紙巻き煙草は雑用で忙しいときだの、

クルマの渋滞中だの、単純作業の時に吸っている。

だから結構、味や香りがシビアになる。


このトレジャラ―、ラグジュアリー・ゴールドは

一つ一つの辛みや苦み、そして渋みが煙の中で

ハッキリとした輪郭があるようだ。


まるで、それぞれの味がカプセルに入っていて、

吸った瞬間に口の中でカプセルから各々生まれ

出るような従来には無かったような新しい感触だ。




トレジャラー ・ラグジュアリー・ゴールド2






















好む好まざるは喫煙者次第だが、カッパの私には

この煙草の総体的な味は、少しばかり几帳面過ぎて

取り分け吸いたくなるような煙草ではなかった。
















kappa_gallery at 00:03|Permalink

2013年02月12日

パイプ66




パイプ煙草の葉で、『パイプ66』は

面白い缶に入ってる。


一般的にはパイプ煙草の葉は丸い

金属の缶に入っている物が殆どだ。


しかし、『パイプ66』はお菓子の缶のような

一風変わった缶に入っている。




66





童話の挿絵に出てくる宝の箱にも見える。


テーブルの上に置いてあっても、

夢の膨らむデザインでもある。


いざ!フタを開けると高級洋菓子のような

甘い香りが漂い、美味しそうな煙草である。


先ずは常用のパイプに私の基本に沿って

パイプ66の葉を詰めてからソッと火をつけ、

プカリ・プカリと吸ってみた。


軟かな煙は、味も軟らかである。


パイプの火も穏やかで、

比較的取り扱いが楽である。


アトリエでパイプを銜えながら作業するには

味も香りも程よく重宝な煙草だ。


自宅でも仕事場でも最近は当然のように

『パイプ66』の出番が多くなりつつある。


















kappa_gallery at 00:06|Permalink

2013年02月05日

アクロポリス




別格に美味い手巻き煙草『アクロポリス』。



アクロポリス




これは値段も高いが、香りも味も好感が持て、

要らぬ神経も使わずに確りと巻きやすい。


しかし、初心者には味が少々キツイと

思われるかも知れない。


アクロポリスは繊細な煙草本来の味だから、

ゆっくりと憩の一時にプカーリ、ぷか〜り…と

じっくり味わうほどにこの煙草の美味さが、

より豊かになってくる。



このブログを書いていたらアクロポリスを

また一服吸いたくなってきたので、此より

厳冬の夜空の下、庭に置いた白い椅子に

腰掛け、薄明かりを頼りにアクロポリスを

指先でクルリと巻いて一本吸うことにする。















kappa_gallery at 00:01|Permalink

2013年01月08日

トレジャラー ブラック




正月はノンビリと最高級紙巻き煙草、

『 トレジャラー ブラック』を堪能。



トレジャラー1




舶来紙巻き煙草の最高級品を正月休みにでも

ゆっくりと吸えばと倅がプレゼントしてくれた。


それを元旦からノンビリと吸ってみた。



トレジャラー2





高級品の煙草に有りがちな香りと味は

優等生的なバランスが良いだけではなく、

この最高級な煙草は葉巻とも、パイプ

煙草にも似ていない。


紙巻き煙草独特の凝縮された煙の中には

苦味ばしった独特の味がある。


無論、香りもワイドレンジである。



トレジャラー3



火口から流れ出る煙も穏やかで、

アトリエの静かな空間に舞い立つ

一条の煙は、正月の空気を一段と

浄化してくれる様子でもある。


新年早々であるから、この煙草の

良いことのみ記憶させて置くこととした。








kappa_gallery at 00:48|Permalink