ラジオ

2012年09月21日

四つ角の電器店




我が街の四つ角とは、四街道十字路である。

大木の榎が傷つきながら痛々しく、現在も

辛うじて健在だ!


四街道市の名称発祥の地である。



今から五十数年前に榎の側に

掘っ立て小屋風な電器店が出来た。


当時流行りのマジックアイ付き

六球スーパーヘテロダインの

真空管式ラジオが五台か六台と

小型レコードプレーヤーとアイロン、

その他小物類、白熱電球に乾電池が

並んでいた。


この時代のラジオは普通の家庭では

大きな買い物の部類だった。


四街道の住人の殆どは千葉や東京の

秋葉原の電器店で買っていたようだ。


おのずと四つ角の電器店ではラジオの

修理が大半だった。


この店主は、私の家の近所で昔からの

知人だったから、中学生だった私は

よく店に遊びに行った。


その頃、送信管の807ppトランス結合の

出力100ワットのアンプをここの店主は

苦労して作った。

後にこのアンプは春日神社の秋祭り等に

貸出されて町民にも重宝されたものだった。


時を同じくして、四街道にも映画館が誕生した。

この映画館の幕間の休憩時間に鳴らす

音響装置一式をこの店主が請け負い

既製品のアンプケースに組み立てた。


少ない予算で製作したのだろうか、

どう贔屓目に聴いても、音質など隣街の

封切り映画館とは比べ物にならないほど

貧弱だった。



四つ角の電器店も一時は繁盛したものの、

時代はテレビへと移り、ラジオの修理も

閑散となり、店主は店をたたみ都内の

何処かに勤めた。


その後、電器店の何も無くなった蝉の

脱け殻のような建物は、巨大な榎の

下に佇んでいたが、やがて解体されて

跡地にはガソリンスタンドが出来て

現在に至っている。


兄弟の多かった電器店の弟さんと私は

竹馬の友で、現在もこの街では数少ない

親友の一人で、年に何度かはとびきり美味い

コーヒーを飲みながら日の暮れるのも忘れて

話に花をさかせている。


ラジオ店主だったこの親友の兄さんは、

十数年前に高齢と病で他界した。


私達の子供の頃は、榎のある四街道

十字路は空地で紙芝居が来たり、小さな

子供達が遊べる小さな公園であったりと、

時代の流れと共に変貌してきた。


思い出深い榎の下の小さな日陰である。


子供の頃は広く感じた四ツ角も、

現在は狭苦しい十字路である。
















kappa_gallery at 00:02|Permalink

2011年06月21日

やめられない真空管ノスタルジー




私は昔からの趣味である真空管アンプの

自作を未だに止められない。


音楽を聴く為だけなら現在は世界の名機と

言われるステレオ装置を数台持っている。

しかし、其でも少年時代から真空管式ラジオや

真空管のアンプ等を自分であれこれと設計して

組立て愉しむ趣味は生涯変わらない。



近年では、大昔の真空管を探して来ては

ノスタルジックなアンプを作り、明々と灯る

真空管を眺めながら、一人ほくそ笑んで

レコード鑑賞をするのだが、何と言っても

一番楽しいのは自作真空管アンプ作りに

欠かせない部品類を揃え集める日々である。


頭の中で次なる回路図を考えて必要な部品の

選択をしたりしている間に、また別の回路図が

浮かんでくると急遽、計画の変更をしたりする。


そして、部品が規格品に無い物はメーカーへ

特注して出来上がって来る部品の仕上がり等、

愉しみは色々とある。


自作アンプはすべての調整と点検が一応済み、

第一声の音が無事にスピーカーから出た時に

喜びの最高潮に達する。


其からは手直しと改良を重ねて何とか納得の

出来るまでの音になるアンプと、いじくり壊して

終うものとに別れる。



今回も珍品の真空管を手に入れた!


頭の中で創造した回路図を元に

今は部品集めに勤しんでいる。


一体、どんな音を出してくれるのか

愉しみの毎日である。






【送料無料】真空管オ-ディオアンプ製作

【送料無料】真空管オ-ディオアンプ製作
価格:2,310円(税込、送料別)












kappa_gallery at 00:04|Permalink

2008年12月17日

テレビの裏ブタ




我が家のテレビの裏ブタは今も外れている。

真空管アンプも回路がまる見えの状態だ。



今、使っているテレビはDVDプレーヤーの

接続ケーブルが太い為に裏ブタの端子板のカバーを

閉められず、カバーを取り外したままで使っている。


携帯電話機やパソコンの裏ブタは開けないが、

テレビ、ラジオ、ステレオアンプ、CDプレーヤー、

電子楽器等、あと白物の家電品も裏ブタを

開けて中身を観察する習性がある。



近代は観察したところでメンテナンスに

役に立つ事は殆ど無いけれど、裏ブタや

底ブタを開けると、色とりどりの配線やら

部品を眺めるのが面白い。




私は少年時代に真空管式ラジオや無線機等を

自作したが、ケースが高価なためにシャーシー

剥き出しの状態で使ったりして、剥き出しに成った

パーツを見ていると、今だに少年の頃に戻った様で

楽しく幸せな気持ちに浸る事が出来たりする。




  さて、このブログの記事については

  一つお断わりが有る。


まさか、物好きな私の真似をする人は

居ないと思うが、電化製品という物は

扱い方によっては簡単に人間の命までも

奪う事さえあるので、安易な好奇心で

テレビの裏ブタを開けたり、修理等、

絶対に私の真似はしないで下さい。



私は画家ですが、以前このブログにも

書いた通り、電気製品、特にテレビに関しては

修理技術の検定試験にも合格しており、

無線技術も理論上だけではなく、実際に

実務経験も有るので、電気の恐さを

人一倍熟知した上での楽しみです。








ベストセラーを継承する真空管アンプ入門キット6BM8真空管ステレオパワーアンプEKJAPAN(イーケ...




MJ無線と実験 2008年 12月号 [雑誌]




トランジスタ技術 (Transistor Gijutsu) 2009年 01月号 [雑誌]

kappa_gallery at 01:16|Permalink

2008年09月05日

落語のCDは落ち着かない




ラジオで子供の頃から落語を聴きつけていた私は

現代の音質が良いCDやDVDに録音されている

落語を聴いても何故か落ち着かない!


音質が良すぎるからだ。



勿論、私が好きな噺は古典落語である。

例えば、蕎麦を食べる落語家の表情や

蕎麦をツルツル、チュルチュルと扇子を

ハシに見立てて食べる場面などがCDで

聴いていると音域が広すぎるために噺を

聴いていて、噺の間の大事なゆとりが乏しくなる。


それは聴いていて落語家の声が余りにも

ハッキリし過ぎてしまうからだ。



私は現在、落語のCDからipodに一度録音する。

ipodからは無線(FMトランスミッター)で飛ばして、

何十年も昔のゲルマニュームトランジスターの

ラジオで受信してアナログ音で聴いている。


その送受信距離は僅か30センチ位だが、

電波は空中を飛び、部屋の中の机上には

ミニ送信所と受信所が出来上がるのである。



初期の頃の旧いトランジスターラジオから

聞こえてくる音は、私が子供の頃に聴いた

あの落語家の声や仕草を彷彿させる。


そして聴きながらスヤスヤと眠ってしまう夜もある。


ipodと旧いラジオと古典落語は時には

私の快い睡眠導入劑になる。







【13時までのご注文完了で当日出荷可能!】【送料無料】【在庫あり】APPLE MA978J/A / iPod nan...




 audio-technica FMトランスミッター【税込】 AT-FMT6-WH [ATF...



【ECO】SANYO eneloop エネループ ソーラー充電器 N-SC1S




『■激安!秋先取りSALE開催■』サンヨー【eneloopエネループ】単4形4個入りパックHR-4UTG-4BP...




【送料無料選択可!】特選落語名人寄席 12 湯屋番/時そば / 十代目 柳家小三治




kappa_gallery at 01:34|Permalink

2008年08月04日

青色LEDとラジオのマジックアイ




夜の首都高速道路や湾岸道路を走っていると

対向車の中に青色のLEDランプを点けて

走ってくる車がある。


それが何とも美しく見える時がある。



私は遠い昔の真空管ラジオに付いていた

マジックアイを思い出す。


昔の木製キャビネットのホームラジオには

必ず、大きめな選局表示板の片隅に緑色や

青色のマジックアイが付いていたものだった。


選局していて、上手く同調すると丸い輪が

ピタリと閉じ合わさるか、!の記号の形に成った。


電気を消した暗闇の中でラジオの深夜放送を

聴いている刻等はマジックアイの蛍光色が

鮮やかに光っていた。


近年は交差点の信号機も、その外の電光掲示板も

LEDに成ったが、あのジックリと落ち着いた光は

時には安心感さへ覚える。


其の安心感とマジックアイが、ラジオの同調を

表示した時の良かったと思う安心感をダブラせて

思い浮かべるのだろう。


光は瞬く星の様にチカチカとしたり、夏の夜空に

浮かぶ月の光の様に何処かボンヤリ大人しかったり、

冬空の月光は切れ味が良かったりと光の色は

想像豊かで面白いものである。






インテリアクロック 青色LED -MAG T-500-置時計





kappa_gallery at 01:11|Permalink

2008年07月12日

夏になると聞こえる異国のラジヲ




深夜一時を過ぎた。


ラジオのダイアルを回していると

突然、異国のラジオ放送を受信する。


もう夏だ!と認識する。


電離層の状態で夏場は遠方の電波を

傍受出来る日が多い。


自宅で仕事をしていて、夜遅く零時を過ぎると

ステレオアンプのスイッチを切り、もう三十年も

使っているラジオのスイッチを入れる。


気に入った番組はないかとラジオのダイアルを

静かに回して選局している時に突然大きな声や

音楽が飛び出してきたり、かすかな音に

フェージングが掛かって、波間に漂うボートの様に

見え隠れして聞こえてくる海の向うからの

ラジオ放送は真夏の夜の楽しみである。


電波は四季を通じて、夏の旅が

一番遠くまで飛んでいくのか?


秋から冬に掛けては異国の遠いラジオ放送は

受信困難と成ってくる。


絵を描いていると突然、全く違った世界から

自分の作品を観たくなる。


そんな夜は星空の彼方から飛んで来るような

珍しい音楽は気分を転換させるものである。


今年も夏が来た。


深夜のラジオのダイアル回しが面白く成ってきた。







FM/MW/SW1-7 ワールドバンドレシーバーICF-SW22




真空間ラジオ




kappa_gallery at 01:08|Permalink

2008年03月06日

ゲルマのトランジスターラジオ




昭和三十年中頃に成って日本製の

ゲルマニュームトランジスターラジオは

実用に耐える素晴らしい発展をした。




現在は何石ラジオと言った言葉は死語になってしまったが

ラジオの性能を表す6石ラジオとか7石2バンドラジオ等と

表示してあり、その様に呼んでいた。


6石とはトランジスターが6個、ラジオに使ってあるとの事。

当時はトランジスターを石と云っていた。



その頃アルバイトで深夜迄、私は輸出専門の

都内、下町に有ったトランジスターラジオ工場の

研究所で10カ月程、ポータブルテープレコーダーの

開発を担当した。


未だ日本では珍しく、参考資料も少なく

洋書を駿河台の本屋を歩き探して来ては

参考資料に読んだが苦手な英語を和訳する方が苦労した。



この頃はおにぎり屋が繁華街に何件もあり

オニギリブームだった。

仕事の途中等で腹が減ると研究所のホンダ250CC

ポンコツのバイクで亀戸までオニギリを買いに行った。


一応、研究所でのテープレコーダー、一号機も完成したので

徹夜が続く研究所でのアルバイトは体に悪いと

両親が心配するので、研究所内で試作の完成祝いを区切りに

辞めてしまった。



私としてはチョット残念な気持ちであった。

その会社は社長も工場長も二十代後半の若さで

経営方針も斬新で、若い私達の意見もよく理解した。

新しい実験用測定器も所長に申請すると直ぐ購入した。

現在も風の便りでは素晴らしい会社に発展している。



その頃、アメリカに何十万台と輸出された

面白いラジオが存在していた。

2石でスピーカーから、かなり聴きやすい音量で鳴る

レフレックスラジオであった。

このラジオはヤンキースタジアムで野球観戦時に

ラジオ放送を聴く為の使い捨てラジオだった。


当時、日本では秋葉原の電気屋街で輸出の検査に

どうしても合格しないB級品が若干売られていたようだ。


知人が秋葉から買ってきて、自慢げに私に上野公園で

ラジオニュースを聴かせてくれた。

音がビリついていたので次回にスピーカーを交換してやったら

絵描きがラジオが直せたと大騒ぎして喜んでいた。

そのラジオもB級品でした。


何処がB級かは企業機密である、

何十年経っても秘密である。







ミズホ通信製品 ピコAMラジオ オールキット RX−123D 




おとなの工作読本(no.6)


kappa_gallery at 01:13|Permalink

2008年01月09日

我が家のラジヲ・昭和十三年頃、米製




我が家のラジヲは私の生まれる前から有った。

そのラジオは我が家の何代目のラジオかは

今となったら判らない。


ラジオのキャビネットの高さは約650ミリ、横幅450ミリだから

かなり大きく見えた。


マグネチックスピーカーは10インチが付いていた。

同じ年代の国産ラジオの外観と比べると、可成彫刻風な飾りが、

がっちりと出来ていた。


電畜では無くラジオだけだから裏蓋を開けると

ナス型の真空管が6本並んでいた。

その脇に馬鹿に大きい、ちぢみ金メッキのカバーが

かぶさったトランスが3個、ペーパー・コンデンサーが4個、

銅に黒く焼き付けメッキされたカバーがしてあるコイルが2個、

ナス球2本にも銅製のシールドカバーがかぶせて有った。


バリコンは大型2連がシャーシの中央に、まるでビルの様に

そびえ立ってた。


このラジオは昭和20年の天皇陛下が国民に

我が日本帝国の敗戦を放送する僅か数日前の夜、

ラジオの裏から煙が出て壊れてしまった。


親父は隣家の「国民受信機?型」で聴かしてもらったそうだ。


その後、何年も天子様の声を自分の家で聴けなかったことを

くやしがっていた。

多分正座でもして、お聞きしたかったのだろう、

明治29年の生まれだったから。



その後ラジオは新聞紙に包まれ永いあいだ物置の棚の隅で

埃布団を被り寝ていた。


私が中学の卒業から高校生になる間の

何となく呑気な気分で居られた春日和に物置から

そのラジオを引っ張り出して修理に挑戦したが

まだ未熟な技術で分解して終わってしまい、

二度と元には戻せなく成ってしまった。


この事が無線技術者に成った間違えの一粒の種だった。



カッパ沼の橋を渡らず、だいぶ遠回りして

やっと地酒家の二階に住み着いた。





 学研トイホビ― 大人の科学 真空管ラジオver.2




Vintage radio collection




こだわりの真空管ラジオ作り


kappa_gallery at 01:59|Permalink

2007年12月16日

FENでウエスタンを聴いた頃




中学生時代。


千葉の街までボンネットバス、片道十円也。


休みの日に一人で西部劇観たさに

月に一度は行ってた。

ダイヤモンド劇場、新興館、何故か安い劇場が

西部劇をやっていた。


多めのこづかいを義理の姉から貰った時は

千葉劇場や銀映にも行ったが

やっぱり西部劇が好きだった。


此れには理由が有った。

近年亡くなってしまったすぐ上の兄だが

子供の頃一番遊んで呉れた兄がウエスタン・カントリーが

好きで僕の初めて作った三球ラジオを取り上げては

自分の部屋で聴いていた。

僕が取り返しに行くと「この曲が終わってから返す」と

云ってなかなか返して呉れないから僕も一緒に聴いていたので

僕もウエスタンが好きに成っていた。


ある日、弟を遊びに連れて行くからと母から兄がお金を貰って

二人で西部劇をダイヤモンド劇場へ観に行くはずだったが

兄が向かった先は新宿だった。



国鉄新宿駅(JR新宿駅)を出ると田舎町で育った僕は

兄から目を離さずに後から付いて行くのがやっとだった。

車や人や店の立て看板が目先を遮り、

おもうように歩けない。


それでも二十分近く歩いて一軒の店に入った。

其の店はカントリー・ミュージックを

主に聴かせている喫茶店だった。


壁にはレコードジャケットにある写真が

トコロ狭しと貼られていた。

カウンターや椅子まで西部劇映画に出てくるものに似ている。

カウンターに腰掛け僕はアメリカン・コーヒーを飲みながら

カントリー・ミュージックを聴き、靴の踵を鳴らしては楽しんだ。

他のお客さんも皆同じ様な仕草をしていた。


可成の時間、まだ聴いたことの無い曲など聴いてから

帰り道、レコード店で一枚買って次の日曜日、

家で買って来たレコードを聴いていたら

オヤジにウルサイ・・・・ 勉強シナサイと怒られた。



父は明治生まれで、実業家になる前は

大倉土木(現在の大成建設)で親子二代、

鉄道工事や橋の土木工事の総責任者などを

歴任したから我が子・男子には建物などより

桁違いに大きなスケールの自分が手掛けた様な

ダムや橋の仕事をさせたかったのだろう。



残念ながら私は絵描きの兄の影響も有って

清貧な画家への道を選んだ。



今、アトリエには

「スウィトナーのベートーヴェン・交響曲第九番」が

流れている月並みな日でもある。






【送料無料選択可!】ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調作品125「合唱」 [完全限定生産] / オト...


kappa_gallery at 01:20|Permalink

2007年10月10日

昭和の風景ヨリ 秋葉原、真空管




昭和29年、私が住んでた町にはラジオを満足に

修理出来る店が一軒だけあった。



家に有った旧いラジオなど他の店に修理に出したら

もっと壊れて却ってきたなどといわれる時代から

数年しか経っていない時だから、現代の方々には

理解出来ない噺だとおもう。



そんな時代、まだラジオの部品は秋葉原に行けば、

中古品から新品又は新品らしきものが、戸板みたいな物の

上に山にして売っていた。



そこにラジオ修理店のオジサンがまだ少年だった僕を

買い物へ一緒に連れていってくれた。

僕は細い目を丸くして、正月皆から貰ったお年玉で、

帰りの汽車賃だけ残してトランスや小物パーツ、

またメーカーが、よく判らない真空管も買ってきた。



真空管を買うと店の親父さんが、色んなソケットが付いているラジオに

その買った真空管を差し替えて、ガァー、がぁーと音がでたところで

バルブの頭をゆびでポンと弾いてノイズがでなければOK。

真空管のソケットに何やら判らない判子を押して白い紙袋の口の処を

フぅーとふいて袋を膨らませその中へポンと入れて

ハイ幾ら、いくらと渡して呉れる。



ほとんど、どこのお店も同じ様なパターン

ちなみに保証は中古真空管は7日だった。


kappa_gallery at 01:34|Permalink