『ダンジョン オブ レガリアス』を応援しています!


ブランドHP
作品HP



※ネタバレを含みます。
 ご注意ください。




CG129枚(うち非HCG20枚 差分込み1096枚)
シーン数86(メイン8サブ5or4複数6)
BGM37曲(OP含まず、勝利コール等含む)
主題歌・OPムービー有(但しWeb公開のみ、ゲーム内には無し)
END1つ
プレイ時間30~40時間(難易度ノーマル、CG・シーン100%まで)


攻略(暫定)はこちら



短評
どの要素をとっても平均以上のものがあったのですが、
最後の詰めの1割をどこかに置き忘れてしまっていて、
総合評価としてはイマイチ(もったいない)な感じが否めませんでした。



シナリオ
記憶を失った主人公が自分のルーツを求めて遺跡を探索していく中で、
ヒロイン達と出会って親交を深めたり、街の闇に巻き込まれて奮闘したりするお話。
非常に王道的な話で突飛などんでん返し等もなく、
稀にピンチになることがあるものの、主人公とPTメンバーが非常に優秀なためさくっと解決していく感じでした。
ただその辺ちょっと卒が無さ過ぎて逆に盛り上がりにかけた感じも。


平素のテキストとしては、もう少しキャラクター同士の掛け合いを増やして欲しかったかな、と。
序盤にはクラウディアとエドナだけの会話イベントとかもあったのでその辺期待していたんですが、
もう少し純粋な会話イベントを色々と増やしてキャラクターの掘り下げもしていって欲しかった感はあります。

あと、これはほんと最近のアストロ作品で毎回思ってる事なんですが、
フラグ管理が甘いのか何なのか、時系列の矛盾度が今回特に酷かったように思います。
ネムとはまだHしてないのにしてる事になっていたり、
ネムとエドナはもう仲直りしているのに別のシナリオではまだしてなかったり、
リナリスはもう居なくなっているのに居ることになっていたり、
まだ緑化地域に達していないのに緑化地域を舞台にしたイベントが挟まったり。


CG
安定のMM先生、そしてワイド対応2作目。
前回は無理に1枚の中に収めようとしているように感じる事が多かったのですが、
今回はそういった狭苦しさをあまり感じずワイド画面を大きく使っているように感じられました。

1つだけ、書くならこの項しかないと思うので、
ADVパートのダンジョンの背景はもうちょっとなんとかならなかったのかなって。
色変えたり反転したりしただけと言うのは少し省エネ過ぎるのでは、と思ってしまいました。


CV
みるさんと春日アンさんが居なくて全俺が泣いた。

ふざけはこれぐらいにしておいて、
エドナの ふふーん って感じの演技や、デレデレになったラヴィニアの声色、
この辺りが特に印象に残っています。

あとはウルスラグナから引き続きの渋谷ひめさん、
ちょっと素直になれないツンデレ気味なのが鈴鳴と被っていましたが、
この方のそういう演技が好きなんだなぁ、っていうのを今作で強く感じました。


Hシーン
まずは何よりも、ダン○ル2でなくなった敗北陵辱が復活してくれたのがありがたかったです。
ただ、復活させるなら「特定の戦闘で敗北」ではなく、
ダン○ル1と同じで「何でもいいから敗北したら」でモブレイプ、で良かったかなって。
そういう好みなもので、エドナやネム、メリエルの2つ目等が特に良かったです。
特にネムさんの「んぴぃっ♪」は語り継ぎたい。

全体的にもほぼ全キャラにおいてフェラとパイズリ(パイフェラ)が別枠でとられていたり、
主人公がベッドヤクザで存分にヒロインを喘がせていたりと満足度は高かったです。

ハーレムも、
シズクとユウカゲの師弟を並べて味わうプレイ
欲求不満なメリエルとアーシュラを互いに焦らしながら味わうプレイ
教会3人組のトリプルパイズリから、3つの尻を縦に重ねて味わうプレイ
エドナと一緒にネムをいじめるプレイ
リナリスと一緒にドーラをいじめるプレイ
クラウディアとエドナにWフェラをさせた後ケツを並べてマンコもアナルも味わうプレイ
と、いかんなくベッドヤクザっぷりを発揮するいい感じのプレイが揃っていました。


BGM
今作は久しぶりのAngelNote 佐々倉マコトさん。
謎、ダンジョン4、通常戦闘2、通常戦闘3、ボス戦2辺りがお気に入りです。


ゲームパート
まず基本的なシステムは非常にオーソドックスなコマンドRPG。
ダンジョンはクォータービューのマス目MAPで、多少のギミック有、ゲームパッド非対応。
敵はシンボルエンカウントでアクティブ化有、ランダム移動有。
ドロップに付加効果(最大2つ)が付く事があるのでハクスラ要素も有、アイテム・敵図鑑も搭載。

PT編成が可能なキャラは全部で9人で、
前衛(オリアス・クラウディア・ラヴィニア・シズク・ゼノビア)
後衛(エドナ・メリエル・ネム・ドーラ)
各キャラ多少被る部分はあるものの、スキルやステータスは上手く差別化出来ていたと思います。
全キャラ21~16のアクティブスキルと11のパッシヴスキルを習得し、
そのうち5つづつをパレットにセットしてキャラメイクをする形でした。

バランスについては、今回難易度がEASY NORMAL HARDとプレイ中に変更可能で、
最終章になるとCHAOSが解放され、歯ごたえを求める人、さくさく進みたい人の
住み分けがしっかり出来ていたと思います。
実際ノーマルで全編プレイしましたが、特別レベリング等しなければ敵が雑魚になりすぎる事も無く、
最後まで一定の歯ごたえを感じながらプレイすることが出来ました。
恐らくハードでやればもっとしっかりと装備やスキル、パーティーを考えるやり応えが得られたのではないかと思います。

ただ、途中で出現する強敵(紫シンボル)については、
避けてくれという注意があった割にはアクティブ化したりランダム移動したりと
かなり避け難い挙動をする場合が中盤以降かなりあったので、
そこはルーチン移動・非アクティブで良かったんじゃないかな、と。

あと紫の敵があまりに強すぎて、反動でボスが弱すぎるんじゃ?、と思う事もしばしば。
ボスはもう少しHP上げて攻撃力を下げて厭らしさを増して、
長期戦になるような仕様になればよりボスと戦っているらしさを出せたんじゃないかなと。
特に最終章のvsドラゴンラッシュは、テキストでは「すごい強敵!」のように書かれているのにさっくり死んでしまって、
うーん、という感じが否めませんでした(尤も即殺しなければこちらが即殺されるんですが・・・)

ちなみに、これを書いている時点で実は全ての強敵を倒していないので、
やり応えは本当にあると思います、CHAOSの強敵とかレベルカンスト・装備厳選が必要そう。



総評
全体的には本当によく出来ていて基本面白かったんですが、
最後の最後、もう1歩詰められたんじゃないかという部分がかなり散見されてしまったのと、
盛り上げるべき所の盛り上げが(実際オリアスに夢みたいなものがないんですよね)弱かった、
その辺があれば本当に最高だったのかなぁ、というのが本音です。
(あんまり言いたくないんですが、マスターが今までで一番ぎりぎりだったり、
 発売日以降連続でパッチがぼろぼろ出てきたりもしたので、
 完成度より発売日を優先させちゃったのかな・・・という思いは否めません)

とは言え、直近のウルスラグナ・エクセルキトゥスで一番気になっていた難易度の部分が改善されていたので、
今後のゲーム系作品にその辺が引き継がれていって欲しいな、と思います。
あと、固定声優ばかりで云々という声があることもその声も理解は出来るんですが、
やっぱり私はその固定声優さん方が好きなので、次は出るといいなぁ、という辺りで総評は終わります。



キャラクター

オリアス
主人公、ゲームが開始し舞台となるイシュガリアに到着するや否や、
速攻で娼館へ娼婦を抱きにいくという下半身に率直な男でした、中々新鮮。
傭兵として生き抜いてきたからか察しは良く、何事も卒なくこなす所は小気味よくはありましたが、
己の過去を探しに来たと言う動機に対してもう少し渇望的な物があれば、より魅力的に感じられたかもしれません。
(わからなければわからないでも構わないかな、ぐらいに感じました)
戦闘では序盤は戦闘もヒーラーもこなせる万能タイプ、
中盤から二刀流を覚えて火力役もこなせ、
種子を惜しみなく使えばありとあらゆる選択肢がとれるという、中々に面白いユニットだと思います。
オリアスソロで強敵と戦ってみた、みたいなのも面白いかもしれません。

クラウディア
センター褐色ヒロイン。褐色の時代がとうとう来ましたね。
傭兵国家の元王女様で今は奴隷で剣闘士という設定で話もそれに沿って進んでいましたが、
話の主題にそれがあまり絡んでこないこともあってイマイチ活かしきれていなかったかも?
最後の終わりも悪い噂は聞かないってことなので、オリアスと一緒に世界を見て回りたい、
みたいなありがちだけど王道な終わらせ方でも良かったんじゃないかなと思いました。
エロシーンは4つ目の跪いてのフェラが1番好きでした、5つ目のCGがドレス姿じゃなかったのはちょっと残念。
陵辱はアビドラにやられるのと闘技場の観客に輪姦。
戦闘では武器が両手武器ということで、完全に前衛アタッカー。
序盤で覚えるアサルトラッシュで最後まで活躍してくれました、
高難易度だと防御させてカウンターとかでもいいのかな。

エドナ
今回のブライトリーフことエロフ枠、CVはひむろゆりさん、ありがとうございました。
いやほんとエロフですよエロフ、すごくエロフでした、エロフしか言ってないな。
4つ目の主観パイズリと5つ目のバニーHは最高でした。
キャラクターストーリーとしては、どこの作品でもエルフは大変ですね、って感じ。
そう言えば最近悪堕ちした方のエロフ見ませんね。
戦闘ではもうこの方が居ないと雑魚戦は語れないって感じ、
ファイアボール→インフェルノ→メテオストライクと雑魚を削る性能はピカイチ、
敏捷性を上げるアクセサリを付けてやれば開幕で雑魚を半壊、あとは物理で掃除、ってプレイが出来ました。
ボス戦でもヘイルブリザードのドットにお世話に。
陵辱は触手陵辱とオーク輪姦でした。

ラヴィニア
ラヴィにゃんかわいいよラヴィにゃん。
いやほんと、チョロインなんですけどデレてからの破壊力が凄かったですね。
本当にもうオリアスにデレッデレのデレデレ、甘くてエロくて下半身にビンビンきました。
ラブフェラとかエロ下着とか悪コスとか素晴らしかったです。
戦闘では盾役ではあるはずなんですが、とにかく遅いのであまり活躍出来ていなかった感じ。
逆にその遅さを利用して先置きヒールスフィアとかで使ってました。
あとリターンテンプル、うん、便利だったよ・・・
陵辱はサッカーノとグール輪姦。

シズク
人妻クノイチ、だったんですが、あまりその辺はフューチャーされなかったかも。
というか、1シーン目から押しに弱すぎると思うんですよね・・・
それはそれでシーンが早くていいと言えばいいんですが。
でもまぁ陵辱1つ目の夫の前で養子のルフとその友達に輪姦というシチュで思いっきり活かされていた気も。
ともあれ、性欲を持て余した熟女と割り切ったお付き合い、というエロは楽しめました。
陵辱2つ目は蛸触手。
戦闘では神速付けた影縫いが最強でしたね・・・ボスに効けばもう無双状態。
後は二刀流の火力に衝破の貫通力、影分身で5回攻撃も状態異常武器を付ければ非常に強そうでした。

ドーラ
小さくて可愛い悪魔使いっ娘。
テキストでも殊更強調されていましたが、体格差によって翻弄されるエッチは素晴らしかったですね。
その辺はCGにもよく表現されていたと思います。
微妙にツンデレっぽい所もポイント高かった。
陵辱は破戒騎士による輪姦と悪魔による輪姦。
戦闘では加入も遅いしエドナと結構被っちゃってるんですよね・・・
それでもDot戦法を取り始めてからはお世話になりました。
ハクスラ楽しむ人はダンジョンスキルにもお世話になるでしょう。

ネム
ネムさん(86) そして食いしん坊キャラ
そのお肉おいしそうですね、僕にも1つ、あ、そっちの赤いのはいいです。
なかなかふざけた(褒め言葉)いいキャラしていたと思います、声優さんの演技もGood。
騙されて連れて行かれちゃうシーンはドキドキしたんですが、そこで陵辱はなく、
マッシュルーム脳姦、トロール巨根と異種姦担当でした。んぴぃっ♪
戦闘では一番ヒーラーしているキャラクターで、
正攻法でやるときにヒール・状態異常解除・蘇生と活躍してくれました。

メリエル
は、はぁ?!ちちち違うし!そうじゃないし!
普段は落ち着いているんだけどテンパるととても面白いメリエルさん。
リーダー効果・浮遊の指輪・魔蝕の宝玉には大変お世話になりました。
スキルの名前も個性的で面白いですよね。
エッチも研究と称して丸め込まれちゃったり、でも最後は楽しんでいたり、距離感がいい感じでした。
陵辱は捕まって拷問輪姦と人面豚(人面じゃなかったけど)による孕ませ。

ゼノビア
兎に角加入が遅いんですよね・・・
性に対して天然な感じのヒロインに色々教え込んでいくっていうのは毎回仕込まれていますが、
何回やってもそれは楽しいですね、抱き心地が良さそうなら尚更。
胸の谷間をこれでもかと強調するCGの数々、素晴らしかったです。
戦闘では魔法剣士タイプ、最終的にはDotパーティーに配属され、中和係もこなしてくれました。
陵辱は悪魔相手の敗北陵辱が1つ。

アーシュラ
酒場の女将さん、結局それ以上でも以下になることもなく。
エロは最初は余裕そうに見えてベッドヤクザオリアスにいいようにあえがされちゃうギャップが個人的には好きでした。

フォルトゥナ
教会のシスターさん、同じくそれ以上でも(ry
どこかで「実はラスボスでした!」みたいな展開になるのかなって期待してたんですけどね、
立派なシスターさんとか見るとどうしてもそう思っちゃいます、偏見。
ただ実は性に貪欲な方で、報酬の足しとしてエッチしたり施しとしてスラムで男たちと乱交したりと、
実はエロシスターだった、というのはありました。これぐらいの付き合いもいいですね。

ユウカゲ
注目していたロリBBA、だったんですが、あまり出番もなく。
でも本編が終わった後はオリアス付きのクノイチになるみたいは話も出ていましたし、妄想が膨らみますね。
私もマスタークノイチ一日ご奉仕券欲しいです。
最後のマングリ返しCGが特に背徳感あって良かったです。

リナリス・リナ
子犬系ヒロイン、いいですね。
オリアスも2人相手にだけは普段の獣欲丸出しという事もなく、
その辺の微妙に違う空気は上手く表現出来ていたように思います。
そして最後のHCG2枚からあふれ出る犯罪感、どきどきしますね。