WS000261

ブランドHP
作品HP
DL版販売ページ(FANZA)


この記事は、2020年2月28日にアストロノーツ・シリウスより発売された
「絶対女帝都市 ―反逆の男・カムイ―」の感想です。
簡易攻略は一番最後にあります。


CG85枚(うち非HCG14枚)
シーン数57(詳細後記)
BGM14曲
シナリオは一本道


短評
タイトルである「絶対女帝都市」
パッケージにある「れるものならってみろ……! 我々は、オスには決してクッしない!」という煽り
その2つを見事に体現しつつ、そつなくまとまっていた良作でした。
わかりやすいですよね。

反面、いつもの「斬新」「挑戦」路線はあまり感じられなかったので、
その辺がちょっとだけ不満を残しつつ、それでもやっぱりsimple is bestなのかなという感じした。



シナリオ
時は2092年、突如降り注いだ巨大隕石により人類文明が大きく後退した近未来、
極東の島国には「女帝法」という女尊男卑の極みのような法が敷かれ、
「男である事、それ自体が『罪』」という時代が訪れていた。
そんな時代において、その法の支配をぶち壊さんと各地を巡る男「カムイ」と
彼が駆る言葉を話すバイク「イグニス」が、「アストライア」という都市へやってくるのが話の始まりです。

そこからは外縁部を支配する幹部を順番に倒していき、
次は内縁部・中心部・都市の支配者であるベランジェールを倒してアストライアを解放する。
話自体はこんな感じでとてもシンプル。
侵攻や戦闘も多少のテキストや駆け引きはあるものの、
基本的にはそこを読む・楽しむほどの分量は割かれておらず、さくさくとHシーンを楽しめました。

スローターの親玉の唐突感はまぁ置いておくとして、
最後の最後でまた新キャラが出てきたり、
結局カムイやイグニスって何だったの?とかクイーンとの戦いは?みたいな部分とか、
その辺のいつものアストロノーツの放り投げる悪い所は今回も健在なので、
そろそろちゃんと回収するか締めるかして欲しいかなぁという思いはありました。
ウルスラグナ2とか絶対女帝都市2とかやらないんですかね・・・


グラフィック
恐らく今までのシリウス作品で今回のCGの構図や塗りが一番好きかもしれない。
体験版の時からヘレナのイラマチオCGにものすごく心打たれてはいたんですが、
その後出てくるCGもどれもすごく気に入っていて、
なんだろう、今までと何がそんなに違うんだろう、ってものすごく唸っていました。
どうしても気になり過ぎるので、直近のギルドマスター・カオスドミナスを合わせた3作を見比べていたんですが、
構図はいつもよりも一歩手前側に来ている?のかな?近さを感じて嬉しい。
塗りに関しては黒の明度?彩度?が下がっていて、それが全体的に私の好みになっているのかな、とか、
特に瞳の周りや髪の辺りから受ける印象が今までとは全然違いました、好き。


BGM
今回は特にこれといったBGMはなかったかなぁという感じ。
あと捕まえた直後のまだ嫌がっている段階で「エッチ」が使われていた事があって、
そこはミスマッチだったのではないかなと思いました。


Hシーン
ヘレナ・トウカ・ブリュンヒルド・ローゼリカ・ジンリー 7シーン
リオ 3シーン
エンジュ 2シーン
ベランジェール 4シーン
複数 3シーン(全部幻視・夢)
その他 2シーン
敗北凌辱 全ヒロインに1シーンづつ 合計8シーン 相手は全てスローター

著しい偏りがあるのは、まぁ。
まさか特典で一番推されていたリオのシーンが3つしかないとは。

シチュエーション的には体験版に収録されていたヘレナのように
女性上位シーンが全キャラにある(そこからの逆転)のかなと思っていたら無かったのがちょっと意外でした。
(実際あったのはヘレナ・ローゼリカ・ジンリー・ベランジェールぐらい)
(個人的には逆転ありきの女性上位は有です)

堕とす具合も実際ガッツリ堕ちてたのはトウカぐらいなもので、
それ以外のヒロインはなんだかんだイチャイチャしてたような気がします、トウカちゃん好き。

あと全体的に言える事があるとすれば、今回も2回戦以上・アナル完備でした。


ゲーム?部分について
今作はジャンルが「軍服美少女陥落アドベンチャー」です。
公式のシステムページにはゲームっぽいMAP画面やバトル画面がありますが、
ゲーム性があると呼べるレベルのものではないので、そういうのを目当てにやるものではないと思います。
体験版に収録されているので確認をお勧めします。

そもそも要らないのではみたいな意見もちらほら見ました、個人的にはどっちでもいいかなって感じです。
ただまぁこれこそデモニオン3というか、あの防衛・侵攻システム使えたんじゃないかなって、そういう想いはありました。


まとめ
いつものアストロノーツ・シリウス作品と比べると、
ゲーム的な部分やボリューム的な部分に若干思う所はあったんですが、
全体的には必要最低限でしっかりとまとまっていて、
タイトルとジャンルにピンと来たらお勧め出来るんじゃないかなと思います。



各キャラクター毎の感想

・ヘレナ(CV 御苑生メイ)
メイメイうれしい、おっぱい大きい。
やはり体験版のイラマチオシーンが本当に良い、
本編でも馬乗りパイズリあったり2人でしたいんだとか可愛い事言ったり、
最後のシーンもシチュエーションは好きなので夢じゃなければなぁ、と思う所もありました。

・トウカ(CV まのめるか)
好き、一番好き。
最初のCGでなんてエッチなスカート丈をしてるんだと思いました。
キャラ紹介ではもっとスプラッターな感じを想像していたのでちょっと苦手意識を持っていたのですが、
実際のゲーム内ではそれほど男を斬って楽しむ的な感じもなく、
捕まってからはあれよあれよと堕ちていって一匹の雌になっていくその姿がとても愛おしかったです。
周りの男たちに命令で提供されちゃったらすごく嫌がるんだろうなぁ・・・そんなシーンも見たかった。

・ブリュンヒルド(CV 桃井いちご)
すごくチョロい。
ビジュアルといい喋り方といい世間知らずな感じといい某キャラを彷彿させられました。
無知な子に色々教えていくのも楽しいですよね。
お風呂で開脚してるシーンとバニースーツのシーンが好き、バニースーツ好き。

・ローゼリカ(CV 柏木逢花)
ローゼリカおねえちゃん・・・
捕まる前も後もその超然とした態度を崩さずカムイとの逢瀬を楽しむその姿、とても良かったです。
ヘレナが夢でちょっと残念だったのもあって、最後の分岐先のシーンはめっちゃお気に入り。
ノーパンの時もエッチ下着な時も好き、アーマメントめくりたい。

・ジンリー(CV 香澄りょう)
めちゃくちゃ才女・強キャラ感を出していたと思ったらびっくりするほどの急降下でちょっと笑ってしまいましたw
事前に予想していたサブカル好きとは方向が全然違ったので、そこはちょっと残念だったかなとは。
(なんかこうもっとヲタ的なのを想像していてそういうコスプレHとかあるかなと思ってた)

・リオ(CV 東シヅ)
ビキニ・ホットパンツ・マント・マフラーってデザインの時点でもうとても強い。
ツインテでロリっぽい見た目もしてる一方で、しっかりパイフェラ出来るほど胸が大きいのも好き。
馬乗りパイズリあってとっても良かったです。
リアは、なんだったんだろう・・・

・エンジュ(CV 高梨はなみ)
なんだったんだろう、その2。
出番もシーンも少なかったので何とも言えない。

・ベランジェール(CV ももぞの薫)
トップだった割には最後の最後で事情が明かされてしまったり素直に降参してしまったり、
ベランジェールぐらいは徹底的に抗戦・改心しないでも良かったんじゃないかと思ったけど、
そういう展開はカムイの信条を曲げる事になるので難しかったのかなぁ・・・


簡易攻略

シナリオは1本道なので、1周でシーンは全て回収出来ます。
要点を箇条書き。
・万が一に備えて新しいエリアに入る度にセーブを1つ残しておきましょう。
 エリアは10まであります。
・基本的には全てのマスを巡ってから次のMAPへ進んでください。
 エリア4以外はしらみつぶしに進んで行って問題ありません。
 (全て巡らなかった場合、戦力不足やシーンが見られない等の問題が起きるかもしれません)
・エリア4だけは先に進む事で残りターンが増えるのでまずは先に進みましょう。
 最終的には左下の緑マス以外全て回ってください。
・BASEイベントが出てきたらすぐに見てください、ターンは進みません。
・エリア4からスローターがBASEを襲うようになります。
 ここでスローターを放っておくと凌辱シーンが発生しゲームオーバーになります。
 セーブしてシーン回収したらロードしてすぐに潰しましょう。
・ローゼリカのシーンで出てくる選択肢は下を選ぶと分岐します(多分その後には影響しません)。