グラスギャラリー・カラニス展覧会記

グラスギャラリー・カラニスは、1993年南青山にオープンしました。年間を通して、ガラス作家の個展やテーマによる企画展を開催しております。街の小さなガラスの美術館のように、目を楽しませ気持ちを休ませる場所でありたいと思っています。

「池坊展 十人十彩」 いけばなとガラス花器

 先日、「池坊展 十人十彩」(於:日本橋三越本店、5月16日〜21日)を拝見致しました。
花道・池坊の、東京での最も大きな展覧会とのことで、1年に1度開催されています。
会場は多くのお客様で、花とともに華やか賑やか。お家元のお花、各先生方のお花、会場の回りでは勉強中の学生さんたちのお花。ひと花、ひと枝、緊張感のある美しさでした。
 この大きな花展で、馬越 寿さんのガラス花器、盒興喀腓気鵑離ラス花器をお使い頂いておりましたので、ご紹介させて頂きます。

森 由華先生 (高橋俊順作品「千本(せんぼく)花器」2点)
  この作品は、車椅子でご覧になる方の目の高さに合わせていけていらっしゃいます。
  ガラス器のラインがキュッとしぼられて、ラインが植物に変わり、パッと上にはじけ開いたよう。
  明るく爽やかに気持ちをお届けする、お花に託されたメッセージを感じました。

!cid_2E6D1404-DE9F-4F50-A448-1548D6EECD7A



高槻亮輔氏 (馬越 寿作品 「プラチナ彩花器」)
  ”経済界の花道人”のコーナーに選ばれていらっしゃいました。
  螢ぅ鵐好僖ぅ△亮卍后高槻氏は、会社に花道部を作られて、花に精進なさっています。
  高槻氏にとっていけばなはフィロソフィであると。いつも気持ちの良いお花をいけられます。
  プラチナ彩の花器に青紫の紫陽花が、とてもきれいに映えていました。

高槻さん01

「川北友果展 -夏の庭-」 2018年5月19日(土)〜26日(土)

 川北友果さんの個展が明日から始まります。一年半をおいて、今回の季節は初夏から夏です。
「夏の庭」、ステキな個展のタイトルです。思い出の中の夏の庭は・・?
コアガラスの蓋物、盃、香合、振り出し、文鎮、とんぼ玉、帯留の出品です。ぜひご来廊下さい。

FullSizeR (7)
FullSizeR (6)
FullSizeR (5)
FullSizeR
FullSizeR (8)
FullSizeR (4)
FullSizeR (3)
FullSizeR (2)
FullSizeR (1)

お休みと、これからの展覧会のお知らせ。

 ゴールデン・ウィークも過ぎました。
ゆっくり休養された方、逆に忙しくてお疲れになった方、どちらもいらっしゃると思いますが、
寒暖差の激しいこの頃ですので、風邪ひいたりされないよう気をつけてお過ごしください。

お休みと、これからの展覧会のご案内です。

●お休みを頂きます・・5月9日(水)〜15日(火)の1週間 
 ご不便をお掛けしますが、よろしくお願い致します。

〇これからの展覧会

「川北友果展 -夏の庭-」 5月19日(土)〜26日(土)*会期中無休
川北友果 02

とんぼ玉、帯留、コアガラスの香合、ふたもの、盃などを出品。
川北友果さんの、夏の花咲く夏の庭に、どうぞお越しください。


「河名木ひろし ヴェネチアンガラス コレクション」 5月30日(水)〜6月6日(水)*会期中無休
kawanagi 02

河名木ひろし氏は1990年代の数年間をヴェネツィアで暮らし、現地の工房や作家と親しく交流を重ねる中で数多くの逸品を蒐集されました。主に1960年代から2000年代までのヴィンテージ作品のコレクションを展示販売致します。


「睛良子展」 6月9日(土)〜16日(土)*会期中無休
涼やかな縞、和の縞、モダンな縞、大胆な縞・・縞を器に入れて、様々な表情を作り出しています。
睛1

◎加賀棒茶の丸八製茶さんが、温冷おいしくお茶を煎れるワークショップを開催して下さいます。
 水出し冷茶は睛さんのグラスをお使い頂いています。
 (初日9日午後3回の予定、1時、2時半、4時。参加費はお茶お菓子付き1000円 各回8名様まで)

展覧会や作品のお問い合わせ、ワークショップのお問い合わせ・・お電話でもメールでもお受けしております。
(9日〜15日はお休みしております)

「四月展」 花と花いけ教室

 緑の輝く季節。「四月展」では、毎日上野雄次さんが花をいけて下さっています。
写真では、目で見る良さをお伝えできませんが、一部ご紹介致します。
ガラスの器の自然な表情、時には意外な表情を引き出して見せています。花の顔、表情を感じるいけ花です。

P1000745
P1000744
P1000743
P1000742
P1000739
P1000738
P1000737
P1000734
P1000733
P1000725
P1000721
P1000719
P1000718
P1000716



〇花いけ教室での生徒さんのお花
それぞれの方が、花と器を選び、自由にいけられるのですが、
それぞれにその方らしい花になるから不思議です。
自分なら、こんなに自由にいけられるかな・・と内心思いながら、毎回拝見しています。
そして、上野さんが全く型にはめずに講評をしてくださいます。いちいち感心して聞いています。
楽しい花の教室です。またの機会を設けますので、ご興味のある方はぜひご参加ください。

黒田さま (1)
P1000706
岩崎さま (1)
山下さま (2)
新川さま (1)
森澤さま (1)
大石様
森澤さま
水野さま01

「四月展-ガラス器とミドリの風にさそはれて-」 4/16(月)〜5/5(土) 

 4月も半ばとなりました。今年は、桜に限らず、全ての植物の生育が早いように思います。1日1日、樹木の緑と、初夏の花が景色をまばゆく美しくしてくれています。
 カラニスでは、16日(月)よりゴールデン・ウィークの期間まで、「四月展」を開催致します。
27日(金)、28日(土)には、上野雄次氏による花いけ教室も催します。
ミドリの風にさそはれて、、ぜひカラニスにお立ち寄り下さい。

01
02
四月展 02
四月展 01

「箱瀬淳一 漆工芸展 -蒔絵・小さな室礼-」 3/31〜4/7

 今年の冬は寒さも厳しく、いつまでも寒かったのに、桜は例年よりも早く、しかもパッと咲き揃いました。
先日、外国からの観光客のご夫婦が、初めての日本に、桜の満開の時に来られたという事で、大変喜んでいらっしゃいました。結婚40周年の旅行で色々な国を廻り、最後が日本だったとか。日本の街の美しさ、衛生的であること、人が親切である事などをお聞きし、そして幸運にも満開の桜!こちらも嬉しくなりました。

 カラニスでは、本日より「箱瀬淳一 漆工芸展」が始まりました。
お重や飾り筥だけでなく、銘々皿や5センチほどの小さな小皿にも蒔絵が。こういうことが出来るのが箱瀬先生です。写真ではなかなかお伝えできませんので、どうぞ、会場でゆっくりご覧下さい。

P1000412
P1000415
P1000414
P1000411
P1000418
P1000425
P1000421
P1000426
P1000417
P1000416
P1000402
P1000406
P1000401


〇ガラスの器(馬越 寿作品)に、塗りの蓋を作っていただきました。
P1000422

「飯岡由美子 硝子彫刻展」 3月21日(水)〜28日(水)

東京では、もう桜が咲き始め二分咲きほどになっていますが、今日は冬並みに気温が下がり、朝からの雨が午後には雪になりました。お彼岸でお墓参りに行かれた方も多いと思いますが、風邪ひかれないようになさって下さい。

 カラニスでは、グラヴィール彫刻の作家、飯岡由美子さんの個展が始まりました。
今回は、「ほほえみ」を主題とした新作を発表されました。厚手のグラスの彫られた、優しいお顔の仏様です。
どうぞご覧下さい。


飯岡由美子02 
P1000271
P1000290
P1000289
P1000288
P1000282
P1000283
P1000285
P1000287
P1000261
P1000264
P1000274
P1000268
P1000270
P1000278
P1000281
P1000295
P1000297
P1000298
P1000301
P1000300
P1000273

「山本真衣個展 -めでる-」 3月10日〜17日

 ようやく春がそこまで・・と感じられるこの頃です。春を呼ぶ風とともに花粉症に悩まされる方も多いかと・・皆様いかがお過ごしでしょうか?
 カラニスでは、5回目の山本真衣さんの個展が始まりました。今回のテーマは「めでる」。
愛でる、芽出る、を掛けたこのテーマから、植物の美しさや不思議や成長を、目と心の目で見る作者の率直な感激が伝わってきます。どうぞご来廊下さい。
 *作者在廊日・・(月曜日以外在廊)午後1時頃より6時まで

HP (2)
HP (3)
HP (4)
HP (12)
HP (10)
HP
HP (20)
HP (19)
HP (7)
HP (8)
HP (6)
HP (22)
HP (16)
HP (13)
HP (18)
HP (11)

「ガラス雛祭」 作品のご紹介

 冬季オリンピックが韓国のピョンチャンで始まりました。−17℃・・寒そうです。
今日、日曜日は比較的暖かいのですが、来週はまた寒くなるとか。インフルエンザに罹っている人が多いです。手洗い・うがい・マスクの着用・栄養、水分、睡眠。そして、絶対罹らないという気持ち!これは以外に大事だと思います。皆様、絶対罹らない!とはね返しましょう。

作品の一部をご紹介致します。
お問い合わせは、お電話、FAX、メールで承ります。
TEL/FAX: 03-3406-1440 e-mail : karanis@czj.jp

増田ひで子 
_DSC7478
_DSC7476
_DSC7472


石川あすか 
asukaishikawa2
asukaishikawa1


今井茉里絵 
marie imaiIMG_3249
marie imaiIMG_3284
marie imaiIMG_3204


小林 希 
_DSC7506
_DSC7507


高橋俊順 
!cid_ii_16155b3708d7bfec
!cid_ii_16155b379b436b98


谷川亜希 
_DSC7484
_DSC7485
_DSC7487


時澤真美 
IMGP1091
IMGP1175


廣田理子 
_DSC7479
_DSC7480


安田れい子 
yasuda (2)
yasuda (1)
yasuda


吉村桂子 
yoshimura_keiko2
yoshimura_keiko1
yoshimura_keiko3


 小さな小さな椿が、咲きました。3cmほどの小さな花です。蕾がいっぱい付いています。次々に咲いてくれるといいな・・と。珍しい椿、ぜひ見にいらして下さい。
つばき

「ガラス雛祭」 2月5日〜3月3日 *18(日)、25(日)休廊

 夕方になると、日が伸びた・・と、季節が進んでいる事を感じますが、相変らず寒い毎日が続いております。
天気予報で、”立春寒波”と言っていましたが、雪が降りやすい時期というのが必ず何回かありますね。
一番印象に残るのは、「成人の日」とセンター試験の日、お正月の7日ごろ、卒業式の頃、12月の初めに寒くなって、クリスマスの頃も雪が降ることがあります。クリスマスの頃は、雪が降るといいな・・と思ったりしますが、センター試験は、もう少し時期をずらすといいのに・・毎年雪で苦労しているように思えます。
 早く春を感じられる気候になってほしいと思うこの頃、カラニスでは春らしいガラス雛とお花の企画展が始まりました。桜、椿、猫柳、青文字、蝋梅などの春の木の花が、この部屋で咲こうとしています。
遊び心のガラス雛祭り、どうぞお越しください。

_DSC7499
_DSC7502
_DSC7492
_DSC7517
_DSC7496
_DSC7493
_DSC7513

酒器展 作品のご紹介

酒器展の出品作品の一部をご紹介致します。
ガラスの坏で、ぜひおいしいお酒を!
「会津錦」さんの「Q」は、広がる香りも楽しみながらいただく、まさにガラス坏にぴったりのお酒です。
どうぞ試飲されて、お酒も杯も、両方お楽しみ下さい。

〇荒川尚也 
荒川


〇生島 賢 
生島賢


〇生島明水 
生島はるみ


〇小川郁子 
小川郁子 (3)


〇加倉井秀昭 
加倉井 (1)


〇川北友果 
川北 (1)


〇貴島雄太朗 
kijima01


〇北村三彩 
北村


〇小島 誠 
小島誠


〇小林裕之 
小林 (2)


〇小宮 崇 
小宮 


〇佐野 猛 
佐野 (2)


〇佐野曜子 
佐野 (3)


〇志賀英二 
志賀 (1)


〇下田美保子 
下田


〇須藤泰孝 
sodou


〇睛良子 
睛1


〇丁子恵美 
丁子 (1)


〇中須杏奈 
中須


〇中野幹子 
nakano02


〇野田雄一 
野田


〇広沢葉子 
_DSC7425


〇山崎雄一 
山崎 (1)


〇山田輝雄 
山田輝雄


〇吉積彩乃 
ayanoyoshizumi1

「春の光を呑みましょう、ガラスの酒器展」 2018年1月12日(金)〜27日(土)*日休

 明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
お休みが終わった途端、新年からもう慌しく日々が過ぎていっております。こんなハズでは・・・
きっと同じように思われている方も多いと思います。
ちょっと深呼吸して、目にも頭にも心にも、ちゃんと残るようなことを増やして行きたいと思っております。
今年が良い一年になりますことを、お祈り申し上げます。

 12日(金)から、ガラスの酒器展が始まります。
これからが寒さの本番の1月2月ですが、やはり新年は新春。タイトルに”光を呑みましょう”と入れてみました。
少しづつ明るさを増していく陽光を思いながら、光の中で姿を変える”ガラス”で、おいしいお酒のひと時を。
今回、福島県の酒蔵「会津錦」様が、この展覧会の為に、お酒を送って下さいました。
「Q〔ku〕」という食べるお米・福島9号「天のつぶ」で仕込まれたお酒です。
ガラスの酒器で、どうぞ試飲をして下さい。お待ちしております。

 作品は、新年早々の展覧会にもかかわらず、作家25名も出品していただいております。
日常に使いやすいぐいのみから、凝った盃、ウイスキーグラスなど、色々な個性の作品が届いております。
お気に入りのガラスの酒器を見つけていただければ幸いです。
27日(土)まで。日曜お休み、営業時間10時〜6時です。
どうぞよろしくお願い致します。

_DSC7394
_DSC7392
_DSC7386
会津錦

年末のご挨拶

 平成29年・2017年も、あと3日で終わります。本当に年月の過ぎるのは早いものですね。
今年もありがとうございました。
来年は、平成から元号も変わります。良い年になることを、祈ります。

 新年の企画展は、恒例の酒器展です。
〇「春の光を呑みましょう、ガラスの酒器展」
 1月12日(金)〜27日(土) *日曜日休廊

この酒器展に、福島の酒蔵「会津錦」様が協賛して下さいました。
作家の盃で、会津錦さまの美酒(ガラスで呑む事を推奨されているお酒)をお出ししますので、
どうぞ楽しみにお越し下さい。
終盤には、馬越寿氏の花器に、槻屋氏が新年のお花をいけて下さいます。
香肆・きざし乃氏は、香に関するお話をして下さる予定です。
(新年になってから、それぞれ詳しくご案内致します。)

皆様、どうぞ良いお年をお迎え下さい。
来年からも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

12月28日 グラスギャラリーカラニス

春の酒器02展
 

「荒川尚也ガラス作品展」 12月9日〜23日

 12月、寒い毎日が続いております。寒さも関係あるのか、日にちがピュンピュン過ぎて行く感じがします。
皆様はいかがお過ごしでしょうか?

 カラニスでは、23日(土)まで荒川尚也さんの個展を開催しております。
今回は、2年前のリベンジ?、ゼンマイで動く魚が見事に完成いたしました。ひねりが入ったような動き方で、何と言うか・・目的に向かって泳ぐ姿(飛ぶ姿)のような、魚の気概を感じさせます。ゼンマイの音、チーンとなる鐘の音も懐かしい・・作品です。
新しいLED照明も加わりました。ホウケイ酸ガラス(耐熱性ガラス)の茶碗、茶壷、グラスは種類が増えました。プレート、鉢、ワイン・ビール・ハイボールなどのグラス、酒器なども充実しています。
どうぞご覧下さい。

_DSC7269
_DSC7302
_DSC7287
_DSC7291
_DSC7288
_DSC7293
_DSC7299
_DSC7300
_DSC7306
_DSC7310
_DSC7304
_DSC7305
_DSC7308

「鎌倉ミンネより南青山カラニスに北欧の風」 11/29〜12/5

 11月も終わりに近づき、銀杏の木が黄金色に色づいてまいりました。黄金色に輝く銀杏の木は、本当に存在感があります。神々しい・・と思いますし、子供のような気持ちになって懐かしさのようなものも感じます。赤い紅葉も、黄色い紅葉も、やはりどちらもきれいで、どちらもあってほしいですね。

 カラニスでは初めて、鎌倉のギャラリー・ミンネさんのコレクション、北欧、主にスウェーデンのミッドセンチュリー時代のヴィンテージ作品をご紹介する展覧会を開きます。
1950年、60年代に活躍した作家やデザイナーによる、陶器・ガラス・タペストリー・アクセサリー・照明などを中心に展示販売致します。ガラスでは、有名なヴァリーン夫妻のデザインによる小品もございます。
ぜひこの機会にご覧下さい。温かい作品がいっぱいです。
ミンネ02


_DSC7256
_DSC7257
_DSC7258
_DSC7259
_DSC7260
_DSC7261
_DSC7262
Bertil1[1]
GNVasB1[1]
ReptilL1[1]
SvenPボウルL2[1]
UrikaH 大ボウル1
NTベースA1[1]
IndigoVasA1[1]

「一見 恵 作品展」 11月18日(土)〜25日(土)

 秋から冬へと向かう季節です。今年は早くから寒波が到来しているようで、明日から寒くなるという予報。
今日は青空が美しく、風も穏やか。明日は本当に雨模様なのでしょうか・・?

 カラニスでは明日から「一見 恵(いちみ めぐみ)作品展」が始まります。2015年に開催してから、はや2年がたちました。
今回の新作は、「アケビの花」、「ダイヤモンド・リリー」。
日々の暮らしの中に植物がある作者。育てている花、回りの樹木、自然。
ご紹介する作品のように、色々な花がガラスによって作られていきます。ひとつの作品で、多いものですと30ほどの花びらや実で構成されています。
1枚1枚の花びらなどを作りながら、最後に組み立て終わり、ガラスの花が出来上がったときの気持ちというのはどんなものでしょうか?
どうぞご覧下さい。

*以前お求め頂いた作品のメンテナンスなども随時しております。
ネックレスの長さの調整、色違いでの制作などもして頂いています。

_DSC7248
_DSC7103


〇出品作品の一部をご紹介致します。
_DSC7216
_DSC7224
_DSC7217
_DSC7220
_DSC7221
_DSC7231
_DSC7224
_DSC7232
_DSC7222
_DSC7228

「ジュエリーデザイナー櫻井紅絹の世界 まっすぐに」

 11月、紅葉の季節となりました。表参道の欅並木も、いつの間にか枯れの黄色味が加わって来ていました。これから日ごとに変わっていく風景、心に留めたいものです。

 カラニスでは、11月1日から12日まで「ジュエリーデザイナー櫻井紅絹の世界 まっすぐに」を開催しております。1995年から3度個展を開いていただき、2000年には、パリにジュエリーのブティックをオープンされた記念展を開催。毎回、シンプルに洗練された中に華やぎのあるアクセサリーを発表して頂きました。
今回は、作者がパリに渡って30年となる節目の年。幼い頃から創る事が大好きだった作者の、子供時代からのの創作品や思い出の品々も展示しています。現在の至るまでの軌跡も、同時に見て頂ける個展です。

〇展示風景と出品作品の一部をご紹介します。
fuukei (4)
fuukei (3)
fuukei (2)
fuukei (1)
fuukei (9)
fuukei (5)
fuukei (6)
fuukei (10)
fuukei
_DSC7213
fuukei (11)



〇子供時代の作品など

_DSC7209
_DSC7210
_DSC7211
_DSC7212

お休みと11月、12月の展覧会のご連絡

 この季節に2度の台風!雨ばかりの10月だったように思います。
そんな中も、たくさんのお客様がお越し下さいました。本当にありがとうございました。
11月は良い天候になりますように。農業もこんなままでは大変だと思います。

 さて、これからの11月、12月の展覧会は、少々日程が不規則になりますので、前もってご案内させて頂きます。

<これからのスケジュール・月日順に>
●10月30日(月) お休みさせて頂きます。
●11月1日(水)〜12日(日) 「ジュエリーデザイナー櫻井紅絹の世界 まっすぐに」
●11月13日(月)〜15(水) お休みの予定です。

●11月18日(土)〜25日(土) 「一見 恵作品展」
●11月26日(日) お休みさせて頂きます。

●11月29日(水)〜12月5日(火) 「鎌倉ミンネから南青山カラニスへ−北欧の風−」
●12月6日(水) お休みの予定です。

●12月9日(土)〜23日(土) 「荒川尚也 作品展」
●12月24日(日) お休みさせて頂きます。

どうぞよろしくお願い申し上げます。
紅葉の季節、寒さに向かう季節、どうぞご健康でお過ごし下さい。
お近くにお越しの際は、ぜひカラニスにもお立ち寄り下さい。

櫻井紅絹の世界
MOMI in Karanis 2017final

「内田敏樹とんぼ玉展」 10月22日(日)〜29日(日)

 雨の日ばかりの10月となっております。少し寒さはやわらいだものの、今度は台風がやって来るとか。
22日(日)から、「内田敏樹とんぼ玉展」が始まりますが、作者の内田氏も大変心配されています。
お越しの際は、どうぞお気を付け下さい。よろしくお願い致します。

●「内田敏樹とんぼ玉展」
 10月22日(日)〜29日(日) 午前10時〜午後6時(最終日5時終了)*会期中無休

23回目の個展のテーマは「シャーマン」です。
祈祷師が語りかける瞬間を表現することで、生命の力を感じさせるとんぼ玉を目指しました。
その鋭い眼光が、発せられる言葉の重みを物語ります。

内田敏樹 02


●出品作品の一部をご紹介致します。今回の新作、「シャーマン」と、「古代の花とんぼ玉」の新作です。

その他の出品作品としては、「歯車」、「ウツダナッツ」、「緑のモザイク」、「廃墟」、「羊歯」、
「仮面のモザイク」、「南の島のとんぼ玉」、「烏瓜の花とんぼ玉」、「クラゲ」、「漂う仮面」、
「花とんぼ玉」・・など約110点です。

IMG_2990
IMG_2993
IMG_2995
IMG_2996
IMG_2999
IMG_3000
IMG_3001
IMG_3013
IMG_3017
IMG_3025
IMG_3029
IMG_3033
IMG_3037
IMG_3050
IMG_3051
IMG_3057

お休みのご連絡(10月19日木曜日)

 先週から急に寒くなりました。風邪を引かれた方も多いと思います。本当に寒かったですね・・。

〇お休みのご連絡です。
 「安田れい子展」が18日で終了、19日(木)はお休みさせて頂きます。
 20日(金)、21日(土)は展示替えをしております。

_DSC7129


次回は、「内田敏樹とんぼ玉展」です。
10月22日(日)〜29日(日) 午前10時〜午後6時(最終日5時終了)会期中無休
今回は、初日が日曜日となります。お間違え無きよう、よろしくお願い致します。

内田敏樹 02
内田敏樹01
Archives

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ