グラスギャラリー・カラニス展覧会記

グラスギャラリー・カラニスは、1993年南青山にオープンしました。年間を通して、ガラス作家の個展やテーマによる企画展を開催しております。街の小さなガラスの美術館のように、目を楽しませ気持ちを休ませる場所でありたいと思っています。

「荒川尚也ガラスの仕事展−石に咲く花−」2019年12月10日〜17日

 カラニスの最終の作品展です。
17日まで、どうぞお越し下さい。
ゆっくりと開く「石に咲く花」、日本の暮らしに似合うガラス器、耐熱の茶器、身近に置きたくなるガラスのかたまり・・
協力作家: 景・本田 一、花・槻屋、香・きざし乃
どうぞお楽しみ下さい。

k


DSC_1623


DSC_1613


DSC_1622


f


b

「岡崎絵美ガラス作品展」 11月20日(水)〜26日(火)

 秋の深まりを感じるこの頃です。表参道の欅並木も枯れた秋の色に変わっていて、夕陽に照らされるときれいだろうな・・と。近くで秋を見つけられる季節ですね。

 カラニスでは、岡崎絵美さんの個展が始まりました。
出産と育児でガラス制作をお休みされて、また制作を開始されてから2度目の作品展です。
「ふりそそぐもの」と題された、ガラスの粒から出来た一葉一葉を、モビールと言う形に作られています。
天からふりそそぐ光を、ガラスを通して感じていただける作品。美しい冬の光、夜のライト、どの季節にもその時の光を届けてくれる作品です。
また、シンプルな形でガラスの質感を楽しめるプレートも素敵です。
どうぞご覧下さい。

DSC_1522
DSC_1523
DSC_1524
DSC_1525
DSC_1526
DSC_1527
DSC_1530
fuukei (1)
DSC_1529

「内田敏樹とんぼ玉展」 11月10日(日)〜17日(日)

 内田敏樹先生の25回目の個展です。オープンから1年目に第1回目が始まり、今年カラニスの終了により、これが私どもでさせて頂く最後の個展となります。
毎回毎回、新作のとんぼ玉の、その斬新な発想や技術に驚かされてきました。毎年新作を発表する、と言う事を続けて来られたこと、これは容易なことではありません。
日本のとんぼ玉の世界を牽引してこられた業績にも敬意を表したいと思います。
初日の11月10日(日)が、天皇陛下のご即位のパレードと日にちが重なりました。それもひとつの思い出となりそうです。

新作「鳥のモザイク」34点出品です。一部ご紹介致します。
01 (1)
01 (3)
01
5
7
8
image2
image3
image0


展示風景 奥の壁には、今まで25回の個展のDMを展示しています。
「シャーマン」、「トケイソウ」、「へびイチゴの花」、「化石」、「烏瓜の花」・・色々な作品が出展されています。
DSC_1488



「山本真衣 硝子展  -日々の実り-」 10/30〜11/6

 ようやく秋らしいお天気となりました。朝夕は、寒い・・と思うこともありますが、日中は太陽がポカポカ。だんだんこれから冬に向かって行きますね。
 今回6回目の山本真衣さんの個展。「実り」がテーマとなっています。
日々コツコツと作品を作り続ける作家の生活や、大きく言えば人生と繋がるテーマ。
DMの言葉、「毎日の小さな変化が大きなものへと繋がる。ささいな日常を大切にいきたい。」、これは、今年で終了する私どもの心にも、色々な反省とともに染み入ってくるような言葉です。
山本真衣さんがデビューしてすぐに、カラニスでも個展を開いていただきました。
毎回、フレッシュな感動を与えてもらうような作品展でした。最後のテーマが「実り」というのは、何だかうれしい気持ちです。
6日まで開催、どうぞお運び下さい。

fuukei (1)

〇DM作品は「柿」をイメージ。だんだん色づいていく・・
fuukei (8)

〇ミルフィオリのお皿、ふたもの、小さなグラス、お花はお箸置きに。パッと嬉しくなるセット。
〇アンティークの提げお重に、ふたものや小器、お箸置き、お菓子のような花のセット、盃。3段セットです。
fuukei (3)
fuukei (2)


fuukei (11)
fuukei


fuukei (6)
fuukei (9)


fuukei (4)
fuukei (5)
fuukei

〇種やどんぐり、イラスト、イメージの源泉。
fuukei (10)

お知らせ:13日(日)営業しております。

 本日13日(日)、カラニスは営業しております。
「吉村桂子ガラス展ーうつりゆくー」の最終日となります。5時にて終了します。
どうぞよろしくお願い致します。
吉村さんも、名古屋からこちらに向かっているとのこと。
順調ならば、夕方頃到着される予定です。

吉村02

 東京では、台風19号は昨夜の内におさまり、本日はきらきらと晴れ渡っております。
被害があると無いでは、この何事もなかったような美しい青空は見え方も違うのでしょう・・残酷でもあり、実は誰しもいつもそういう事と背中合わせにいるのだなぁと。
今日は特に、東北、北海道方面の方々、お気を付けてお過ごし下さい!

台風19号に関連して 休業と振替営業のお知らせ

−台風19号による 休業と振替営業のお知らせー

今回の台風は、12日(土)に関東にも危険な暴風雨をもたらすと予報されております。
交通機関も、本数削減や運休など予定しています。

そのため、カラニスは12日(土)を休業させて頂きます。

12日は、現在開催中の 「吉村桂子ガラス展ーうつりゆくー」 の最終日でしたので、
天候が回復し、都内交通機関にも特別問題が発生していなければ、
13日(日)を最終日として営業したいと思います。

〇13日(日)お越し下さるようでしたら、お電話でご確認下さい。
 午前中は到着していないことも考えられます。
〇インスタグラムで、最新情報を発信します。「KARANIS1」
 トップページのインスタグラムをクリックしてください。

皆様、どうぞよろしくお願い致します。気をつけてお過ごし下さい。

吉村桂子展
_展示 (1)
_展示 (3)
_展示
_展示 (2)

「吉村桂子ガラス展 -うつりゆく-」 10月5日〜12日

 吉村桂子さんの、2年ぶり2回目のカラニスでの個展。
前回も10月でしたが、今回は、「うつりゆく」という副題が、秋の空気や風のように会場で感じられる、、(ちょっと分かりにくい言い方ですが)、そのような作品展になっているかと思います。
そして、天候もこの2,3日で本当にうつりゆき・・吉村さんを天も応援して下さっているのか・・?

風景 (10)
風景 (2)
風景 (6)
風景 (7)
風景 (5)
風景 (3)
風景 (8)
風景 (4)

風景 (9)
風景 (11)

「一見 恵 ガラスジュエリー展」

 少し秋らしくなったかと思えば、またジンワリ蒸し暑く・・残暑の長い今年の9月です。

 一見 恵さんのガラスのジュエリー展。今回は、幾何学的な作品を新作として発表。
シャープな作品は、植物の作品とともに、一見さんの作品の片翼です。
ますます腕を上げた感のある、それぞれの作品です。ぜひご覧下さい。

fuukei

幾何学的な新作
fuukei (2)
fuukei (4)

植物の作品
fuukei (5)
fuukei (3)
fuukei (6)
fuukei (8)
fuukei (7)
fuukei (1)
fuukei (9)

「リムルの古代ビーズとジュエリー展」9/14〜21

 ようやく秋の涼しい風が吹きました。長い残暑でしたが、やっとホッと出来ますね。

 カラニスでは最後となる「リムル展」。2008年に初めて開催させて頂き、今回が12回目でした。
今回は特別展示として、広島の「唯山コレクション」から15ケースの古代の装身具をご覧いただけます。
初日14日の3時〜4時は、お話し会を致します。どなたでも参加いただけますので、古代に関心がお有りでしたら、ぜひお越し下さい。
 リムル・片桐光治さんは、古代の装身具を研究し、金細工の復元も手掛けておられます。
会期中はほぼ毎日来られますので、ご質問や長さ調整などにもお応えできます。(初日以降は11時より、18日は4時頃になる予定です)
素敵で上品なジュエリーが今回もたくさんです。どうぞお越し下さい。

fuukei
fuukei (1)
fuukei (12)
fuukei (2)
fuukei (7)
fuukei (6)
fuukei (4)
fuukei (3)


〇唯山コレクションより
fuukei (8)
fuukei (9)
fuukei (10)
fuukei (11)

「小宮 崇ガラス展 -ハレノ日ケノ日-」 9月5日(木)〜11日(水)

 9月となりました。秋の展覧会シーズンの始まりです。

 お知らせをさせていただいたお客様も、そうでないお客様もいらっしゃることと思いますが、
カラニスは今年12月で終了させて頂く事となりました。
長きに亘りご愛顧いただきまして、本当にありがとうございました。深く感謝申し上げます。

 12月までは、今まで通り作品展を開催してまいりますので、どうぞお近くにお越しの際はお立ち寄り下さい。
トップページにスケジュールを掲載しております。(変更の場合は修正していきます。)

 なお、ご注文、お修理、お取りおき作品は、なるべく10月中にご連絡やお受け取りをお願いしたいと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 最後の4ヶ月、その1回目の作品展は「小宮 崇展」、初個展です。
明星大学でガラスを学び、新島ガラスアートセンターにて8年修行、現在は富山ガラス工房を拠点として、独立して活動しています。宙吹きガラス、モザイクガラス、ひとつひとつに大らかな穏やかさを感じる作品展となっています。ご覧下さい。

fuukei (2)

fuukei (7)
fuukei (5)


       〇「episode」 上へと昇りゆくイメージを形にされたアートピース。高さ:約60cm。
fuukei (1)

fuukei (3)
fuukei (4)
fuukei (9)
fuukei (8)
fuukei
fuukei (6)
fuukei (10)

「女子美卒・ガラス・作品展」 8/23(金)〜31(土)

 お盆が過ぎ、ようやく暑さも和らいでまいりました。今年は梅雨寒でしたが、結局暑い夏になりました。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

 カラニスの展覧会をご案内致します。
今回初めて行う「女子美卒・ガラス・作品展」、女子美にガラスコースができて、もう29年にもなるとのこと。
卒業生も230人を越え、ガラス制作を続けている人もかなりの人数です。
今回、初めて卒業生が集まり、ガラス作品展を開かれる事になりました。
身近に使ったり、置いたりしていただける作品が中心です。
来年以降には、大作での作品展も開いていきたいとの事。意欲のある女性達、ぜひ応援お願い致します。
会期中は毎日、出品作家の中から2,3人が会場に来て、ご説明などもして頂きますので、どうぞお越し下さい。

女子美02


展示中風景
DSC_1038
DSC_1036
DSC_1035

夏季休廊のお知らせ

 暑中お見舞い申し上げます。
連日の猛暑日、体も疲れてきている頃です。
どうぞ頭を涼しく、リラックスして、残りの夏を良い時間にして下さい。

<夏季休廊のお知らせ>

8月10日(土)〜18日(日)は、お休みさせて頂きます。

次回は、「女子美卒・ガラス・作家展」 8月23日(金)〜31日(土) 
女子美のガラス科を卒業後、制作を続けている41人が出品する、初めての企画展です。
応援よろしくお願い致します。

〇グラス展の会場風景
DSC_0963

「ガラスノ グラス展」 〜8/8

 そろそろ梅雨明けでしょうか?2,3日前に蝉が鳴いていました。
エンジュの花が道路にたくさん落ちています。
掃除が大変ではありますが、白黄緑で、形はクラゲのようで、かわいい花なのです。
このエンジュの樹が木陰を作ってくれて、この通りは感じがいい・・
まっすぐ表参道に歩いていくと、今度は大きな欅が、緑の陰と風を呼んでくれて、街の空気を美しくしてくれています。ブランドが立ち並ぶこの頃ですが、緑が多いのがこの界隈の良いところです。樹は本当に大切です。
根津美術館のすばらしい日本庭園もあります。ぜひ表参道のお散歩にいらして下さい。

DSC_0940
DSC_0941


〇貴島雄太朗 宙吹き、削りで、清潔感のあるゆったりした器たちです。
貴島  (1)
貴島 (1)


〇生島 賢 元気の出るカラフルなレースグラス。そばちょこやピッチャーも。
_20190724_160623


〇野田 收 階段のあるポエティックな作品です。眺めながら物語が作れそうです。
DSC_0939


〇鹿田洋介 新島のガラスは本当に夏らしい。海のきらめきがガラスに。
DSC_0935


〇作道僚子 コアガラスのかわいい作品。
作道 (1)


〇森康一朗 上品な色、薄さもきれいです。
DSC_0876


〇山崎雄一 スタイリッシュな模様が生きたグラスです。
6D3B2763-AD41-4855-89B1-EAC956464C9A


〇山田妙子 モザイクのステンドグラスのようです。
山田 タエ
山田タエ


プレゼントにもお使いいただければと思います。皆様のお越しをお待ちしております。

「カラニス ガラスノ グラス 玻璃展」 7/12〜8/8(日曜日休)

 今年の東京は梅雨寒が続き、ようやくこのところ蒸し暑くなって来ましたが、本当にあの暑い夏になるのかしら?と、どうも季節の実感の湧かないこの頃です。
 カラニスでは夏を気持ちよく過ごすための、グラスの企画展を開催しています。
器が変われば味も変わります。美味しく、気持ちよく飲めるグラスがあるだけで結構楽しいものです。
ぜひ探しにいらして下さい。ご注文もお受けしています。日曜日はお休みです。

〇インスタグラム「KARANIS1」 展覧会と作品のご案内をしています。
 情報が早く載せられるので、ぜひフォローお願い致します。

fuukei


〇荒川尚也 茶碗(ホウケイ酸ガラス)*耐熱です。
DSC_0879


〇加倉井秀昭 墨流しのシックなシリーズ
DSC_0882


〇佐野 猛(上) 佐野曜子(下) 色とガラスの技法が楽しめる盃
DSC_0880


〇野田雄一 今回のDMになった盃、底にカットが入っています。
DSC_0891


〇下田美保子 冷茶碗 銀箔をはさみ色をつけて焼いています。
       豆皿のセット 干菓子にぴったりです。
下田さん


〇広沢葉子 虹色のお茶箱 籐の箱に入るお茶器のセットです。
      水玉の棗。やさしい作品。
広沢さん (1)
広沢さん

〇山田輝雄 八方切子のショットグラス キリッと呑みたいグラスです。
山田輝雄さん


〇小林裕之・希 影がきれいです。薄くて重ねられる、片吹きの良さ、技術力。
小林ガラス (1)
小林ガラス

〇三好愛音 くじら、あざらし、絵心のある楽しい作品。
azumino

〇若色正太 淡くてシックな色。自然な感じで使いやすいグラスです。
azumino  01
〇色とガラス生地を柔らかいうちに巻き込んで吹いています。少し小さめで使いやすいサイズ。
azumino01


出品作品の一部です。ぜひお越し下さい。

「安藤ひかり展」 6月29日(土)〜7月6日(土)

 梅雨の真っ只中です。肌寒かったり蒸し暑かったりの毎日が続いています。
今年、関西から西はやっと梅雨入り・・観測史上最も遅い梅雨入りだったとか。お天気は西から変わっていくものと思っていたので、梅雨明けではなく入りとは・・意外でした。
これから曇り雨の日が続くようですが、穏やかな雨でありますように。

カラニスでは、「安藤ひかり展」が始まります。
パート・ド・ヴェール技法で、大変個性的なユニークな作品を制作されています。
複雑なかたち、何色もの色、独特の個性が作り出す作品です。
安藤さんといえば「ひまわり」というくらい、代名詞にもなる作品。今回は大型のオブジェ、額作品が届いています。
5年ぶりの個展です。ぜひご覧下さい。

fuukei (1)
fuukei (6)
fuukei (8)
fuukei
fuukei (7)
fuukei (2)
fuukei (5)
fuukei (4)
fuukei (3)
 

新島ガラスアートセンター「ザ・ニイジマズ展」 6/15〜23

 肌寒い梅雨となっており、風邪を引いた方も多いのではないでしょうか。
今日、6月16日(日)は、昨日の雨から一転、キラキラと輝くような梅雨の晴れ間の一日となりました。
カラニスでは、新島ガラスアートセンター「ザ・ニイジマズ展」が始まりました。
一昨年、新島ガラスアートフェスティバルの30回記念展をさせて頂き、
今回は、新島ガラスアートセンターの作家による作品展を開いていただきました。
新島ガラスの特徴は、特産のコーガ石を原料に熔かしたオリーブ・グリーンのガラス生地ですが、
デザインは、新島の海や空を感じさせる心地よさがあります。
どこか大らかで、素朴さも感じる、爽やかなガラス作品。
6人の作品と工房作品を展示販売しております。どうぞお越し下さい。


DSC_0751
_20190615_142047 (1)


野田 收
_20190615_142431
_20190616_173247
_20190615_143837


野田由美子
_20190614_165128
_20190615_143222
IMG_20190616_130600_094


鹿田洋介
_20190616_173719
_20190615_143047


竹内 駿
_20190616_173312


香川雅人
_20190616_173338


野田 綾(陶芸)
_20190615_142235
_20190615_142646


野田 紘
_20190615_142623


工房作品
_20190616_173543
_20190616_173658
注文作品のトロフィー
_20190615_142143

「山崎 葉 個展」6月1日(土)〜8日(土)

 今日から6月です。梅雨入りを前に、小学校の運動会が開かれていました。
紫陽花の花も少し色づいて、日ごとに花房も大きくなっています。

 カラニスでは、山崎 葉さんの個展が始まりました。
初めての個展から5回目、今年はちょうど10年目に当ります。
宙吹きした器にエナメル彩で描き、焼き付けています。
伸びやかな植物の線、葉や花びらの量感の表現など、ぜひご覧下さい。

〇インスタグラムでもご覧下さい。名前「KARANIS1」です。

_20190531_182127
_20190531_182151
_20190601_092519
_20190601_092850
_20190601_092415
DSC07449
DSC07608
DSC07620
_20190601_092318
DSC06934
_20190601_092246
DSC07648
DSC07630

「田上惠美子作品展」 5月18日(土)〜25日(土)

 5月の半ばになってようやく初夏らしい陽気となりました。
天気予報では、もう「梅雨」という言葉が出てきていて、ここにきて急に季節の動きが速まったことを感じます。

田上(たのうえ)惠美子さんの個展が始まりました。
前回は、初の「蜻蛉玉 源氏物語」のお披露目でした。今、この作品は54帖が1セットに桐箱に入り、伝統工芸の近畿展にも入選。今回も展示出品していただいていますので、ぜひご覧下さい。

田上さんの作品は、透明感も魅力ですが、とんぼ玉を作る際の中央の芯の部分を磨くことにより、さらに透明度の増した作品となっています。
とんぼ玉、ペンダント、帯留、羽織紐などとともに、遊び心を感じるコアグラスの盃やオーナメント、額作品なども出品されています。

_20190520_180659
源氏物語1280
IMG_20190517_180615_564
_20190517_174327
IMG_20190517_180615_570
IMG_20190517_180615_550
_20190520_180837

「アクセサリー展」 4月20日(土)〜5月4日(土)*会期中無休

 爽やかな季節になりました。
桜のうすピンクと新緑の黄緑色のバランスが、日ごとに変わってゆく。ある日、そこにハナミズキの白が入ってきて、気付けば、新緑と白、黄色、藤の薄紫などの初夏が近いような景色に変わっているのです。季節が動いていく事を実感する瞬間です。

 カラニスでは、ガラスのアクセサリーを中心とした企画展が始まりました。
日差しが明るくなった今から、すぐに着けていただける軽やかでおしゃれな作品が揃っています。
ガラスのアクセサリー・ジュエリー、シルバーの作品、アンティークのとんぼ玉の作品。
中村工房(盛岡)の織りのストールや帽子。ランジュ・パースさんのヴィンテージ・ビーズのネックレスやストール。
増田ひで子さんの宙吹きの花器には、木村節子さんがお花を活けて下さっています。
ご自身のアクセサリー、母の日の贈り物に、ぜひご覧下さい。

_20190420_153055
_20190420_153214
_20190420_152647
_20190420_152622
_20190419_172640
_20190419_172559
_20190419_172720
_20190419_172347
_20190419_172450
DSC_0551

「佐野 猛・佐野曜子ガラス作品展」 作品のご紹介

 今日5日は、コートが要らないくらい暖かくなりました。
桜がちらほらと散り始めて、時折吹く風に舞い散ります。もう、東京は初夏に入っていくのかしら・・

佐野猛さん、曜子さんの出品作品の一部をご紹介します。
手の込んだオリジナリティある工芸作品。ガラスの色、組合せの遊び心。
宙吹きと、キルンワーク(電気炉での仕事)を巧みに組み合わせて、今までに無い作品を展開されています。
ぜひご高覧下さい。

〇佐野 猛作品
HP (5)
HP (1)
HP (3)
HP (2)
HP (4)


〇佐野曜子作品
HP (11)
HP (9)
HP
HP (8)
HP (7)
HP (6)
Archives

QRコード
QRコード
RSS
  • ライブドアブログ