人工透析闘病記=前しか向かネぇ!=

2017年9月11日より7時間の長時間透析を始めました。
徒党や群れを組むことが大嫌い。
人と同じことをするのが大嫌い。
透析歴5年のオヤジがつぶやくガチでリアルな人工透析闘病ブログです。



2型糖尿病より腎不全を発症し、2012年4月に人工透析を導入。2017年9月11日からは7時間の長時間透析を開始しています。

事情があって現在は一人暮らしですが5歳の長女、24歳の長男、22歳の二男がいます。
私は今年55歳になりました。
自分自身の生きざまを子孫に記録として伝える為、このブログを綴っています。

おはようございます。m(__)m

先日、珍しくお袋から連絡が入った。
急用があるので実家に来いと言う。
お袋とはしばらく顔を合わせていなかったので、顔見がてら実家に帰ってみることにした。

実家について、お袋と軽く挨拶。
80歳を超えたお袋も何とか元気そうで安心した。

話を聞くと、私に渡したいものがあると言う。
「何やの?」と返すとお袋は「これ、試してみて」と箱を二つ私に手渡した。
CIMG1545
CIMG1546
それは、『青汁』でした。
青汁には結構思い出があって、昔、試したことがあった。
しかし、当時の青汁は冷凍されていて、ケールと言うキャベツに似た野菜を丸ごと絞ったものでお世辞にも美味いとは言えない代物だった。
一ヶ月ほど試してみたものの、効果がまったく無かった(当時は糖尿病に対して)のでやめた経緯があったのです。

お袋が手渡してくれたものは、粉末タイプで水に溶かして飲用するタイプのもでした。

お袋は80歳にもなって、未だ、55歳になった私の事を心配してくれている様子です。
私も55歳にもなって、高齢な母親に未だ心配をかけていることが情けなくなってしまいました。

私は、この手の健康食品と言うものは、あまり信用していません。
粉末状態に加工した時点で、栄養素はすべて潰れてしまうと考えているからです。
それに加えて、カリウムがどうしても気になります。
しかし、お袋の好意を無駄にする訳には行きません。
都合のよいことに、私の場合、カリウムに対しての耐性は血液検査の結果から強いようなので、
取りあえず、次回の血液検査まで試してみることにしました。

お袋には「ありがとう」と言ったついでに、透析患者にはカリウムが禁物なんだと言う話をして血液検査の結果で悪い結果が出た場合は悪いけどやめるからねと言って頂戴することにしました。

自宅に戻り、早速試してみました。
CIMG1548
飲んでみると、昔飲んだ冷凍タイプのものよりは苦味がなく飲みやすい印象でした。
しかし、最近のコマーシャルでは美味しいなんてコメントを聞きますが、正直、甘味もないし美味しいと言える代物ではありませんでした。
苦味のない抹茶を飲んでいる印象です。
青汁を製造する会社によって、味はバラバラなのかも知れません。

取りあえず試してみます。
唯一、パッケージに書いてある、『食後の血糖値が気になる方へ』と言う、売り文句が気になりましたので。。。
糖尿病を患う透析患者の悲しい性(さが)のようです。(T_T)


↓人工透析・腎不全ブログはコチラから。↓

本日もお忙しい中、ありがとうございました。


おはようございます。(*^^)v

昨日は、ドライウェイトが決まるかなんて気合いを入れていましたが、なんてことありませんでした。(T_T)
DSC_0551
上記の画像が8時39分の透析開始から、13時39分までの血圧データのグラフです。
透析開始時の最高血圧は142から始まりました。
142だったら、思った通りドライウェイトも定まって来たのだろうと一安心出来たのですが、その後が最悪でした。。。(T_T)
最高血圧は終始、150台から160台を行ったり来たり、中々、下降傾向の動きを見せてはくれません。
DSC_0552
それどころか、12時39分からは上昇傾向に転じ、透析が終了した時点で最高血圧は175を超えてしまいました。(T_T)
※静脈圧が高いのは写メを撮るために肘を曲げているからです。

この結果、私のドライウェイトは66.3kgから更に0.2kg減らされ、66.1kgとなってしまいました。
私がやせ細って行くスピードに対して、ドライウェイトの変更が後手に回ってしまい、追い付かない感じです。
0.5kg以上の思い切った変更が必要なのかも知れません。

次に、血液検査の結果が出ました。
7時間の長時間透析を始めて、2度目の血液検査の結果です。
今回の検査は、透析前の血液データのみで、透析後のデータではありません。
分かりやすく、1度目の検査結果と比較してみたいと思います。

下記の画像が1度目(透析前に採血)の検査結果です。
CIMG1518
BUN:30.0
クレアチニン:12.17
尿酸:7.8
ナトリウム:141
カリウム:4.1
クロール:99
カルシウム:10.8
無機リン:2.4
アルブミン:4.3

次の画像が今回の2度目の血液検査(透析前)のデータです。
CIMG1544

BUN:45.6
クレアチニン:12.79
尿酸:9.0
ナトリウム:140
カリウム:3.9
クロール:99
カルシウム:9.6
無機リン:3.2
アルブミン:4.3



取りあえず今回は無機リンとカリウムに絞って、食生活を送って来ました。
前回の検査結果と比較すると、カリウムに関しては前回4.1から今回3.9に下がっています。しかし、許容範囲にのど真ん中には入っているので気にせず、今まで通り、フルーツや生野菜を食べて行こうと思います。

無機リンはどうでしょう?
前回は、2.4という結果でしたが、今回は3.2と言うことで許容範囲内に入れることが出来ました。
米、麺類は出来るだけ摂取せず、おかず(主に肉類)のみで食生活を送ってきた結果です。

現在、栄養士の先生に1回目の血液検査から2回目の血液検査までに食べたもののリストを送って精査して頂いています。
この間、色んな迷いもあって自分の食生活が間違っていたのだろうかと悩むこともありましたが、結局、私が栄養士の先生の指導に基づいて実践して来た食事が正しかったことが証明できたように思います。

結局、食の管理なんて基本はあれど、人それぞれなのだと痛感しました。
ある透析患者にはベストでも、違う透析患者には症状によってベストでないこともあると言うことだと思います。
一度、透析患者さんの食事なるものを見てみましたが、長時間透析をしている私には、とても質素で栄養素が足らないと感じました。
また、人それぞれの嗜好があり、どうせ食べるなら好きなものを食べたいものです。


前回のデータから、7時間の透析直後はカリウムとリンの値が正常値以下に下がり過ぎることが分かっています。
下がり過ぎたカリウムとリンを補うため、透析を終えて、速攻でコンビニでバナナ2本とチキンナゲット(二人前)を買って食べたことは言うまでもありません。

実はこれも、1回目の検査結果を見てから、ずっと続けています。
少しでも長い間、我が血液データを基準値の中に収めておきたいですからね。

主治医からもこう言う結果を継続して行けば、長生きは出来ると思いますと太鼓判を頂けました。
問題は、血糖値です。
これも来週、総合病院で糖尿外来の診察があるので、私がこの一ヶ月間続けて来た食生活が正しかったのか?間違っていたのか?結果が出ます。
グリコアルブミン値から、手応えは感じています。

今後も私を取り巻く医療スタッフと共に闘病生活を送って行きたいと思っています



↓人工透析・腎不全ブログはコチラから。↓

本日もお忙しい中、ありがとうございました。


おはようございます。m(__)m

先日、甲子園球場で行われたプロ野球クライマックスシリーズ1stステージ、阪神 対 DeNA戦。
残念ながらタイガースは、DeNAに敗退。
ファイナルステージにコマを進めることは出来ませんでした。(+_+)

甲子園球場で行われた、この3戦、言いたいことはたくさんあります。
特に第2戦の選手たちやプロ野球ファンを愚弄したプロ野球実行委員会(でしたっけ?)の雨天の強硬試合。
日本一水はけのよいと言われる甲子園球場でさえ、あの状態です。
バントしたボールは途中で止まり、ファールになるはずの軌道がフェアになってしまう。
あんなの野球とは言えないと思います。
お客さんはびしょ濡れ、選手は泥だらけで、可哀想で仕方ありませんでした。

その挙句、クライマックスシリーズ敗退。。。
とても残念でした。(T_T)
akaruku
さて、いつものように朝一番の血圧です。
最高血圧:150
最低血圧:76
脈拍:95
普段の高血圧状態から見れば、合格点だと思います。
一昨日の透析では、やっとドライウェイトが理想値になった手応えを少しだけ感じることが出来ました。

今日の透析の結果如何で、ドライウェイトがやっと決定するのか?
はたまた、更にドライウェイトが厳しくなるのか?

今日の透析で最高血圧が140から150くらいに収まってくれれば現状で落ち着きそうです。
でも、本当に痩せてしまった。
会う人、会う人がフーさん痩せた?なんて聞いてくる。
しかも、その次に出て来る言葉は、体調くずした?なんて言う言葉だからたまらない。(T_T)

先月に行った糖尿内科の外来で、HbA1cの異常を告げられたことが精神的に大きなダメージとなってしまった。
それ以来、ずっと節制して体重が激減したようだ。
長時間透析を始めて、身体の動きは以前に比べて確実に軽くなった。
体調的にはすこぶる良好だ。
次回の糖尿外来は今月の23日。。。
この日は、外来の時間に間に合わないので7時間の透析はしないで4時間透析になる。
この糖尿外来での採血結果で主治医が少しでも改善できたと認めてくれれば、私が一番恐れる入院はしないですむ。
入院生活なんて二度としたくない。
必ず、私が努力したことを認めて頂いて入院と言う最悪の結果は避けたいものだ。

体重の実増はどうだろう?
中一日で1キロちょっと。
昼飯の重量やリンス分を足しても、1.6kg前後のの純増で透析を受けることができそうだ。

脛(すね)や足の甲の浮腫みも大丈夫!
浮腫みなんてまったく感じられない。

肺のチェックも大丈夫。

最後にシャント音は?
ドーンッ、ドーンッ、相変わらず威勢のよい音を奏でてくれている。
シャントもオッケー!

今からシャワーを浴びて、透析に向かいます。
今日も、自己の快調を祈って・・・。
では。(*^^)v


↓人工透析・腎不全ブログはコチラから。↓

本日もお忙しい中、ありがとうございました。


こんにちは。m(__)m

少し書くのが遅れてしまいましたが、昨日の長時間透析の結果を綴ろうと思います。
雨降りの中、いつも通りクリニックの開門時間に到着して、送迎スタッフの皆さんと挨拶を交わしてしばし談笑。
更衣室で透析着に着替えていつも通り談話室に置いてある運動器具でルーティンを消化。

透析当日は、負荷の軽い運動しか出来ないけれど、それでも続けて来たという実績が自信に繋がる。
運動を終えると、いつもの患者仲間が談話室に集まってくる。
いつもの如く、その内容は男性の私にとっては目を大きくする話題ばかり・・・。
さすが女性陣、院内スタッフを見る目はとても鋭い。
bed
そうこうしているうちに透析が始まる。
透析前の最高血圧は168。。。
やはり高い。
穿刺が終わって、再計測。
すると、160。
おしい!あと少しで150台だったのに。

それから7時間の長時間透析に入る。
透析開始後30分後の最高血圧は176、、、また血圧が上がってベットの背もたれを立てて対応する。
ドライウェイトを毎回のように厳しくしている効果は、まだ現れてくれない。
依然としてドライウェイトが合っていないのだろうか?
透析開始1時間後の血圧は174、、、ベットの背もたれを立てた効果は認められない。
私は、すかさず担当看護師さんに液温を上げるようお願いした。

透析開始1時間30分後の血圧を確認する前に深い眠りについてしまった。
気がついたのは、透析開始3時間20分後のお昼過ぎ。。。
昼食タイムのアラームによって目が覚めた。
モニターの血圧表を確認すると、私が眠りについていた透析開始3時間後の最高血圧が158を指していた。
久しぶりの150台だ。
昼食の準備をしていると、3時間30分後の血圧測定が始まった。
心を落ち着けて、血圧測定を待つ。
測定が終わると、最高血圧は152を指した。
誤差の範囲ではあるけれど、やっと透析中に血圧が下がり始めた。
もちろん、下がり始めたと言ってもたった一度の事なので安心は出来ません。
普段のことで、昼食をとると必ず血圧は上昇する。
早々と昼食を済ませて安静の姿勢をとった。

透析開始4時間後の最高血圧は?
165、、、やはり昼食直後は血圧が上がってしまう。

気持ちを落ち着かせて30分後の血圧測定の時を待つことにした。
透析開始4時間30分後の血圧は、本日3度目の150台となる155を記録した。
間違いなく血圧は下降傾向になっている。
ようやく血圧が安定して来たか?なんて自分に都合のよいことをイメージするけど安心は禁物。
とにかく安静と、出来るだけ身体を動かさず次の血圧測定を待った。
透析開始5時間後、最高血圧は158。。。
150台は記録したけど、ほんの少し上がってしまう。

この後、2度目の睡魔に襲われた。
気がついたのは、透析開始6時間20分後のこと。
透析器のモニターから血圧記録のログを参照すると、透析開始5時間30分後の最高血圧は150を示し、透析開始6時間の最高血圧に限っては、本当に久しぶりの146を記録していた。

最高血圧が176で始まった透析だったが、透析終盤にかけて146まで下がった。
ここまで下がれば、試行錯誤して来たドライウェイトがようやく合って来たのではなかろうかと安堵できる。

ただ、喜び過ぎて、6時間30分後の最高血圧は154と、再度上がってしまった。

結局、この日は針抜き直前の最高血圧が162と言うことで落ち着いた。


まだ、安心はできないけど、次回の透析も今日と同じような血圧移行することを願っている。
ドライウェイトは、体調次第でコロコロ変わりやすいものだけど、出来ることなら安定させたいものだ。




↓人工透析・腎不全ブログはコチラから。↓

本日もお忙しい中、ありがとうございました。


おはようございます。m(__)m
hitowahito
いや、もうね、凄いんですよ。
私の血液データを見て、私の生きていること自体がおかしいとか、即、入院しなきゃ死んでしまうとか、挙句の果てには、貴方は生きている人なんですかとか・・・。┐(-。ー;)┌ヤレヤレ

ご心配なく。

私はピンピンに生きています。(笑)

正直、コメントを頂戴することは自分の勉強になるし、とても有難いことだと思っています。
特に私は、自分の病気に対し無頓着なところもあるし、食生活に限っては現在一人暮らしと言うこともあって、大雑把にしか把握できていないところも自覚しているので参考になるコメントは感謝感激です。

ただですね、一つ問題があって、コメントを頂戴できるかたすべてが善人だとは限らない訳なんですよね。
昔から交流している方であれば、素直に意見を受け入れることは出来るんですが、中には悪意を持って、ガセ情報を書いて来る人もいる。

この判別がブログの世界ではとても難しいのです。

ブログの中ではすべてが自己責任となってしまいます。
私が取り組んでいる長時間透析もしかりです。
どこの誰だか分からないコメンターの言うことを聞いて、身体が不調になったところでそのコメンターは絶対に責任を取ってはくれません。
コメンターの言うことを信じて、自分の身体が不調になっても、それはすべて自分の責任になってしまうのです。

となれば、、、
信用出来るのは、信頼している主治医と、セカンドオピニオンにしていしている主治医の意見しかありません。

一回目の血液検査で、出たデータは明らかに過剰透析だと言うことを物語っています。
当初予定していたオンラインHDF透析への移行もご破算になりましたし、ダイヤライザーも一回り小さいものに変更されてしまいました。
ですから、一回目の血液検査より、長時間透析初期としての対策は既に施されています。
また、この結果を踏まえて栄養士の先生の指導も受けました。
その指導に基づいて、出来る限りのことをこの二週間続けてきたつもりです。
私は糖尿病も患っています。
ですから、腎不全だけの透析患者とは栄養指導も異なって来ます。
自分は、栄養管理のプロである栄養士の先生の指導を信じるしかないのです。

透析に関すること、食生活に関すること、色んなご意見を頂けますが、上記の信念に基づいて、私は主治医とセカンドオピニオンの先生の言われることを信用して闘病生活を続けて行くだけです。

それでも、、、
今回の件で頂いたコメントは、とても参考になりました。
今後の闘病生活の参考にさせていただきます。
cruise-qm2様、Misa様、ありがとうございました。


↓人工透析・腎不全ブログはコチラから。↓

本日もお忙しい中、ありがとうございました。


長時間透析を始めて、身体の調子は間違いなく良くなった。
まず、よく睡眠が取れるようになったし、身体の動きも間違いなく軽くなった。
4時間30分しか透析が出来ない時は、外食中心ゆえ、いくら頑張ってもリンの値を5以下にすることは出来なかった。
それが長時間透析を始めたとたん、一回目の血液検査で正常値の下限を大幅に下回る値を記録した。

今までリンが高い高いと言われてきた私からすれば大きな改善だった。
だから、正常値の下限を下回ったと言っても、リンの値が高いよりはマシだと喜んだ。
だけど、そのたった一回の検査結果で、それは即、命に関わる問題だから、長時間透析はやめた方が良いとコメンターの方から言われてしまった。

どうすれば良いのだろうか?
まったく分からん。

私としては、今日、採血を受けたのでその結果と前回の結果を見据えて、足らないところ、足り過ぎたところを一つ一つ改善して行こうと思っているのだけど。。。

そんな悠長なことでは駄目なのだろうか?

オイラとしては、たった一度の結果で長時間透析を諦める気持ちはサラサラない。
自分が信じて始めたことなので、突っ走りたいと言うのが本音だ。

自分の目標は、あと15年間生きたいだけ。
15年生きて、娘の成人式が見れたら、その場で死んでもかまわないと思っている。

どうなるんだ俺?
ホントに命に関わる状態で、直ぐに死んでしまうのだろうか?




↓人工透析・腎不全ブログはコチラから。↓

本日もお忙しい中、ありがとうございました。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

おはようございます。m(__)m

相変わらず冷え込みますね。予報によれば、今日の大阪は最高気温も20℃を下回るようです。
全国的に雨模様で気温が下がると言うことなので、お身体の調子を崩されないようご自愛くださいませ。


今日、長時間透析を始めてから2回目の血液検査(採血)があります。
a1c
私のお世話になるクリニックは、月に二度血液検査があります。
ただし、透析前後のデータを取るのは月に一度のみで、今日の血液検査(採血)は透析前の血液の検査となります。

ただ、今現在の私の問題点は透析前の血液データが基準値より下回った状態なので、この2週間、自分なりに考えた食事で如何に改善できたか?
そこが知りたいものです。
ヒョッとしたら、リンもカリウムも高い数字が出るかも知れません。
とにかく、この2週間は糖質類を出来る限りカットし、体重が激増しないように注意して、リン、カリウムの高い食材ばかりを食べてきました。
pain
niku
糖質類をできるだけカットしたのは、血糖値の極端な上昇を防ぐためです。

この2週間、口にしたものはすべて記録して来ました。
ですから、そのデータと今日の血液検査の結果を踏まえて、バランスの良い食事のパターンを見出す事が今の私の課題です。

そんな結果が出るのか?
やることはやったつもりなので、結果が出るのを楽しみに待ちたいと思います。
ちなみに検査結果は、水曜日に出る予定です。


↓人工透析・腎不全ブログはコチラから。↓

本日もお忙しい中、ありがとうございました。


おはようございます。m(__)m

午前4時、、、自宅の外を伺うと雨が降っている。
しかも、本降りのようだ。
本降りでなければ、濡れてウォーキングが当たり前でしたが、今は寒くてそんな無謀なことは出来ません。
少しでも雨に当たると、寒いし、冷たいし、一発で風邪をひいてしまいそうですから。。。

今日のウォーキングは諦めようか?なんて思いつつ、今までずっと続けて来たウォーキングをサボってしまうと不安な気持ちに襲われて落ち着くことが出来ません。
結局、ペースが遅くなることを覚悟で、傘をさしてウォーキングをして来ました。

不思議なもので、今日のような中途半端なウォーキングでも、歩きぬいて自宅に到着すると妙な安心感が芽生えます。
自分にとっては、形はどうであれ、「継続する」と言うことが安心に繋がるのだと改めて気付くことが出来ました。
今日は、汗もほとんどかかず、温かい風呂に入って身体を癒しました。(*^^)v

それから今日は衆院選の期日前投票にでも行ってこようと思います。
選挙当日は、混みあうことが必至なので面倒ですから。
私の注目は、千葉県から立候補するあの人です。
個人的な事を言うと、絶対に当選して欲しくありません。
どうなるんでしょうか?
選挙当日の選挙速報は必ず見たいと思います。



さて、長時間透析を始めて一ヶ月が過ぎました。
その間、多くの方から色んなアドバイスを頂戴して、それが困惑する原因となっていることが辛いです。
中には、私の血液データが低すぎて過剰透析だと言う方もいらっしゃいましたし、HDP指標の観点から言うと、まだ透析が足らないと言うことになりますし、一体、何が私の身体に合っているのか?
今、自分に出来ることは何かと考えた結果、取りあえず「リン」と「カリウム」に絞って食生活の工夫をしているところです。
リンとカリウムに関しては、どちらの値も透析前採血のデータで、正常とされる基準値を大幅に割り込んでいました。
摂取量が足らないと言うことです。
ですから、カリウムに関しては生野菜を一回につき200グラムほど食べてみたり、果物を食べてみたり、100%のトマトジュースを飲んでみたり、必ず先のどれかを実践しています。
リンに関しては、牛肉や鶏肉を普段以上に食べて、ずっと控えて来た魚卵(いくら・数の子)もちょくちょく口にするようにしています。
steak
また、時折ですが主治医からリン爆弾と言われて、食べることを止めていたマク○ナ○ドのハンバーガーも食べるようになりました。
4時間30分透析の時には、出来なかった食生活を送っています。
ただ、それでも私の体重は徐々に減っています。
糖質(ご飯、麺類、粉もの関係)は、出来るだけ控えていることが原因なのかも知れません。(ハンバーガーを食べても、バンズは半分残したりしています。)
血糖値に関して、一番高くなると言われている食後2時間の食後血糖値も200を超えることはほとんど無くなりました。

食べたものはすべて記録しているので、来週の血液検査の結果を受けて、栄養士の先生の指導を仰ぎたいと思っています。

とにかく、今は試行錯誤の連続です。
『しっかり食べて、しっかり透析、しっかり運動』この三つのキーワードのバランスを整えるべく努力しなければならないと痛感しているところです。


↓人工透析・腎不全ブログはコチラから。↓

本日もお忙しい中、ありがとうございました。


こんにちは。


今日は娘が通園する保育園の運動会でした。
しかし、悪天候のため、運動会は中止となってしまったようです。(T_T)

娘にとっても、徒競争やダンス、組体操など、ずっと練習して来たので今日の中止はとても悔しかったようです。
奥殿も朝の4時前からお弁当を作って準備をしていたそうですが、残念ながら娘の友人には披露出来ず。。。
anpanman
力を入れたキャラ弁は、家族で今日のお昼ご飯となったそうです。

しかし、しかしです。
一番悔しかったのは、何を隠そう私自身で、奥殿が撮影したビデオを見れないことが残念で仕方ありません。
私、、、ダンスは苦手ですが、かけっこはクラスでも速い方だったので娘もきっと3位までには入賞できるだろうと完全親バカ状態で待機していたのですが。。。
まぁ、お天道さんの気まぐれには勝てませんね。
仕方ありません。(T_T)

保育園のホームページを見ると、雨天の場合は明日の日曜日に延期の予定でしたが、運動場のコンディションが悪く、来週の土曜日に延期となったようです。

う~ん、あと一週間も待たされるのか。
今まで、ずっと待って来たのに更に一週間かよ。
残念だね。

でも、その分、楽しみが増えたってことに考えを改めます。
日頃は自分の血液データやドライウェイトのことしか考えていないので、良い頭の休憩になります。(^^♪

たまにはこんな日も必要ですね♪


↓人工透析・腎不全ブログはコチラから。↓

本日もお忙しい中、ありがとうございました。


こんばんは。

高血圧により、ドンドン下げられる私のドライウェイト、、、
昨日の透析でドライウェイトがまた200グラム下がって、66.3kgの設定になってしまいました。
一体いつまでこんな事が続くのか?
kouketuatu
悩みは尽きません。
ただ、今日の血圧はそんな中でも安定していた方だと思われます。
と言うのも、透析開始から6時間までは高いなりにも160台をキープできたからです。
普段は突発的に170台や180台の血圧が記録されましたが、今日の透析では計ったかのように160台を維持できました。
しかも、ラスト1時間は久しぶりに150台の血圧も記録して、ようやく理想のドライウェイトに近づいたかと安堵の気持ちに浸ることが出来ました。
ただし、主治医からは来週月曜日の透析で、また高くなるようであれば更にドライウェイトを下げると忠告されています。

それから、今私は起床時と就寝時の血圧を記録して透析の都度、主治医に確認して頂いています。
今日のチェックでは、現在服用している降圧薬、ニフェジピン20CRを半分の10mgタイプに変更しようかとのお話も受けました。
私には分かりませんでしたが、日頃の血圧記録から主治医にはそろそろゴール地点が見えたのかも知れませんね。

それから前回の血液検査で、理想値を大幅に割り込んだリンとカリウムですが、この一週間の間は自分なりに食事を考えて自分なりに工夫してきたつもりです。
来週は採血があるので、私の努力が如何ほど改善されたのかを確認して行きたいと思います。


↓人工透析・腎不全ブログはコチラから。↓

本日もお忙しい中、ありがとうございました。


↑このページのトップヘ