こんばんは。m(__)m

今日は週始めの月曜日に採血した血液データが出る日です。

朝6時にクリニックに到着して、普段通り運動療法を始めました。
透析日はクリニックの談話室に置かれている運動器具を利用して約1時間30分の運動を欠かさず行っています。
一人きりの談話室はとても静かでさびしいのですが、今日は何故か午前7時過ぎに人の足音が。。。
振り返ってみると、何とそこには主治医である院長先生が立っておられました。
私はすかさず朝の挨拶をして、今日はどうされたのですか?と質問すると、院長は開口一番で『フーさん、とても良い数値が出ましたよ』と激励して下さったのです。
普段は出勤されたら、院長室に直行される院長がわざわざ血液検査の結果を知らせるために私が運動をしている談話室に来て下さったのです。

まず、透析前の結果で、無機リンに関してですが、普段の私は大よそ5.2mg/dlほどの数値(許容範囲より高め)なのですが、今回の透析前の採血で出た結果は、驚愕の2.9mg/dlと言う数値だったのです!
過去一度だけ副甲状腺機能亢進症手術を受ける為に入院した際、1.9mg/dlなんて言う数字を記録したことがありましたが、これは栄養を徹底管理された病院食だけを食べて出た結果です。
普段は外食100%の私からすれば絶対にあり得ない数値で、退院すると同時に無機リンの値はジワジワと上がってしまいました。
それが外食ばかり食べていても、しかも、今回は食べる量(重さ)こそ注意をしましたが、肉や、生野菜を好きなだけ食べて、なお且つフルーツの缶詰もシロップごと一缶食べての数字なので驚いてしまった次第です。
さすが長時間透析です。
またカリウム値ですが、上記のフルーツの缶詰や、生野菜を好きなだけ食べても透析前のカリウム値は、4.3mEq/Lと言う値で許容範囲上限の5.0mEq/Lを楽々クリアできていたことに驚かされました。
透析後のカリウム値は、3.1mEq/Lと言うことで下限の許容範囲3.5mEq/Lを大幅に下回ってしまいました。
これだけ良好な数値であれば、まだまだ食べれるじゃん。
にやけた私を見て、院長はすかさず突っ込みを入れて来ました。
『フーさん、いくら数値が良好でも食べ過ぎは禁物だよ。それとフルーツ缶詰のシロップは絶対に駄目だから』と。。。
さすが院長先生です。私の楽観的な性格を熟知されている。(笑)

それからカルシウム値だけど、これは残念ながら8.2mg/dlと下限の許容範囲(8.6~10.2mg/dl)を更に下回ってしまいました。
カルシウムに限っては、お薬で補うほかないようですね。

また、アルブミン値は4.2g/dLと言う数値でした。
また、何故か透析後の検査はされていないようでした。
うちの主治医は無駄な検査は一切やらない主義のようです。
やってくれって言ったら必要ないって言われてしまいました。

ですが、わざわざ一患者の為に早出してまで検査結果を教えて下さろうとしてくれるのですから、優しい先生です。
今回の長時間透析の件も、スタッフのお話しでは院長先生が頑張ってくれたと聞きました。
ホント、良い病院ですわ。


今回の結果で、長時間透析の効果が高いと言うことは実証できたと思います。
次はたくさん食べなければならばい栄養素、控えなくてはならない栄養素を振り分けてバランスの良い血液に改善して行きたいと思います。



↓人工透析・腎不全ブログはコチラから。↓

本日もお忙しい中、ありがとうございました。