こんばんは。m(__)m

少しプライベートなことなので日記に書くことは控えていましたが、実は私の奥殿が先日大腸の検査を受けました。
カメラをお尻から入れて大腸内の撮影をしてポリープや腫瘍を見つけ出す検査です。
この検査、奥殿は初めての経験だったらしく、検査前は私に何度も電話を入れて来て大丈夫かな?って聞いてきました。
私も、この検査はたったの一度しか経験がないので、どうアドバイスしたら良いのかまったく分かりません。

出来ることは、確信もないのに大丈夫だからって元気づけることしか出来ませんでした。
実は家族旅行に行く前に異常を見つけて、直ぐにでも検査をしたかったようですが、検査予約している患者が多く先日まで検査することが出来なかったようです。

どうせ検査できないなら、旅行を優先しようと言うことで行って来ましたが、奥殿の本心は心配で仕方なかったようです。

先日、やっと検査できたことで家族全員一安心出来ました。
もちろん結果は白。
何とも異状はないと言うことでした。

私も大腸検査をしたのは約15年前で、血便などの異常がない為、今までずっと放置して来ました。
でも、そろそろ一度はやっておいた方が良いかなって思っています。
a1c
さて、今日は6度目の長時間透析でした。
さすがに6度目ともなると、今まで体感できなかったことが体感出来るようになって来ました。
結論を先に言うと、今日の透析は過去6回の中で一番快適な透析となりました。
今日は昼食を多めにしたので時間あたりの除水は約400ccでした。
私はカリウムの値が特に下がってしまうので、今日から透析中に昼食として果物を食べると言う思い切ったことを始めました。
クリニックのご好意で昼食時まで冷蔵庫に入れて頂けるので、キンキンに冷えた果物やコーヒーを頂くことが出来ます。
本当にこんなことをして良いの?って気持ちですが、血液データが証明しているので仕方ありません。

他の患者さんが見られると、コイツ何食ってるんだなんて怒られてしまいそうですが、私としては、これも長生きのためと割り切って有難く頂戴しています。

今私がこうしたいと思っていることは、透析直後の血液データを理想値に近づけることです。
主治医から、どの成分を気にしたら良いのかを伺って、その成分を中心に改善して行きたいと思っています。


それから、話が一気に飛んでしまいますが、長時間透析を始めて技師さんとお話しする機会が増えました。

患者仲間から言わせると、私は常々、男性技師は来ないでくれオーラと言うものを発しているとのことです。
穿刺の際、特にこのオーラがきつく出ているようで今では男性技師の方は殆んど穿刺に来られることはありません。
女性看護師さんに穿刺されるのが当たり前で、特に可愛い看護師さんが来ると、鼻の下を長く伸ばして喜んで穿刺を受けているとのことです。
そう言う意識は持っていないつもりですが、患者仲間も言っていますし、私の奥殿も関東の透析クリニックで女性看護師さんからそんな噂話を聞いたことがあると言っていたので、恐らくそう言うことなのでしょう。
だって、オイラは男ですから!

で、そんな私に、最近、男性技師さんが『フーさん調子はどう?』なんて聞かれることが多くなって来たのです。
この理由は、うちのクリニックの技師さんはとても勉強熱心な方が多いので、長時間透析の効能を皆さんが知りたがっているようです。
病院グループ内で長時間透析を初めて始めたので、男性技師さんみんなが勉強のチャンスと長時間透析の情報を欲しがっているのだと思います。
私の血液データは、院長始め技師さんも共有しているので分かっているはずで、その劇的な改善に対し、とても興味を持たれている様子です。
なので、私もその要望に応えるべく、技師さんの質問には積極的に答えるようにしているのです。

冒頭に今日は快適な透析だったと書きましたが、ホント今日の透析は自分の思う通りになりました。
寝たいと思えば何度も眠れましたし、昼食も美味しく頂けましたし、いつもは静脈圧のエラーから
200ml/minに下げられる血流量も終始230ml/minで回すことが出来たので自分の思い通りになりました。
また、確実に透析後の身体が軽くなったし、今のところ良いことづくめの状態です。

この調子で、長時間透析を続けていきたいものです。(^^♪
PS.
中傷ではないのですが、意味の分からないコメントの入ることがあります。
お手数ですが、コメントはどうか詳しくお書き下さいませ。


↓人工透析・腎不全ブログはコチラから。↓

本日もお忙しい中、ありがとうございました。