おはようございます。(^^♪

今朝もどんよりとした空の元、1時間30分ほど歩いて来ました。
やっぱ、かなり涼しくなりましたね♪
さすがに歩き始めはパーカーを羽織らなくちゃ寒くなってきました。

歩き終えてからシャワーを浴びて汗を流します。
それがまた気持ち良くて。。。(*^^)v
長時間透析を始めて食べるものがけっこう自由になって来ました。
これも長時間透析の恩恵とありがたく思います。


で、昨日は最近控えていた糖質を食べてみようと、大好きなラーメンを食べに行って来ました。
そして、どうせ行くなら食べたことのない有名店にでも行ってみようと、食べログで美味そうなお店をあさってみました。

食べログ
って、食べ物屋さんの美味しさをランキングで競う、ブログ村みたいなサイトです。
ランキング化されると、私が登録しているブログ村のようにサイトを上位に上げますと言う、お馬鹿な業者が氾濫していて全然美味くないお店が上位に君臨していたりして、正直、当てにならないところがあります。

私が健常者の頃は、日本各地に出張に行く機会が多く、各々の出張先で1位のお店を何件も廻りました。
しかし、当時はその信頼度も低く、確かに美味しいお店もあったのですが、どうしてこんなお店が?と首をひねることの多かったことが、今でも記憶に残っています。

で、今回は昔一緒にラーメン屋さんを廻った後輩に最近の大阪府下で元気の良いラーメン屋を何軒か教えてもらい、食べログの情報と照らし合わせて店選びをしてみました。

色々、考慮した結果、後輩が一推ししてくれたラーメン屋さんに行くことに決めました。

そのお店は、、、
らーめん鱗」さん(大阪府茨木市永代町10-19 永代町壱番館 1F)です。
茨木市と言うのは大阪市と京都市の中間に所在し、大阪府のベッドタウンとなっています。

私の家から車で約1時間。
わざわざラーメンを食べるのに1時間もかけるかって話ですが、健常者の頃は京都や和歌山は当たり前。
美味いラーメンを食べたいがために新幹線で横浜のラーメン博物館まで行った経験もあります。

おまけにお客さんの行列で1時間や2時間待ちは当たり前、最高で3時間待たされた経験もあるので1時間なんてラーメンフリークからすると大したことはないのです。^^;

1時間かけてお店の近くまで行って、コインパーキングに車を停めて歩くこと1分。
らーめん鱗」さんに到着です。(^^♪
DSC_0546
私が行った時は、たまたま行列がなくて助かりました。
後輩の話しでは、酷い時は20人から30人くらいの行列ができているとのことです。

メニューは、色々あるようですが、後輩からは最初に食べるなら塩チャーシュー麺と言われていたので、、ここは迷わず塩チャーシュー麺をオーダーしました。

内心は塩分の取り過ぎになるんだろうとか、無機リンも多いのだろうとドキドキものでしたが、スープは蓮華で一杯だけと決めていました。麺も半分は残そうと思っていました。
5分ほど待って着丼です。それがコレ!
DSC_0544
スープは透き通ってメッチャ美味しそうです。
トッピングされた鰹節が良い香りを出しています。
さて、約束事で蓮華で一杯だけスープを頬張ってみました。
お~ぉ!後輩が言っていた通り、今まで食べたことのない塩味でした。
塩角が立っていなく、とてもまろやかで甘く感じる塩味でした。

更にチャーシューは、低温真空調理したかのようなレアな食感で噛む度に旨味が口の中に広がります。
そしてとどめの麺は?
平打ちのチヂレ麺でツルツルモチモチでスープに良く絡みます。

あ~、久しぶりに感動するほど美味しい塩ラーメンを食べた。
満足。満足。^^;


今日の日記でラーメンを題材にしたのは、理由があります。
長時間透析を受け出して、私の血液データは劇的に改善されました。
しかし、同時に長時間透析によって、必要な栄養分までが除去され出して、しっかり食べると言うことが、今の私にどのくらい必要なのか?
これを、身を持って調べ始めたと言うことをお知らせしたかったのです。

私は糖尿病患者でもありますので、このラーメンを頂く直前にインスリン注射を打ちました。
最近は、ずっと米、麺類、粉ものなどの糖質を控えて来ましたので、普段より少し多めにインスリン注射を打ちました。
結果、低血糖症状が起こり、このくらいのラーメンを食べても普段通りのインスリン量で大丈夫だと言うことが分かりました。
これが透析になるとどうなるのでしょう?
リンは?カリウムは?カルシウムは?アルブミンは?
今現在分かっていることは、カリウムの事だけです。

今後、どんな食材をどれくらいまで食べることが出来るのか?
そんなところを調べていくつもりです。

透析の環境が4時間30分から7時間に変わったことで、私の食生活は大きく変わろうとしています。
クリニックも、長時間透析には初めてチャレンジするので、そのあたりのノウハウがまったく無く、私にこれと言うアドバイスが出来ない状況です。
これから、クリニックと私の共同作業で、独自のノウハウを作って行きたいと考えています。

こんな食生活をしておれば、長時間透析と言えど、いつかは破綻するのか?
逆に、まだ食べることが出来るのか?

とにかく一からデータ作りです。


↓人工透析・腎不全ブログはコチラから。↓

本日もお忙しい中、ありがとうございました。