WS000001




パチンコ黄金率・上級者編



「近代パチンコ」は、データの公開が象徴的な変化である。と、みのさんたは主張しています。



例えば国家公安委員会が許可した新機種にはスペックが表示され、1/350などと確率が公開されます。



この確率が「大当たり確率」としてパンフレット等には書かれています。

 


国家公安委員会から委託された「保通協」などの検定に合格した機種だけが、ホールに並びます。



さらに2011年8月からは「広告・宣伝に関する風営法運用方針の見直し」により、



ホールの宣伝広告文や館内の看板まで「事実を証明できない広告・宣伝は出来ない」様になりました。

 


過去には堂々と「赤字覚悟の大イベント!」などとやっていたものがアウトになりました。



この様に、データ公開から始まったあいまいさの払拭。これが「近代パチンコ」の特徴です。


詳しくは ↓
パチンコ黄金率「碧い登龍門」
パチンコ黄金率「碧い登龍門」




WS000002


取材記事が掲載された雑誌】



●「頭で儲ける時代」 2008年11月号 (あいであ・らいふ発刊)全2頁の取材記事。

 


●「頭で儲ける時代」 2008年8月号 (あいであ・らいふ発刊)全3頁の取材記事。



●「究極のネットビジネス」(三才ブックス発刊)全6頁の取材記事。



◆これら3誌は、 雑誌社の意向で記事として取材・報道されたもので宣伝記事ではありません。



そして!

 


特許庁から「パチンコ黄金率」の商標登録を認可されました。

 


結果、たくさんの読者から「勝利報告」や「感謝メール」が舞い込みました。



それは今も続いています。


詳しくは ↓
パチンコ黄金率「碧い登龍門」
パチンコ黄金率「碧い登龍門」




徹底追及した結果・・・。

 


大変なことが分かりました。



メーカーの新台開発に携わる関係者の雑談の中にそのヒントはありました。

 


新台開発の工程に「波設計」があり、成功すれば



若い経営者でも彗星の様に出現して伸びて行き「○楽」の様になる。



これに失敗すれば会社の存続まで脅かす位になる。

 


近いところでは「○ヴァン○リオン6」が記憶に新しい。



これにヒントを得て、徹底解明しました。



その結果、どこが変更されたのかが分かったのです。



そして、「対策の対策」を作り上げました。



2010年発売の「アグネス・ラム」から対策があったのか?



と思われます。



そこから様子が変わりました。



一言で言うと、「騙し騙し回収して、一挙に吐き出す!」



と言うプログラムに変わった様です。

 


好調台でも1000回転嵌りがあることも分かりました。

 


爆発連チャンの多い「アグネス・ラム」の秘密は、こんなところにありました。



その他の機種も同様に徹底分解・解析をした結果!

 


各機種別に爆発連チャンが始まる、共通した特徴までが見えました。



パチンコ黄金率を追求し続けたことで判明した、数々の解析根拠!



それを知れば、打つべき台がより鮮明に浮き上がって来ます。



おまけに、何回転までに当たりが来なければ不調に転落する。



だから、何回転までを確認すれば、



それ以上打つ必要がない。



そこまで分かる様になりました。



これで、一つ目の問題はクリアーしました。




詳しくは ↓
パチンコ黄金率「碧い登龍門」
パチンコ黄金率「碧い登龍門」





「打つべき台」を見つける方法はパチンコ黄金率で、出来ます。

 


「もっと、正確に勝てる方法と、止め時を的確にする方法はないか?」



・・・



ありました!


それが新発見の「○○たりデータ分析」による攻略法です。



パチンコ黄金率「4つの仕分け」に、これらを加えることで、

 


「好調維持回転数」まで、計算できます。



これは、この回転数までに当たりがなければ不調台に転落する。



と、台の好・不調を見分ける方法です。



これらを覚えた他に、メンタル強化を図ります。



これで、理論上は「パチンコライフ」を楽しめる様になります。


 
仕事が安定している上でのパチンコは、プレッシャーがないから勝てるとも言えます。



ころが、パチンコから生活費まで稼ごうとすると、大きなプレッシャーになります。



ここに、「気付かぬ焦り」の根源が隠れています。



パチンコ黄金率「碧い登龍門」をマスターすれば、



パチンコ黄金率で生活費を稼ぐ位は出来ます。

 


難しいことを考えずに、無心に学んだことを実行するだけです。



パチンコ主体に、安定して勝利を続ける為には、メンタル面での強化が必要です。



そして、体で覚えることが重要なのです。



そこで、「碧い登龍門」は、新理論解説を含めて、



パチンコライフ・養成講座とも言うべき一冊に仕上げました。




詳しくは ↓
パチンコ黄金率「碧い登龍門」
パチンコ黄金率「碧い登龍門」