江戸川崇の『俺の胸で泣けばいい』

ここは作家であり劇団鴉霞主宰の江戸川崇の活動や趣味を綴った自伝でありコラムのような物である。

お引越し

どうも、長らく放置していたこのブログですが、色々ありまして、お引越しすることになりました。


新しいブログはこちらになります。




江戸川日記




江戸川崇の今後の活動はこちらでチェックして下さい!

ニューシネマーー!

すっかりブログから遠ざかり、一ヶ月振りの更新になってしまいました、江戸川デス、ロングタイムノーシー。



更新しない間に、執筆たくさんや、オーディション終了などを済まし、次回公演の稽古が開始されました。


この8月からまた江戸川作品リレーが始まりますよ、皆さん!


そのまず一弾はコレ!


★舞台『ニューシネマパラダイちゅ』★







【 ストーリー】

とある映画の撮影現場。
予算も無い、セットも無い、スタッフもいない。
そんな現場に現れたのは、個性も問題もあり過ぎる四人の役者達。

彼らは最低の条件の中、持ち前の情熱とアイデアでなんとか 映画を完成させようと奮闘する。

しかし、無計画な監督のせいで次から次へと問題が出てき て・・・。

果たして彼らは映画を完成させることが出来るのか?!

老若男女が楽しめるバカバカしくもちょっぴりハートフルなドタバタシチュエーションコメディー!

【劇場】

劇場HOPE
http://www.pocketsquare.jp/hope/

【脚本・演出】
江戸川崇(劇団 鴉霞)

【キャスト】

★チームA

吉岡毅志
伊藤えみ
高橋明日香
藤井太一
笠原賢人

伊藤亜斗武
荒木未歩
進藤真司

和興


★チームB

安達雅哉
水原ゆき
中川えりか
大柿誠
最上瑠南
坂口拓嗣
江藤聖矢
宗像良介

渡部紘士



【タイムテーブル】

★チームA
8月
23日(土)19:00
25日(月)14:00
26日(火)19:00
27日(水)19:00
29日(金)19:00
30日(土)14:00
31日(日)16:00

★チームB
8月
24日(日)19:00
25日(月)19:00
26日(火)14:00
2 8日(木)19:00
29日(金)14:00
30日(土)19:00
31日(日)12:00

★シャッフル公演
8月
27日(水)14:00(シャッフル・1)
28日(木)14:00(シャッフル・2)



※受付、開場に関して

受付開始は開演の45分前
開場は開演の30分前となります。


【チケット】 


一般販売チケット  前売り/当日 3,900円(全席指定)



【企画・製作】
合同会社シザーブリッツ
公式ホームページhttp://www.scissors-blitz.com/



チケットのお問い合わせは、




karasuka69@yahoo.co.jp




まで!



暑い夏はね、笑ってスッキリして下さい!


t01770250_0177025013020394087

オーディション

何事も錆び付きってあるもの。磨いておかなきゃなあ、と、演出まみれで執筆が遠ざかっていた今、感じますね。

リライトとかはしてたから、短編なんかは意外とスルスル書けるけど、長編はまた別な感じで。


感覚が戻ってきました江戸川です、こんにちは。




さて、先日、鴉霞オーディションしましたよ!


鴉霞でオーディションとか初めてなので、僕らの方が浮き足だってた感がありますが(笑)

新しい出会いというのはワクワクしますね。


七月もあと一回オーディションが残っていて、そちらへの応募も来ています。


ただ、こないだも次回も何故だか女性の応募ばかりで(笑) 気が付いたらウチの団員も女性の方が多いし、これは何故なんだろう(笑)

別に女性向けの作品とか作ってる訳じゃないのになー(笑)


まあ、でも個人的には女性は嬉しいですけどね(笑)


七月のオーディションもまだまだ男性女性共に募集中ですので、興味のある方は鴉霞ホームページでご確認を!


鴉霞と、江戸川と面白いことやっていきましょう!

再びパラダイちゅ

久し振りに執筆の苦しみ真っ只中の江戸川です、こんにちは。


生みの苦しみを味わっているところですが、仕上がっている舞台の情報が公開になりましたのでお知らせを!



三度目となるあの作品です。


夏に熱い笑いの花火を打ち上げますよー!


キャストは当然、みんな新しくて。


久し振りに一緒の人もいれば、お馴染みの人もいて、どんなパラダイちゅが生まれるか楽しみです!


詳細はコチラ!




合同会社シザーブリッツ

舞台「ニューシネマパラダイちゅ」



【合同会社シ ザーブリッツ公式ホームページ】
http://www.scissors-blitz.com/


【劇場】
劇場HOPE

【住所】
〒164-0001 東京都中野区中野3−22−8 B1

【電話番号】
03-3383-2590(公演期間中のみ)


【脚本・演出】
江戸川崇(劇団鴉霞)


【キャスト】
吉岡毅志(A)


伊藤えみ(A)


高橋明日香(A)


藤井太一(A)


笠原賢人(A)


伊藤亜斗武(A)


荒木未歩(A)


進藤真司(A)


 ・


和興(A)



安達雅哉(B)


水原ゆき(B)


中川えりか(B)


最上瑠南(B)


江藤聖矢(B)


宗像良介(B)


 ・


渡部紘士(B)




*シャッフル公演のメンバーはチーム1、チーム2共、2014年8月1日12:00に発表致します。ご期待下さい。(全ての出演者がシャッフル公演チーム1、チーム2、どちらかに必ず出演致します。)



【タイムテーブル】
8月
23日(土)19:00(A)


24日(日)19:00(B)


25日(月)14:00(A)/19:00(B)


26日(火)14:00(B)/19:00(A)


27日(水)14:00(シャッフル・1) /19:00(A)


28日(木)14:00(シャッフル・2) /19:00(B)


29日(金)14:00(B)/19:00 (A)


30日(土)14:00(A)/19:00 (B)


31日(日)12:00(B)/16:00 (A)


*受付開始は開演の45分前、及び開場は開演の30分前です。


*シャッフル公演のメンバーはチーム1、チーム2共、2014年8月1日12:00に発表致します。ご期待下さい。(全ての出演者がシャッフル公演チーム1、チーム2、どちらかに必ず出演致します。)



【チケット】 


・チケット:前売り券・当日券共に3900円



チケット発売は2014年7月6日(日)12:00より各出演者のCoRich予約フォーム及び合同会社シザーブリッツホームページhttp://www.scissors-blitz.com/にて発売致します。


*各出演者のCoRich予約フォームをご用意致します。お目当ての出演者のCoRich予約フォームよりご予約下さい。
 

*お席は全席指定席となっております。


*予約システムの都合上、迷惑メール対策等でドメイン指定拒否等をされているお客様には、振込先等を明記したご予約完了が届きにくい場合がございます。
ご予約され たにも関わらず、ご予約完了メールが届かないお客様は お手数ですが、 makezugiraisekai10308@yahoo.co.jpにメールを送って下さい。
直接メール応対させて頂きます。


*ご予約頂いたチケットは、代金を事前に銀行振り込みして頂き、公演日、開演45分前から、劇場受付にてお渡し致します。
尚、公演1週間前まで、当日精算によるお申込みは出来ません。



【 ストーリー】
とある映画の撮影現場。
予算も無い、セットも無い、スタッフもいない。 そんな現場に現れたのは、個性も問題もあり過ぎる四人の役者達。
彼らは最低の条件の中、持ち前の情熱とアイデアでなんとか 映画を完成させようと奮闘する。 しかし、無計画な監督のせいで次から次へと問題が出てき て・・・。 果たして彼らは映画を完成させることが出来るのか?!
老若男女が楽しめるバカバカしくもちょっぴりハートフルなドタバタシチュエーションコメディー!



【舞台監督】

甲賀亮
 

【舞台美術】

松本ゆい


【照明】
古島広明

【音響】
江戸川崇(劇団鴉霞)

【制作】
松島瑞江(合同会社Andem)

高森恭


【宣伝協力】
森本基


【プロデューサー】
ウネバサミ一輝(合同会社シザーブリッツ)

【協力】
株式会社あおい


株式会社Office ENDLESS


株式会社10−POINT


株式会社ブレイクアレッグ


株式会社ミナクル・カンパニー


株式会社ヤザ・パパ


劇団鴉霞


ゲキバカ


スタービートエンターテイメント合同会社



トムハウス


BANANAQUEST


有限会社エクセルヒューマンエイジェンシー


有限会社五社プロダクション


(50音順敬称略)




【キャスティング協力】
岡本直樹



【企画・製作】
合同会社シザーブリッツ

公式ホームページhttp://www.scissors-blitz.com/


【お問い合わせ】
合同会社シザーブリッツ
ウネバサミ一輝
090-4967-7408
makezugiraisekai10308@yahoo.co.jp


お楽しみに!

涙の女王

日本代表負けちゃいましたね。もしかしたら、遠藤の代表戦はこないだのギリシャ戦が最後になっちゃうのかなー。


日本戦を観るテンションと他の試合を観るテンションは別に変わらない江戸川です、こんにちは。



さて、メイン執筆中の『メイド・イン・ヘヴン』の合間に他の物も執筆してます。

詰まった時の気分転換(笑)


気分転換も執筆なほど、やることたくさんなんです。


合間に書いてるのは、8月にやる『ニューシネマパラダイちゅ』のリライトと9月にやる鴉霞番外公演の短編です!



その短編のうちのひとつが完成しました!

作品タイトルは『涙の女王』。


はい、すげー前に番外公演でやった作品なんです。


パソコンにもデータが無いくらい前(笑)


部屋の掃除してたら台本が出てきたので、読んでみたら面白かったので(笑)リライトして復活させることにしました!


簡単なキャラを増やしたり、メインキャラをちょっと変えたりして生まれ変わった涙の女王をお楽しみに!


書いてますよ

ワールドカップ、ほとんどの試合見て満喫してます。

Twitterフォローしてくれてる人、荒ぶっててすいません。


江戸川です、こんにちわ。


でもね、全試合ガッツリ観てる訳ではないのです。ながら見ですよ、ながら見。


執筆しながら見てます。


僕、そもそも集中力無いんで、よっぽどスイッチ入った時以外はいつも何かかけたり、見ながら執筆するんです。



そんな感じでワールドカップ観ながら執筆という至高の幸せ。


まあ、創作の苦しみは当然あるけども。


今、メインで書いてるのは『メイド・イン・ヘヴン』という作品です。

(仮)を取って、正式タイトルにしました。


久し振りの長編新作ということでね、書き方覚えてるか不安だったんですが(笑)感覚が蘇って来ました。


今のところ、順調にくだらない作品です(笑)


ふざけすぎかもしんない(笑)


さてさて、どのように転がっていくか。

出演者募集

生みの苦しみは久し振り。


脚本家モード自体が久し振りで、なかなかスイッチが入らない江戸川です、こんにちわ。


・・なかなかスイッチが入らないのはいつもか。



そんな訳で今年後半の公演ラッシュに向けて執筆、構想の毎日ですが、そのラッシュの中の鴉霞公演の方でお知らせがあります。


出演者を広く募集することになったのですよ!


今まで、こういう募集ってウチがやったのは旗揚げ以来かもしれません(笑)


新しい出会いがあればいいなぁ。




【劇団鴉霞9月公演出演者 急募】



鴉霞公演キャスト求む!  
脚本家・江戸川崇 率いる、劇団鴉霞(からすか)の舞台に参加しませんか。
2014年に開催する9月公演またはそれ以降の本公演出演の団員・キャストを募集します。

●9月公演にむけてオーディションを開催します●
《9月公演日程》2014年9月12日(金)〜14日(日)
   ※前日の11日は小屋入りのため、日程は4日間となります。

《9月公演の詳細》鴉霞番外公演を予定。オリジナル脚本による、短編オムニバス。ジャンルはコメディ。
   劇場はアートスペースサンライズホール(池袋)を予定。
   チケットノルマあり、1枚目からチケットバックあり。相談可。

《参加資格》演じることが大好きな18歳以上の心身共に健康な方。プロ、アマ問いません。未経験者大歓迎。
   短編オムニバス公演のため、エキストラ等の役は一切ございません。やる気のある方を優遇します。

【オーディションについて↓】
◎オーディション日程  
 6月28日(土)、29日(日)
 7月12日(土)、13日(日) 各日の18時以降を予定。

◎オーディション場所
 東京都内の稽古場。参加希望者に後日お知らせいたします。

  ※参加ご希望、または検討の方は、劇団鴉霞 制作部 karasuka221@yahoo.co.jp
までメールにてお問い合わせください。件名に「からすか9月出演希望」として下記の内容を添えてお送りください。

★1、お名前 
★2、年齢 
★3、ご連絡先の電話番号とメールアドレス
★4、上記のオーディション日程で参加不可の日程がある場合はその旨をお書き添えください。
(★5、芸歴がある方は写真付き芸歴書  ★6、ブログや個人HP、facebookを開設の方はURLを添えてください)

◎オーディション申し込み期限 
 各オーディション日程の1週間前まで。最終の締め切りは7月6日(土)です。ふるってご参加ください。

 

《劇団鴉霞とは》2002年旗揚げ以来、ジャンルを選ばない上質のストーリーと、手段を選ばない茶番ネタをミックスさせた、誰もが楽しめる笑って泣けるエンターテイメントを目指して鋭意活動中。

本公演の他にも番外公演やプロデュース公演など様々な形の公演を主催。自らが主催する公演以外にも、色々なイベントに積極的に参加。形にこだわらない活動を展開している。


《劇団による最近の公演》
2014年 プロデュース公演 ELEGY KING STORE 『鬼泪-キルイ-』 劇場:TACCS1179
2013年 番外公演「JUMBLE-BOX THEATER VOL.3」 劇場:宇宙舘
2013年 本公演「G・愛・情」 劇場:上野ストアハウス
2013年 チャレンジ公演「ハッピークイーンとイバラの姫」劇場:要町アトリエ第七秘密基地


《主宰 江戸川崇の主な活動》:
◇劇団鴉霞全公演、脚本、演出(2002年旗揚げ)
◇ELEGY KING STORE「ヘクセンクロイツー復讐の聖女ー」(2006年)脚本、演出
◇ELEGY KING STORE「鬼泪ーキルイー」(2007年)脚本、演出
◇ELEGY KING STORE「紅蓮の果てに継ぎし者」(2009年)脚本、演出
◇高木俊一人芝居「オレイロ」(2007年)脚本、演出
◇Kitty-Guys「ニューシネマパラダイちゅ☆」(2010年)脚本、演出
◇THE☆JACABAL'S「The Devil of the 6th Heaven」(2013年)脚本
◇株式会社ウェーブモーション「ポセイドンの孫とYシャツと私」(2013年)脚本、演出
◇合同会社シザーブリッツ 「グッドファーザー」(2014年)脚本、演出
◇合同会社シザーブリッツ 「永遠にムーン」(2014年)脚本、演出  他 多数



●鴉霞新団員募集!●
鴉霞では本公演、番外公演を中心に出演できる新人団員を募集しています!
我こそはという方、その意気込みとともに鴉霞でやってみたいことをメールに添えてご連絡ください!


●2014年11月公演キャストも同時募集!●
11月に予定している公演キャストも同時に募集しております。鴉霞制作部メール宛に「からすか11月出演希望」と添えてご連絡ください。



《ワークショップ》
ワークショップを開催中です。(費用は会場費程度です。)
日時、会場はこちらからご案内いたします。
ワークショップのみをご希望の方は上記のメール件名に「からすかワークショップ希望」としてご連絡ください。



〈鴉霞・スタッフ募集〉
劇団鴉霞では、役者以外にも、演出助手、美術スタッフ、制作(裏方スタッフ、広報、撮影、ほか)、一緒に劇団を盛り上げてくださる方を募集しています。
お問い合わせいただいた方からメールにてご返信させていただきます。


【連絡先】劇団鴉霞・ラスカニー
 ホームページ  http://karasuka.net  
 鴉霞制作部メール karasuka221@yahoo.co.jp


1402472704130


書くぞー

久し振りの暇タイムにびっくりするほどダラダラしてる江戸川です、こんにちわ。


次の公演までこんな空いてるのはいつ振りか!記憶にないくらい。

そんな訳でダラダラしてるんですが、何もしてない訳じゃないですよ。


そう、新作準備です。


今年に入ってからはリライト再演ばかりだったので、久し振りの新作作業。


脚本家に戻ります。


今年後半は立て続けに新作公演やりたいなー、と思ってますのでね!


とりあえず今、とりかかってる新作の仮タイトルは


『メイド・イン・ヘヴン(仮)』


です。


秋ごろお目見えの予定。



ちなみにその前に8月末にも公演やりますけどね。


新作もお楽しみにー!

鬼泪終了

3ヶ月振りの休日続きでダラダラしている江戸川です、こんにちわ。


ということで鴉霞プロデュース公演『鬼泪』、なんとか終了しました!


伊智くんから、久し振りにエレジーやらないかと話があり、新作書いてる余裕ないよ?と言ったら、いくつか再演候補をあげてきて。

その中で鬼泪を選びました。


一番リライト量少なくやれるかなーってのが一番の理由ですが(笑)それだけ、自分の中でも気に入ってたのかもしれませんね。


そんな中、スケジュールの関係であまり演出入れなくてギリギリの合流になってしまったのですが、その間に作り込んでくれていた伊智くんとカンパニーのみんなには感謝ですね。


おかげ様で好評の声も多く、ありがたいことです。


最近はコメディ作品ばかりで、鬼泪の様な作品は書いてませんでした。でも、もともとは嫌いな訳ではないので、このような作品も久し振りに書いてもいいかなーって気になってきましたよ。


その際はまた見に来て下さい(笑)


そんな気分にさせてくれたカンパニーのみんなやお客様に感謝です。

皆様、本当にありがとうございました!


1401119753174

ムーンの記憶

さあ、鬼泪稽古に合流。あらかた芝居を見て本格的に仕上げ演出開始かな?


江戸川です、こんにちは。


てな訳で、次に動き出してますが、とりあえず永遠にムーンも振り返っておこうと思います。



たくさんの好評を頂いた永遠にムーン。


6年振りの再演となったんですが、この作品は僕の作品群の中でも、別にスペシャルな物では無かったんですよね、個人的に。


何か無いですか?って言われて、凄い久し振りに読んだらちょっと面白いかも。書き直したらイケるかも。くらいの感じでした。


それでリライトして、終わってみれば好評頂けた訳で。


これは座組のみんなのおかげですね。


新たな生命をキャラクターに埋め込んでくれたキャストのみんな。


稽古中にもプロデューサーのウネバサミくんや、ダブル主演の里久鳴さんや、高橋さんに相談しながらシーンを削ったり書き足したりしました。


少しでも良い物を、という皆の思いが実を結んだのではないでしょうか。


凄くエネルギーを使う芝居なので、17公演という長い期間やり遂げた皆さんに感謝を。



特にね、シングルキャストの人は大変だったと思います。僕はキャストに合わせて演出をまったく変えたりしますからね。

A、B、それぞれ個性的なキャストが揃ったので、まったく色の違う物が出来ました。


パワー全開でいつもうるさかったAキャスト。


IMAG1102



癖のある個性が集まり、シュール方向になったBキャスト。


1400057014083



どちらも仲が良く、コメディをやるに相応しい良い空気の座組になったと思います。

ダブル主演の二人の仲の良さや人柄、優しく見守ってくれたベテラン勢のおかげであり、一人一人の人の良さの賜物ですね。


永遠にムーン、再演して良かったです(笑)


キャストやスタッフの皆さん、観に来て下さり、この作品を愛して下さった皆様、本当にありがとうございました!
Archives
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
手紙/東野 圭吾 (書評ぽーたる)
手紙
計画通り (鴉霞 団長記)
姑獲鳥の夏
江戸川ブログ (鴉霞 団長記)
開設!
  • ライブドアブログ