見学歓迎。 体験OK ①吹田市武道館洗心館道場 ②豊中市蛍池東町道場 ③豊中市蛍池西町道場 ④豊中市緑丘リライフカルチャーセンター道場 ⑤箕面瀬川半町西南生涯教育センター道場 ⑥箕面市小野原多文化交流センター道場 ⑦茨木西豊川シダックスカルチャークラブ道場

空手 武龍館(吹田・茨木・豊中・箕面)

豊中市、箕面市、吹田市、茨木市、北摂エリアの空手道場、空手を愛するすべての人へ、強く、正しく、美しく。少年から大人まで、懇切丁寧に指導いたします。緑帯からヌンチャク、棍術、トンファを学びます。週1回の稽古です。少年部は仲間とともに稽古することで、社会性を育てます。全教室エアコン完備。 問い合わせ先: 電話:080-4450-3793 ホームページ https://buryukan.com/

大阪から世界へ!!

Step Up練習で強くなる!!

豊中市、箕面市、吹田市、茨木市、北摂エリアの空手道場、空手を愛するすべての人へ!強く、正しく、美しく。少年から大人まで懇切丁寧に指導いたします。こころも体もたくましくカッコイイ空手。緑帯からヌンチャク、棍術、トンファを学びます。少年部は仲間とともに稽古することで、社会性を育てます。全教室エアコン完備。

問い合わせ先: 電話:080-4450-3793
ホームページ https://buryukan.com/

2018年11月10 日(土) 箕面市小野原公園特設ステージで開催されました。
このフェスタでは10年間ではじめて空手の演武です。
IMG_3571
みんな緊張しています。後ろには着物を着た外国人美女の姿。
お昼一番は箕面四中の吹奏楽部、ファイターズはその次という良い出番です。
ギャラリーが沢山いてみんな緊張しっぱなし。
でも試合にくらべたらまだマシですね。
最初はいつもの定番基本、続いて
IMG_0254
バランスボール移動蹴り、よく足があんなにあがるもんだとギャラリーの声。
IMG_0263
一般部の傳統形「セーサン」決まっていました。
大きな拍手を頂戴しました。これぞ空手という雰囲気でした。

そしてファイターズの特長であります「捌き」を披露。
コーチと一般部の乱取りです。交差投げです。
IMG_0329
IMG_0330
IMG_0331

平安三段もしくは詠春拳のひじ受けから野馬投げです。スッテンコロリンと返ります。
IMG_0270IMG_0324

IMG_0271
最後は固めます。
IMG_0332

 コーチも捌かれます。
IMG_0319
IMG_0316
IMG_0311
IMG_0321
最期の演目は自由組手で締めました。
初めて見る自由組手にギャラリーの皆さん、大興奮、拍手が最も盛大でした。
IMG_0290
IMG_0286
IMG_0277
IMG_0275
2019年は緑帯によるヌンチャクを披露します。
箕面市小野原多文化教室のホームページアクセスが一日で100を越えました。
参加して楽しく練習出来る子供たちを募集しています。まだまだ2年目ですので
よろしくお願いします。 
ご観覧いただいた皆様の健康とご多幸を祈念しております。
来年もまたお目にかかれる事を希望いたします。
 

11月6日(火曜)

◆モーニングタッキー(8:00~9:56) パーソナリティ:合田都

  • 9:30 タッキーCネットだより
    今週は多民族フェスティバルWEEK!
    【出演】空手・武龍館ファイターズ代表 赤瀬 章吾(あかせ・しょうご)さん
    【内容】ステージ出演されます!

◆デイライトタッキー(10:00~12:00/19:00~20:30再放送) パーソナリティ:黄堂あゆ子

◆GOOD DAY みのお(12:30~)多言語情報番組 中国語

◆オンガクノススメ(13:10~14:00/18:10~19:00/22:00~22:50)DJ:佐々木慎介

◆邦楽 DJ:山本玉山(尺八演奏家・邦楽作曲家)

◆タッキーBOX(16:05~17:30/翌朝7:00~) パーソナリティ:垣内なおみ

  • 16:10 みのおNOW
    【内容】三中ってこんな学校!@中学2年生職場体験レポート(スタジオ)
    (生放送:黄堂あゆ子)
  • 17:00 タッキーCネットだより
    今週は多民族フェスティバルWEEK!
    【出演】空手・武龍館ファイターズ代表 赤瀬 章吾(あかせ・しょうご)さん
    【内容】ステージ出演されます!

11月10日(土) 午後1時から小野原公園で多民族フェステバルステージで演武いたします。
(写真はステージ)

見どころは捌きと擒拿(ちんなまたはきんな)、一般部による形、
そして子供たちによる自由組手です。

フルコンタクト空手の組手に興味ある子供たちは必見です。お楽しみに!!

大会準優勝、入賞者が迫力満点の組手をします。

箕面FMタツキ―816による生放送もあります。
武龍館ファイターズの収録もありますので興味のあるかたはお聞きください。(コーチ)

ジェット・リー、ドニー・イェン、ウー・ジン、サモ・ハン、トニー・ジャーら豪華キャスト共演!謎の映画「功守道」 
DN7IYyfUEAAMVVN
朝青龍もいます。

あの イップマン(葉問)詠春拳が帰ってくる! 
正式に12月21日に全国にリリースされる "Ip Man 3" の終わった後のストーリーである。
周、燕、張神、デイブ・バティスタ、劉玉(リウ・ヤン)の監督、中国のカンフー映画のトップラインナップである。
DX4RvZLV4AAh9oy

この映画は、孤立した都市に住みたいと思っていた張天地(Zhang Tianzhi)の物語で、彼は存在した不公平を制圧し、武道を取り戻した。彼は武道の真実を認識し、正義を守った。 映画では、張Jin、ヤンZiqiong、およびトニーJiaはそれぞれ迫真のカンフーを演じた。
 ↑
映画を見てないので変な翻訳になってすみません。

DX5uooWV4AADBw5

ニュースソース:https://news.sina.com.tw/article/20181024/28583386.html
#张天志#詠春拳图书馆#wingchunlibrary #vingtsun#wingchun#幸春拳#叶##YipMan

12月21日はもちろん中国での開演日です。興味あるかたは北京、上海、香港まで。
44134974_2072331942830376_106998712064016384_o

yahooで検索すると動画が見られます。
 ↓
https://www.facebook.com/CheungTinChiMasterZ/videos/1885460568158400/

読書の秋、スポーツの秋、この季節は体験、見学の問い合わせがたくさん入ります。
そして今回、箕面市のラジオ局「みのおFMタッキー816」様から取材の申し込みが入りました。
yjimage

多民族フェステバル出演のファイターズに興味を持たれました。フェステバル当日11月10日(土)は会員のみなさん張り切って演じましょう!

そしてなんと箕面市の英語教師のみなさんのネットワークを通じて、外国人教師の方が体験に参ります。
20180426_2152958

コーチの小学生時代と違って箕面市では1年生からネイティブの英語に触れあう機会を設けています。すすんでますね。

ALT(外国語指導助手)

AssistantLanguageTeacherの略。日本人教師を補佐し、生きた英語を子どもたちに伝える英語を母語とする外国人を指す。文部科学省の2010年度調査では、国がかかわる国際交流事業(JETプログラム)で来日したネーティブスピーカーを雇う市町村は全国で914。給与は受け入れ側が負担する。ほかに、自治体が独自に人材を探して雇用するのが417、民間会社との派遣契約130、業務委託契約594、地域の人材登用などが13となっている。(重複を含む)

(2013-11-16 朝日新聞 朝刊 山梨全県 1地方)14bf4fcc4474820e60609f9323ff0e86


コーチは英語できないので、小野原教室のお父さん、お母さんに協力していただきます。ファイターズのサポーターの皆さんは外国語ができるので助かります。よろしくお願いします。IMG_0032
多文化交流センター教室の告知ポケットティシュです。外国人会員さま向けなのでとりあえず英語で。
ご覧いただいてる代表の方、是非やってみて下さい。効果絶大です。

1年半前の記事ですが・・・

中国武術に挑戦状を叩きつけた選手が「日本の留学生に大金に掴ませて噛ませ犬にしている」と暴露。ただし信憑性は…?

2017/05/08 18:46

これまで二度に渡ってお知らせしている、MMA選手による中国武術への挑戦についての続報です。挑戦状を叩きつけたMMA選手が、「中国では単なる日本の留学生がチャンピオンとして呼ばれて噛ませ犬にされている」という内情を暴露しています


挑戦状を叩きつけたMMA選手による暴露

現在、中国では徐暁冬というMMA選手による武術会への挑戦が大きな話題となっています。

徐暁冬(MMA選手)は「中国武術界は嘘つきばかりだ」だと主張。実際に太極拳の達人を20秒足らずでボコボコにしてしまい、怒った中国武術協会が宣戦布告したことで事態は更にヒートアップ。

結果的に中国武術協会が引き下がったことで、この騒動は集結するかのように見えましたが、MMA選手が再び「日本人は大金を掴まされて噛ませ犬にされている」と中国格闘技について暴露しているので、その内容を紹介します。

過去記事はこちら

Queelでは二度に渡ってお知らせしており、第一報はこちら↓↓

第二報はこちらになります↓↓

日本の留学生がチャンピオンとして噛ませ犬に?

中国情報を日本向けに発信している「Record China」の報道よりお知らせします。

この記事によると、中国の格闘技の試合に登場する日本人は少し鍛えているような一般人だが、彼らをチャンピオンと称してリングに立たせ、中国人選手が日本人を倒すことで盛り上がらせようとしている、とのこと。

発言しているのは渦中の人物である徐暁冬です。(※太極拳の達人をボコボコにした人)

「中国における総合格闘技(MMA)の第一人者」を自称する徐暁冬(シュー・シアオドン)氏はこのほどメディアの取材に対して、中国の格闘技の試合に登場するいわゆる「日本チャンピオン」はすべて偽物だと明かした。
「彼らが招待している選手は本当の日本人ではない。北京の日本人留学生だったり、中にはモンゴル人もいる。中国人は日本人をやっつけると聞くと喜ぶ。これはもはや自分で自分をだましている行為だ」
現在、日本人のファイトマネーは中国の試合では最高になっている。ロシア人も米国人もブラジル人も、日本人ほど高くない。なぜだかわかるか?日本の選手は自分がやられるために来ていることを知っているからだ」
近年、中国で行われる大きな格闘技の大会には必ずと言っていいほど「日本チャンピオン」と名の付く選手が登場し、そのほとんどが中国選手に敗れている。中国人が日本人を叩きのめすという結果に観客は当然盛り上がる

これは事実なのか?

さてこの記事だけを見ると、とんでもない話のように感じますが、どこまで信憑性があるのかは少々怪しいです。

もっとも根も葉もないというわけではなく、実際に中国ではあまり実績のない日本人選手が招聘されては、噛ませ犬のようにされるということはよく見られる光景です。

ただし元記事にあるように格闘技経験のない留学生がリングに上がる、ということはこれまで見たことはなく、地方ジムの実績のない選手が呼ばれるということは何度も確認しています。

ただし実績のない選手だけが呼ばれるわけではなく、HIROYA、瑠輝也、松倉信太郎といったトライハードジム所属の選手は中国で好成績を残しています。

ファイトマネーも大げさでは?

またこの選手は、噛ませ犬にされている日本人選手が破格のファイトマネーを貰っていることを暴露しています。

「北京外国語大学でそこそこ鍛えている日本人留学生のファイトマネーは5000元(約8万円)だったが、今では6万元(約100万円)に跳ね上がっている。しかも、これは最低金額だ。彼らのレベルはとても低いが(主催者は)それだけ出す」

(実在不明の)留学生に最低でも100万円を支払うほど、ファイトマネーが高騰しているとのことですが、いくら景気の良い中国格闘界であってもこの額はかなり疑わしい数字です。

中国の大会だからといって全てが大会場というわけではなく、1000人規模の興行も多い中、誰かれ構わず100万円を最低ラインとして支払っているとみなすには根拠不足なように感じます。

中国武術に関する議論はまだ尽きない

日本ではSNSで一時話題になったのみですが、中国ではまだ掲示板サイトなどで日夜議論が繰り広げられています。

伝統武術は実戦においてほとんど役に立たないとして、中国では批判的な声が大きくなっており、中国紙では「現代太極拳の達人はタイソンに勝たねばならないのか」といった文章も掲載されています。

格闘技はこの20年余りで競技化が進んだ一方、その特性から「実戦での強さ」が議論の的にされることは多く、とりわけ実戦に近いとされているMMA選手が太極拳の達人を倒してしまったことは大きなインパクトがあったようです。

クイール編集部 ◯文 text by Queel


中国武術協会からの声明は、門下生たちが挑発に乗ることを禁止することで、首尾よく主要武術流派の重鎮たちの面目を保ったのである。

しかし、中国武術団体に属さない部外者たちは、彼ら独自のルールの下で、シー・シャオトンとの対戦を切望している。その1人、少林寺(少林拳)の門下である「気」の達人フォ・チョンは、シー・シャオトンに電動ドリルでの対戦に応じるよう敢えて挑戦している。

フォ・チョンの電動ドリルによるパフォーマンス。スタンドニュースの拡散画像(Weiboより)。


シー・シャオトンがそんなに優秀な戦士だというのなら、彼のこめかみ、喉、体のいたる所に電動ドリルを当てさせてもらいたいね。もし彼が無傷で済めば、彼の武術と、彼の中国武術に対する非難の数々を認めさせていただこう。

ここまでエスカレートすると、まるでプロレスのブックなみですね。
中国版異種格闘技戦は果たしてどうなるのか?

「やらせ中国武術」のパフォーマンスに関する問題は、ここ数年間、一般市民の怒りをかっている。もっとも知られているのが、2012年9月、太極拳の達人イェン・ファンが行った「気」に関する公演である。そこで公開されたやらせのパフォーマンスは4人の大男を「気」で押し倒すものだが、1人のリポーターにより現地リポートされ、その模様が拡散された。イェン・ファンは、ホーペイ武術協会の5代目副議長であった。

こうした背景から、中国のネット民の多くはシー・シャオトンを支持し、さらなる対戦が公開されることに期待を膨らませた。しかし、太極拳の師範チェン・チュンレイは、シー・シャオトンの挑発に乗らないよう、門下生に強く促した。

チェン・チュンレイ氏の書簡は次のとおり。これは中国のソーシャルメディアを介して広まったものだ。

良き祭日に(5月1日、国際労働節)門下生達へ。皆さんがが母と慕う師範と私は昨夜、欧州ツアーから帰国し、シー・シャオトンとカンフーの達人と称する者の試合の映像が拡散しているというニュースを読みました。私には、悪意に満ちた人たちが、中国武術界を挑発しているように見えます。このようなことは、中国武術界内部の結束力を無きものにしてしまいます。私は、国際武道連盟と中国武術協会の両者が、このような風潮を止めることを提案します。もしもシー・シャオトンに能力があるのなら、国際大会に参加して国の名誉のために戦えばよいのです。これは、武術協会の指導者たちに対する私からの提案です。武術協会からは返答を得ており、協会はこの問題を明日調査することでしょう。武術協会はまた、チェン流の太極拳の門下生達に、このような挑発に乗らないよう、すなわち彼のわなに落ちないよう、強く要請しています。もしも、この狂った男が他の者の名誉を汚し続けるなら、私たちは法的手段を取る準備があります。聞いてください。これは私からの要請です。皆さんは良識を持って行動してください。私たちが将来、挑発行動に直面した時、チェン流太極拳の名誉のため、そして国のために戦うことができるよう、稽古を続けてくださることを、強く願います。

ブロガーのCheng Wangdongは、この太極拳の達人が記した国家主義的な文面を、中国武術が利益を追求しようとする姿勢現れであると見ていた。

誰もが知っている。ここ数年、我々は国家再生の夢を実現しようとしていて、そのスローガンは疑う余地無く正しいように見えていることを。中国武術界はこの夢と切り離せない部分になってしまっている。栄光と恥が結びついているのだ。特定の人たちの対立が、公衆の出来事になってしまった。[中略]武術界において、問題が表面化しているにも関わらず、彼らはその独自のルールをかざし問題を解決しようとせず、自己防衛するために権力を利用している。思うに、チェン・チュンレイは最早、武術界に属する人間とは言えないのではないか。

予想通り、2017年5月3日、中国武術協会は声明を発表した。シー・シャオトンが「けんかを売っている」と非難する内容で、彼の行為は違法であり、中国武術の美徳に背くものと主張している。

一般の人々の武術に対するイメージは、武術界の発展と組織化の裏で地に墜ちてしまった。ローカル局の北京ニュースは、中国武術ビジネスに関する調査報告を放映し、主要な伝統武術の流派が全て、武術学校の運営、映画の制作、漢方薬の販売、観光史跡の開発と、営利法人に姿を変えていることを明らかにした。これらには少林寺武当山青城山峨眉山、そして崆峒山も名を連ねている。

中国武術協会からの声明は、門下生たちが挑発に乗ることを禁止することで、首尾よく主要武術流派の重鎮たちの面目を保ったのである。

そうは言っても日本の忍術は表にでているのは観光の一部になっていますからどこの国も同じようで。

この果し合いは、数ヶ月におよびネット上で展開された両者間の口論の末に行われた。口論の内容は中国武術の発展に関するもので、シー・シャオトンは、伝統的な中国武術を批判した。彼によれば、武術団体を会社のように運営する官僚主義者たちのために、中国武術は最早、見世物レベルと化し、実戦的な格闘技術を失っていると言うのである。

「偽物の格闘技」に対するシー・シャオトンの非難の数々は、伝統武術の代表者に対する公然とした挑戦であり、ネット上で騒ぎを引き起こし、それは1週間以上も続いた。

シー・シャオトンとウェイ・レイの果し合いの映像はソーシャルメディアを介して、ネット上で拡散された。次の映像はYoutubeに転載されたものである。


この果し合いの後、太極拳の団体は「ウェイ・レイは本物の達人ではない」と示唆することで、その名声を取り戻そうとした。同じくして、この対戦のルールが伝統的な中国武術にとって公正さを欠いていると指摘する者もいた。

シー・シャオトンは、WeChatを介して反応した。 中国武術にはびこる「やらせ」の実態を世にさらすため、中国武術の重要人物たちに挑み続けるであろうと。

俺、シー・シャオトンは、いんちき中国武術と、その達人たちを、さらしものにしてやるつもりだ。俺は今39歳だが、対戦相手が若かろうが年寄りだろうがやってやる。一晩に2試合でも3試合でもな。逃げないで下さいよ。主要な中国武術流派の代表者の方々。それとも、とても対戦する気にはなれませんか?

2017年5月7日、シー・シャオトンのWeibo(訳者注:中国版SNS)とWeChatのアカウントが停止された。

武術は見せるものではなく、武器のように入れ物に入れて人目に付かないようにするもの。
挑発に乗ってしまった方が負けですね。


↑このページのトップヘ