見学歓迎。 体験OK ①吹田市武道館洗心館 3F(武道場) :火曜18:00~19:30 ②豊中市蛍池道場武龍館ビル3F:土曜14:00~15:00・日曜14:00~15:00 豊中市蛍池東町4-14-20武龍館ビル3F ③蛍池西町道場ハッピースポット土曜:18:00~19:00  ④箕面桜井半町かがり火または西南図書館2Fホール日曜:11:00~12:00

空手 武龍館(吹田・茨木・豊中・箕面)

豊中市、箕面市、吹田市、北摂エリアの空手道場、空手を愛するすべての人へ、強く、正しく、美しく。少年から大人まで、懇切丁寧に指導いたします。緑帯からヌンチャク、棍術、トンファを学びます。週1回の稽古です。少年部は仲間とともに稽古することで、社会性を育てます。

大阪から世界へ!!

Step Up練習で強くなる!!

豊中市、箕面市、吹田市、北摂エリアの空手道場、空手を愛するすべての人へ!強く、正しく、美しく。少年から大人まで懇切丁寧に指導いたします。こころも体もたくましくカッコイイ空手。緑帯からヌンチャク、棍術、トンファを学びます。少年部は仲間とともに稽古することで、社会性を育てます。

入会金2,000円 週1回 4回出席毎 → ①少年クラス3,000円~3,200円(幼児~小学生) ②学生クラス3,500円(中学生~高校生) ③一般クラス4,000円(大学生~) ④親子クラス5,000円(少年クラスと保護者1名) ◆蛍池東町教室(常設道場) ◆蛍池西町教室(ハッピースポット) ◆箕面桜井半町教室(かがり火の家または西南図書館(ホール2F) ◆吹田洗心館3F道場
☆吹田市立武道館 洗心館3F武道場→火曜18:00~19:30 別途使用料がかかります。
問い合わせ先: 電話:072-722-6828 ホームページhttp://karateburyukan.on.omisenomikata.jp/

『空手バカ一代』に胸を震わせた、全ての人に送る。享年五〇、
最後まで挑戦を続けた、その生涯を500頁を越える書き下ろしで
トレースする。短くも激しい、その生き様を見よ。
IMG_1385
読売新聞2017年9月25日(月) 朝刊より。
日貿出版社 創立50周年で気合入っています。

それにしても「武術稀人列伝」はなかろうに!

入手困難な、こんな本も出しています。
11234

あうえsi1

115377691
96571413
886711861123729781
114051624
87907630_th


110970900

コーチも入手困難という言葉に乗せられて数冊持っています。

遠方から長時間をかけて来日され、京阪神の観光名所をめぐり、日本文化体験、民間空手道場で体験会、女性が9割その数23名。楽しんでもらおうと、回し蹴りの基本のうごきを身につけるボール練習、こどもたちが見本を見せたあとに行っていただきました。
中国深圳体験7
中国深圳体験4
その過程で大阪人として「笑いをとりたい」という感情がむくむくと湧き出しました。ボールは3つ用意。最初は低い位置からはじめ、背の高い人が順番になると、別室からかさ上げ用具をとり出してみんなに見せるため頭上高く持ち上げてから高くセットしたところでみなさん爆笑。「ウァオー!」
FullSizeRender (22)
うまく出来たら盛大な拍手を贈っていました。マナーがいい。回し蹴りの動きができたところで、ミッ打ち込み、下段蹴りへ移行。コーチがミットを持って一発一発気合をいれながら打ち込んでいただきました。23人もいると中にはうまい人もいますので、強烈な蹴りをするひとには「痛い、痛い」のオーバーリアクション。これまた大うけで大爆笑!

d0182021_11403041
そこで一言、「この人は男性?」 よしもと風に表現すると「おまえ男やろ!」ってな感じです。間髪を入れず爆笑をゲット。
ツアーリーダーがひとりひとりの写真を撮っていました。楽しい体験会になったと思います。特にこどもたちに興味を持ったようで、終了後にたくさんのひとが「一緒に写真撮ろう」と引っ張りだこ。
中国深圳体験11

中国豊中インターを出て直ぐ。徒歩1分という好立地、着替えルームが6畳部屋3つ(たたみ、障子、押し入れ)純和室部屋にも興味深々。日本人の空手キッズと記念写真撮影会、お見送りの時もファイターズの看板をパチリ。
CiadJSOUkAAiOEB
体験会中爆笑の連続でした。当日練習に参加したこどもたちもいい経験になったと思います。付き添いいただいたご両親、おじいちゃん方もご協力ありがとうございました。旅行会社からのオファーで実現した体験会でしたので、これからも増えると思います。そのときは時間変更や、練習時間が延長されるかもしれませんが、みなさんご協力お願いします。
当日こられなかったみなさんも次回は参加しましょう。すっごく面白いですから。

ガチンコ対決を意識していたコーチですが、すぐに趣向変更しました。お笑い系に変化させました。
こどもたちに意を含めた事前練習、内八立ちのあとの一斉気合、こどもたちがコーチに変身したのであります。
中国深圳体験8
中国深圳体験7

体験なので、手技は3つのみ。約束組手をひとつ挿入し、みなさん喜んでやっていました。特に、日本語の気合が気に入り、いち、にー、さんの気合満点でした。
中国深圳体験9
よくも悪くも思い出したのが大阪人なら分かるよしもと興行プロデュース、「もーれつしごき教室」の笑いをメニューに加えました。
モーレツ1
プロレスラー前田 明日も出演していました。
モーレツ3
やられ役のリアクションに当時大爆笑していました。
リアクション芸の大元ですね。
モーレツ2
そこはコーチも大阪人。やるときはやるのです。

女性が9割で驚いた。さらに事前情報では着替えをせずカジュアルのまま体験する予定が、着替えを要求してきたのである。うら若き女性、着替え、ん~っと唸りまくりのコーチ。どうする?!
中国深圳体験2
たまたま2楼の201号室をリフォームしており、空室なのでそこで女性、男性別に着替えルームとして利用。何食わぬ顔で「こちらで着替えてください」と乗り切りました。

外国人空手体験会、日曜日の予定が土曜日に変更、時間も1時間早まりこどもたちの練習時間とかぶりました。稽古に来た子どもたちには体験会の予行演習。気合の入れ具合とボール練習を済ませて待機。大型バスで奈良公園から中国豊中出口からすぐの蛍池東町常設道場に体験に来ていただきました。中環まで空手着でお出迎え、屈強な男たちがバスから出てくると思っていました。少々のガチンコは覚悟していました。ところがなんと9割が若い女性たちでした。ここで思わず一回目のびっくり。
中国深圳体験10

中国深圳体験20170923

みょうが斎は仕合なんぞどっちでもいいんだという顔付きで、矢来の門のほうへ歩きはじめた。薩摩の控席の前を通る。その瞬間、なにを思ったのか、薩摩方の四番目の男が席を立つなり猛烈な突きを入れたきた。
「阿呆かい」
みょうが斎は、猫のように跳んでそこに居なかった。
0dc67176e8e05b68c15dc5d5b160d510dfed6782_95_2_9_2a0103230_21123117b0141397_1425173

たた、と男の体は東へ流れた。ところが、みょうが斎は男を見捨てた。地上へ降りたつよりも早く、みょうが斎の竹刀は大きく青空を割って、なんと、席にすわってる五番目の男の頭を西瓜切りにたたきのめしていたのである。
ヨーロッパ風の猫の剣士
が、薩摩勢が総立ちになったときは、みょうが斎のくるぶしは超人的に跳ねて、ひと息に矢来の外へととび去っていた。
「まったく」
あとで薩摩方は顔を見合わせで苦笑した。
「大阪という町は広い。妙な男が棲んでいるものじゃな」努めて動揺をかくしながら、赤熊の男が、矢来の真中にたって、
「狂人が舞い込んだによって、仕合はこれで中止する。大阪の諸君もご苦労でござった」
薩摩方にすれば、みょうが斎を狂人あつかいにするしか、この場の混乱が収拾できなかったのだろう。
これが、大阪の明治以降の伝説になっている「天満仕合」のてんまつである。
e6b99313ec8711fc08c0ebd8ddd4f731
同時にみょうが斎という大阪剣客が生涯で出場したたった一度の試合でもあった。

本当にあった話である。タイトルに施した「100年にひとりの逸材」とはこのみょうが斎と芦原先生が恐ろしくダブったので題字にしたのである。

さて、切りかかってきた薩摩の四人目の男を無視し、五番目の剣士の頭をたたき割ったのはなぜか?
「ワシは予測して四人目を捌いたが、おまえさんたちは油断しておった。何が薩摩の侍じゃ、ばかもん」ということを示したと解釈する。野次馬はその意味を理解していたかどうか?

芦原先生も審査会の後段で、壁の利用、床の利用、次の相手の動きを見ながら捌く。先生は言われませんでしたが、まわし崩しの本当の意味。コーチはわかりました。恐ろしいほどのびっくりばこです。確実に空手の枠を超えています。
5709b8ed

実際にあった「天満仕合」のみょうが斎。100年後に産まれた芦原先生、亡くなった後、
img_1
ビデオを見るたび涙がにじみます。私の頭の中で50歳でとどまっている先生。直接指導を受けたコーチは幸せものです。

終劇

薩摩対、大阪の団体戦は、大阪方六人目が席を立った。そのときになって大阪側の席がざわめきだした。

c0026482_547959
「みょうが斎めがまだ来よれへんがな」
「あいつ、怖なって、逃げよったンとちゃうか」
「いや、来る」と云ったのは付添人として大阪方剣士の席にいた心斎翁である。
「きっと来はりますやろ、あのひとに家主はんから五両渡っているはずやさかいな」
薩摩方はまだ三人目、大阪方は九人目の宮部源蔵が出てきた。逆胴を入れられて背がまがった時、
DSC_8645_convert_20140619095000

鳥居をくぐって石畳の参道を吠え立てるようにして走ってくるみょうが斎がいた。
7a927572c070f44013b3befc6ef0bf62

右手に持った竹刀が、時には風を突き、時には円を描くように舞う。
「あれがみょうが斎という男か」薩摩藩士の席が、一様に矢来を駆け込んでくる男を見て、可笑しみを耐えた。
「まさか狂人ではあるまい」
「あっ」
矢来に駆け入るなり、行事の合図も待たず、名乗りもせず、やにわに跳ね上がり、宮部を倒した薩摩方の相手の頭上に襲いかかった。
111ganryuu

ゆらい流儀剣術には、型がある。双方型を心得てそれをもって美とする心象がある。

martial03
みょうが斎には、はじめから型がなかった。将棋でいえば、銀が突如飛車になったり、歩がもの言わず香に化するようなものである。
相手が戸惑った瞬間、竹刀が脳天で砕け倒れた。昏倒する見方を薩摩方の世話人が抱きかかえ、連れて帰った。入れ替わって薩摩の赤熊(しゃぐま)将校が
「おまはん、帰れ」
と、みょうが斎に言った。
20130708220936
含み笑いをしながら「大阪は商人の町じゃから、むりもない。仕合の作法どころか、剣術も知らんらしい、無知に免じて、無礼はとがめん。はよう帰れ」
内心薩摩方は舌をまいたのである。こんな無茶な剣術があろうか、しかも、その敏捷さは人とも思えない。見るものが見ればその強さがわかるものである。高級将校はみょうが斎が、力の使い方を心得ていることを見抜いた。こういう手合いと仕合をして、薩摩が勝ったところでどうということはない。負ければ大阪の市政上かんばしくない。そこを赤熊の男は賢く考えたのであろう。
「帰れ、あとで酒肴でも届けておいてやる」
「そうか」
o0141015011499331274

みょうが斎は仕合なんぞはどっちでもいいという顔つきで、矢来の門のほうへ歩きはじめた。
その瞬間、なにを思ったのか薩摩方の・・・

型破りは芦原先生も同じである。
極真会館全国支部長会議の(先生の)除名処分の会議場面は、映画の一シーンになるような風景であった。
1
ケンカ十段、芦原英幸。四国を拠点に極真カラテを西日本方面へ広めたが、人気が出すぎて、師・大山倍達に疎まれるようになった。

極真の看板なんかはどうでもええ、「ワシはワシじゃけん」という顔つきでと、最初にかかってきた支部長を窓から投げおとすことを考えていた。
ほんと、ますますみょうが斎とダブりますね。

大阪天満の試合興行は午前9時から始まった。初冬には珍しく、氷がはるぐらいの寒さであった。大阪方剣士十人、薩摩方十人。大阪方は南に立つ。当然北風をまともに受ける。大阪方がまたたく間にふたりたたき伏せられた。
「えらい損やで、向かい風のうえにハダカがな」
ハダカとは防具をつけていないという意味である。当時隆盛していた北辰一刀流をはじめ諸派は練習も仕合も当然防具をつける。その点は今日の剣道と変わらない。


6f33674fbca8e5ef92f525198cb46f1f
いまで言う防具に慣れた日本拳法対素手、素足の極真空手の仕合で、日拳がハダカで仕合するようなもんですね。
92

薩摩の自源流というのは素面素籠手を眼目としていた。薩摩の人瀬戸口備前守が祖で、自源坊という僧侶から極意を授けられたところから流名をつけたが、この流派はくせが多いために薩摩以外に普及しなかった。128740939445116215925_hanjirou2_20101018224311
まず立会いを好まない、立ち木を相手に一撃でかたをつける。剣サバキでなく、二の太刀は用いず、一の太刀で勝負する。速度重視の剣戟である。
jigenryu01
初期極真の「一撃で倒す」が信条である。交差すればどちらかが倒れている に似ている。

aXRpZ2VraWhpc3NhdHUzIB0
芦原先生の空手もくせがありました。(本当は空手の枠を超えているのですが)
人に教えられない技が多く、ある意味玉手箱。あけるとびっくりです。
その意味で薩摩示現流(自源流)に似て普及は難しいかもしれません。
AH1
大会ルールは顔は殴っちゃいかん、掴んじゃいかん…、どんどん組手がゲーム化しよる。バーベル挙げてデカイ人間か、チョコマカ動いたりして判定を狙う狡い連中が増えてくるんよ。今の大会に、ホンマの強さを求めて稽古をしちょるヤツは殆どおらんよ。あれはもうゲームじゃけんね。

と言っていました。

大阪に巻き起こった大嵐とはなにか。
1670850f
薩摩のだんぷくろ侍が、徳川を撃つため、大阪の鴻池や、住友などを一同を集め、200万両を集める金いくさを仕掛けてきた。なんとその時、大阪では夜逃げをする侍が出始めたのである。
photo



みょうが斎はんは「にがしたりーな、どーせ大阪侍はそんなもんや」。ところが薩摩の侍は金を巻き上げただけでなく、駐在の薩摩侍の無聊を慰める目的と、大阪町人が馬鹿にしていた蔵屋敷の役人や、同心の侍と、本物の侍の違いを見せるために、大阪天満宮の境内で、薩摩と大阪居付けの武芸自慢と試合興行をさせろと言ってきたのである。

現代でいえば東京ドームで、極真対正道会館、5対5マッチですね。
5

町人文化の大阪で強いと言われている宮部、瀬川、まして老人の高麗橋心斎と言えどかなわない。そこでみょうが斎びいきの高麗橋心斎翁があの男出そうと推挙したのである。ところが犬猫の大将のみょうが斎はん、「そんな試合にでられるかい、あほぬかせ」と一蹴。心斎翁はひねって、小判で五枚をひたいに置いた。
小判

みょうが斎はん「猫に小判やな」とにやりと笑いよった。
o0423039812169896589
芦原先生が来阪し、極真会館芦原道場、難波大阪球場近くの道場で年3回の審査会、京都支部、大阪支部、神戸支部、神戸大学、龍谷大学、その他、大学の門下生の審査料ひとり5,000円を200人から300人分ボストンバックにつめるのと似ている。にやっと笑ったかとうがは記憶がさだかではない。
d0182021_206134

ちなみに元極真会館門下生によれば、現在極真会館の白帯昇級審査代は8,000円とのことである。
o0540055011972722329

上の厄除けステッカーは500円であった。
コーチも買ったのである。

しかし、結婚式場に間違えられるほうが多く、一部の空手マニアほか、厄除け効果は無かった。

つづく。

みょうが斎の話に戻ります。
各派当世一流の道場生たちは、鰻谷の長屋に住むみょうが斎のほうが断然に強いといううわさが強く流れていたのが当然面白くない。
untitled2

そのころの大阪の剣客といえば、天満に道場を持っていた大阪城代の支配下の与力同心に剣術を教えていた北辰一刀流の宮部源蔵、讃州藩のお蔵役人で心貫流の古法に通じた瀬川安之助、高麗橋のはり医の出身で、高津神社裏に隠棲している高麗屋心斎という老人の三人が剣の実力をうたわれていた。
73_big

道場主はすててはおけず、自分よりも強いというのは、たとえうわさにしろ商売のうえからおもしろい話ではない。道場主が一手教えてもらおう、道場に顔をみせろと言うが、「拙者と勝負? あほうな。わしは勝負するために武術を練ってるのやない。犬猫になるためにやってるンやで」と取り付くしまもない。
ヨーロッパ風の猫の剣士
芦原先生も最後まで空手の選手権を開かなかったですね。求めていた空手とかけ離れると思っていたのかも知れません。
rogo100-02
その当時の大会ルールは先生の求めるか空手と乖離していたんでしょう。
これもなんとなく似ているような・・・・・・
201201201200

いつの時代でも表にでず、神秘化された話は面白おかしく伝えられる。既存流派は面白くない。
ところが時代の波が大阪を飲み込み、皮肉にも浪速の剣士たちは、彼を頼らざるを得なくなった。

つづく。

↑このページのトップヘ

見学歓迎。 体験OK ①吹田市武道館洗心館 3F(武道場) :火曜18:00~20:00 ②豊中市蛍池道場武龍館ビル3F:土曜18:00~19:30・日曜14:00~15:30 豊中市蛍池東町4-14-20武龍館ビル3F ③蛍池西町道場ハッピースポット土曜:18:00~19:00 ④箕面桜井半町かがり火または西南図書館2Fホール日曜:11:00~12:00