恋人のイヤな話

2015年04月

百年の恋も冷めた瞬間! 78年目
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1234706681/
177:おさかなくわえた名無しさん:2009/02/18(水) 02:46:37 ID:YAx96BhB
昔付き合ってた彼とホテル行ったときの事。 

夜中寝てたらなんか声がするから起きたら、なぜか彼が隣で泣いてた。 
なんだ!?と思ったら、私が寝ている隙に携帯を見ようとしたらしく、 
でも私は一度携帯を落として拾った人に悪用されたことがあったから 
なるべく使うとき以外はロックする癖があるので 
もちろん中は見られなかったんだけど、それが彼曰く 
「俺に隠し事をしている証拠だ」となって 
悲しくなって一人メソメソ泣いていたらしい。 
携帯見ようとしたことも、見られなくて泣いていたことも 
すべてが気持ち悪くてその場で別れて歩いて帰った。 



この記事の続きを読む

百年の恋も冷めた瞬間! 78年目
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1234706681/
141:おさかなくわえた名無しさん:2009/02/17(火) 23:18:55 ID:FyTGwnMe
自分もブランドの話になって「●●ってブランドのバッグって女の子ならやっぱり欲しいよね?」 
ってしつこいからとりあえず話しに乗って「いくらくらいするものなの?」って聞いたら「20マソくらいかな?」 
とか言いやがるからビックリして 
「20マソ!?20マソあったら今よりずっとスペックいいPC買えるじゃん! 
 そんなの買うならPC新調しなよ!その予算でプレゼントくれるつもりなら 
 今1TBのHDD欲しいからそれにして!!」 

って言ったらなんか別のナマモノ見るような目で見られた件について 
その後〆あげて「女はみんなスイーツだって思いこんでてゴメン」って平謝りしてくれたから 
まだ付き合ってる…今はいいオタカップルです本当にありがとうございました 


143:おさかなくわえた名無しさん:2009/02/17(火) 23:32:13 ID:ubThVyM9
スイーツも、やたら非スイーツをアピールしたがるのも、同じくらいウザい。 


この記事の続きを読む

百年の恋も冷めた瞬間! 78年目
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1234706681/
139:おさかなくわえた名無しさん:2009/02/17(火) 22:53:16 ID:a1aiBrP1
ブランド話です。 

私はブランド物に興味がない。なんで?と言われてもわからないが興味ない。 
実際そんなもの買えるほどお金も持ってなかったけどw 
お金があっても欲しいとは思ってなかった。 
ぶっちゃけ10万円のバッグ一個買うなら、1万円のバッグ10個買えるじゃん! 
5000円なら20個だよ!という価値観だった。それは今もだ。 

当時付き合っていた彼氏は、私が「興味ないから欲しくない」と言うのを 
「買えないからそう言って無理して強がっている」と思っていたらしい。 
お金があって買えれば本当は欲しいに違いない。 
買ってあげたら喜ぶに違いない、と夢見ていたようだった。 
その気持ちだけは本物だったからありがたいと思う…けど、欲しくない物は本当にいらん。 


この記事の続きを読む

百年の恋も冷めた瞬間! 78年目
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1234706681/
116:おさかなくわえた名無しさん:2009/02/17(火) 16:13:03 ID:7yj6Imvd
学生の頃付き合っていた彼 

自分も彼も実家住まい。 
ある日、一人暮らしをしている友人の家にみんなで遊びに行った。 
何となく過ごしている間に、彼女が「おつまみにでも」と揚げもちを作ってきた 
新潟の実家から送ってきたもちを簡単に揚げたもので、シンプルだけどものすごく美味しかった。 
そしたら彼が「すごいな!こんなモノ作れるなんて!お前も見習えよ!」と言い出した。 
まあ、よっぽど美味しかったんだろうなと思って、「そうだよね。美味しいよね」と流した 
そしたらしつこく「女はこういうのが作れないとダメだろ、見習えよ、お前も~」とかグダグダ言い出した 


この記事の続きを読む

百年の恋も冷めた瞬間! 78年目
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1234706681/
 102:おさかなくわえた名無しさん:2009/02/17(火) 08:50:29 ID:3ZQPoBfM
ちょっと思い出したので投下。 

数年前に付き合っていた彼、私よりも4つ上で当時20代半ば。 
その人はメールで絵文字をよく使う人だった。 
特に赤いハートを語尾につけるのが好きらしく、メールを開けばハートが いるような感じだった。まぁ普段のメールならそれはそれでよかったんだけど。 
ある時、うちの祖父が危篤になった。 
100歳近かったし、病気もなく、老衰だったんだけど、それでも 祖父大好きだった私は大パニック。朝だったので家族全員運よく出勤前、 
一家で祖父のお世話になっていた施設に向かうことに。 
彼とは毎朝出勤の時にいってきますメールをしていて、その時間になっても 
それどころじゃなかった私はメールするのを忘れていた。 
すると車の中でメール受信、あ、もうそんな時間だったんだ、でも今はそれ 
どころじゃないし・・・と思い、祖父が危篤になったので今向かってる、今日は 
メールできないかもしれないと返信しておいた。 


この記事の続きを読む

このページのトップヘ