恋人のイヤな話

このヒトは無理だと悟った瞬間106
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/ex/1324638889/
988:恋人は名無しさん:2012/01/10(火) 00:04:33.36 ID:Uj6p5TcB0
クリスマス編 

彼女が「フランス料理が食べたい。いかにもレストランっていう豪華絢爛な場所じゃなく、一軒家みたいなところで」というので、 
条件に合うようなミシュランのレストランの予約を取りました(ディナー二人合わせて10万くらい) 

自分は、このレストランと高級スイーツをプレゼントにしてあげたつもりでしたが、 
彼女としては物品をご所望だったようで、、、帰りにご機嫌斜めになってしまいました。 

→確かにモノを買ってあげなったのは悪かったな、とも思い、初詣てあったときに、アクセサリー買ってあげました。 
→ちなみに彼女からは折り畳み傘をプレゼントに頂きました。 


別にこれはスレチな内容ですね。 
どう考えても俺が悪いかw 



この記事の続きを読む

このヒトは無理だと悟った瞬間107
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/ex/1326130898/
207:恋人は名無しさん:2012/01/12(木) 23:53:20.66 ID:IRSc5Xxr0
誕生日という大切な日くらい一緒に過ごしたいと思うのが普通だと思っていたが相手は違うみたいだ 
わざわざ当日にお祝いする必要はない、ときっぱり言われた 
価値観の違いなのか、気持ちがもう離れているのか 
いずれにせよ、もう無理だ 


211:恋人は名無しさん:2012/01/13(金) 00:13:30.67 ID:sVbPinaB0
あなたの誕生日なのか相手の誕生日なのか、 
また当日祝わない理由は何なのか(どうしても優先させたい予定があるとか) 
で色々と状況は違うと思うけど。 
あと、私みたいに自分の誕生日に重きを置いてない人もいるので 
一応念のためw 



この記事の続きを読む

このヒトは無理だと悟った瞬間107
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/ex/1326130898/
227:恋人は名無しさん:2012/01/13(金) 09:29:04.20 ID:OhcWhy0J0
誕生日だから、クリスマスだから、一周年だから・・・ 
別にお祝いするのはかまわないけど、それが絶対みたいに押し付けられると、 
「こいつ本当に馬鹿だな」って引いてしまう。 


229:恋人は名無しさん:2012/01/13(金) 10:55:00.95 ID:OhcWhy0J0
状況にもよるけどあまり行事に固執されると、自分よりも行事を大切にしていうようで気持ち悪いよ。 



この記事の続きを読む

このヒトは無理だと悟った瞬間108
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/ex/1327588902/
136:恋人は名無しさん:2012/01/29(日) 14:04:46.64 ID:10I0HhKgO
誕生日もクリスマスも記念日もプレゼントくれない。誕生日に至っては祝いの言葉すらなかった。私ばっかり渡してるのってバカみたいだよ。ピエ口かよ。別に見返り求めてる訳じゃないけどさ、3年半付き合っててプレゼント一切なしって…。 

私ばっかり好きみたいで嫌だ。でも最近けなすような発言ばかりされてもう冷めてきた。本当に私の事好きなのかもわからない。最後に好きって言われたのいつだったかもわからない。 

マンネリしてきてるからどこか遊びに行きたいって言ったらお金ないからでバッサリ。遊園地行く約束二回もすっぽかされた。 

もう無理。疲れたよ。 


137:恋人は名無しさん:2012/01/29(日) 14:32:55.85 ID:ERI+Ic5C0
3年半も…ナニしてたんだか 


百年の恋も冷めた瞬間! 85年目
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1245157079/
625:おさかなくわえた名無しさん:2009/06/29(月) 20:09:07 ID:cOjwwh0i
彼とつきあい始めて最初のクリスマスにもらったプレゼントがティファニーのシルバーのオープンハートだった。 
今時オープンハートかよバブルかよと彼氏のセンスを少し疑ったが嬉しかったので大切にしていた。だが、お守りがわりに毎日身につけたら1ヶ月もたたないうちに真っ黒に変色した。 
そのうえ、首には無数の赤いぼつぼつができて痒くてたまらない。 
皮膚科を受診すると 
「アレルギーですね」とのこと。 
もらったオープンハートは身につけることはできないが大切に保管すると彼に伝えた。 
ホワイトデーのお返しに彼がくれたのは、またもシルバーのネックレスだった。 
「今度はシルバー磨きの布つけたから!」 
という言葉つきで。 
それでも嬉しかった。 


この記事の続きを読む

このページのトップヘ