プラセンタのエトセトラ

プラセンタを中心に美容成分についてうんちくを語るブログ。

私たち人間の肌は、

年齢を重ねるにつれて水分を保つことが難しくなります。

そして、ハリが保てずにたるんでしまったり、

シミやシワができやすくなったりするのです。
 

その原因は、不規則な生活、栄養バランスの悪い食事、

間違ったスキンケア、空気の乾燥など。

ひとつひとつが肌の大敵なのに、

これらの条件が複数重なり合ってしまうと、

バリア機能が落ちて水分がどんどん蒸発し、

まるで干からびた大地のような状態に

なってしまうので注意が必要です。
 

肌の新陳代謝を促し、

新しい細胞に生まれ変わらせるため、

夜は成長ホルモンの出やすい10~2時の間には寝るようにしましょう。

そして、細胞分裂に大きく影響する亜鉛や、

皮膚と粘膜を正常な状態に保つ

ビタミンAを取り入れた栄養バランスの良い食事を摂り、

加湿器などを利用して部屋の水分量を保つようにしてください。

 
また、スキンケアの際にゴシゴシこするのは厳禁!

刺激で角質層が傷ついてしまうので、

なでるように優しく触れるようにしましょう。


プラセンタを取り入れるのもおすすめです。
 
プラセンタは哺乳動物の胎盤から作られており、

コラーゲンの生成を助ける線維芽細胞を活性化させる働きがあります。

また、新陳代謝を促して肌細胞の生まれ変わりを助け、

水分と脂分のバランスを整えてシミやシワ・乾燥を防ぎます。

若いころはしっとりとして弾力のあった肌も、

年齢を重ねるごとに様々なトラブルに悩まされるようになります。

特に偏食や夜更かしなどの不摂生が多かった人、

紫外線を多く浴びていた人、

適切なお手入れをしてこなかった人は、

若いころはよくても、それらのツケが

だんだん肌年齢として現れてくるので注意が必要です。

 
シミやシワ、たるみ、毛穴の開きなどが気になり始めたら、

早めの対処を心がけましょう。

お肌の調子を整えるためには、

早寝早起き・栄養バランスのとれた食事・適度な運動が効果的です。

 
夜はなるべく早く寝て(ゴールデンタイムと呼ばれる

10~2時の間に睡眠をとると、新陳代謝を促す成長ホルモンが出ます!)

朝は日の出とともに目覚め、

朝日を浴びながらジョギングなどの軽い運動をしましょう。

朝日を浴びれば体内時計が正常になるし、

有酸素運動をすることによって血液の流れが良くなり、

代謝が上がって美肌になります。

 
そして、毎日できるだけ多くの食材を摂るようにしましょう。

特に肌をつくる元となるビタミン、ミネラル、たんぱく質が

豊富な食材は意識して取り入れてみてください。
 

さらに、プラセンタサプリを活用するともっと効果的です。

プラセンタは哺乳動物の胎盤ですが、

神経芽細胞増殖因子がコラーゲンの生成を助け、

お肌にみずみずしいハリと潤いを与えます。

また、新陳代謝を促すので、適度に脂が出て乾燥を防ぎ、

メラニンの排出を助けてシミやそばかすを薄くする効果も期待できます。

副作用がほとんど出ない栄養素として

有名なプラセンタですが、稀にむくみの出る方がいます。

原因としては、

高濃度のプラセンタを過剰摂取しているケースが多いので、

このような場合は含有量の少ないものに変えるか、

飲む量を調節するなどの対策をとってみましょう。
 

一方で、プラセンタは

むくみを解消する手段としてもよく使われています。
 
むくみの主な原因は冷え性や

運動不足などで血流が滞ることですが、

プラセンタには新陳代謝を活発にして

血流を良くする効果があるので、

続けるうちに徐々に

むくみが消えていくのです。
 

しかし、いくらプラセンタで症状が緩和しても、

むくみやすい生活を続けていれば、所詮いたちごっこです。

むくみはただ見た目が悪いだけではなく、

放置すると血栓ができて脳梗塞や心筋梗塞など

恐ろしい病気の可能性が高まります。

“たかがむくみ”と軽く考えず、

早めに対処していきましょう。
 

むくみ対策としては
 
・有酸素運動をする(ジョギング、水泳など)
 
・同じ姿勢を取り続けない
 
・こまめに水分をとる
 
・塩分を摂りすぎない
 
このようなことが有効です。
 

デスクワークの方は、時々休憩をとって足を動かす体操をしたり、

立ち上がって歩きまわったりするなど工夫してみましょう。

水分が不足すると血がドロドロになるので、

こまめに水分を補給することも大切です。

このページのトップヘ