2005年03月01日

かれんのお便り通信

チラシの裏かれんです!読者からのお便りを勝手に紹介するお便り通信。香月胡生さんからのメール。

Subject: ニッポン放送の新株発行について
かれんさま

 前回お便り通信に載せて頂きました、お局OL香月胡生です。
 おばさんのたわごとをサイバッチでとりあげていただいて恥ずかしいやら
嬉しいやら(^^)でした・・ありがとうございます。
 さて、いつもかれんさんの記事を読んで思っていたのですが、今回のニッ
ポン放送の新株発行について書かれた文章を読んで、改めて「かれんさんっ
て本当に聡明な方だな」と思いました。
 私の様な素人のOLでも「そんな特定の株主に有利な事をやって問題ないの?」
と考えた事を、どうして各メディアがとりあげないのか不思議に思っていまし
た。でも、「じゃあどこがおかしいの?」と問われると該当する法律がすぐに
は思いつかず「えっとぉ、商法ではぁ、たぶんんんん、特定の株主に有利な事
をぉ、その会社がしちゃまずいじゃん」ととたんに今時の若者言葉になってし
まっていました(;_;)かれんさんがきちんと説明して問題提起して下さったの
でとても嬉しいです。
 各メディアも「それまずいんじゃない??」と思いつつ、大手フジテレビに
遠慮してか「奇策」とか「最後の一手」など婉曲な表現になっているのが、な
んとも歯がゆいです。これがライブドアが株を買われた側で、この手を使った
ら「商法違反!!」とか各マスコミは大騒ぎするんでしょうねぇ(_ _@

 裁判所がどういう判断をするか分かりませんが、かれんさんのおっしゃる通
り、ニッポン放送の今回の行為を認めてしまったら、今までの日本の会社にあ
る価値観をひっくり返しかねない事ですから、そんな社会を疑うべきだと思い
ます。何より、これを認めてしまうと今まで大会社が株を支配することによっ
て、零細企業を「合併」「子会社」という名の下にやってきた「のっとり」を
根本から否定して、自分達の首をしめかねない事態になる、という事を大手企
業は気づくべきだと思います。ニッポン放送には法律の専門家はいないのかし
ら?と、いうよりいくら「子会社化」する予定でも、特定株主の会社の日枝会長
と、当の会社の亀淵社長が並んで会見をする事の「異常さ」に気づく役員はいな
かったしょうかねぇ??
 普通の私大しか出てない私は、東大に「入れた」というだけでほりえっぢの
言いぐさにむかついていましたが、今回ばかりはほりえっぢを応援します!


                   香月胡生 from Iwate


いつもお便りありがとうございます!いえーい!私は聡明な人間!そう人に言われるよう、努力しております!

私はライブドアに贔屓目だけど、客観的に見てもネット世論はライブドア側に傾いてきたように思います。端から見てるとどたばた騒ぎに見えるけど、ほりえっぢはアホかも知れないけど、その裏ではスーパー頭のいい人が動いてるわけだし、スーパー頭のいい人達が2時間も雑談すれば、今日までに至る過程は俎上に出てくるでしょ。そう言う意味で「もう詰んでる」って発言だったのね!ほりえっぢすごいー!

アンチ堀江の人、どうしてそんなに堀江が憎いのだろう。感情むき出し。「感情を処理できん人間は、ゴミだと教えたはずだがな(コスモ貴族主義)」。堀江が強いのは感情を排除してのシンプルな考え、「株主の利益」だけを追求してるからであって、既得権益や面子、習慣、しがらみなんてものを守ろうとしてるじじいどもはかないっこない。堀江は株主利益のためなら平気でライブドアだって売るでしょ。売らない理由ないし。株主利益の最優先(お金至上主義)が良いことか、悪いことかはわからないけれど、新生銀行のリップルウッドをハゲタカと呼び、「日本の習慣には合わないねえ」なんて政治家がほざき、法律で規制してお茶を濁そうとする。いつまで日本の国境があると思ってんだよ!(あら、すごい左かしら)

次はKitetsu Gonさんから。

Subject: 東京都文京区湯島4-4-1

同級生、竹内のビルでーす!
ちなみに、上野1−14−2に住んでた事あるので、上野1−13−5という、住所はありませーーん!


実は最近なんかあんまり盛り上がらないし、どうでも良くなってきています。。

次は、えー、名前がメールアドレスになってる人から。

Sunject: 入手方法をチラホラd(´▽`)b♪

>次回のアンケートは「音楽の入手方法」。

 「お菓子のおまけ」
 「脳内サーバからダウンロード」
 「原住民からじかに聞く」
 「他人の鼻歌」


せっかくいただいたのだけど、今回はもう始めてしまったので、次回の分が欲しかったっす!

さあ、いまならほぼ100%で掲載されるお便り通信。お便りはこちらまで → karen93@orange.livedoor.com

(かれん)

この記事へのトラックバックURL