2005年03月10日

ブログ -> ソーシャルネットワーク -> フォークソノミー

cd99bc54.jpgソーシャルネットワークの構造的欠点はリンクの飽和だろう。 初期段階ではリンクが貴重で、「知り合いの知り合いは奥菜恵」とかで嬉しかったのだが、 「リンクは多い方がなんだか良いねぇ」とそんなに親しいわけでもないのにリンクしたり受けたりする結果、 リンクの価値はどんどん下がっていくの。一般にリンクは減ることはないので、 エントロピーよろしく、熱的死を迎える。記者もGREEに登録しているが、 そのリンクが役に立ったことはない。最近はブログの更新チェックくらいにしか見てない。

ちなみにソーシャルネットワーキングの元となったのは SIX DEGREES OF SEPARATION。 6人の知り合いを介せば、世界中の誰とでもつながるという仮説。 その応用がSIX DEGREES OF KEVIN BACON。 どの俳優から始めても共演した俳優を辿っていくと、3〜4回目には必ずケビン・ベーコンにたどり着くという発見 (その検証サイト The Oracle of Bacon at Virginia)。 ケビン・ベーコン、日本でいえば香川照之あたりだろうか。

前置きが長くなったが、廃れようとしているソーシャルネットワーキングの次は何だろうか? フォークソノミー(folksonomy)が来るらしい。 フォークソノミーとは、folks(人々)とtaxonomy(分類法)を合わせた造語で、 用は「みんなでデータを分類していきましょう」ということだ。分類は一般に「タグ」を付けることで行う。 flickrは、写真のアップロードサイトだが、 トップページで「ipod」で検索すると、 iPodに関連する写真が表示される。これは皆が写真をアップする際、「iPod」というタグを付けているからだ。 これだけではあまり面白くなさそうだが、表示された写真の下に投稿者へのリンクがついている。 そのリンクを辿ると、その投稿者がアップした写真を見ることができる。それにより、 この投稿者がどんなことに関心があるのか、わかる。そしていまどんなタグに分類される写真が多いのか、 とか、そのタグに関連するタグはなんなのか、という情報も提供される。

「iPod」というタグに関して、ある人か「Apple」というタグを関連づけるだろうし、 またある人は「MP3」と付けるだろう。違う人は「Present」と付けるかも知れない。 これはひとつの「iPod」というものに対して、いろいろな価値観を与えてくれるということだ。

というわけで、とりあえずここで遊んで見よう。

webarchives folksonomy alpha

まだアルファ版であるが、十分に遊べる。 登録したいURLを入力し、タグを何個か書く。書かなくてもよい。それで「save」ボタン。 例えば「URL:http://blog.livedoor.jp/karen93/ Tag:ブログ お気に入り」みたいな。 すると、そのページはサイトに保存される。ブックマークじゃなくて、サイトが保存される。 リンク切れを起こしても大丈夫だ。下に最近保存されたページが表示されている。 タイトルをクリックすれば、保存されているページを見ることができ、 その下には分類されたタグが表示されている。タグをクリックすれば、そのタグで分類されているページが検索される。

開発中ということで、ユーザログインや、人気のあるタグの表示はまだ実装されていないが、 ここまで3日で作ったということで、今週中にはベータに持って行くそうだ。 頼まれたので、記事にしてみた。

参考
ネット世界をタグで分類する「フォークソノミー」
フォークソノミーは世界を変える?
なぜソーシャル・ブックマークのdel.icio.usが面白いのか


(かれん)

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
最近「mixiで○○のイラ描いてます、見てね!」みたいな事をやたらとサイトに書く人を見て これって何かに似てるよな〜と感じたんですが、あれだ、あれに似てる。 「○○事件の詳細が見れるのは【プチバッチ!】だけ!うけけけけ。」とかそんなん。 いや、毒島氏の芸風は好.
というコミュニティ作りました!(嘘ですが)【機械手帳】at 2005年03月13日 22:18
この記事へのコメント
はじめまして。いつもこのブログを拝見しておりました。私も同じタイプのブログ作ってます〜。お互い頑張りましょうね。
Posted by ぐへ at 2005年03月15日 14:18
はじめまして。フォークソノミーに分類できると思いますが目標共有コミュニティ「Aimy」を作りました。http://aimy.spreadedge.com/
是非参加してください。ご意見など聞かせてもらえるとうれしいです。
Posted by spreadedge at 2005年03月31日 13:17