いまどきのバイナリーオプション事情

karenh

"バイナリーオプションって知ってますか。
比較的まだ新しい金融商品なんですが、特徴が「少額の資金から参加できて」「ごく短期で取り引きが終わる」ことです。
そのほかにも最大損益が事前にわかっているから手軽に参加できるとか、24時間のうち何度も取り引きチャンスがあるから自信のあるタイミングまで待っても大丈夫とか、まぁいろいろメリットがあるんですが、これ、とってもハマっています。

雑誌の特集企画でバイナリーオプションを初めて知ったときは単に面白そうだと思っただけでしたが、そのあと業者を決めるのにデモトレードをするようになってすっかりルールにハマっちゃいました。
簡単だから面白いんです。
こういうと語弊があるかもしれませんが、丁か半かって感じなんですよね。
10分後の株価が上がってるか下がってるかを予想すればいいわけで、単純に考えると勝率は二分の一ですよね。

まぁそこまで単純には計算できないんですが、でもそんな感じで、とにかく簡単です。"

記事の続きはこちら 

" 今や日本でも、実に様々な種類の投資信託がありますが、中でも特に人気の高い商品に、定期分配型ファンドがあります。
 たとえば、グローバル・ソブリン・オープンと呼ばれる投資信託は、ソブリン債が組み込まれています。それは、国や地方自治体などの公的機関が発行している債券のことです。ソブリン債というものは、あらゆる債券の中でも、最も高い信用力を持っているものです。
 この投資信託は、保有者に対して定期的に分配金を支払う仕組みになっていて、毎月、隔月、三か月ごとなど、分配金受け取りのサイクルは様々あります。
 毎月、分配金を受け取れるならば、それは小遣いや年金などの足しにもなります。高い人気であるというのも頷けます。"

"丁度私が高校生の頃、私の両親は二人とも仕事をしていない時期というのがありました。

父はもともと家で農業を営んでいたのですが、台風などの影響により収穫がままならないどころか、農地まで荒れ果ててしまい別の仕事を探さなければならないという上京でした。

母が人間関係などでパートを転々としていた時期と重なり、次第に収入のない我が家は貧乏生活に追い込まれるようになっていきました。

私は当時アルバイトをしていて、進学のために東京への上京を考えていたのですが、我が家にそんなお金の余裕がない事はわかっていましたから、毎日のようにアルバイトに行って、学校のない土日は朝から夜までビッシリ労働していました。

あの頃を思い出すと本当に辛い日々でしたが、お金がないという恥ずかしさから周りに相談する事も出来ずに、奨学金制度があると知ったのは頑張って進学をした後の出来事でした。

そういった制度があるという事を知っていれば、もう少し楽が出来たのではないかと思い、誰かに相談するという事も大切だなと感じました。"

このページのトップヘ