Bな日常

タイ在住の「B」なかりびーです! パワハラ受けて沈殿していたワタクシが、まさかの!大逆転でMDに。 会社はB級にはできないので、全力で奮闘中!

長い長い、100万円のお話-2

こんばんは~、かりびーです!

昨日の続きです。

... と、書き出そうとしてふと思う。「車売って作ったお金で日本で両親の車を買う=ずいぶんお大尽だな~、昇格してお給料アップしたの?」って思われちゃったかもしれませんが…実は昇給はまだ(*´Д`*)。

パワハラからの大逆転でMDにしていただいた背景にはいろいろ一筋縄ではいかない事情があり、実績上げてからじゃないと、逆に困るって気がして…ってわけで、所得は増えてないんですけど、車のローンがなくなった分生活費浮くはずだから、当面健康に気をつけて働けばそのうち挽回できるさ!!とテキトーに思い切っちゃったわけです。この辺B型なので、自分でやりたいことができると歯止めが聞かないというか、後先考えないというか…(;-_-) =3。

で、両親にお金を届けて車を買ってもらおう、と思ったんですが、ソンクラン休暇までは休みもとれず、じりじりする~って感じだった。

変な話ですが「好事魔多し」ともいうし、せっかくお金ができたのに渡す直前に父が運転できなくなったり、事故ったりしたら…なんて、つい嫌なことが頭をよぎっちゃったわけね( -д-)ノ。

送金も考えましたが、銀行さんに相談したら「その辺の両替屋で両替してハンドキャリーするのが一番レート&手数料的にオススメ」なんて言われちゃったしφ(.. )。

で、ソンクラン帰国のチケットは予約入れたんですが、2月末ごろからいろいろ忙しくなりすぎ、結局帰国日まで両替できなかったというのは、以前書いたとおり。

っていうか~、両替屋さんで両替する場合、キャッシュ持っていかないといけないわけでしょ?銀行からおろして現金30万バーツ持ち歩くわけ?で、両替しちゃったら銀行にも預けられないから自宅に100万円置いておくわけ?っていうのがB級のワタクシの、偽らざる不安と疑問で、両替に踏み切れなかったというのもあったのね(´∀`*)。

多分、その辺の皆さんには100万円とか30万バーツなんて「子供の小遣いみたいなもんで、自宅の引き出しにはいつも数十万バーツぐらいは置いてるよ」って感じかもしれませんが(だって、日本のオレオレ詐欺の金額ハンパないよね)、かりびーは財布に1万バーツ入っているだけで緊張する方なので、30万バーツなんてありえない金額、ムリ!って感じだった('A`)。

で、結局帰国日の直前に銀行でキャッシュおろして、空港で両替したわけですが…。

DSC_4037

地下の両替屋さんに「円で100万」と言うと、窓口の男の子とが、ふ、と手を止めて、すぐに我に返り「あるよ、大丈夫」とにやにやっとしたという一件がありました。

別に100万円あげるって言ったわけでもないのに、大きい金額扱うのは触るだけでもうれしいらしく、嬉々として2回ぐらいカウンターで枚数を数えて渡してくれた。で、「封筒頂戴」といったら、「ポーチあげるよ!」と店名のシール貼ったピンクのビニールポーチを気前よくくれたりしました.。゚+.(・∀・)゚+.゚。

搭乗ゲート階だと1円=0.305バーツだったのが、地下では0.295バーツだったので、額が大きい分差額も大きく結局29万5千バーツで済んだのがホント神に感謝!って感じ。

もらった円をしっかりウエストポーチに入れてお腹の前に巻きつけ、わき目もふらずに出国手続きを済ませたんですが…。

中に入って気付いたら「100万円は両替できたけど、自分が日本で使うお金がない!!」という状態でした(;´Д`)。

皆さんご存知とは思いますが、イミグレ通って中入ると、両替窓口はあってもバーツでおろせるATMがないわけ。中にあるATMはドル、ユーロとかで引き出すタイプで、なんと、国際通貨であるはずのジャパニーズ・エンがないってどゆこと~ヽ(#`Д´)ノ!!

で、結局30万バーツから残った5,000バーツ+アルファを最悪レートで円に換えたんですが、気付くと今度は…。「ごはん食べるバーツがない!!」。゜(´Д`)゜。

お財布の中のバーツが小銭だけになってしまっていましたとさ、チャンチャン♫。

ATMがデビット・カード兼用だったので、結局それでごはんは食べられたんですが、30万バーツ程度で頭に血が上ってこういうことになる人もいるんだよ(ワタシだけ?)、っていうお話でした。

当たり前ですが、帰国するのに5,000バーツ両替しただけでは、いくらクレカあると言っても軍資金不足で、日本でATM引き落としを試したりしたのはこのせいもあったのでありました。

長くなったので、もう1回、つづく、でございます…。

DSC_4046

(今日のおまけは日本で食べた天丼!!サクサクしておいしかったよ❤)

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


(本日も最後までお読みいただきありがとうございます m(_ _)m。上のバナーを1日1回クリックしていただくと、ランキングがアップ!!かりびーのやる気もで~す!あなたの!!応援をお待ちしています~)

長い長い、100万円のお話-1

こんばんは~、かりびーです!

ワタクシのブログは、その日その時起こったことより、後から「実は…」的な感じで書くことが多いですが(*´Д`*)、今日もそんな「実は」のお話。

この4月、ソンクランに帰省した際1つ大きなミッションを持っていて、それは「両親に車を買い換えてもらう」ってヤツだったんですね。

一応ケリが付いたので顛末を書いときます。いつもながら長い話にお付き合いいただきますが、ご容赦を m(_ _)m。

かりびーの父、今年85歳のスーパー爺さんは、昔ニッサン系の販売会社勤務だったので会社の車をずーっと使わせてもらっており、定年(といっても60を大分すぎてからの嘱託終了時点)後に自分で初めて車を買う羽目になったわけ。

いろんな事情があって退職金はすずめの涙ほどだったそうで、買えたのはブルーバードの中古車だったらしい。

自動車販売業で、いい車を使わせてもらっていたこともあり、プライドから小型車なんかには気持ちが向かず、「腐っても鯛」的な3ナンバーチョイス。

ま、その時点ではそんなに悪くないものを紹介してもらって買ったのかもしれないけど、なんせ65歳からの中古車購入となると、その後の年金生活では買い替えなどはできず、なのに母がいろいろ病気をしたりして車の必要度は下がらない状態から、同じ車を使い続けていたんですね。

かりびーもずーっとタイで現採で仕事をしていて、そんなにお金があったわけでもなく、プライベートの帰国が毎年出来るようになったのは、今の会社に入ったくらいから=ここ7、8年ぐらいのこと。

それまでは自分のことで手一杯であまり実家の事情には気が回らず、帰省できるようになって見たら、タイでもほとんど絶滅したような、屋根の塗装がはげかけ、ボディの横にながーいひっかき傷があり、なんと車内にはカセットデッキが付いている('A`|||)のが、実家の車だった。ひっかき傷は、弟が乗って出た際、どっかの誰かに嫌がらせでつけられたらしいんだけど、日本は修理が高いのでそのままになってるという説明でしたねΣ(´д`;)。

それ、今から10年ぐらい前のことですが、さすがにその時点でタイのかりびーの周囲でカセットデッキつきの車はなかったので、まさか日本で、しかも実家で遭遇しようとは(;´Д`)、って感じだったね。

さすがに~、これはイカン、と思ったけどなすすべもなかった。

当時かりびーも実家にわずかなお金の支援をするようになってはいたんですが、それはそれでクーラーやら冷蔵庫やら洗濯機やら、たまに壊れる家電の買い替えのローンを手伝ったり、母の入院費の補填などに使われ、車まではどうしようもない状態だったわけφ(.. )。

これが日本の年金生活者の現状だ!というのはやや短絡かもしれませんけど、夫婦共働き(母はずっとパートとかだったけど)で60過ぎまで働いて、年金はそれなりにもらっているとはいえ、定年してからちょっと事情があって引っ越したりした関係で同居している弟(独身)と半分ずつ負担している住宅ローンがいまだにあるし、衣食はなんとかなるけど贅沢はできない、っていうのが今80代の両親の状態。

あまりにひどい車でおそらく燃費も税金や車検の費用も大変だろうと思ったので、5年ぐらい前に「軽の中古でもいいから買い換えた方が…」と1年掛けて説得し、4年前にようやく1度目の買い替えが行われたのです。

その時は確か、10万か20万円ぐらいしか援助できなかったと思う。両親も古い車売って、貯金を取り崩し、なんとか40万円ぐらいの中古の軽を買ったんですが…それが聞いたこともないようなホンダの小さいやつだった。゜゜(´□`。)°゜。。

BlogPaint

とにかく限られた資金で安いのを買ったので、調子もイマイチだったらしく「軽自動車はダメだね」と父は切り捨ててたけど、それでもカセットデッキ付きのブルーバードよりはよいのでは?とかりびーはひそかに思ってた。

少なくても税金とかガソリン代はかなり安くなり、その点だけは両親も認めてくれたようだったんですが…。

ところが、ですよ。その時点であと1-2年かもと思った父の運転歴がどんどん更新されてる(;-_-) =3。

一応認知症試験でも90点以上とり、ペースメーカーは入れたものの相変わらず朝晩のウォーキングに数種の体操をこなしている父なので、もしかしたらこのまま100歳まで行くかも、と思ったら急に運転が心配になってきたわけ('A`|||)。

近くにいればかりびーがある程度面倒見るんでしょうが、日本とタイではどうしようもないのがこんな時ね。

脚の悪い母の通院やら買い物やらで、アッシー君を勤める父がそのうち運転誤って事故でもおこしたら…と思うとなんか常に不安で、そうこうしているうちにネットで「サポカー」とかいう自動ブレーキなどが付いた安全度の高い車出ているのを発見したわけですΣ(・ω・ノ)ノ。

しかしサポカーは結構いい値段するみたい…と悩んでいる間に、運良く自分がMDに昇格しありがたい事に通勤に会社の車を使わせてもらえることになったので、自分の車は売ってしまった。ブログアップはしなかったけど(*´ェ`*)。

同居人のごり男に売却を手伝わせたら、10万バーツもピンはねされて、めっちゃ気分悪くてブログに書くどころじゃなかったというか(*`Д')。

でもまあ、高いローンを払ってきた甲斐あり、6年落ちのイスズMUセブン、45万バーツで売れた。10万取られたので、かりびーの手に残ったのは35万バーツ≒100万円だ!ということで日本での車買い替えがにわかに現実味を帯びたのが今年の2月ごろのことでした。

長くなっちゃったので、明日につづく、です。

DSC_4041


(おまけに4月に日本で食べたスエヒロ亭のハンバーグ。うまかった~❤)

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


(本日も最後までお読みいただきありがとうございます m(_ _)m。上のバナーを1日1回クリックしていただくと、ランキングがアップ!!かりびーのやる気もで~す!あなたの!!応援をお待ちしています~)

妊婦のおまじない

こんばんは~、かりびーです!

今年はかりびーの会社に妊婦が増えてます(*´Д`*)。

何年か前にも一度当たり年があって、確か1年に5、6人お腹が大きい女子従業員が発生し交互に産休取るし、人員が不足して大変だった。

それから4年ぐらい?して今年はまたしても、って感じで、今週すでに5人目が妊娠申告してきた(・∀・)。

妊婦は労働者保護法の関係で、出来る仕事や就業時間が通常とちょっと変わるので、判明した段階で申告するのが当社のルールになってるわけですが、この辺プライバシーも何もないね(☆゚∀゚)。

「出来る仕事」というのは、たとえば立ち仕事、重いものを持ったりする作業、高温、低温環境での作業が出来ないとか、夜勤、残業、休日出勤が原則禁止とかがあるんですが、夜勤、残業、休日出勤は本人の合意があれば絶対出来ないってわけではないのね。

実際、そういう時間外勤務の手当てがこれから生まれてくる子供の養育のためには大切な資金というわけで、率先してやる子もいるので、一概にはいえません。うちの妊婦達も、マタニティは着てるけど、別に定時で帰るわけでもなく、仕事は終わるまでちゃんとやってくれるのがありがたいことでございます(*´ェ`*)。

ただし…。最近気になったのはこんなもの。

DSC_4852

わかります?

マタニティのお腹の辺りに、キャラ安全ピンをつけてるわけ。この子だけではなく、気をつけて見るとみんなやってる。

当初、腹がでかくなるとパンツが落ちやすいから(´∀`*)、安全ピンで留めてるのかな?と思ったんですが、先日昼食の際に聞いたら「ピンをお腹の辺りにつけておくのが安全のお守りなんです」という回答で、ふえ~('A`|||)、と驚いた。

やっぱり~、まだまだ知らんことあるね、タイランド、みたいな感じ?

キャラピンにしているのは、単にかわいいから、だそうな。昔はこういうのがなくてフツーの安全ピンだったんだろうから、逆に目立たなかったのかなあ('A`)。

ま、何でも結構ですが、みんな大切な戦力女子ばかりなので、無事に元気な赤ちゃん生んで、早く通常業務に復帰してね(*´∇`*)。

では、皆様楽しい休日を!!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

(本日も最後までお読みいただきありがとうございます m(_ _)m。上のバナーを1日1回クリックしていただくと、ランキングがアップ!!かりびーのやる気もで~す!あなたの!!応援をお待ちしています~)
プロフィール

かりびー

在タイ×十年。血液型B、日常生活B級のワタクシが、なぜか従業員160名の会社のMDになって、悩みつつ全力で疾走する毎日をつづります…。

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ランキング
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
楽天市場
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ