Bな日常

タイ在住の「B」なかりびーです! 自分のタイ的B級生活を毎日愚痴って発散するブログ。 なんかいろいろありますよ…(;-_-) =3

クィティアオ・ルアで迷ったら

こんばんは~、かりびーです!

タイの麺類といえば「クィティアオ」ですが、「クィティアオ・ルア(船上そば)」というのは、水上マーケットにあるような小船の屋台が販売していたものらしい。今ではフツーの陸上の店舗や屋台で売ってますが、それでも名前は「クィティアオ・ルア」のままですね。

特徴は①スープが色濃い(ナムトックという豚の血なんかを入れたスープがメイン)、②どんぶりが小さい、ってあたりでしょうか。

image

小さい分、お値段も安いんだけど、1杯ではおなか一杯にならないので、その辺が悩ましいというか。

タイ人は麺類2杯食べるなら、麺の種類変えたりスープ有り無しでメリハリつけて食べるのが好きみたいだけど、日本人的には何倍も食べるのはちょっと面倒な気もする。

そんな時の解決策はこれだ!!

image

…って写真が下手でよく見えないんだけど( -д-)ノ、撮りたかったのは手前の豚の油を上げたのじゃなく、奥のかごに入っているもの。

見えるかな??

image

クィティアオ・ルアのもうひとつの特徴は、生野菜が追加できる、ってあたりかな。こんな風にもやしとホラパー(バジル)が置いてあるところが多く、バジルは葉っぱだけをちぎって麺に載せる。

で、お見せしたかったのはこれ。

image


見えないか。

これですよ。

image

わかるかな~??インスタントラーメン(*´Д`*)。

最近のクィティアオ屋さんはほとんどこの「インスタントラーメン(ママーと呼んでるけど)」の麺を選べるようになってるので、フツーのクィティアオではちょっと物足りない、って思ったらインスタントラーメンの麺をチョイスすると、他の麺を選んだときよりはボリュームがしっかりして、満足度高い。

て、まあ、どうでもいいような知識だよね(´∀`*)。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


(本日も最後までお読みいただきありがとうございます❤上のランキング・バナーをクリックしていただくと、ランキング順位が上がって、かりびーのやる気もで~す。コメントもお待ちしてます)



マッサージ外伝(長いけど、最後におまけ付だよ!)

こんばんは~、かりびーです!


先日出張で来ていた本社の人間が夕食後にマッサージに行きたい、という訳です。

彼は何度かタイに来ているけどタイ語は話せないし、前回ホテルに隣接するマッサージ店に入ったらオカマにマッサージされて股間周辺だけ集中的に揉まれ(´∀`*)ちっともリラックスできなかった、とこぼすんですね。

かりびーもマッサージ好きだけど、アユタヤ市内はわからないんだよな〜と迷いつつ、会社で何人かに聞いたけど出張者の宿泊先「アユタヤ・グランドホテル」周辺で「これは!」というマッサージのお勧めが出てこない。

悩みながら夕食のお迎えでホテルに行ったら、対面に小さいマッサージ屋さんがあった(写真撮ってなくてすみません)。

image
(アユタヤの夕暮れ風景←あんまり本文とは関係ありません)

一応ガラス張りだし、あんまり変なこともないだろうと思いのぞいたら、中でたむろしているマッサージさんは一応みんな女性(中年以上比率高い)、料金は2時間300バーツと良心的でOKそうだったけど、女性の服装とかはなんかスーツ着てたり、ま、カラオケ崩れ?って気もしたので「スペシャルサービス不要だから、ちゃんと2時間揉んでね」と注文して、出張者を押し込んで帰宅したのでした(・∀・)つ。

翌日聞いたら「とっても丁寧にソフトに揉んでもらえて、変なサービスもなくて良かったです」と感謝されましたが、女性にマッサージしてもらって「変な」サービスなかったのが本当に良かったのかは、謎(*´∇`*)。

で「変なマッサージ」で、2年前に行った上海のマッサージのことを急に思い出した。出張で上海に行ったので、せっかくなら中国マッサージを試してみたいと思って、夜の会食が終わってから現地に駐在の日本人に教えてもらい、ホテルから歩いて5分ぐらいの店に一人で行ったのですよ。

夜10時近い時間でどうかなと思ったんだけど、行って見たら教えてもらった店はかなり古びていた。ま、古びているぐらいならいいかな、と思ったけどはっきり言って初めて行く街で夜の古びたマッサージ店なんか怖いΣ(´д`;)。

勇気を奮って入ると受付におばさんが座ってて、メニューからお勧めの「足浴(足をお湯につけてマッサージ)+油圧(オイルマッサージ)120分」というセットコースを選んだ。これで268元≒1,600バーツ(≒4,800円)なのでタイより高いよね。

オイルを選んだ理由は、マッサージ下手でも血行はまあよくなるだろうと思ったんだけど…。これはちょっと、いやめっちゃ失敗だったらしい(*´Д`*)。このあと次々恐怖の連続で…。

値段高いから店古くても、それなりの内容かな、と思ったらいきなり「足とボディどっちからしますか」と聞かれる(一応ちょっとわかるので、中国語での会話)。

かりび-「(順番決まってないのかよ、コースなのに( -д-)ノ)どっちからがいいかな?」

おかみさん「どっちでも」

ってなんか投げやり~!!この辺すでに恐怖街道の一里塚だったかも。

まあ常識的に考えて足だな、というわけで足からにしたんですが、まず最初に(あまりリクライニングしない)ソファに腰かけさせられ、薬草の入った結構熱いお湯に足をつけさせられる。

と思うまもなく、マッサージの兄ちゃんに「こっちに座ってください」と移動を促される。

足を暖めている間に肩をもむからということなんですが、何気に立ち上がったら「痛い~!!」お湯の入ったたらいというかバケツというかの底にたくさん突起がつけてあり、まあ指圧効果なんでしょうが、熱いし、痛いし立ち上がって向かいの椅子にお尻を移動するだけで、あやうく転びそうに(´Д`。)-恐怖1。

で、肩が終わってあったまった足をもんでもらい、あんまり上手じゃないけどまあそこそこで、疲れてもいたのでうたた寝したりしている間に終了。

次は油圧(って変な表現:笑)、というわけで受付の女性スタッフに2階に連れて行かれると、一応シャワーブースのついた個室ですが、タイで1,000バーツだせば絶対ここよりしゃれてきれいな部屋に入れる!という寒々した個室('д` ;)。

まずシャワーして、と言われて服を脱ぎ、シャワーブースに足を入れたとたん「ずる!」っと転びそうに!!オイルマッサージのオイルが床にたまっていたのね-恐怖2.

シャワー終わって体を拭き、置いてあった使い捨てのデカパン(これが本当にデカパン先生のデカパンみたいなサイズの紙パンツ)をはいて、タオルを体に巻いてねそべって待っていると、いきなり入ってきたのが足マッサージやった兄ちゃん!!

「悪いけど、女性で」というと「あ、女性?」とか心外そうな顔をしながら女性マッサージさんにバトンタッチ(;-_-) =3-恐怖3.

で、その後ワンレン、ミニスカ黒スーツという服装及び体型などからなんとなくここのマッサージってやっぱりエッチもありかな、というようなわかーい女の子がマッサージしてくれたのですが、はっきり言ってめっちゃ下手だった!!

オイルマッサージなのに、痛いし、まあ一生懸命やっているらしい感じはあったけど、肩、背中と下りて行って、腰の辺りでデカパンをかなり下げてお尻の近くまでもんだ後にいきなり!!後ろに廻るとデカパンの股の部分を「びりびり!!」ッと破り裂き、スカート状態にして捲り上げて入念にお尻マッサージ(´Д`。)-恐怖4.

ま、良いか、女同士だし、と思って黙ってもんでもらい、今度はひっくり返っておなか側。「胸ももみますか」の問いかけにはさすがに「結構です」と拒否。そうこうするうちに、その女の子に他のお客さんのご指名が入ったとかで、別の女の子にバトンタッチ。

バトンタッチ時にまったく引き継ぎなく、次の女の子は右腕をもんでくれた後、左腕をせずに、私をひっくり返してまた背中とお尻(´Д`。)-恐怖5.

ほぐれるどころか、緊張で体が固まりまくるオイル・マッサージを12時まで一人で受け、最後の恐怖のお勘定をしたら、ここは明朗会計で最初のコース料金以外はチップも一切不要(というか、だれも送りに来ない)ということで、ここだけは安心して終わったのでした...。


image
(アユタヤの日本料理店で食べた謎の「ザルそば」。なぜかどんぶり入り←本文とは関係ありません)

…ってのを思い出し、タイマッサージに満足した出張者(上海出張も経験あり)にその話をしたら「あ、あそこね~、あそこのオイルマッサージはエッチ系ですよ。ボクも何度も勧められたけど一度もやったことない」とこともなく言う。

あ~、そうだったんだ!!だから、あんなに入念にお尻をやったんだ。あれ試してたんだな~、女の子指名したから、百合反応あったらどうすべきか?とか相手も緊張してたかも?

と急にいろんなことに思いいたり…、どうすべきだったかの回答はいまだに出てませんが、中国ではオイルマッサージはもうやめよう、と決意したのでした(多分もう機会ないけどね)。

ところで、気になる本日のおまけは、こちら!!

① 純粋にマッサージを楽しみたくて、変なサービスはしないでね、と言いたい方のために
   ⇒ นวดเฉยๆนะ ไม่ต้องบริการพิเศษนะ

② 特別なサービスないの?と聞いてみたい方のために
   ⇒ ที่นี่มีบริการพิเศษไหม นอกจากนวดธรรมดา

画面指差しで、ご利用ください。

くれぐれも間違ったほうを(ワザと)指差さないでね~(´∀`*)。

(**「特別サービス」の内容は店舗や担当者により異なると思われます。結果についてのクレームはご遠慮くださいね( ´∀`)つ)

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


(本日も最後までお読みいただきありがとうございます❤上のランキング・バナーをクリックしていただくと、ランキング順位が上がって、かりびーのやる気もで~す。コメントもお待ちしてます)

この食パンを食べ続けると??

こんばんは~、かりびーです!

タイ語でパンのことを「カノム・パン(ขนมปัง)」と呼ぶんですが、カノムは御菓子という意味。つまりパンは主食というより御菓子、スィーツという位置づけなんでしょうね。

ってわけで、いまだに生地自体になんか甘い味のついたパンが多い中、日本人が納得の味!のパンを提供してくれているヤマザキさんで、たまにおいしいパンを買うのがワタクシのBな日常生活の楽しみ(´∀`*)。

image

食パンとかイギリスパンとか、プレーンなものにちゃんと日本のパンの香りがしてうれしい!菓子パン類もいろいろあるし…、

image

ドラ焼とか、大福みたいな和菓子とかも売ってる。

image

最近またタイでは日本食品が流行っているので結構売れてる感じですが、欲を言えばちょっと高め、かな。


ちなみに普通はカレーパンとかチーズ載ったのとか、いわゆるお食事系菓子パンをメインに買ってますが、甘い系統ではこの「スナック・ゴールド」(・∀・)つっていうのが好物。

image

なんていうのかな、デニッシュ?パイほどパラパラせず層になった生地が適度にしっとり。上にアイシングかかって、美味です❤。

しかしながら、おいしいヤマザキパンさんは、うちの近隣にはないので、普段かりびーが愛用しているのはこんな食パン。

image

これだと10枚入りのが30バーツしないし、どこのセブンでも買える。これを毎日3枚ずつ使って簡単なサンドイッチを作り、昼食用に持って行くんですが…。

この食パン、カビないんだよね。2週間タイの常温の中で放置してもΣ(´д`;)。ヤマザキのは3日ぐらいでカビちゃうので、すぐ冷蔵庫に入れるんですケド。

2週間以上経ってもまだカビ出ないみたいだったけど、途中で怖くなって観察止めて捨てた。それ以来、とにかく一目散に食べてしまうように心がけてますが、毎日このパン食べるようになってもう2年ぐらい。

このままずっとカビがでない食パンを摂取し続けると、自分の体には何が起きるのか??想像すると多分インプラントよりもっと怖いかも('A`)。胃カメラで定点観測してみたい…。



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


(本日も最後までお読みいただきありがとうございます❤上のランキング・バナーをクリックしていただくと、ランキング順位が上がって、かりびーのやる気もで~す。コメントもお待ちしてます)

livedoor プロフィール
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ランキング
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
楽天市場
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ