こんばんは~、かりびーです!

先日、タイの永住許可証をゲットした!と書きましたが、コメントで「なつかしのจัซโก้さん」から、表紙に書いてある「21ページ参照」とはどういう意味かとご質問いただきましたので、21ページを含んで大公開させていただきます(・◇・)ゞ!

BlogPaint

これが、その永住許可証。英語で「Certificate of Residence」って書いてありますね。で、その下に「See page 21」と( -д-)ノ。

中開けると1~3ページ目は写真、拇印を含む氏名、年齢、住所などの個人情報で、

BlogPaint

その次の4、5ページ目はこんな風に許認可番号、年月日、承認者のサインが入ってます。

この書類の何がすごいって、いまだに内容がほぼ全部手書き+スタンプってとこです(*´Д`*)。

年にいくつも発行しないからいいのかもしれないケド、これ書く人の作業結構大変そう。

BlogPaint

と、ページをめくって行ったら、バッグに押し込んであったせいで、一部のページにしわがΣ(´д`;)!

これで破れたりすると、大変なことになりそうなので、これからはちゃんとケースに入れることにしました。

さて、気になる21ページは、と言うと…。

BlogPaint

なんかタイ語と英語でぎっしり書いてあるようで、実は各2か条のみ(´∀`*)。

1.この永住許可証は永久に使用可能であるが、所持者が国外に出た場合許可が抹消される。永住許可の継続を希望する場合は、出国前に担当省庁から出国許可を受け、この永住許可証に国外移動許可日を記載することが必要である。その場合、所持者は国外移動許可日より1年間を超えない範囲で、国外に出ることができる。

2.この永住許可証の保持者が、外国人の登録法に基づく登録許可証(たぶんID角のこと)未入手の期間においては、入国から7日以内に管轄警察署で外国人登録証を受けなければならない。


2番がちょっとややこしいんですが、永住許可を受けたらIDカードを外国籍のまま作成できるんですよね。でもその前に、永住許可証を取ってから(入国はとっくにしてるので)、7日以内に管轄警察署に届け出をして、この

BlogPaint

外国人登録書をとりなさいよ、ってわけです( ・Д・)。

この外国人登録書を取るためには、住居が定まってないと「管轄」警察署への登録ができないし、ジェンワッタナのイミグレから「管轄警察署」へのレターを出してもらわないと手続きが間に合わないので、結局永住許可証を取得する日に「住居登録(タビアン・バーン)」に名前を入れてもらえる住所がないとここで終わっちゃうんですよ('A`|||)。

かりびーの場合ローンは自分で払っている自宅があるんですが、自宅でやろうとすると名義だけはハウス・オーナーの同居人ごり男にいろんな手続きが発生し、絶対ムリなので、今回は特別に会社と同じアユタヤ県内にある秘書のE子の家を使わせてもらうことにしました。

アユタヤ県内だと、会社関係であちこちに顔が効くので(E子がね)、手続きがスムースに行くんですよ(●´ω`●)。

本来会社の住所に入るべきだと思うんですが、タイ人役員がいないとダメだということで、最後まで超えないといけないハードルがいろいろあるんですよね~('A`)。

というわけで、今まで使っていた自宅住所の黄色い住所登録書(タビアン・バーン)を返却し、アユタヤで住所登録をして、その後IDカードを取得、という実務を現在推進中。

IDカード作成が終了して、初めて「全部終わった~ヾ(=^▽^=)ノ!!」になるようです。

しかし…、記念すべき永住権取得、IDカード作成時にカツラってどうなの!?ってちょと思う。

20200524_153628
(パスポートもまとめて、ケースにいれました)

自分の人生、こういう感じなんだな~、って感無量です(*´ェ`*)。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村


海外永住ランキング

(本日も最後までお読みいただきありがとうございます m(_ _)m。上のバナーを1日1回クリックしていただくと、ランキングがアップ!!かりびーのやる気もで~す!あなたの!!応援をお待ちしています~)