Bな日常

タイ在住の「B」なかりびーです! パワハラ受けて沈殿していたワタクシが、まさかの!大逆転でMDに。 ただいま全力奮闘中!

旅を愚痴る

地獄の行軍、関西の旅-8

こんばんは~、かりびーです!

昨日の続きです(・∀・)つ。

薬師寺、唐招提寺拝観後、いよいよ京都に入りました!

20240418_134345
(ミャクミャクがお出迎え!)

ここまで2日間H子と宿泊してきたのですが、大阪在住の彼女はこの日は自宅に帰るということだったので、かりびー一人の宿として「アパホテル」を予約しておきました。

20240418_133352

駅近のロケーションは良かったけど、ここまで2泊が広い旅館だったので、部屋めっちゃ狭く感じましたね。あんまり狭かったから写真も撮らなかったぐらい( ´艸`)。

で、チェックインは3時以降なので、荷物だけホテルに預けて、今度は「京都水族館へ」(・∀・)つ。

20240418_142405


これは、今回の旅行で唯一かりびーがリクエストした場所で「どこか行きたいとこない?」と言われて「行くなら水族館とかプラネタリウムがいいなあ(奈良、京都なのに!)」と言ったのにH子がこたえてくれたんですが、たまたまホテルと水族館が駅からの方向が同じでよかったね、でも、やっぱり歩く距離が結構あるよね、みたいな感じでした( -д-)ノ。

実は朝の薬師寺、唐招提寺でもう十分歩いた気分だったので、電車の中で「水族館行かなくてもいいよ」って言ったのですが、H子は「いや、せっかくだから」というわけですよ(´Д⊂)。

20240418_142621

自分的には、ですね。タクシーとかそういう乗り物乗れるといいなあ、と思ったけど「ここは日本!」と思い直し、痛む足を引きずりながら水族館に到達したのですが(って、よく見たら1.2㎞程度だった)、これが~、めっちゃいい場所でした.。゚+.(・∀・)゚+.゚!!

ここの名物のオオサンショウウオ!

20240418_143116

そして、その骨格!

20240418_143158

サンショウウオの生餌も!

20240418_143142

サンショウウオを見ながら、サンショウウオ形のソファに座れる!

1715002100804
(水槽の中を清掃している人がいて、ついじっくり見るふりをしつつ、しっかり休憩)

広い淡水魚水槽!

1715002087196

鳥のように水中を泳ぎ回るオットセイやアシカの巨大水槽!

20240418_144651

ちょっと動画見てくださいね。




幻想的な海水魚の大型水槽も!

20240418_150240

こちらも動画でご紹介~。



なんか映画みたいだよねえ。いくら見ていても見飽きない感じがあって、めっちゃ癒されましたよ(*´Д`*)。

20240418_151007

その上とても珍しいクラゲ専門コーナーに、

20240418_151139

オープンなクラゲ育成LAB!

20240418_151308

ここで繁殖している希少種のクラゲがいっぱいw(゚o゚)w!!

水族館って~、基本室内だから涼しいし、ここは割合座るところもたくさんあって、できれば半日ぐらいここに座って無心にお魚の泳ぐ姿を見ていたいよねえ、って感じでした(*´ェ`*)。

しかし、鬼軍曹H子が「イルカのショーがあるから!」と

20240418_153103

イルカのショー・スタジオに飛び出していくので、一緒にショーを鑑賞し、

20240418_154144

「次はペンギンの餌やり!」というので、

20240418_155010

ちょっとショーアップされた、ペンギンの餌やりを見学し、と、なかなか落ち着いて座ることもできないのでした(´Д⊂)。

でもまあ、久しぶりの水族館、珍しい水中生物をいろいろ見れたし、ショーも見たし、これも一生の思い出かなあ、って気分になりましたよ。痛かった足の記憶とセットで(●´ω`●)。

20240418_160830

ウツボもいたよ。

京都というと、どうしても名所旧跡めぐりがメインになるかと思うのですが、この水族館、お時間あったら覗いて損はないと思いますよ~。



ここのお土産ショップもなかなか良かったんですが、その辺はまた改めて(´∀`*)。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村




海外永住ランキング


(いつも訪問、応援ありがとうございますm(__)m!上の「ドリアンの画像(タイ情報)」または「海外永住人気ブログランキング」を1日1回クリックしていただくと、ランキングがアップ!!かりびーのやる気もで~す!)

地獄の行軍、関西の旅‐7

こんばんは~、かりびーです!

こちらの↓続きになります(・∀・)つ。




「天平の宴」の翌日の朝食でっす。

20240418_082533

奈良パークホテルさんの朝食はブッフェスタイルで、和洋一通りそろってる感じでした.。゚+.(・∀・)゚+.゚。

前日吉野の宿の朝食が完全な和食でコーヒーもなかったので、この日は洋風にしたんですが、

20240418_082536

ちょっと飲んでみたいと思って、取ってきたお味噌汁がめっちゃおいしくて、結局おかわりして飲んじゃいました(*´Д`*)。

ネギと麩だけのシンプルな具なのに、おだしとお味噌の味付けが絶妙ヾ(=^▽^=)ノ。もう一度飲みに行きたいなあ、って思うくらいです。

ついでに、

20240418_082538

前日のディナーで最後に出てきたけど、食べきれず紙に包んで取っておいた「天平の菓子」もこの時食べました。

この白いほうは、

20240418_083607

小麦粉の皮の中に小豆餡入ってるんですよ。甘くないけど。

20240418_091025
(奈良パークホテルの浴衣コーナー。お好きな色柄を選べます)

昔の人はこういうのをどんな気分で食べたんだろうな~。甘くなくても、小麦の味、揚げた油や小豆の風味なんかを「いとをかし」なんていいながら食したんでしょうかねえ。お菓子だけに(´∀`*)。

20240418_084622
(めっちゃ広くて昭和感満載の奈良パークホテルのロビー)

さて、ナビゲーターH子におまかせ!の旅だったのでこの日もどんなスケジュールかは知らなかったんですが、夜7時半から京都でH子の友人のジャズのライブがあって、一緒に行く約束だったので、最終日は京都!ということだけは知ってました。

というわけで、奈良から京都に行くのかな~、と思ってたら「その前に薬師寺と唐招提寺(。・ω・)ノ゙」ということで、途中下車(´Д⊂)。

もう、ほんっとーに、今回は「これでもか!」っていうぐらい名所旧跡を案内してもらって、感謝しかなかったんですが、どこに行くのも「電車と徒歩(`・ω・´)!」というわけで、H子がかなり鬼軍曹っぽく感じられました。

実はその昔、彼女がタイにいた頃は、休日もほぼ部屋でゴロゴロ、たまーに一緒に旅行に行くと、たいていリゾートホテルで、朝からプールサイドやビーチサイドでビール飲んでゴロゴロ、という感じだったので、こんなにアクティブな彼女はちょっと想定外、というか。帰国してすでに10年近いこともあるんでしょうが「刮目して相対すべし」って本当だよね、ってつくづく思いました┐(´∀`)┌。

んで、薬師寺。世界遺産!

20240418_104452

境内が広いです(*´ェ`*)。

20240418_094951


でも建物がとてもきれいで、どこ写真撮ってもバエる感じ。

20240418_095730


特にこの塔は圧巻!

20240418_101504

だけど、写真の腕が悪い上に、どこかで操作を間違ってそのあとずーっとパノラマ風の横長の写真になったので、いまいち感が強いですね(*^^*)。

20240418_101535

そこから600mぐらい離れた、唐招提寺。世界遺産!!

20240418_110223

薬師寺に比べると、

20240418_110255

唐招提寺のほうが、いぶし銀という感じで渋い。

20240418_111729

でもこちらも境内はやっぱり広く、


20240418_111752

中全部見ようと思うとずいぶん歩くのですが、

20240418_113137

中に鑑真和尚のお墓があるというので、そこまで頑張って行きました( -д-)ノ。

前日のディナーの時に、語り部さんが「鑑真和尚が日本に来たのは、仏教の戒律をしっかり日本に伝えるためだった」と言われていて、にわかに関心が高まっちゃったんですね(●´ω`●)。

上の写真の道の先に、

20240418_113353

池に囲まれた小さな島があって、その中央に祭られていました。中国から渡来された鑑真和尚のせいか、中国人(台湾人?)らしい観光客がぽつぽついましたね。みんな静かに拝観してました。

薬師寺も、唐招提寺も前日の奈良の東大寺ほど観光客は多くなく、落ち着いた感じでよかったです。


20240418_120332


というわけで、午前中から8,000歩ぐらい歩き回り、唐招提寺拝観後に近くのお蕎麦屋さんで「梅おろしそばとお稲荷さん」のセットをいただいて、梅の酸味で少し疲れが取れますように!って祈りつつ、午後は京都へ向かいました。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村




海外永住ランキング


(いつも訪問、応援ありがとうございますm(__)m!上の「ドリアンの画像(タイ情報)」または「海外永住人気ブログランキング」を1日1回クリックしていただくと、ランキングがアップ!!かりびーのやる気もで~す!)

地獄の行軍、関西の旅‐6

こんばんは~、かりびーです!

友人H子が手配してくれた奈良での宿泊なんですが「奈良パークホテル」という、駅からはちょっと離れた場所のホテルでした。

ここ、名前は「ホテル」で建物は5階建てぐらいのビル仕様なんだけど、

20240417_171416

お部屋はこんな風に入り口で靴を脱いであがる旅館風(・∀・)つ。

しかも!

20240417_171424


手前の多分8畳(?)の方にベッドが置いてあって、次に10畳の部屋があって、さらに椅子の縁側風スペースもあり、

20240417_171431

洗面台、お風呂、トイレもしっかり個別についている、という、なんか~、昭和の豪華温泉旅館ヾ(=^▽^=)ノ!みたいな感じのものすごいお部屋だったんですよ。

普段めっちゃ狭いビジネスホテルばかり使ってるので、この広さ!この空間!!と贅沢さに大感動しました。もちろん大浴場の温泉もあるでよ、ですよ。至れり、つくせりだねえ(*´Д`*)。

ただし、H子がこのホテルを選んでくれたのは、部屋とか大浴場のためじゃなく、

20240417_180125

じゃーーん.。゚+.(・∀・)゚+.゚!!

「天平の宴」っていう、奈良時代の貴族の食事を再現したディナーコースがあるからだったんですね(要予約の特別メニューです)。食事時間になると、こんな特別あつらえの部屋に案内され、薄暗い中に、

20240417_180133

こんな風にお料理がしつらえてあって、

20240417_180311

さらに専属の語り部さんがついて食事の間中いろいろ説明してくださる、と、もうそれだけで胸がいっぱいであんまり食べられないよ(*´Д`*)!みたいなコースでした。

20240417_180243

実際のところ、お食事は1,000年も前の物をできる限り再現したにしてはとてもおいしかったんだけど、お風呂上がりで化粧もせず、お給仕のサービスしてくれる方や語り部さんに向き合うことになろうとは…という気もあった。っていうか、相手も災難だよねえ(・∀・)。

20240417_181257

食前酒は梅酒。

これはさすがに1,000年前にはなかっただろうけど、スターターだからご祝儀に、みたいな感じらしい。

本当のところ冷たいビールが飲みたい~、とリクエストしたのですが、「それはさすがに…」とやんわりとお断りされてしまいまいした('A`)。

で、語り部さんが「乾杯は『もお~』でお願いします。当時は『もお~』という掛け声で飲み始めたんだそうです」というので、H子と「もお~」しました( ´艸`)。

20240417_181331

その後は、飲み放題の「濁り酒」風のお酒がお供。飲みすぎるとやばいので、控えめにいただく。この土器風の容れ物がいいよねえ。

安倍晴明と源博雅の酒盛りみたい!となんか感動しました(*´ェ`*)。

20240417_181705

右が鹿肉の何かで、左がお魚の何か。薄味だけどおいしい。

ほとんどのお料理には「調味料をできるだけ使っていない」ということで、セットの中にもろみ醤油のようなものや、お味噌っぽいものやあら塩などの調味料がついていて、味が足りなければそれを足して、ということでしたけど、ほぼ使わずにいただけるぐらい、どれもおいしかったです(●´ω`●)。

20240417_182230

ハマグリのお吸い物。これは少しお塩を足しました。

20240417_182517

お刺身。たぶん1,000年前にはわさびはなかったと思うけど、つけてあります、という説明あり。

20240417_183904

右のお椀はお芋やお豆の煮もので、

20240417_184205

こちらはイノシシの肉の朴葉包み焼(´∀`*)。

20240417_185407

ごはんはおかゆ風で、お漬物みたいなものと、

20240417_185711

海藻の煮凝りみたいのがついてくるんですが、これがちょっとびっくりするぐらい酢が効いてました。当時もお酢はあったんだそうで、昔の人も酢漬けとかは食べてたんですねえ。

最後に、

20240417_190902

木の実も入ったフルーツ盛り合わせ(昔は枝豆もフルーツだったんだそうです)と、

20240417_190910

中国から伝来したという、小麦粉のお菓子(甘くない)が出て終了。

いやいや~、なかなかに楽しいディナーで大満足!しました。というか、食事だけならもっとおいしいものがいくらでもあると思うんだけど、1,000年前の人と同じようなものを、同じようなしつらえで食べるって、なかなかない機会だよねえ(*´ェ`*)。

プロジェクションマッピングとか、大型プロジェクター使って、部屋の中の雰囲気をもう1段昔に寄せたらもっといい感じになりそう、なんて思いましたが、今回の手作り感も、それはそれで楽しかったです。

20240418_084608

ちなみにこのホテル、結婚式の披露宴衣装にもこういう「天平風」があるらしい。もうちょっと人気出てもいいサービスなんじゃないかなあ、って思いましたよ。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村




海外永住ランキング


(いつも訪問、応援ありがとうございますm(__)m!上の「ドリアンの画像(タイ情報)」または「海外永住人気ブログランキング」を1日1回クリックしていただくと、ランキングがアップ!!かりびーのやる気もで~す!)

地獄の行軍、関西の旅-5

こんばんは~、かりびーです!

なんかちょこちょこ間が空いて継続性なくてすみません( ´艸`)。

めっちゃ広い東大寺境内の中のお茶屋さんで至福の休憩を取った後は、二月堂を見学しました(・∀・)つ。

20240417_144023

多分ご存じの方も多いと思うんですが、この二月堂では毎年3月に「お水取り」の儀式というのが行われるんだそうで、その際にめっちゃ大きな松明に火をつけて修行僧の方がお堂を駆け抜ける、ってことなんだそうですね。

お水取りについては、下記をご覧ください( -д-)ノ。



なんか知ったようなことを書きましたが、実はかりびーはこの辺の知識全然なくて(っていうか、今回回ったところ、学生時代になにか学んだことはあるはずなんだけど、なーんにも覚えてないことばかりで、すべてが新鮮だった)、

20240417_144803

二月堂横の休憩所(無料休憩所で持ち込みのお弁当食べたりできる場所)内の松明をみてH子と話していたら、そこにいた観光ガイドボランティアらしいおじさんが細かく説明してくれて、ようやく内容を知った、みたいな感じでした(*´ェ`*)。

この「お水取り」に使われる松明なんですが、

20240417_144857

休憩所内に短くカットしたサンプルが飾ってあるんだけど、実際に使うものの長さは8m、重量60㎏、先端の燃やす部分(籠)の直径80㎝もあるんだそうです(@_@)。そんなものを燃やしながら走るって…。しかも「『天平勝宝4年(752年)』から1年も休まず続けられている」って書いてあるんで、どんだけ~って思っちゃいますよねΣ(・ω・ノ)ノ。

その昔、東大寺が建立されてきらびやかだった時代、この大きな松明に照らされて周囲の建物がどれだけ壮麗だったかと思うと、やっぱり「うーむ」って気分になりますねえ(それだけかい!)。

20240417_150421

奈良とか京都に住んでる人は、こういうものに日ごろから接してるわけだから、やっぱり関東の方とは少し気持ちが違うんだろうな、なんて思ったりもしました(●´ω`●)。

その後、

20240417_151654

鹿を見ながら若草山の近くを歩いて、

20240417_153458

さらにどこか(笑)を歩いて、

20240417_154006

修学旅行生も来てるなあ、なんて思いながら、

20240417_161935

さらに鹿をみて、

20240417_132347

広い公園を突っ切り、

20240417_163241

五重塔を見ながら奈良駅に戻りました。実はこの日宿泊予定のホテルの車が奈良駅前に5時に迎えに来てくれる、という手はずになってたんだそうで、H子は5時まで時間引っ張るために、あちこち回り道をしてたみたいなんですね。

この辺「おまかせ~」と頼り切って全く日程について聞かないかりびーと、「任せとけ~」と抱え込んで全然説明しないH子の組み合わせだったので、なんだか意味なく行軍させられたような感じがしてましたが、一応ちゃんと計画されてたんだ!って、あとからびっくりしましたよ( ´艸`)。

というわけで、この日の15,000歩の日程は5時で終了したのでした。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村




海外永住ランキング


(いつも訪問、応援ありがとうございますm(__)m!上の「ドリアンの画像(タイ情報)」または「海外永住人気ブログランキング」を1日1回クリックしていただくと、ランキングがアップ!!かりびーのやる気もで~す!)

地獄の行軍、関西の旅-4

こんばんは~、かりびーです!

一昨日の続きです(・◇・)ゞ!

さて、足ガクガク状態でなんとか吉野駅にたどり着き、そこから2時間かけて電車で奈良に出たのですが、

20240417_125536

奈良駅で荷物をロッカーに預けた後、

20240417_130726

駅前から出る遊覧バスみたいなのに乗って東大寺へ行きました(・∀・)つ。

20240417_131719

広い敷地内には観光客がいっぱい.。゚+.(・∀・)゚+.゚!

20240417_131746

そして鹿も一杯ヾ(=^▽^=)ノ!

20240417_131504

だから鹿せんべいも一杯売ってる!…みたいな場所でした(´∀`*)。

20240417_131927

観光客の多さには本当に刮目!って感じでしたが、東大寺に関しては、

20240417_133111

門や建屋はかなり痛みが目立つので修理した方がいいんじゃない?とか、

20240417_133520

大仏でっか(@_@)!とか、

20240417_133456

大仏以外の仏さまもやっぱりでかい!!と、幼稚園児並みの感想しか持てませんでした(*´Д`*)。なんせ歩きすぎて足が重く、気持ちが半分ぐらいしか入っていかなかった、という。

でも、東大寺の建屋、仏像の数々の大きさと精緻さには圧倒感を受けましたよ。昔の日本すごかったなあ~と、改めて。当時このお寺や大仏を拝観した人々の感銘はきっと大変なもんだったろうなあ。ちょっとその時代に行ってみたい気も(*´ェ`*)。

その後、

20240417_134509

おびんずる様をちょっと撫でて、

20240417_134850

本堂を後にして、二月堂に行ったのですが、どこも混んでいる飲食店の中で、奇跡的にすいている小さなお茶屋さんを発見したので、

20240417_142028

こんなものを昼食代わりにいただきました。この時点ですでに午後2時ですよ(´Д⊂)。

20240417_141737

こんなメニューがあって、お値段なかなかに観光地価格って気もしますが、かりびーと友人が食べた「あまとうさん」っていうのは、甘いものの上にゴマせんべいや塩せんべいが載ってて、甘辛バランスが取れておいしかったです♡。

20240417_142126

ちょっとバエ写真を撮ってみたり。…というか、歩き詰めの行軍だったので、座って一休みがとてもうれしく、こんな写真を撮って祝っていました(●´ω`●)。

山道ではないものの、だだっ広い東大寺及びその周辺をやたらに徒歩で歩き回ったこの日。グーグルさんの記録によると奈良到着後3.5時間歩いていたということで、確かに午後1時から5時までほぼ歩き詰めだったので、そのぐらいだったよなあ、と('A`)。

20240429_205520
(この青い線が歩いたルート)

あ、朝の吉野山の八甲田山分は含まない歩行時間ですよ(・∀・)。日本で観光しようと思ったら、ほんと足腰勝負ですねえ┐(´∀`)┌。



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村




海外永住ランキング


(いつも訪問、応援ありがとうございますm(__)m!上の「ドリアンの画像(タイ情報)」または「海外永住人気ブログランキング」を1日1回クリックしていただくと、ランキングがアップ!!かりびーのやる気もで~す!)
プロフィール

かりびー

在タイ×十年。血液型B、日常生活B級のワタクシが、なぜかアユタヤ製造業のMDに。悩み尽きぬ人生、できるだけ楽しく生きたいと思うんですが…。

記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

非公開メッセージ送信

一般公開されたくないコメントやメッセージはこちらからどうぞ!メールアドレスは記入しなくてもお送りいただけま~す❤

名前
メール
本文
ランキング
読者登録
LINE読者登録QRコード
楽天市場
  • ライブドアブログ