何色何番稽古場ブログ

何色何番の稽古場や日常のあれこれを更新します★ メールアドレス→naniiro.number@gmail.com ツイッターフォロー→@naniiro_number

9月、10月の会話劇ワークショップのお知らせ(この記事はトップに固定しています)

7月、8月に続いて、会話劇ワークショップを開催します!
自然な会話劇が得意な何色何番

その手法を実際に体験していただけます。

 

短い台本を使って、参加者の皆さんと
短い会話劇を作ってみたいと思います。

会話劇に興味のある方、歓迎します!
演劇の経験がある方も、ない方も、

何色何番を知っている方も、知らない方も、
お気軽にご参加ください。

9月に1回、10月に1回、と2回開催します。
どちらか1回の参加も、2回連続の参加も歓迎です。

こんな雰囲気でやってます。ご参考までにご覧ください。

●○●

会話劇ワークショップ

9月3日(土)18:15〜21:00
@左京西部いきいき市民活動センター/和室



10月8日(土)18:15〜21:00
@東山いきいき市民活動センター/103


○持ち物…動きやすい服装、飲み物(アップをするので汗をかきます)

○参加費…500円 
○定 員…6名


こちらのメールフォームからお申し込みください。

●○●

何色何番一同、お待ちしております!

中野劇団さんを初観劇

こんばんは。矢田部です。
今、大阪の地下鉄に乗っています。

先ほど、中野劇団さんのお芝居を観てきました。
めちゃくちゃ面白かったです。

20:50から21:00までの時間が何回もループしてしまう、タイムリープ現象から抜け出そうとあがきもがく女性と、その現象をなかなか信じてくれない友人たちとのコントのようなやりとりが笑えて笑えて、ゲラゲラ笑いながら観ていました。ちょっとジーンとするところもあるのですが、すぐ笑いに変わる、とても楽しいお芝居でした。

主人公が活動できる時間はたった10分。
10分経つと、自動的に10分前に戻ってしまいます。
10分で何ができんねん! という絶望的な短さですが、それでもあきらめずに脱出方法を探す主人公を応援せずにはいられません。

その10分の繰り返しの中で、友人たちのしょーもないやりとりを絶望的な気持ちで眺めたり、そんなしょーもないことをやってる友人のある一面に気づいたり、と
10分しかないのに!!
というこの状況が続くことで
同じ10分で違うものが見えてくるのが、
「あーなるほど!」
「そうきたか!!」
と、心の中で大きく頷きながら観ていました。

上演時間は約2時間でしたが、舞台にぐいぐい引き込まれて、あっという間に終わってしまいました。

お芝居観て、あんなにゲラゲラ笑ったのは久しぶりでした。ああ満足。。

(終了しました)会話劇ワークショップのお知らせ

久しぶりの会話劇ワークショップです!
自然な会話劇が得意な何色何番

その手法を実際に体験していただけます。

 

短い台本を使って、参加者の皆さんと
短い会話劇を作ってみたいと思います。

会話劇に興味のある方、歓迎します!
演劇の経験がある方も、ない方も、

何色何番を知っている方も、知らない方も、
お気軽にご参加ください。

7月に一回、8月に一回、と2回開催します。
どちらか一回の参加も、2回連続の参加も歓迎です。

こんな雰囲気でやってます。ご参考までにご覧ください。

●○●

会話劇ワークショップ

(終了)7月9日(土)18:15〜21:00
@東山いきいき市民活動センター/302



(終了)8月6日(土)18:15〜21:00
@東山いきいき市民活動センター/105


○持ち物…動きやすい服装、飲み物(アップをするので汗をかきます)

○参加費…500円 
○定 員…8名


*こちらのメールフォームからお申し込みください。

●○●

何色何番一同、お待ちしております!

怖いのもバカなのも大好き

叫び声は、
「きゃあ☆」
ではなく、
「うおお!」
の、矢田部です。こんばんは。

何色何番だと、たかつさんは
「きゃあ☆」
で、村井さんは
「うおお!」
だと思います。

先日、『死霊館 エンフィールド事件』という映画を観に行きました。
全然知らなかったのですが、この映画、続編でした。
がーん、一作目観てないわ!
と思ったら、一作目知らなくても全く問題ありませんでした。

で、この映画、すごく面白かったです。 
びっくりするシーンもありましたが、恐怖心からではなく、
びっくり箱的な驚きなので、怖いのが苦手な人でも楽しめそうな内容です。
ちなみに私が「うおお!」と驚いたのは、
おじいちゃんが水面から急にバーン! と出てくるところでした(笑)。 

終盤の一番盛り上がるシーンは、かっこよくて、
鳥肌で身体がバリバリ音を立てていました。
ホラー映画でありながら、ジェットコースター的なエンターテイメント作品でもある、
『死霊館 エンフィールド事件』(実話!)
オススメします!!

洋画です。悪魔モノです。後味はすっきりさっぱり爽快ですが、
ポルターガイスト、マリリン・マンソンの顔が苦手、
という方にはオススメしません。
(マリリン・マンソンは出演していません)

面白かったので一作目もレンタルして観てみました。
が、二作目の方が面白かったです。
一作目は二作目と比べるとエンターテイメント色は弱く、
まあ普通に(普通じゃないですけど)悪魔を退治して終わります。

今までそんなにたくさんの映画を観て来たわけではありませんが、
映画の二作目はつまらないものが多いと思っていました。
が、『死霊館』に関していえば、二作目は断然パワーアップしていました。
そんなわけで、お時間のある方、ぜひ観てみてください!
ただ、ホラー映画であるということをお忘れなく。

さてさて、話はガラッと変わりますよ。

今日は何色何番ミーティングがありました。
次回公演のあれやこれやについて話し合いました。
次回の何色何番は、再演企画第二弾で、おバカなコメディです。
この作品は2008年が初演なので、私が何色何番の存在を知らない時期の作品です。
初演に関わった方たちの話を聞いて、
「なんてバカなんだ!(笑)」
と衝撃を受けて、ぜひ再演を!と乞うていたのですが、
三十代がこの作品をやるのはちょっと……という微妙な反応の村井さんを見て
「……無念!」
と諦めていたのに、なぜか再演することになりました(笑)

いい大人が真面目にバカをやるのをぜひ見に来てください。
公演は今年の12月なので、まだ先ですが、
スケジュール帳の12月最初の土日にぜひ、
「何色何番 公演」と書いておいてください。
あ、最近だとスマホのスケジュールに入力される方も多いかもしれませんね。
ぜひ、ご入力くださいませ。


image

こないだ本屋さんで新潮文庫の本を買ったらついてきたしおりです。
キュンタ、という名前らしいです。かわいいです。気に入ってます。

おやすみなさいー。
 

初めて遊んだ

db49292a.jpg

daf10c3c.jpg

蝉と

村井です。

すごいちっさいかわいい

捕まえたというより
指を置いて登ってもらった
おとなしい
弱ってるのか
木に留まらせようとして
じっくりやっていたがなんか足がすべって落ちて
そのあとまた指を出しましたが
嫌がられました

2日目は

b3542c3d.jpg

d7e574ab.jpg

9886e9dc.jpg

赤目四十八滝に行きました
十年くらい前に赤目四十八滝心中未遂という映画を見て
ずっと気になっていたのです
たかつさんはなんかもとから滝がえらい好きで
誘った時も二つ返事でオッケーでした
今近鉄が赤目四十八滝探勝切符てのを出してて
結構お得にいけるのです
滝見ハイキングは片道90分とありましたが
魚だ
蜻蛉だ
断崖だ
といちいちとまって楽しむ私たちには
ハイキングコース半分くらいのとこで120分使っていました
もちろん滝も楽しみましたけども
もう水の透明度が!透明度ったら!
深い水の底まで光が射し込んで
泳いでる魚空飛んでるみたい
魚影や波紋やらがまたきれいに線出して映るんですね
水めらは高い樹の葉の裏側にまで届いていて
紅葉の黄緑は川面に映ると蛍光発色みたいで
断崖の高さがでかさが圧倒的で遠近感が狂う
堪能しまくりましたね
降りてきたら名物の屁こき饅頭食べて
日帰り露天風呂でさっぱり
完璧なプランです(昨日決めたけど)
いまは眠い眠い近鉄で帰路ですよ
探勝したあ!

海の日に山に来ています

354c9f97.jpg
村井、たかつとミエに滝見にきています。
初日は金田一少年に出てきそうなシチュのホテルで
伊賀牛てんこもり御膳いただいて
湯葉でユパ様を思い出して悼んだり
ベッドでボンボン飛んで遊んだりしてます
記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ