何色何番稽古場ブログ

何色何番の稽古場や日常のあれこれを更新します★ メールアドレス→naniiro.number@gmail.com ツイッターフォロー→@naniiro_number

真似ることは学ぶこと。

こんばんは。たかつです。

最近、何色何番はブルゾンごっこして遊んでいます。
ブルゾンちえみ、というお笑い芸人さんのメイクや恰好、ネタを真似ています。
そのメイク・服装が特徴的で、「形から入ろう」と、集まっては、こんな濃いメイクをしています。
ガッツリ鼻立て&アイラインで、写真だと宝塚歌劇団の方のようになりますね。

IMG_2489IMG_2367
IMG_2368
IMG_2369

芸を真似るって難しいけど面白いですよね。
実際にネタを脚本に起こして、流してみると意外と段取りが多いことに気が付きます。
いい感じのポージングで写真を撮ろうと思うと、なかなか角度とか表情とか難しいです。

一緒に遊びたい方は何色何番のどちらかにご連絡ください。



真似ることは学ぶこと。

何歳になっても、学ぶ姿勢、真摯に取り組む姿勢を忘れずに生きたいです。


お芋と玉ねぎ

こんばんは。たかつです。
最近めっちゃ寒くなりましたがみなさまいかがお過ごしですか。
こんなに寒いのに台風とか本気ですかね?
先日テレビで観た『ディ・アフター・トゥモロー』の影響を受けて怖くなっています。

なんだか忙しく過ごしていた9月の思い出2です。

【お芋&たまねぎパーティについて】
実家からたくさんのお芋が送られてきたので、おいしい内に食べよう!
と言うことで、お芋パーティーをしました。
メンバーは私、村井、雅です。
雅は『不可解な国のアリス』からちょこちょこ何色何番に関わってくれています。
ハイテンション気遣いガール(闇在り)です。大好きです。
18.9歳の頃から知っているので、25歳になったと聞いて、時間の流れに慄きました。
IMG_1255
IMG_1258
IMG_1273
みんなで芋もちとガレットを作りましたよ。
炊飯器で作った塩ケーキと、夏野菜のマリネも。
IMG_1288

その後、玉ねぎも大量に送られてきたので、玉ねぎパーティーもしました。
玉ねぎの梅酢マリネと、玉ねぎと卵のサラダ。
芋もちは前回の残りを冷凍してあったもの。
それと小松菜のおひたし。
お鍋は村井さんからのリクエスト、ラーメン鍋です。
「給食みたいな柔らかい麺が食べたかったんだ」と喜んでいました。
IMG_1665

あ、そうそうそう、
玉ねぎパーティーの方には こだち も参加していました。
こだちは・・・いつからだっけ?てくらい前から何色何番に舞台監督とかで関わってもらってます。
頼りになる胃腸弱いガール(刺激物好き)です。大好きです。
明暗どちらの話も出来るので、おしゃべりが楽しいったらないです。
IMG_1698
そしてお腹いっぱいに食べ過ぎた後は、【フラフープ】です。
もう定番の流れになってきました。
村井さんはウチから帰るときに、必ずフラフープしてから帰ります。

というわけで、今年も鍋パーティーたくさんしたいな!と思っています。


BBQ!BBQ!

IMG_1782
みなさまこんばんは。
いきなりお肉画像で挑発してスミマセン。
たかつです。

9月の思い出です。
BBQしてきました。
人生の中で数えるほどしかしたことがないイベントです。

メンバーは私、夫、ふみのちゃん、紗絵ちゃんです。
ふみのちゃんは、『ある日山田さんは、』を観に来てくれていて、その後、衣装や賄いとして関わってくれてます。
確か。古すぎる記憶。
よく、食欲がない時にも食べられるものを工夫して作ってくれました。
紗絵ちゃんは『あたし≒あたし』から関わってもらってますね。
もう一つ所属している何色演劇部では幹部のしっかり者です。

ほんとは村井さんも一緒の予定でしたが、体調不良で来れず・・・かわいそうに・・・
IMG_1733
このBBQも出来る素晴らしいお庭。
そもそもの始まりは、ふみのちゃんの
「うちにも遊びに来てくださいね!お庭の草むしり大変なんですよ!BBQ出来るくらい広いんですよ!」
という発言が始まりでしたが、
ほんとに広いお庭でビックリ。
お肉も野菜も焼きおにぎりもおいしく食べた後は。
IMG_1744
サプライズでふみのちゃんの誕生日をお祝いしました。
りんごケーキとプレゼントを用意して・・・とても喜んでくれて嬉しかったなあ。

IMG_1770
最後、片づけをしている時に大きなバッタを見つけてテンションが上がる私。
このあとちゃんと逃がしましたよ。


帰宅途中でスーパー銭湯に寄って、
ゆるゆると疲れを癒しました。
いやあ、まったりといい時間を過ごした一日でした。

また遊びに行きます!

クロージングパーティー

ac26d68f.jpg
アトリエ劇研の最終日パーティーにお邪魔しましま
たくさんの人が来られていて
わいわいがやがや
1984年に始まって…と聞いて
劇研が急に近く感じられました
私は1983年生なので同年代だったのか、と
じゃあアトリエ劇研もキレる世代と恐れられたクチね、と
村井です
たかつさん伴って行きました。
何色何番では不可解な国のアリスをやらせてもらいました
あとは客演で村井は
中野劇団の楽屋ちゃん
ATPの乱れ拍子
ナントカ世代の紙風船と節目のお祭り公演(タイトルがわからない)
数えてみると役者として立ったのはそれくらいで
でも舞台側から客席を見ると色色思われます
ダンスする位置はこのへん、とか
楽屋側にまわると
モニター見てげらげら笑ってた、とか
このでかい鏡の前でやたら緊張してた、とか
狭い、とか
具体的な思い出がある、場所が
なくなるんだな
すごく変な感じ
まだ全然生きてるのにいなくなるとかわかるはずがないから
妙な感慨でした

かわいい蛾、かわいいお姉さん

一日一善
今日は阪急車内に迷い込み、座席にしがみついていた割と可愛い蛾を、横に座っていたきれい可愛いお姉さんと協力して車外に出しました。
ちなみにお姉さんと言ってますがいささか歳下かな同年代です。
成り行きはこうです。
私は友達二人と阪急乗車
友達が座ろうとした二人がけに
掛けていたお姉さんが「ここに虫がいますよ」と
蛾を示した
友達二人に向かいの座席に私は蛾の横に座り
目が大きくふわふわめでなかなか可愛い蛾だと話していた
逃してやりたいが座席は真ん中で
鈍行天下茶屋行きは開いたドアがすぐ閉まる
「だから逃しにくいなあ、まあ着く直前に掴んで開いた途端離してなんとか」と作戦を立てた
折しもサンダル右だけまた靴底が捲れあがり
摺り足でいた私は向かいの友人に靴を交換してもらい準備したが
次の停車駅はもう地下になるようだった
しまった!と言っていたら横の可愛いきれいお姉さんが
「この後ろの窓開きませんかね」と言い、
私と蛾の座してるシート真後ろの窓を少し開けてくれた
羽根を掴むとなかなか太い胴だから結構な力で抵抗したが外に離せた
鱗粉が、と向かいの友達がウェットテッシをくれ拭いていたら
横のお姉さんも鱗粉を拭くためのウェッティーを用意してくれていた
大丈夫ですよ、とお礼を言った
降車は彼女が先になったけど、挨拶をしていかはった。
可愛いきれいなお姉さんだったな、と友達と話していたら
どうも彼女は蛾を撮っていたらしい
可愛いしきれいだし親切な上に面白い人だったんだな、と思った。
一日一善、やってみよう

食欲と運動。

こんにちは。こんばんは。
お久しぶりのたかつです。
毎日暑いですね〜〜〜!!
みなさま、夏バテしてませんか。
私は多少バテてはいるものの、食欲は落ちてないです。
珍しい!食欲のある夏なんて!!!

名称未設定-12

家でたこ焼きパーティーしたり、ピザパーティーしたり。
食パンくりぬいてラザニア風にしたり
じゃがいものガレット作ったり
卵焼きかけたカレー食べたり。
夏野菜がドドーンと届いたり。
旅行先で海鮮丼食べたり、
ステーキ丼や焼肉食べに行ったり。

うん☆私の今年の夏は【食べ夏】でした!

このまま秋に突入するとお腹の重さがやばいので
フラフープを手に入れてみました!
IMG_0776

子どもの頃、すごく楽しくやっていたので、ダイエットとして続くんじゃなかろうかと!

毎日やってます!
村井さんもウチに来たら必ずやってます!
3

引き締まったウエストを手に入れてやるぜ!!

食欲の秋、待ってろよ!!!!


胸の中にあるもの

逃げ恥が大旋風を巻き起こしてもう1年たつのですね
村井です

最近ちょっとうわっついた気持ちをしています
そう、恋です!
みなさんはどこから恋始めますか?
私は八割顔からです!言い切りますよ、面食いです!
だから後になって「ほんまに外見だけでよくもあれほどお熱に…」と自分に引くくらい
外見から入ります
しかも旬を過ぎたら↑のような発言をするほど冷めます
まさに恋は病!風邪!甘い果実!賞味期限の大事さ!すぐ腐る!
ということでその「桃感」を今楽しんでいるわけです。

小3女子が「好きな人が…」という話をしていて
私は彼女が1年の時から見てるので
「誰をどう好きなのか」とかも知ってて相手の子がどんな子かも知っていて
しかもそのエピソードの非の打ちどころない詰み感のすばらしさ「それは恋にならざるを得ない感」など
明らかに私よりきちんと恋をしていて本一冊書けるレベルなわけで
「先生は好きな人いる?」と訊かれ「いるよ」と言ったものの
こんなものを彼女の恋と一緒のようには言えない…という気持ちになりました

さて最近大好きなヒグチアイの「猛暑です」という歌がまた熱にのぼせたみたいな恋の歌でして
大好きでね、あほほどきいておるわけです。
ミーハーな感じで「やったあ、今日は見れた!」くらいのことを喜べるくらいライトな私の恋は
成就させるとか相手に好いてもらうとかそんなことからは程遠いところにあり
方針がありません
先を見据えることができないのは、見据えたってちっとも面白い要素がないからです
でも年に何回もないくらいの「見ただけで嬉しい人」がいることは貴重だから
それ自体を思う存分楽しみたくもあります。

というわけで 海の手前の浅瀬で藻掻いているような状態です
応援してください





記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ