注目イベント
  • 7/31 中国PMI・ドイツGDP・ユーロHCPI
  • 8/1 RBA・ISM・JOLTS求人
  • 8/2 ADP
  • 8/3 BOE・ISM
  • 8/4 雇用統計

です。


注目点はユーロのCPI・イギリスとオジの政策発表、そしてアメリカの雇用状況になると思います。

ただ、全体的に見たら8月末のジャクソンホール会合まで夏枯れ相場に突入するでしょうから

大きなトレンドの変化というのは起こる可能性低いかな?と思っています。

ついでに書くと、アメリカの状況も次回のFOMCまで2回指標発表を迎える事になるので

その点でも大きな動きにはなり辛いと考えています。

なので、どの幅で取るか?なのですが、レンジ相場前提で行こうと考え

含み損抱えたストレスのみでの損切というのだけは注意したいです。



良かったらポチっとお願いします
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓