2011年07月21日

秋の予定

舞台ですってね。
嬉しい反面、地方で見に行けない潤くんファンのことを考えるとちょっと複雑な気持ちです。
今回こそ映像化して欲しいなぁ。
しかもFC枠ないんだね。
えー・・・と思ったけど、興行的に信頼されているっていう表れなのかな。
劇場もね。

潤くんファンじゃなくても見てみたい舞台だろうし、共演者のファンだって多いだろうし。
やっぱり激戦ですよね。
でも絶対に1回は見たい。
今の潤くんで、生の演技、もう絶対に絶対に見たいです。
っていうか、見るぞー!(言霊)


舞台久々ですね♪白夜以来かぁ。
しかもボクサーですって?!
ちょ鼻血でそう。
生まれてこの方リアルで一度も鼻血出したことないですけど。
ヤバイなぁヤバイです。
・・・とっても楽しみです♪

こんなテンションで語る内容じゃないんですよね、すいません反省してます。
今回は予習しようかなぁ。

白夜は私はすごく面白かった。
時代背景を知らないから全てを理解できたわけではないし、難解な部分もあったけど。
それでも私なりに、面白かった。
作品のメッセージって結局自分のその時のキャパでしか受け取れないんだよね。
だから時が経ってから同じものを見ても、受け取れる量が違ったりする。

きみぺを見てても思った。
その時はその時で感じたことがあるけれど、時間が経って改めて見てみると、その期間で経験したから見える、違う景色が見える。

一度見ただけではなかなか理解が難しい舞台だと余計に、何度も見られたらいいのになって思っちゃいますけど今となっては実際難しいですよね。


今日夕方のニュースで原田さんの弔問に訪れた潤くんを見ました。
髪がだいぶ伸びてきて前髪は上げてて、きちんとした黒スーツで。
表情は穏やかだだったけど、切ない顔でした。

まさか潤くんが出ると思わなかったからどこで共演したっけ?と一瞬びっくりしたけど、そういえば餅つき参加してたんですよね。
カッコイイ人だったんだろうなぁ。
舞台挨拶のニュースを見た時、ショックだった。
あの姿を晒してでも、役者として舞台挨拶に出たいという強い意志があったんでしょうね。
その気持ちを思うと胸が苦しくなりました。
ご冥福をお祈りいたします。








karin_311 at 22:40│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Archives


ブログパーツ