今朝の新聞で長男の通っている西広谷小学校が2年後廃校になることが決まりました。
唯一、高岡市在住の就学児童がだれでも通うことが出来る小学校です。(小規模特認校制度2009年)
ようやくこの制度が浸透し始め、校区外からの就学児童が集まりかけた矢先のことです
これまで教育委員会と保護者との間で話し合いが幾度と行われ、署名活動もやり、最後は教育長まで引きずり出しましたが本当の教育よりも金ありきの教育委員会の方針は変わらず2年後国吉小学校と統廃合されることとなりました。
校長、教頭、現場の先生も絶賛のこの小学校、教育委員会は現場の先生に事情を聴くこともありませんでした。
結局のところ教育よりも金です。
ダライラマも言っています 子供への教育が一番大事だと
教育に無関心だった私がPTAも経験し、少しずつ関心を持てるきっかけになった小学校です。
さまざまな意見があるとは思いますが、私自身えにかいたような少数縦割りの一言では言い尽くせない素晴らしい小学校が無くなることが非常に残念です。


http://webun.jp/html/manabiya/index134.html