2009年05月14日

緑茶→緑色→茶色@はづき

タイトルは宣言どおりです。笑
今日いた人はわかるよね?

あ、自己紹介が遅れました、5期から継続のはづきです。
今でもやっぱりオードリーが好き。

さてさて。
本日は少人数での練習〜。
しかも場所は…児童館!

今日の練習部屋は体育館のような感じでして、ど真ん中にコートのようなものが。
しかもはじっこにはボールも。

…安西先生、バスケがしたいです

じゃなくて、久々にドッジボールがしたくなりました。

さてさてさて今日の練習ですが、色々と面白いものをやりましたよ。

中でも楽しかったのは、
「マルコ・ポーロ」ゲーム。

オニが目隠しをして、他は散らばり、オニとの声のやりとりの中で人を見つけるってなゲームなんですが。

掛け声で、
オニが「マルコ!」
って言ったら、
他は「ポーロ!」
っていうのです。

いかに声を発して、オニを騙せるか…そんなゲーム。

ちなみに私、弱かったです。

このゲームの目的は、声に方向性をもたせること。
隣にいる人に話すのでも、ボソッと言うのと、その人の方へ声を飛ばす意識をするのだと、伝わり方が全然違うのですよ。

この意識、演劇だけでなく日常生活やスピーチなんかの際にも効果的らしいです。

例えば、スピーチのうまい人はときおり、ある特定の聴衆に向かって声のベクトルを出すのだとか。
そうすると、聴衆は「あ、自分に話してくれてるのか」と、話を聞くそうです。

皆さんも、大切な人に、大事なことを伝えたいときには、意識してみてはいかがでしょう?




…あ、うまくまとまった(笑)

kariyon_log at 22:59│Comments(0)TrackBack(0)clip!稽古日誌 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔