2009年08月15日

ジャパニーズ演劇@さおり

どうも。さおりです。

今回上演する『猫と針』は恩田陸さんによるもので、恩田陸さんといえば『夜ピク』などでおなじみの小説家でございます。

この前大学でポーランドの演劇についての授業があったのですが、ポーランドの劇の演出家や劇作家って大学で美学が専攻だった人が多いらしい。

しかしところ変わって日本に目を移してみると、文学部出が多い。唐十郎、カリヨンでも公演した竹内銃一郎、井上ひさしなどなど…


これ面白いと思ったよ。実際にポーランドの演劇をみたけど、絵画をコマ送りに見てるみたいで、たしかに視覚的に美しかったなあ。


今回の恩田陸も文学部出なわけで。やっぱりセリフや言い回しに重みがあって、

ザ・ジャパニーズ演劇、フロム文学部

って感じ。





あっ、
しまった、シャー芯買い忘れた

しまったシャー芯

シアッタシャーシン

シアターシャイン



kariyon_log at 22:44│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔