和尚さんの日記

平凡なサラリーマンである僕、和尚さんが趣味を全力で楽しむブログ。 ビーグル犬のシャイニー君とジュニア君との生活や、ロードバイクを楽しみます。 愛車Cannnondale SuperSixEVO Hi-Mod 2015で宝の持ち腐れ全開な脚力を駆使して荒川を走ります。

どうも和尚さんです。
こんばんは。

暑くなってくると美味しい飲み物があります。
コーラです。
20160716_1


程よい炭酸と甘さ。
夏に飲むのが一番美味しいと思っています。
普段はカロリーゼロのコーラを飲みますが、今日は「ああ、赤ペット飲みたいな」と。
つまり普通のコーラが飲みたくなりましたw
ということで荒川下流を走ることに。

20160716_2

ということで葛西臨海公園に向かいました。
往路は向かい風が比較的強く、ペース走を強いられました。
荒川峠4級かなー……案外ペース守って走らないとタレちゃうレベルだったので案外きつかった。

20160716_3

無事葛西臨海公園でコーラをグビッと。
程よい汗かいた後なので美味しかったなー……。

復路はペース上げ気味でサクッとイルクオーレまで。
バーテープの交換とセール品だったワイヤー式ロックを買って帰宅。

【本日のデータ】
距離:68km
獲得標高:220m
消費カロリー:1261kcal


そんな感じ。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています!クリックしていただけるとやる気が出て走るかも?

どうも和尚さんです。
こんばんは。

サイクリング中のアイウェア、大体の人はオークリーを使用しているかと思います。
僕は人と同じものをつけるのが嫌で、多少違った選択肢があればそっちに行きたい(その割には自転車のフレームはオーソドックスですがw)タイプです。

1年ほど前まではBrikoのT-MASKを愛用していましたが、誤ってレンズに傷を入れてしまいサポートに交換用レンズ売ってないですかね?と質問したところ、「ねえよそんなもん」(意訳)と言われてしまい、日本代理店のやる気のなさに絶望してティフォージに鞍替えしました。

が、1年使ったら飽きましたw
良いレンズなんですけどね……なんかずーっと同じのを使うのはいまいちだな……と思うようになりまして、僕の中のリトル和尚(古いw) に尋ねたのです。

20160713_1

「お前は何を使いたいんだ?」
そうしたらリトル和尚は答えました。
「Brikoがいいな」
と。

そこで代理店サポートは超不安ですが、レンズの質が本当によかったBrikoをチョイすることにしました。
どうせなら全部Brikoにしようと思って海外も含めていろいろチェック。
そしたら大人買いできそうなBrikoのアイウェアを見つけたので、EU離脱で揺れるイギリスよりアイウェアをゲットしました。
かつてはパンターニやキアプッチ、チッポリーニなどイタリアンライダー御用達だったメーカーですが、日本代理店のやる気がないので全然使ってる人見ないですね。

20160713_2

Brikoはプロチームに供給していますが、日本では個人にしかスポンサードしてないです。
レースではだいたいオークリー使っとけ的な空気があるので、一般ライダーもだいたいオークリーになるのでBriko好きで使ってますって人に会ったことがない。
僕はT−MASKが本当に良かったので(視界、掛け心地)、このブランドが本当に良いのを身を以て感じています。

20160713_3

まずCERBERS(日本代理店ではセルベルスって書いてますが、本来の読み方はサーベラスだと思う。)
上記の写真でも出てますが、プロチームモデルです。
化粧ケースが新世代Brikoになってますね。

20160713_4

ソフトケースとスペアレンズが付いていますが、付属品としては最小限。
最初から装着されているレンズはミラータイプなので、視線はほぼわからないレベルのようです。

20160713_5

テンプル部にはでっかく「BRIKO」って書いてありますw
残念なから印刷です……が、デカールじゃない分マシ。

20160713_6

全体的に欧米向きのサイズ感で、平たい顔族の和尚さんには少し横幅が狭いです。
が、掛け心地は普通に良く、Brikoの特徴である視界の良いレンズもあって非常に快適なアイウェアになっています。

20160713_7

はい、次。
ENDURE PRO TEAM(エンデュアプロチーム)です。
昔からあるモデルなので、Brikoのハードケースに入っています。

20160713_8

ハードケースは昔のモデルが使用されています。
全体的にBrikoらしいカチッとした作りです。
最近のモデルとしてはかなり多くのプロレーサーに供給されていたらしく、写真検索するとかなり出ますね。
僕も最初からこれ購入しておけばよかったと思いましたw

20160713_9

サイドのBrikoロゴは印刷ではなく、接着されているロゴです。
これ落ちるんですよね……。

20160713_10

掛け心地はサーベラスより広めでテンプルは細くもなく、太くもなく……。
表面処理がつるっとした感じなので、持ちやすいですね。

20160713_11

はい、最後。
STINGER EVOLUZIONE(スティンガーエヴォルツィオーネ)です。
Brikoの超名作アイウェア、スティンガーの復刻モデルとなります。
20年ほど前はBriko=スティンガーだった時代があって、猫も杓子もスティンガーみたいな時期もあったそうです。

20160713_12

Brikoのラインアップの中でもハイエンドになるため、特殊なケースが付いてきましたw

20160713_13

サイドは非常に細身で掛け心地は緩めになります。
軽量すぎて逆に不安になるレベル。

20160713_14

人を選ぶアイウェアですが、これ本当に欲しかったので満足感は高いです。
レンズはミラーなので視線は隠せますね。

20160713_15

ということでブリコレクションw
ここまで同じメーカー買う人は珍しいだろうなあw

ティフォージは手放す予定ですが、売れるんだろうかw

そんな感じ。




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています!クリックしていただけるとやる気が出て走るかも?

どうも和尚さんです。
こんばんは。

土曜日は雨だったので犬の散歩くらいしかできなかったのですが、日曜日は一気に晴れになりましたのでドッグランで犬を走らせた後サクッと外出。

とはいえ期日前投票をしてなかったので選挙もあるし疲れ切って帰るのもちょっとしんどいなーと思いましたので思い切って彩湖くるくる練をすることに。

20170710_1

彩湖までも少し上げ気味で走ってみたものの、暑くてタレそう。
10周はさすがに暑くて(精神的にも)きついので、最低限5周はしようと土手周回を開始。
4周土手、2周通常周回やったところで水分補給に。最低限のノルマはクリアかな〜。

帰宅前に近所にある坂を2か所登って本日は終了。
この坂も距離はそれほどないのですが、斜度は結構きつくて(距離300m、最大7.7%と距離200m、最大9.8%)、リピートしたらそれなりに練習になるかもなーと思いつつ帰宅。

距離:54km
獲得標高:243m
消費カロリー:1007kcal

もう少し距離を伸ばしたいけどなかなか時間が取れない……。
夜練も含めてちょっと練習スタイル変えないとだめかもしれないですね。

20160711_2

「散歩の時間伸ばせばいいと思うぞ」
「思うぞ」


そんな感じ。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています!クリックしていただけるとやる気が出て走るかも?

どうも和尚さんです。
こんばんは。

ということで富士ヒル以降テンションが全く上がらず、(目標レースないしw)だらっとした週末を過ごすことが多かったのですが、さすがにここまで乗らないとまずいなあと思いまして……尾根幹に行くことにしました。

20160703_1

犬をドッグランに連れて行き、お掃除会に途中まで参加してからの走り出しだったので一番暑い時間にぶち当たりましたw

20160703_2

ということで給水回数を増やしつつ尾根幹に向かうわけですが、今日は風が強かったのとやはり2週サボったツケが出て疲労感が強かったw
そして矢野口ローソンで買った凍らせたヨーグリーナが全然解けないのでポケットに放り込んだまま走ってましたが、結局走り終えるまで冷たい水を楽しめたので結果的には良かったのか。

20160703_3

あまりに暑くて身の危険を感じるレベルだったので、連光寺は1回だけに絞り限界まで追い込んでしまおうと思い、全力で登りました。
そして魂抜けそうになるくらいペダル回したので満足して帰路に(オイ
久々に心拍200超えましたね、ええ。

ということで本日のデータ。
距離:54.9km
獲得標高:382m
消費カロリー:1211kcal


最高気温が37度記録してました。
こりゃ暑いわ……


20160703_4

RxLのソックスを導入してみました。
はき心地最高にいいですねこれ。

そんな感じ。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています!クリックしていただけるとやる気が出て走るかも?

どうも和尚さんです。
こんばんは。

昨年年末まで劇場公開していたドキュメンタリー映画「パンターニ 海賊と呼ばれたサイクリスト」がBDになりましたので購入しました。

20160628_1

劇場公開時は本当に少ない劇場で細々とやってたので、BD/DVD化なんかしないと思ってたので発売決まった時はさすがに驚きましたw

20160628_2

新宿の劇場にはこんなもん飾ってましたね。
ちなみにただ置いてあるだけでなにも意味がないこのTTバイク。

20160628_3

劇場もコンパクトでチラシの貼り方にもあまり芸がない感じ。

20160628_4

内容は本当にドキュメンタリーで、当時の映像を使い、パンターニの人生を振り返り栄光と挫折、そして謎の死を遂げるまでの経緯が映像化しているという、パンターニを知らない人からすると何が何だかわからない内容。

20160628_5

パンターニを知らない人向けにちょこっとだけ説明すると……。
イルピラータ=海賊と呼ばれた当時イタリア人としては最高のヒルクライマーだったマルコ・パンターニ。
98年に同一年にジロ・デ・イタリアとツール・ド・フランスを優勝するという偉業を達成、スター選手に上り詰めますが、翌年のジロのメディカルチェックで、赤血球の異常値により総合トップであったにも関わらずリタイア。
そこから執拗にマスコミから追い立てられ、精神的に追い詰められて2004年コカインのオーバードーズによって死去。
というロードレース界において悲劇に見舞われたスター選手の一人です。
ちなみに映像には家族も出てるんですが、事実上この家族もパンターニを食い物にしてたわけで……なんかやるせない気持ちになるわけですよ、この映画。
イタリアではパンターニを死なせてしまったことについていまだに議論が交わされたりすることもあるそうです。

20160628_6

当時の映像見ててもこの素晴らしいヒルクライマーにほれ込む人が多いのもわかる気がします。
坂を上る際に下ハン握ってダンシングする人はパンターニ好きです、間違いなく。

20160628_7

自転車乗り始めのころ僕もちょっと真似してみました。
すげーしんどくてこんなことできねーよって思ってましたが。
また練習しようかなw

20160628_8

今週ランス・アームストロングのお話を映画化した『疑惑のチャンピオン(原題:The PROGRAM)』も日本公開されます。
このあたりで一度ロードレース界を振り返るのはいかがでしょうか?

そんな感じ。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています!クリックしていただけるとやる気が出て走るかも?

どうも和尚さんです。
こんばんは。

6月12日に開催されました「富士ヒルクライム」に参加してきましたのでその模様など。
20160620_1


山を登るイベントは数多く存在しますが、富士山を上るイベントは3つありまして、あざみラインを上る「富士国際ヒルクライム」、富士山スカイラインを上る「キングオブヒルクライム」、で昨年も出ましたスバルラインを登る「Mt.富士ヒルクライム」の3つです。

一般的に富士ヒルというとこの「Mt.富士ヒルクライム」を指しまして、参加人数もほぼ日本最大。
今年は8000人の募集がありました。

昨年和尚さんは参加しまして、何とか足つきなしの完走という結果でした。
24km登り続けるというイベントはなかなか体験しないとペース配分が難しく、試走大事だよねーという話をしていたんですが……

今年も試走できませんでしたwwww

もうだめや。
前日まであまり体調が良くなく、土曜日は宿に向かう途中ですでに半グロッキー状態。
宿から受付会場まで自転車で30分、3〜4kmほど登るのですがそこでももうヘロヘロになっており、正直翌日も参加する気力がほぼない状態でした。

20160620_2

で、当日。
当日は宿から同宿のメンバーとともに走ったのですが……スバルライン入口に向かう3kmほどの登りでやはり足が回らず山岳アシストを終えた選手のごとく千切れる始末。
引いてもらってたのにな!

20160620_3

適当な申告タイムだったため再び後半のウェーブになったため、ほぼ大渋滞が予想され、実際大渋滞に。
タイムとかどうとかいう前に、すでに富士ヒルは半分終わっているという事実w

スタート後、やはり回らない足。
一合目までも踏ん張ってみようと思うものの、なかなか速度が上がらない。
息は切れてないんです……足が動かないんです!
と心で叫びつつ、斜度がゆるんだら2クリックギアアップ、斜度がきついなら2クリック下げてケイデンスを上げる、というジミーな作業を繰り返す。

三合目を超え、このままいくと昨年以下のタイムになると気が付き慌ててペースを上げる……がやはり最初から上げていかないとペースなんかろくに上がりはしないw

参加者数が多いので落ちてくる人、抜かしていく人が多く、後ろを見ながら車線を変えないと当たっちゃうレベル。
それでもそこそこの数を抜きつ抜かれつ……途中キャノンデールジャージの外人さん(190cmくらいある)と超低レベルな位置取り合戦を繰り広げながら登っていくと……後ろから見覚えのある人が。

IMG_6433

↑この人(画像は転載です)

終わった……今年も富士ヒル終わった……。
キクミミさんに抜かれた僕のテンションがガタ落ち。

平坦区間も落ちた気持ちを取り戻せず、息切れして叫んでももがいても大したスピードにならず。
そのままゴール。
結局今年も大したことできずに終わったなーと早々にあきらめて下山へ。

吉田うどんを2杯食って負け犬っぷりを全力で楽しみましたとさ。
今年は赤城山のエントリー漏れもあってこの後はイベント参加予定がないので来年に向けたトレーニングを増やそうかと考え中です。

20160620_4

とりあえずこいつらとの散歩時間を延ばしてカロリー消費だな!(オイ

そんな感じ。

PS.
20160620_5

こんなん当たりましたw




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています!クリックしていただけるとやる気が出て走るかも?

どうも和尚さんです。
こんばんは。

久々にシャイニー君に日記をお願いしましょう。

20160608_1

右前脚が気になるよ。とパパに伝えたらパパが慌ててドッグランの後動物病院に連れて行ってくれた。
診断は右前脚指部の傷が腫れて化膿してる、と先生から言われた。ほっとくと治らずに腫れがどんどん大きくなるから除去手術しないとダメって話らしい。
ただ、僕はそこまでじゃなかったようだ。

20160608_2

ということで前足を舐めたら直りが遅い、と言われてこんなものをつけられてしまった。
ジュニアが物珍しそうにぼくを追いかけてきたけど、僕はこんな邪魔なものをつけられて困っている。

20160608_3

ママは帰ってきた僕を見てちょっとかわいい、と言ってくれたけどパパは腹を抱えて笑ってた
普通のご飯のほかに、こうせいぶっしつとかいうふりかけをお米に混ぜたものを僕にくれるようになった。

20160608_5

ジュニアは普通のお米だけらしいから文句を言われた。
「ずるいぞ兄ちゃん、僕もこーせーぶっしつほしいぞ」
でも前足痛いんだけど……そういうの嫌だろ?

20160608_4

顔がかゆいよ、とパパに言ったらもしゃもしゃ顔を掻いてくれた。
気持ちいい。

20160608_6

おとなしくしてたら、心配したのかパパがアイスを食べよう、と言ってくれた。
夏の暑い日はアイスがおいしい。僕はアイスが大好きだ。

20160608_7

ジュニアもアイスが大好きだ。
パパがスプーンを口元に動かすたびに僕たちはじっとその動きを見つめている。

20160608_8

ついに僕にアイスが来た。
甘くて冷たくておいしい。
これがあると夏が来たって感じになる。

20160608_9

ジュニアもアイスをもらえて大興奮だった。
「にいちゃん!これおいしいよ!すごい!」
僕のおかげだということは忘れてるかのようにはしゃいでいた。

20160608_10

おいしすぎたので、眠くなってしまった。
何度もカラーをぶつけながら寝床を整えてたら、さすがに見かねたのかカラーを外した状態で寝かせてもらえることになった。
今週のドッグランにはカラーなしで遊びに行きたいな。

そんな感じ。




にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村
ランキング参加しています!クリックしていただけるとビーグル日記が増えるかも?

どうも和尚さんです。
こんばんは。

20160605_1

ということで後編。
去年よりは人がばらけているような、そうでもないようなという微妙な人の数の中、ジャンプアップを目指します。

ここまでのタイムを見ていると去年より遅い気がして心配……が、逆立ちしたところで限界のペースというのもあるので無理をしない程度に踏んでいきます。
楕円リングのおかげなのか微妙に去年より加速で来ているシーンと、やたらきついところが交互にきてなんだかなって。

気温も高く汗が噴き出すような日だったので熱くて仕方がない。
頭もぼおっとしてきますが、ボトルにはドリンクが入ってて水をかぶれない…ということで給水所で水を受け取ることに。

自転車に乗ったまま受け取り、走りながら一口口に含んで、残りは全部首筋にかけてみました。
これが効果てきめんで、一気に暑さでぼおっとしていた頭がよみがえります。
そして前にいた人が一口飲んだ後に給水の人の足に全部こぼす事案が発生www
せめて反対側に水捨てればいいのに…と思いつつ給水の人にお礼を言って先を急ぎます。

ペースも戻りじわじわジャンプアップを目指します。
初心者ゴールまでは最大でも9%くらいの斜度で済むのですが、榛名神社コースまでは1か所だけ14%の坂が存在します。
この坂が案外きつい。
28Tを駆使してひたすら足を回します。

道中ポケットに忍ばせた秘密兵器を少しずつ消費しながら進みます。
秘密兵器はジェルボトルです。
この中にジェルを水で溶かした液体を入れていて、あまりにきついところでは軽く口に含ませながら走ってました。
最終的には神社の鳥居過ぎたところで一気に飲み込み、後半の激坂ゾーンに備えます。
このあたりからあきらめて歩いている参加者も増えてきます。

ハルヒル最大の難所となっているのは榛名神社から榛名湖までの超激坂ゾーン。
最大勾配14%overという普通の人は自転車では上らない傾斜を上ります。
(ちなみに都内で14%を体験できるコースで一番メジャーなのは、よみうりランドのV坂ですね。)
逆に言えば残り3kmを粘り切ればゴールが見えてくるのです。

14%勾配では様々な出来事が発生しています。
,△らめて歩いている人
足が攣ってしまって落車する人
M郤屬亡き込まれて多重落車する一団

ともうカオス。
目の前で傾斜に耐えかねて震えながら倒れて落車した人が出たときはさすがに足つくかと思いました。
が、運よく回避できたので声かけするとけがはない模様。
そのままダンシングとシッティングを繰り返しながら上ります。すまぬ……俺も足ついたら二度と登れないのよ……。

1404118329O2OoP14xN3wsLrcn_post

勾配のきつさに「ああ、今日は肉か魚が食べたいなあ」「肉球の臭いって香ばしいよなあ」と現実逃避モードに入ってきたところで、隣を走ってた人が叫びました。

「も、もう来年はエントリーしねえぞ!」
おや、去年の俺と同じことをwと思ったので思わず返しました。
「でも来年エントリーしちゃうんでしょ?」

このやり取りを聞いていた周りの人が大爆笑に包まれます。
「そりゃそうだw」「エントリーするよな!w」
こういうつらい瞬間に少しでも気を緩ませることができてよかった。
この方とはゴール後に次回のイベントでの再会を約束して別れました。
こうやって輪が広がったらいいですよね。

で、榛名山名物の通称○ンコ岩が見えてくるとギャラリーも活性化します。
「頑張れ!あと少しだ!」
「踏み込め!」
「加速しろ!」
で、やっちまいました。
このあと500m以上残ってるのに和尚さん、勘違いして加速。
ヘアピンのあとにもう2回ヘアピンが待っているのをみて大減速w
最後のヘアピンを曲がり、何とか最後の力を振り絞って加速、これで2秒くらい稼いでゴール。

その場ではわからなかったのですが、後で調べたら昨年から2分強ほど早くゴールしていました。
全行程を見ると、後半で1分半近く稼いでいて激坂対策の乙女ギアが効果を発揮した模様。
逆に前半もっと回さないとタイムが大幅に変わることはないようです。

20160605_2

ということで今年もハルヒルが終了しました。
後半の激坂がなければちょっときつめの坂で終わる大会なんですけどねえ……。
来年はエントリーしたくないなあと思いつつ、前半の緩斜面の攻略方法を下山中もずーっと考えている和尚さんでした。

そんな感じ。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています!クリックしていただけるとやる気が出て走るかも?

どうも和尚さんです。
こんばんは。

ということで毎回エントリー後に「あ、俺今年はエントリー止めようと思ってたんだ」と気が付くヒルクライムイベント、ハルヒルに参加してきました。

20160529_1

今年は7000人を超えるエントリーがあったとかで、高崎市のおもてなし力が試される大地となった本大会。
会場での前日受付と、駅前での前日受付が選択できるようになったことで会場に行く気力のない僕にはとてもありがたいことになりました。
ということで今年は駅前で受け付け。

20160529_2

※和尚さん的グルメイメージ

高崎駅から少し離れた場所のホテルを確保できたので、「高崎グルメを満喫してやんぜ、ゲヘヘ」とか考えていたのですが仕事の繁忙期と相まってここ数週間が絶不調。
イベント前日も1時間おきにトイレに駆け込まないとダメなレベルで調子が悪かったです。

20160529_3

前日は食欲がなく、サービスエリアのそばを無理やり詰め込んで受付へ。受付してる間もモゾモゾしながらで写真撮れず……いろいろ準備を進めて夕飯へ。
食べれそうなものがカレーしかなかったのでココイチへ……これで高崎グルメ満喫という野望が崩れました。
ご飯食べた後20時に就寝……が2時間おきに目が覚めてしまうという悪循環。

結局4時に起きたのですがあまりさっぱりしません。
そしていきなりトイレへ、起きてから30分で5回もトイレに行くことに。
かなりの軽量化……ではあるのですが栄養がちゃんと取れているのか謎です。
朝飯はおにぎり2個とバナナ、乳酸菌飲料を入れます。
おにぎり3個目がどうしても入らず断念、胃腸の弱さは致命的だなあと思いながら身支度。

指定の駐車場はオリヒロブランデュ。
会場からは20分くらいの距離です。
到着後準備をしているとなにやら熱い視線が。
二度見しちゃいましたが「止まったら死亡」(URL:http://tomaran.com/)の止まったら死ぬ人がいるwwwww
昨年もご一緒し、動画の最初にも映ってましたが今年は同伴の方といらしたようです。
出走前に話そうかと思ったんですが、その後お会いできませんでした……無事完走されましたでしょうかね。
会場までは超緩い登り基調で軽く踏んだことでアップにはなった感じですね。遠い駐車場もこれはこれでよかったのかもしれません。

会場で最後のトイレへ。
ここで出し切ったことで、家に帰るまでは何とか収まりました。
出走前にパワージェルを入れて最後の補給。
昨年より2000番台上のウェーブになりましたが基本的な戦略は全く変わっていません。

 Ы盤ゆるゆる、中パッパ、終わりは頑張る
◆Д據璽垢鰺遒箸靴垢ない、早くしすぎない
:足は絶対に着かない(これは意地)


また機材的には昨年と違い
 Дーシーメトリック楕円ギア
◆Token C22A

の2つが異なります。
ホイールはF6Rが緩斜面以外は大したことない気がするのと、C22Aは足が残せる気がするので、テスト的に使ってる感はあります
あとは下山もC22Aのほうが安心かな……。


スタートした直後は計測開始地点までだらっと走ります。
人によってはここからガンガン加速する人もいるんですが、僕は無理。ここは抑え気味に走っておかないと足が持ちません。

計測開始地点を過ぎてここであることに気が付きます。
「あまり踏めていない……」という現実に。
快調な時はやはり足が回るんですが、この日はすごく重かった。

昨年最初の加速ポイントにしていた緩斜面も加速できず、「あらこれ本当にやばいわ……」と考えてペースを上げます。
そしてここでケイデンスが表示されないことに気が付きました……ペースを図る際にスピードと心拍、ケイデンスは結構重要でして……焦りましたが無いものは仕方ないのであきらめて踏んでいきます。

ということで次回後半へ。
そんな感じ。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています!クリックしていただけるとやる気が出て走るかも?

どうも和尚さんです。
こんばんは。

Token C22Aに変更した際に余っていたPanaRacer Closerを入れていたのですが、今回激坂対応のためハルヒルにC22Aで出ることにしましたので、タイヤをちゃんとしたものに変更しようと思いました。

20160514_1

最初はミシュランPROシリーズあたりを購入しようかと思ったのですが、あのタイヤはあまり距離走れないイメージ(前に使った時は1500kmくらいで穴開きました)なのと、使い慣れたメーカーの方がいいかな?と考えまして、PanaRacerのレーシングタイヤであるRACE type A EVO3を購入しました。

Closerはいわゆるデイリーユースに向いたタイヤな上、重くてパンク防止ベルトが入っていないのですが、RACEシリーズは軽量かつパンク防止ベルトが入ったタイプになります。
実は使ったことなくて興味があったというのもあります。

20160514_2

購入サイズは25C。
C22Aには23Cの方がいい気はするのですが、25Cに慣れちゃったのでこちらに。
乗り心地の良さと、走行抵抗の軽さが25Cは魅力だと思います。

20160514_3

純正のリムテープが少しずれているので、こちらも用意。
バルブ穴から少しでもズレるとチューブが入れにくくて仕方ないです……。

20160514_4

PanaRacerのレースタイプはトレッド面にはパターンがないのでどちら向けでも使えます。
雨の日は乗らないのですが、多少の濡れた路面でも滑らないのでパターンは要らないかな……。

20160514_5

結構柔らかいのかリムには嵌めやすいですね。
タイヤレバー使えばあっという間にブチ込めます。
チューブは耐久性を重視して普通のブチル入れてます。

20160514_6

このシリーズだと両側にロゴがプリントしてあります。
こういうのはいいですね。Closerは片面しかロゴがないので、入れる時に間違えるとすごくカッコ悪いw

とりあえず走ってみてどうかチェックしますかね。
そんな感じ。





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています!クリックしていただけるとやる気が出て走るかも?