~自動車ネタを追っかけて、今日も世界を東奔西走~

御殿場ベースでシビックに乗り

大磯のホテルで”チェックアウトタイム”一杯まで粘って

デスクワークへと勤しんだ後、

茶ワニ号にてゆるゆる出発してまず目指すは東名高速。


で、順調に進んで到着なったのは、

御殿場インター至近に位置するホテル。


ここにて開催されているのは

『新型CIVICハッチバック・セダン試乗会』というイベント。


ちなみに、「今回、タイプRの試乗車はありません」という

注釈付きなわけですがw

17-1117

















ということで、昼食をいただいた後にまずはハッチバック、

次いでセダンという順番で、それぞれ単一グレードで用意をされた

最新のシビックをテストドライブ。


端的に言って、かつて発売されるたびに

ヒットを飛ばしていたモデルこそがシビックだ

と考える人にとって、文字通り”大きく成長を遂げた”

この最新モデルは「一体、どこがシビックなのよ!?」という

印象を抱かれる可能性が強いことは否めず。


同時に、この期に及んで2DINアイテムがはめ込まれた

ナビゲーション・システムや、缶コーヒーなんかを置いた日には

倒れること必至の”ぶかぶかカップホルダー”など、

「日本市場など念頭にはない」ことが明らかな部分が

散見されるのもちょっと寂しいところ。


それにしても、「狙ったテイストはいずれも同様」

と説明されるにもかかわらず、ハッチバックとセダンの

走りの印象が大きく異なるのはどうしたことか。

17-1117 2

















比べれば、明確に揺すられ感が強く、

ステアリングもアクセルも操作に対して

「ちょっとゲインが高過ぎ!」感の伴うセダンより、

適度に機敏でありながら安定したフットワークで、

低重心感がより強く味わえるハッチバックの方が、

”大差で好印象”ということに。

17-1117 4

















そんなハナシを筆頭に、
エンジニア氏とすっかり暗くなるまで話し込んだ後、
いざ帰ろうと交通情報を拾ったら、
何だか東名高速が随分と混んでいる風。


なので、せっかく隣に東名入口がありつつも

そこから乗るのはヤメにして、

東富士五湖道路→中央高速経由にて帰路へとつくことに。


740dは感涙モノ!

週が明けての本日も、

目指すはまたまたハコネ方面w


”いつもの有料道路”を駆け上がり、

昼前に到着となった頂上ラウンジにて開催されているのは、

『新型モデル広報試乗会』なるBMWのイベント。


実はそこでのメイン車種は、

新着なったばかりの新型X3ながら、

ポルトガルでの国際試乗会に加え、

某誌の取材で国内仕様にも乗れているので、

今回はそれは敢えてのパス。


というわけで今回チョイスをしたのは、

まだ未体験だったX1のFWDモデルと、

追加設定されたばかりだという740dなる2台。

17-1116 3
















17-1116 4

















正直、”前者”には特に感動はなかったw ものの、

後者にはビックリ! 


全域トルキーでスムーズなエンジンも、

剛性感に超富んだボディも、しなやかなフットワークも、

ずば抜けた静粛性も、何もかもが感涙モノでしたよ!!

17-1116 2

















で、「オールラインナップ試乗会だったら、
きっと乗り逃がしたものがあるはずだから、
この機会に全部乗りまくっておこう!」と意気込んで挑んだものの、
実は今日のイベントは”オールラインナップ”ではなく、
前述のように”新型モデル”が対象とのことw


かくして、初チェックとなった先の2台を除くと、

あとはテストドライブの経験があるものばかり。


そんなわけで、思っていたよりは随分早いタイミングで

箱根の山を後にして、宿泊地である大磯のホテルへと

チェックイン&試乗会から流れてのBMW懇親会にて本日は終了に。

2日連続”ハコネへGO”

今日もまた、ラッシュアワーはそろそろ終了

というタイミングで電車にての自宅発。


スズキのオフィスで待ち合わせた編集氏と合流の後、

スイフトスポーツをピックアップして

昨日に続いての箱根方面へw


で、箱根山中のとある公園にて、

すでにロケを始めている先発隊と再合流。

17-11-10-12-02-35-216_photo (400x300)

















ということで、もう1台の取材車はトゥインゴGT。


でも、そこに昨日乗ったばかりの

”さらなるルノー車”も乱入したりして。。


そんなこんなで、夕刻までのロケを終えた後は、

当方はトゥインゴでの帰宅ということに。

17-11-10-15-54-19-527_photo (400x300)


















メガーヌ→ジュリアと試乗会

”根性の4時半起き”にて、

まだ真っ暗な中を自宅発。


箱根の山中にてひっそりと(?)

『緑の猛獣』をテストドライブの後、

8時前には仙石原のホテルへと予定通りの到着。

17-1109

















で、そこをベースに開催されているのが、

『新型ルノーメガーヌGT広報試乗会』なるイベント。


なんでも、当初は媒体のみを対象としたイベントの予定で

当方にもメディア経由でオファーがあったものの、

枠に余裕が残り一部フリーランスにも声掛けしたということで、

「だったら、撮影抜きでより長く乗れる方に」と

今日の枠にして貰ったという次第。


というわけで、贅沢にも4WSを標準で装備するこのモデルは、

予想と期待以上の出来栄えではないですか! 

というハナシは月刊誌『ROSSO』上にて詳しく。

17-1109 2

















そんなプログラムを終了の後は、こちらも負けじと(?)

4WS標準装備の『緑の猛獣』にて、再度箱根の山へと逆戻り。


で、お馴染み有料道路の頂上ラウンジをベースに開催されているのが、

こちらは『新型アルファロメオ・ジュリア試乗会』なるイベント。

17-1109 3

















なるほど、「フェラーリがV6ターボを手掛けたら、

こんな感じになるんでしょうね」な超速心臓を搭載した

トップグレードをテストドライブの後、

再々度山を駆け下り、東名高速→首都高経由で

『緑の猛獣』を某誌編集部へと返却の後、

ホッとしながら電車で帰宅ということに。




eゴルフ、のち”緑の猛獣”

そろそろ朝のラッシュアワーも終盤戦、

というタイミングの自宅発にて

電車と”ゆりかもめ”を乗り継いで到着なったのは、

台場にあるイベント施設。


で、そんな場所にて開催されているのが

『フォルクスワーゲン新型「eゴルフ」報道試乗会』

なるイベント。

20171202114306 (2) (400x300)

















ちなみに、”ゆりかもめ”の車内から見えた

レインボーブリッジ上を都心へと向かう

首都高が全線大渋滞中だったのは、

どうやら日本を離れるべく動き始めた

”トランプ渋滞”であった模様。


幸いにして当方がテストドライブへと出発する段階では、

そんな渋滞はウソのように解消していたので、

台場発でまずはかのレインボーブリッジを渡り、

都心環状線内回り→3号線下り→中央環状線内回り

→湾岸線東行き・・・と首都高を乗り継いで、

何とかひと通りのインプレッションを得ることに成功。


で、昼食をいたたぎつつ担当氏から

「日本での”eモビリティ戦略”」などを伺った後に、

再度”ゆりかもめ”と電車を乗り継いでの小移動。


実は、当初予定していた試乗日が雨に祟られたため、

テストドライブを自主的に延期をしていた

”緑の猛獣”をピックアップしての帰宅ということに。

記事検索
  • ライブドアブログ